Hatena::ブログ(Diary)

mosshavenの日記

2018-05-10

[] 6,7年ぶり 13:15


月一ぐらいに会っている ドンの友人からお電話、


娘が来るから 一緒に会おう、


お嬢さんにお会いしたのは 中学生ぐらい、

Facebookでお見掛けするから 久しぶりとは思えないけれど、楽しみ、

f:id:mosshaven:20180511060807j:image

パパの誕生日や休暇ごとに訪ねては 健康にいい菜食料理の手の込んだ食事つくり、

離れているママ、そして車いすのおばさんも訪ねたり、私の退屈な写真などにも素早くいいねのサインを送ってくれる 優しい彼女、


モデルをしながら 大学では哲学奨学金も得て、優秀だし、

パパは さぞご自慢、かつ うれしくてしょうがないんじゃないかしら。


若い人の間でも 私が心ひそかに大好きな一人、


お父さんのお友達にまで お付き合いしてくれるなんて、、、


で、 いっぱい花が咲いているローズマリーを一束、それに(お料理好きだから)バジルとしその小さなプランターもお土産に(押しつけ)持っていきました。


しょっちゅう写真で見ているのに、目の前に現れたのは 数年前の面影とまったくかわらない

愛らしい テイーン エイジャーの雰囲気、、 ボーイフレンドも 大学で学びながら教えているそうですが


二人とも若い!   若いというだけで 、つい 自分の娘といっしょにしていたけれど、Mosshavenの娘とは一回りも下、いつまでも若いと思っていたわが娘、もうMosshavenが 遅まきの結婚、そして彼女が生まれた年になっていたなんて、、、


20代後半のかわいい孫娘が もう私なんておばさんよ、と言っていた時は 変な冗談、と思っていたけれど、、、  Mosshavenばあさんだけが 私の娘はいつまでも 子供(ではないから 若いとしておきましょうか)と思っていたぼんやり人間だったのです。 まあ こんな年になると 20代も30代も 同じように思えてしまうんですね。 ちょうど若い人には60代も70代も同じように思えるかもしれないけれど

本人には大きな違い、ということです。



ところで、、

いつも コンピューターに問題が発生すると即 彼に直してもらうくせがついて、、、

でも 今度は 新しいコードに変えたら 説明が全部日本語、、、どうしましょう、、、頼ってばかりいたから(彼にもコンピュータにも) 四苦八苦、、、写真が 入らない。  かろうじて一枚だけ、、、、このブログから写真をとったら まるで クリープのないコーヒーなんて、、になっちゃいそう(などといっているのがそもそも 恐竜的な古さ、、、)

2018-04-23

mosshaven2018-04-23

[] わらび 04:54



お天気が良くなると

f:id:mosshaven:20180423183931j:image

とたんに 怠け者も忙しくなる。

f:id:mosshaven:20180423184108j:image

と言っても 小さな 種を植えたポットを日当たりに移動したり 目につく雑草を引き抜いたり、、、小さな鉢を植え替えたり、、細かい作業が いくらでも、

f:id:mosshaven:20180423191451j:image

そして 天気予報で晴れとあったから マーケットの準備も、

f:id:mosshaven:20180423181301j:image

このお若い方、メキシコでのファミリーの ウエデイングから帰った翌日からフルタイムのおしごと、そして これだけのベーキング、いったいどれだけのエネルギーがあるんでしょう。


マーケットで売っていた 苗をたくさん買い込んで 今度は ガーデニングも、なさるそうですよ。  なんだかこっちまでハッスルさせられそう、、、



ですが たまたま 古い母への手紙(投函しなかったのかしら?)がでてきて その月は4組もの 数日お泊り客、そのうち の2件は 同日、そして お食事ゲストが数件、自分自身は 遠いダウンタウンでのパートタイムの仕事、そして 娘を1時間以上かけてドライブの音楽レッスンに つれてゆくなど、そういえば 何十年前はこんなこともしていた、と ほんとうにタイミングよく出てきた

はるか昔の記録に慰められました。、


f:id:mosshaven:20180423185725j:image

きのうは フォッカチア、ヨーグルト マフィン、そして

チョコレートブラウニー(こちらは 甘すぎず 私の好きな 栗原さんのレシピ)それから 焼きそばも つくりました。

帰宅後に この(売れ残った)ブラウニーやフォッカチア持参で 湖へ 蕨を取りに行きました。

f:id:mosshaven:20180423192527j:image

私が お嫁さんとおしゃべりしている間に ドンがたくさん摘んでくれましたが、、、穂先をつんで 上からベーキングソーダをかけ、十分の熱湯につけ ひとばんおいてよくゆすいで、、


一度に食べられないので いつもは冷凍、 でも 彼はたべないので つい自分だけと思うと面倒、、、、去年は 韓国風に ニンニクのしょうゆ漬けを作ってみましたが、、、いまひとつ、 



ヴァンクーヴァ―で買った 2,3センチの おちびさん キングオイスターマッシュルームが残っていたので 一緒に炒めてお醤油とお酒で味付け、このおもいつきは最高でした。 油揚げとも相性がいいし、わらびは 一寸油がはいると いいお味になりますね。

f:id:mosshaven:20180423192115j:image

こちらは さっと油でいためてお醤油と花鰹、右の小魚は ししゃも(こちらでは Smelt,ナナイモで見つけましたが 釣り好きの人なら簡単、らしいのに、、、我が家には 残念ながら釣り人無し、)なんだか むかしのひなびた漁村のわびしい食事風景、、



醤油出汁で煮込むつくだに(2日かけてゆっくりつゆがなくなるまで煮込む)おいしそう、 試して見ようと思います。 思うだけで、、終わらないように、何十年前のようにはいかなくてもちょっと頑張ってね、Mosshaven.

2018-04-14

mosshaven2018-04-14

[] ホリデー 14:55


おとといは ヴァンクーバーへ行ってきたので またまた

ブログが遅れて、、、


最後の日は お兄さんの湖の家で (イースター)デイナー、

娘が デザート、私達は ドリンク(もちろんビール)を持参だけ、ということになり、おかげで 前から約束していた友人とのお茶に出かけて、 おまけに帰宅後 昼寝までできました。  


普段は 昼間寝ることなんて めったにないのに 出かける前にちょっと休みたい、なんて 情けない、、でも ドンもしょっちゅう お昼寝してるし、、、実際 気分がすっきり、

f:id:mosshaven:20180414132135j:image

娘の作った ビースティングケーキ、(ドイツの伝統的なケーキ、Bienenstich) 蜂刺しケーキ❓じゃなくって蜂の一刺し?イーストを使ったスポンジのトッピングは キャラメルヌガー、アーモンド、ハニーなどのたっぷりの甘さ、スポンジの間には カスタードクリーム、という どっしり、甘々、と十分にスイーツ好きを堪能させてくれる代物、もちろんドンのお好みにもぴったり、


それに マシュー君は スイーツ苦手だからめったに作らない娘、にしては 本当によくできていました。

f:id:mosshaven:20180414143003j:image

お兄さんのところでは 孫娘が一人来ていましたが ほとんどのクッキング お嫁さんではないかと思いました(などと言ったら孫娘が気を悪くするかしら?)


とってもきれいで 種類も多くて びっくり、彼女のセンスの良さが現れています。

f:id:mosshaven:20180414133519j:image

オードブルの クラッカーは枝豆とチーズのトッピング、

f:id:mosshaven:20180414133945j:image

マッシュルームのグリルドチーズ、

f:id:mosshaven:20180414133658j:image

そして きれいな きゅうりのお寿司(とドンは呼んでいました)フェッタチーズやアンチョビがはいっています。

でも 私は たべそこなってしまいました。  だーれ 私の分まで食べてしまったのは?

f:id:mosshaven:20180414134201j:image

デイナーは 息子のサーモングリルに カリフラワーチーズグリル、芽キャベツ炒め、

f:id:mosshaven:20180414134349j:image

それに サラダは トマト、アスパラ、キュウリ、レタスなどが 綺麗に並べられていたのに(写真を撮るのが遅すぎました、、残念)

f:id:mosshaven:20180414141443j:image

眺めるだけで おなかまで満足しそうなうえに どれも皆美味しくて 本当に 大満足、ごちそうさま、私だったら徹夜しても できそうにない 細かい丁寧なお仕事、  おつかれだったことでしょう。

 

f:id:mosshaven:20180414141914j:image

食事後は いつもの政治談議が始まって 帰りは遅くなるし、翌日は早い出立、最後の夜にカードあそびでしめくくりができなかったことだけが 残念、  

2018-03-20

mosshaven2018-03-20

[]  日本の商社 10:10




のカナダ支店の お二人が ゲスト、


日本の方にお会いできるのは うれしいけれど、、、ちょっと気を遣うし、

こんな古ぼけた家で恥ずかしい、、、


いつも 彼は ゲストを呼んでは 食事を作りたい?と聞く。

逆に 私は 彼がしてほしいとわかるから、、、自分では決めたくない、、、それに 初めてのミーテイングのあと

会ったばかりの人の家まで行ってお食事、なんて ちょっと不自然、むこうさまこそ ご迷惑なんじゃない?などなど、、で、 今回は、、、えーと、又の機会にしましょ、


と言ったのに、、、、

カレーがいいな、、、サンドイッチでもいいよ、他に来るのは いつもの 彼と彼だけだから、気がおけないだろう、とかなんとか、、、、

f:id:mosshaven:20180321043625j:image

結局、ひきうけざるを得なくて、、、

そんなこと簡単でしょ? と思われるでしょうが、、、


カレーなんて 100回じゃ利かないほど作っているのに、また あれこれ スパイスだとか、調べ始めたり、買い物は 新鮮で安くてできればオーガニック、と あちこち探したり、、、凝り性もいいところ、


お掃除も 普段していないから、、もう きりがないほど

細かいところが目にたつし、庭でさえ気になる。

でも 掃除や片付けは あとが気持ちがいいし、頑張ってお料理をすれば(いつも 大分多めに作るので)少々後が楽、


f:id:mosshaven:20180321043834j:image

サラダは カレーにあうように、 パイナップル、リンゴ、キュウリ、セロリ、ブルーベリー(はちょっとあわなかった)‥も加えました。ドレッシングは いつも手作り、

f:id:mosshaven:20180321044227j:image

付け合わせに アスパラガスと 塩、オリーブオイル、ブラウンシュガーでグリルしたかぼちゃ、


肝心のカレー(の写真っていつも同じ)の つま(?)は

小口切りのパイナップルとピックルス、


f:id:mosshaven:20180321044411j:image

デザートは 最近 何時でも食べたい ベリークランブル、簡単、ヘルシー、デリシャスの3拍子揃った 我が家のスイーツ、リンゴ、ブラックベリー、イチゴ、この3種は欠かせません。ブラックベリーもいちごもブルーべりーもオーガニック、その ほとんどが 我が家の庭や付近で採れるんですよ。


いつもは 生クリームを添えますが 一寸ウィップして粉砂糖を足すと 更に ご満足(作りながら自分で喜んでいる)



カレーのお代わりもあったし、デザートは ドンが自分でたっぷり 入れてあげながら、 俺のあしたの愉しみのために 残しときたいのに、、、ずいぶんたべるなー、なんて 冗談言っていたぐらい 売れました(実は 彼が大好きなので 余分に一皿作っておきました)



日本の商社、ではあっても 日本からこちらに数年前に移住した方たちでしたので 気分的には とてもリラックス、特にお一人は女性、おふたりとも とても気持ちのいい方々、前夜は(いつもの通り3時過ぎで)寝不足にもかかわらず こんな時は ほんとうに 楽しくてうれしいひとき、


でしたが それにしても このプロジェクト、出費ばかりの 10年以上、もう完全に趣味の域に達するどころか、維持する(経済はもちろん)健康も おぼつかなくなってくる年齢に達してきました。


そのうえ、 え! 今月の 石油代、なんと 1000ドル(2か月ごとですが)(間違いに違いないと望みつつ)調べに行ったら、最近は オイルの値上がりで オイルの盗難がでている、とか、


f:id:mosshaven:20180321044650j:image

たしかに わが家の オイル貯蔵は こんな風に 外部から自由に 持ち運びできるけれど、


f:id:mosshaven:20180321045301j:image

おとなりはいつも 何か工作中、電気職人で 夜出かけたり、他人の出はいりも多い。  そんなところで オイルを抜き取る?  


もともと オイルもガスも電気も  わが家はよそに比べて出費が多い。  キッチンロールはもちろん お湯は出しっぱなしで洗ったり、長いシャワー、電気も そこらじゅうつけっぱなし、だったのを、最近多少は 気を付けているつもりのMosshaven,



こういうことは親ゆずり?  母の水や 紙の使い方は

子供ながらに 鮮明に覚えている、

娘が来ると トイレのごみ箱が一日でうずたかい紙の山、

きがつけば 祖母、母、娘と3代、



f:id:mosshaven:20180321051450j:image

ドンの 散財ばかりではなかったわが家の無駄遣い、

ということで むかしは 値段を見たことの無かった食料品、今は チラシを見たり、だいたいの物価も多少は頭に入ったり、 って ちょっと遅くはないですかMosshaven?

 

ルー子ルー子 2018/03/28 13:32 お久しぶりです。
いつもお客様を丁寧におもてなしされていて感心します。
お料理にかたずけにお疲れ様でした。うちは冬の間は集まっても仲のいい友達だけなので楽チンです。お客様が多い夏は なんとか終わってくれれば 良かった!という気持ちになるのはわかっているんですが、やっぱり 疲れますよね。
雪が多くて寒い冬でしたが、やっと春が近ずいてきた感じがします。夏時間になって夜7時半でも明るいからでしょうか?(でもまだ外にはすごい雪が残っていて、明日 明後日も少し降るらしいですが)
お元気そうで嬉しいです😊。

mosshavenmosshaven 2018/03/30 08:25 ルーコさん こんにちわ、ご家族の皆様もお元気ですか? コンピューターが使えず遅れてしまいました。 ルーコさんのご活躍には 到底及びません。   特に夏は 庭作業 忙しいけれど 楽しい季節ですね。 そちらはまだ雪、桜はまだまだでしょうか。  こちらは三寒四温、レンギョウの浅黄色があざやかです。  お忙しくなる前に十分のご休息をとってくださいね。

2018-02-18

mosshaven2018-02-18

[ファミリー] 祭日




先週末は ファミリーデー、という祭日、


で、久しぶりに 娘が マシュー君と 来ることになり、

夜のフェリーで到着、こんな時はいつも早めに出かけて

PAにないオリエンタル スーパーマーケットをのぞいて(主に中国や韓国、日本製品はお豆腐と納豆、こんにゃくなど、俄然中国や韓国に出遅れています。味は一番だけれどお値段も一番だから あまり取り扱わないのでしょう)、そして モールのブラウジング(あたたかくて そのうえ退屈しないエクササイズ)


いつものように 二人別別に見て回り 最後に待ち合わせて さあー、フェリーターミナルへ、というところで ドンに 日本からメールが入ったから見て(訳して)、といわれて、技術的な箇所などもあったので(間違えないように)集中して、(訳したつもり)

じゃあー、行こうか、、とモールのドアー付近まできて、あら、今日は めがねをかけていたのに、、、


あそこ❓いや あそこかな?などとふたりで心当たりを回って、、時間がない、もういかなくっちゃ、、、とあせって、車に乗る寸前に 訳を頼まれた時に 眼鏡を外したのでは?、と思いだして、、、


無事に モールのコーヒーテーブルにありましたが、、、、まったく、、もう(時間の無駄ばかり)

この日は もう夜も遅かったので まっすぐ 娘の運転で帰宅、でも ラミーだけは欠かさず、軽く チーズやスモーク製品をつまんだり、私を除いてビールを傾けながら、、、こんな時間が結構楽しいのです。


f:id:mosshaven:20180218190850j:image

翌日は 裁判所(?)での集会に参加、酔って敷地内に入ってしまった先住民が 白人のオーナーにガンで撃たれて死亡していながら 無罪、先住民の多く住む土地なのに 陪審員に先住民が一人も含まれていない、、など納得できない結論と 犠牲者への祈りを込めた集会、ドンも 朝食から帰って 彼の友人たちとともに参加、 カナダでも 登録すれば(ハンテイングの目的等で)ライフルを持つことができるのです。   



f:id:mosshaven:20180223110752j:image

そして 昼前に 娘たちの希望で 北方の隣村へドライブと決まり、急いで 卵と グリルドペッパー、サーモンのサンドイッチ等用意はしましたが、とちゅう この前寄ったBreweryのビールもピザもおいしかったから あそこでランチにしよう、と地元の私たちよりくわしい!?



勿論 運転も娘、私達おとしよりは おとなしくバックシートで コーヒーなど飲みながら リラックス、


コートニーという バンクーバー島真ん中にあるこの町、

PAとちがって 南北に行き交う人が多いので 見た目にもオープンな感じで若者も多い。 ムードもあかぬけている、

f:id:mosshaven:20180219040124j:image

パブと違って 子供も同伴できる、のはいいけれど、

ビールに似たボトルで 飲んだり 周りの大人のビールを飲んでいる風景に見慣れて 早くからアルコールに親しんでしまうのでは? と思ったりするのは 古臭い心配性?

f:id:mosshaven:20180219162749j:image

最近は 飲めない人がめったにいないぐらい 男女ともに飲んでいて、  男女同権と昔からおもっていたMosshavenなのに、、、飲めない、いえ 飲もうとしなかった私って ふる人間?(そう、忘れ物もするしね)

f:id:mosshaven:20180219043825j:image

そして 目的地、アートランド ギャラリー、彼等の友人から聞いてきたらしい この個人のお庭に続く林へと、、、、入場無料ですが 一般の宣伝はしていないので私たちは(ここも)知らなかった。

f:id:mosshaven:20180219044205j:image

ちょっと寒くて 昨日の雨でちょっと枯葉が濡れていたけれど、、、、

f:id:mosshaven:20180219044421j:image

ユニークな自然アート、彫刻家の作者は すでに亡くなって 数年たっていますが 隣の敷地に小さな家があって

誰かお住まいらしい。

f:id:mosshaven:20180219044809j:image

枯葉を踏みしめ、生い茂る枝をかき分け、或は 水たまりをジャンプして、オーシャンを高木の間からのぞき見したり、さながら少年探検隊、

f:id:mosshaven:20180219050140j:image

あちらこちらに自然アートを見つけては、笑ったり、カメラを向けたり、

f:id:mosshaven:20180219161359j:image

真夏だったらいい森林浴だったのに、でも いつの間にか かなり歩きました。

f:id:mosshaven:20180219045319j:image


f:id:mosshaven:20180219045451j:image

ずいぶん 歩いて、、

f:id:mosshaven:20180219161832j:image


f:id:mosshaven:20180219162143j:image

ちょっぴり哲学と皮肉(?のまじった)アートを見ながら自然の散策、珍しくて 楽しいコースでした。

f:id:mosshaven:20180219052231j:image



みんな少々、寒いのと歩き疲れ、運転もかなり長かったし、子供たちに ランチはごちそうになるし、 そのうえ夕飯も作る、と頑張っている彼等、 ちょっといっぱい休んでいこう、と 地元のBreweryにもよりました。 

f:id:mosshaven:20180219051035j:image

f:id:mosshaven:20180219051250j:image

ビール好きの彼等、ビールときけば まずマシュウ君が

よろこぶので、一休み、のつもりが けっこうの量、最後は 下戸のMosshaven が運転、といっても家まで 5,6分、ですが、、


私だったら こんな外出から帰って 即 食事作りの気分(と体力も)にはなれないけれど さすが若者、二人で 鼻歌気分で チヤチャッと作ってくれた タコス、

f:id:mosshaven:20180219052842j:image

ガーリック、ライム、チラント、そしてポブラーノペッパー、がそろえば、パンチがきいて おいしい!

今回は メキシカンビーンズに小口切りの紫キャベツ、それに アボカドはサワークリームを混ぜないで チラントとライムだけのほうが ベター、チーズは フェッタを使用、人に作ってもらうと 意外な新発見もあるし、口当たりもさっぱり、新鮮野菜だけだから いくら食べても もたれません。