ボールペン作戦会議室

2009-04-01

ボールペン作戦・再開するかも?

00:09

3月のはじめくらいに、「小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会」のかたから、メールがありました。

支援の会でもボールペンを作ってみたいとのこと。それで、ボールペン作成のノウハウ(デザインとか製作会社さん紹介とか)面でお手伝いしました。

まだ現物出来上がってないですが、こんなイメージです。

f:id:moto-ballpen:20090401193200j:image

クリップ部分は「いのち守る」。(写真では白地に黒ですが、実際は白字です)

f:id:moto-ballpen:20090401190205j:image

まずは3000本作って、4月下旬に、支援の会の会員のかたに、会報に添えてお送りすることになりました。

もし評判よさそうであれば、一般のかたも、応募したら貰えるようにする計画です。

一般の方の応募が開始になれば、「ボールペン作戦・第二弾」ですね。

第三弾、第四弾と続くとうれしいな。

一般の方への配布が開始になったら、またここでご案内しますね。(たぶん4月下旬?)

  

(追記)

賛同いただけるブロガーさんたちのためにバナー作ってみました。どうかな?

少し小さめ。写真とこのコピー文だと、これが限界?

ちっちゃいサイズ。

「過労死から医師を守ろう!」バージョン。無料バナー作成サイトで作ってます。写真入れると原寸大のが出来て、文字と図柄だけだと、小さなのが出来てくるみたいですね。

ついでだから、ボールペン作戦のバナーも作ってみました(^^;。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 01:01 ただ、個人的に疑問なのは、このボールペン、いったい誰が欲しがるのか?なんですが・・
福島大野病院のときは、医療関係者がこころを一つにする、っていう目的がはっきりしてて、ターゲットが解りやすかったんですが、今回のは、仕上がり的には一見綺麗なんだけど、どうだろうなあ?・・医者が持つのもある意味おかしいし、やっぱり一般市民向けなんだろうなあ。
こういうボールペンが存在する、っていうことが、ひとつの社会へのメッセージとなるということなのだろうか?「存在することに意義がある」かあ。うーん。
写真眺めていると、だんだん解らなくなってきます・・

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 01:20 「過労死から医者を守りましょう。」
「どうやって守ればいいのですか?」
「それは皆で考えてみてください。」
って感じの、問題提起型のコピーだなあ・・。福島大野病院のときは決意表明型だったですが・・。ということは、やっぱり配布系のボールペンであって、個人で一本ゲットしたい、という方向性のものでは無いかもしれません。
しかし、ボールペン作戦も、シリーズ化第二弾となると、コレクターズアイテム、所有欲は刺激するだろうから、とりあえず品切れになる前に、たいして高いものでも無いし、一本ゲットしておこう、という人はいるかも。
どんな形でも、とりあえず誰かの手に渡って使われれば、またそれを見た誰かへのメッセージにはなるわけだから、まあ、いっか。

YosyanYosyan 2009/04/01 08:02 フレーズは問題提起型と言うかソフトですね。やっぱり配布対象の想定の違いでしょうか。大野事件の時はかなり配布対象を最初から限定して割り切っていましたが、中原先生の方はもう少し広い対象と言うか、問題を一般化させる方向性のように思います。

もっとも大野事件のフレーズは「先に出来ていた」と言うのも大きな違いで、決意表明型をあえて選んだというより、他に選択枝が無かったというか、新たに考えは始めれば小田原評定になるのを避けたというのも大きいかもしれません。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 08:44 どうも、おはようございます。
今回「ボールペン作戦をやろう」という話が先行して、それからコピーを考えたものですから、支援の会でのコピー文案についての議論が、まさに小田原評定的になりそうで大変だったみたいです。
取りまとめ役のかたはずいぶん苦労されたようですから、うまくいくといいのだがなあ。

YosyanYosyan 2009/04/01 09:32 コピーなんて、ある意味みんなの意見を集約して決めるものではないような気がします。自然発生的な言葉の集約が一つの理想ですが、そうでなければインパクトを狙った角が少し立つぐらいの方が効果があります。だからコピーライターなんて職業が成立すると考えています。

小田原評定になると得てして、角が取れて丸くなりすぎ、毒にも薬にもならないまん丸な「無難」そのものになったりするからチョット心配です。それと後はPRでしょうね。うまく付加価値を高めながら「手許に欲しい」の感覚を抱かせる工夫です。大野事件の時はボランティアで宣伝してくれた方が結構おおかったですから、ああいうムーブメントをどうやって起すかでしょう。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 10:51 そうですよねー。わたしも、このコピー文、なんかちょっと、角が取れ過ぎていて不安です。お利口さんすぎるというか。
ネットでは鋭い言葉が飛び交いますから、実社会的にはこのくらいのソフトさのほうが、運動のすそ野を広げる意図ではいいのかな?とも思ったのですが。。

そちらのブログのコメント欄にも書きましたが、わたしは当初「病院には医師を過労死から守る義務があります」を提案しました。
なぜかというと、現在中原氏側は、労災の認定を勝ち取りましたが、病院側の労働管理責任を訴えた民事訴訟で高裁で敗訴の状況にあります。(上告受理申し立て中だそうです)
民事=金銭的賠償ですから、労災がおりたのに病院相手に民事はお金欲しがりすぎだろ?という見方もありますが、中原氏側の大義は、労災がおりて病院側の責任が不問とされれば、勤務医の労働条件改善にはつながらない、むしろ、医者は死ぬまで働かせて自殺しても労災で片が付くからいいだろ?と病院が安心するのが許せないっぽいです。
労災認定自体にも、病院側は非協力的であったそうで、それに対する恨みもあるんでしょう。
という状況を聞いて「病院には医師を過労死から守る義務があります」でどうかな?と思ったんですが、つよぽん様から突っ込みが入ったようで、なんだか病院に対してプロ市民的に要求を突きつけているみたいで、まあ早い話穏やかじゃないってご意見みたいでした。で、「過労死から医師を守ろう!」です。
つよぽん様のブログのコメント欄みると、けっこう女性の支持集めてらっしゃるようで、なるほど、ソフト路線も、裾野広げる的にはひとつの戦略かな?と思い、わたしも賛成しました。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 11:05 続)
私事で恐縮ですが、わたしが2000年に病休とった時は、当時の院長に直接自分の今の状態を話して相談しました。院長は下山先生という方でしたが、話をひとわたり聞いた上で「とにかく明日からしばらく休め」とわたしに命じました。翌日からの外来むちゃくちゃ混乱したみたいですが、あれが、管理者としての業務であり義務責任であったのだと思います。下山先生には感謝しています。
あの判断がなかったら、わたしも多分自殺していたでしょう・・
ですから、病院管理者が、鬱な医師を自殺から守ることは、具体的に可能なんですね。
そういうことを、今回の訴訟(上告受理申し立て)を通じて訴えるには、「病院には医師を過労死から守る義務があります」のコピーのほうが、解りやすいような気がするんですけどね〜。
しかし、一般人のひとたちに、安易な時間外受診控えましょう、とか訴える目的もかねるような意図だと、「過労死から医師を守ろう!」ですねー。裾野は確実に広がります。

蝸牛蝸牛 2009/04/01 16:39 初めまして。中原支援の会からやってまいりました。

この度、moto先生の大きなお力をお借りして、
ボールペン作戦再開の見通しとなりましたことに心から感謝申し上げます。
何分ドのつく素人なものですから、段取りがわるく、
皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。
ゆる〜くなが〜く見守っていただけたら幸いです。

私どもの会では、最高裁への上告受理申請の支持をお願いする署名活動を開始いたしました。
署名をお願いする時にこのボールペンを添え、お名前を書いていただけたらというのが、
中原先生のご遺族の希望です。

医師が過労死・過労自殺するような貧しい日本の医療を変えてほしいというのが中原先生の遺志でした。
この機会にできるだけ多くの方に現状をお伝えしたい。
署名活動を通して一人でも多くの方に、日本の医療はこのままでいいのか?と
考えていただきたい。
そのためのお助けアイテムとしてボールペンは最適と考えます。

つよぽん先生始め複数の方からご意見をいただき、
最終的にmoto先生のお力で今の形になりましたこと、とても嬉しく思っております。
ありがとうございます!
まだまだ最初の段階に足をかけたところです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 18:29 なるほど、当面の具体的目標は、最高裁に上告受理してもらうことであって、それには世論というか署名を集める必要があるわけですねー。
「署名を集めましょう」と言ってくださるひとに、ボールペンも添えて「これでお願いします」というのは、モチベーション上がるかもしれません。
そういう使い方であればこのコピー文はとても妥当ですね。
ところで色なんですが、ピンクが5月ごろまで入荷が無いとのことで、とりあえずブルーになります。写真もあとで差し替えます(^^;。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 19:07 差し替えました。まあ、青には青のよさがあるというか、清楚だし。

つよぽんつよぽん 2009/04/01 22:16 つよぽんです。
今回の第2弾プロジェクトになんだかかなーり絡んでおります(^^;)

確かにお利口さん過ぎる感もあるのですが、
こうやってコピーのロゴが打たれたボールペンの画像を眺めてみると
「悪くないな…いいんじゃないかな…」というのが個人的な、ですけど実感です。

「過労死から医師を守ろう!」のフレーズ、シンプルでいいと思います。
そしてクリップ部分の「いのち守る」が更にシンプルでいいと思います。
パッと見は「いのち守る」…誰のいのちを守るんだろう…漠然としてます。
患者の命?医師の命?いや、いのちは命で「誰の」じゃない。
理屈じゃなくただ「命を守ろう」ストレートなほど裾野は広がります。
そして、こういうプロジェクトは裾野が広がってこそ
プロジェクトの存在意義、存在価値なんだろうなーと思います。

医師や看護師の胸ポケットからこの文字がのぞいているとする…
この写真のようにアップで見てしまうと、そこに意識が集中しちゃって
医療現場でこの文句はストレートすぎてくすぐったいようにも思えますが
目立たずさりげなくこのボールペンがポケットに収まっているのって
「けっこういい感じ?」そんな気がします。

で…
アップするタイミングは中原のり子さんにもお伺いを立てますが
この写真を使ってブログ記事書かせてもらったり、
SNSでトピック立てちゃってもよろしいでしょうか?

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/01 22:55 どうもこんばんは。お待ちしておりました(^^)。
ただひとつだけ現時点で心残りなのは、このコピーと「いのち守る」だと、ピンクのほうが色は合ってたなー、というとこなんですが・・前のコピーだとピンクより青が向いてたものですから、青の数だけ確保してもらってたんですよ(1000本単位だと、オーダー入ってから本体制作取りかかるらしいです)。
はやいとこ3000本消化してピンク作製のオーダー出したいところです。

写真とか記事とか、わたしは全然OKです。今回の作戦のネット上広報・司令塔は、つよぽん様が、向いてると思います。ブログ記事読ませていただきましたが、変なひねりや嫌みが無く、何ていうか、まっとうな人たちの共感を呼ぶのに向いたネットキャラですね。(美容外科に転向したら、さぞかしお客がつくだろうなあ(^^;。)

YosyanYosyan 2009/04/02 08:44  >変なひねりや嫌みが無く

う〜ん、耳が痛い。。。

コピーは決定したものですし、決定したものを蒸し返したらまた紛糾しますからこれで良いと思います。次はどうするかですね。大野事件は判決日と言うヤマがあり、そこに向けて自然に盛り上がった経過があるのですが、今回もそういうヤマ設定はあるのでしょうか。上告は棄却の可能性も多分にありますから、これをヤマにするのも少々危険でしょうし。

考えようで、大野事件は劇的に無罪判決から検察の控訴断念という展開になって大団円で作戦も自然終了しましたが、中原先生の場合は違った展開を考えたほうが良さそうです。言葉で表せば「息の長い、粘り強い」路線です。それでもある程度まではボルテージを高めておく必要がありますから、「息の長い、粘り強い」路線であっても小ヤマぐらいは必要かもしれません。

しっかし、moto様がここまで肩入れするとは想定外でした。長期戦は迷惑がかかると思って小細工に走った当時を振り返って反省しています。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 09:30 いや、変なひねりや嫌みってのは、自分の書く文章を反省して形容したものです(^^;。
ヤマというか、当面の目標として、上告受理申し立て
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%91%8A%E5%8F%97%E7%90%86%E3%81%AE%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6
に向けて、署名運動を展開する必要があります。その「販促品」としてボールペンはいいかもしれないですね。ボールペン貰ってくれたひとに署名集めるの協力してもらう、ってのはいい手法です。署名用紙をPDFファイルで作ってダウンロードできるようにしておくといいんじゃないかな。
今回「肩入れする」というほどのお手伝いはしてないんですよ(^^;。会計は支援の会のほうにお任せしちゃってるし。わたしとしては、ボールペン申込みの際に「鶴舞公園クリニック」と書いてもらえる、ってのが、サブリミナル的に営業のイメージアップ効果あると思ってるんで、お安い御用、というか大歓迎です。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 10:10 署名のときのフレーズは、
「激務で過労死した小児科医中原利郎先生への、病院の健康管理義務違反を認めてください。上告を受理してください。」
かなあ。
これも、早急に支援の会の皆さんで、まとめていただきたいところです。フレーズ決めていただければ、PDFファイルくらいわたし作りますよ。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 10:37 Yosyan先生、他にもいろいろ関心事目白押しでお忙しいかと察しますが、出来ましたら、この「上告受理申し立て」必勝法というのを、そちらでエントリー立てて、ご意見募っていただけないでしょうか?コメント欄にプロ(はだし)の方々、たくさんいらっしゃいますし、何かとそうやって話題にしていくことで、盛り上がりも期待できるかもしれませんし。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 11:14 あ、失礼いたしました。署名用紙のPDF、すでに支援の会のHP中にありましたね(^^;。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/0903shomei.pdf
いま見つけました。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 11:28 てか、しばらく見ないうちに、ずいぶんHP更新充実しましたねー。これだけの作業大変だっただろうなあ。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 11:30 わたしの考えたコピーも、
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/
の左上に使ってもらってますね。ちょっと嬉しい(^^)。

蝸牛蝸牛 2009/04/02 11:52 こんにちは。いろいろとお世話になっております。
HPは事務局長の先生が時間をみつけてリニューアルしてくださっているのですが、
年度替わりで小休憩に入ってしまいました。
すみませんがこちらへのリンクも少々お時間くださいませ。

署名用紙は説明文が長過ぎてわかりにくい?という意見もあり
1枚につき5名のお名前が書き込める形式を守って、
もう少し手短でわかりやすい形に改めることを検討中です。
なかなか難しいです…。

YosyanYosyan 2009/04/02 12:12 私だけではなく他の医療系ブロガーにも呼びかけて運動するのは不可能ではないですが、2.18のように上手くまとめるには工夫が必要です。上告受理を一つの焦点にするなら、中原先生の経緯をコンパクトにまとめて共感を集めなければなりません。中原医師の事件は有名ではありますが、大野事件や大淀事件に較べると常識化にはチト遠いところがあります。

署名用紙も拝見しましたが、誰に読んでもらうかの配慮が必要かと感じます。ネット医師ならあれでも十分ですが、一般の方々には長くて難解です。長くても構わないのですが、長くなるのなら思い切って署名欄と説明文の分離も考慮すべきかと思います。長さに制限が無いのであれば、一般向きの簡明なアピール部分と、詳しい説明部分の並立が可能になります。

ちょっと私もコソコソと動いてみます。

moto-ballpenmoto-ballpen 2009/04/02 14:50 >他の医療系ブロガーにも呼びかけて

とりあえずバナー作ってみました。どうかな?
この先生、目は一重っぽいけど、独特な眼力(めじから)があるんですよね・・。

YosyanYosyan 2009/04/02 17:31 バナーは良いのですが、「小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会」の管理はどこまでなんでしょうか。ここは注意しておきましょう。大野事件の時は、実質、moto様と私でコピーから、バナーまですべて独断で決められましたが、今回は共催と言うか協賛になりますから、裁量の範囲をよく確認しておいた方が良さそうな気がします。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/02 18:36 そうですね。いちばん小さいのはいいと思うんですが、写真使用のほうは、蝸牛様経由で、ご遺族のかたの諒解とれるまで保留ということで。
いや、ちょっと作ってみたかっただけなんです(^^;。
基本的には「支援の会」の名称勝手に出したり使ったりしなければ、ネット活動は自由、ていうか先方としては歓迎なんじゃないかな。

蝸牛蝸牛 2009/04/02 19:30 こんばんは。お世話になっております。
バナーまで作っていただいて恐縮です。
(実は18世紀生まれなもので、21世紀の技術には感嘆するばかり)
写真使用の件はご遺族に確認しますので、しばしお待ちを〜。

蝸牛蝸牛 2009/04/02 21:34 お待たせしました。写真使用、大丈夫です。
moto先生のお働きに感謝感激!ありがとうございますとのことです。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/03 07:54 バナーの貼り方ですが、まずバナーを右クリック→プロパティを開くと、バナーが存在するURLと、大きさがわかります。(ボールペン作戦ならhttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/m/moto-ballpen/20090402/20090402231138.gif、大きさは横88×縦31)
あとは、ソースに、
-----
<a href="リンク先のURL"><img src="バナーが存在するURL" title="バナーの上にカーソル来た時表示されるフレーズ" width="横" height="縦"></a>
-----
を加えます。
ボールペン作戦なら、
-----
<a href="http://d.hatena.ne.jp/moto-ballpen/"><img src="http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/m/moto-ballpen/20090402/20090402231138.gif" title="ボールペン作戦" width="88" height="31"></a>
-----
ですね。

蝸牛蝸牛 2009/04/03 22:30 こんばんは。お世話になっております。

本日中原さんに、ボールペン専用の郵便局の振込口座を作っていただきました。
名称「小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会」
番号  00160-2-361759
とのことです。
従来の会費振込口座が0010-3-629139 ですので、間違える人がいないか、
若干の不安が残りますが、上記でよろしくお願いいたします。

3100本制作し、100本をmoto先生、3000本を支援の会に納品していただく予定です。
納品日は4月24日(金)。出来あがりが楽しみです♪

蝸牛蝸牛 2009/04/03 22:34 訂正です(汗)
従来の会費振り込み口座番号は 00110-3-629139でした。失礼いたしました。

つよぽんつよぽん 2009/04/03 22:58 >変なひねりや嫌みが無く

あ、ありがとうございます(^^;)
すんませんちょっと猫被ってるかもしれません(汗
リアルの私は毒もひねりも嫌みもありまくりだったりして(滝汗

海苔ピー(中原のり子さん)のGo Signも出たので
私もボールペン作戦第2弾に関するブログ記事を書きました。
よろしければ覗いてみてください↓

始動!ボールペン作戦 第2弾♪
http://tsyosh.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-9d1f.html

そしてmixiの医療センターコミュニティにもトピックを投下しました。

こういった「第2弾企画」って二番煎じとか、2匹目のドジョウ狙いとか、
そういう印象を持たれる可能性も大きいんですけど、
元祖ボールペン作戦の中枢を担ったmoto-tclinicさんとYosyanさん、
お二人の賛同、協力を得られていることで少なくとも
「パクった。」「真似した。」とは言われにくいはずで、有難いことです。

で、お二人のおっしゃるように、
大野病院とは違う背景、内容、コンセプトですから
裾野を広げるための戦法、戦略も違うアプローチがありそうです。
私は支援の会にいる中原さんの友人の1人で、役員ではないんですけど
乗りかかった…つか乗り込んじゃった船ですから(笑)
今の自分の立ち位置からこの作戦を効果的に展開していく方法、
支援する方法を更に考えてみようと思います。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/03 23:14 これは、二番煎じどころか、うまく育てると、いまYosyan先生のところで話題になってる病院の労働基準法遵守の問題を一気に切り開く可能性ありますよ。
そういう意味でもつよぽん先生はじめ、現役の勤務医ブロガーの若い力に期待します。
楽しみですねー(^^)。

moto-tclinicmoto-tclinic 2009/04/03 23:27 >蝸牛様
わたしのところの対応としては、あくまで、130円切手貼った返信用封書に「支援ボールペン希望」と朱書して送っていただいた方に1本づつボールペン配る、という作業だけに徹したいので、100本とか大口御希望のかたは、支援の会事務局のほうに申し出て対応してもらうということにしたいです。
(もし、私のほうに複数〜大口希望という申込が届いた場合は、そのまま支援の会事務局に転送したいです。)
なので、そういう複数〜大口対応窓口も、よろしくお願いします。

蝸牛蝸牛 2009/04/04 09:35 おはようございます。
あらためてmoto先生やYosyan先生、つよぽん先生のご協力に感謝申し上げます。

支援の会は、これまでネットでの広報活動をほとんど行っていませんでした。
このボールペン活動が、ネット界デビューでございます。
医師ブロガーの皆様のご協力をなによりの支えです。
つたない会ですが、ご支援をこれからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

>moto先生
大口対応の件、了解致しました。
複数〜大口ご希望の方は、直接、中原支援の会までご連絡いただくこととし、
こちらで対応させていただきます。
支援の会HPを全面リニューアルいたしました。
トップページ左下のアドレス宛に転送していただけましたら、その後はこちらで対応させていただきますね。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/

moto-ballpenmoto-ballpen 2009/04/24 18:15 次の作戦会議室の準備が出来ましたので、こちらは閉めますね。

ーーーーーーーーーガラガラガラ(シャッターの閉まる音)−−−−−−−−−−