Moto’s Diary  このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-18

自分探し → 哲学の道???

今日本屋で見つけたこの本。

男のための自分探し

男のための自分探し

だいぶカジュアルなものだと思っていたら、

意外や意外。

文中には、

ソクラテス」、「プラトン」、「ハイデガー」、

こんな人物名が続々登場。

心の迷いがこれで晴れるかと言えば、

決してそうではないけど、

いいスパイスには、なる。

自分探しは、自分の心と向き合うこと。

最近、流行感覚ではなく、

本質的に自分と向き合うきっかけをくれる一冊かな。

あなきんあなきん 2008/08/19 09:42 『男のための自分探し』の感想を頂き、どうも有難うございました。人生について考えるきっかけになれば、望外の喜びです。当方のブログ『愛と哲学の自分探し』に、他の方の書評と一緒に紹介させて頂きました。どうも有難うございました。

jibun354jibun354 2008/09/25 14:16 moto-suzuki様

はじめまして!
jibun354と申します。

私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。

http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20080925/1222319486

にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。


ではでは、よろしくです♪

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close