Hatena::ブログ(Diary)

横浜元町磯釣会 -例会-

2012年06月15日

6月定例

6月2日(土)メジナ大会を開催  参加8名  神津島の各磯

天候は晴れ、海は凪と言う最高のコンデションでのスタートとなった。

本来はオンバセのヒラッタイを予定していたが、石鯛師達をカツオアサラ・ジロ八・カドと順番に渡していたが、モタモタしてた事もあり、他船2隻がヒラッタイ・義経・弁慶と渡しており、残念ながらオンバセを後にし、本島周りに向かい、渡部氏・永島氏は孫平海女根に小山は長崎のトウフに残る5人衆は沖の作根に渡りスタートとなった。


今回に限り、大会は尾長メジナだけ限定とし口太は年間ポイント対象としスタート。


孫平海女根(口太メジナの大型が潜む磯)に渡った渡部氏・永島氏はサラシが出ており、良い感じに見えたが、渡部氏曰く、食いが悪いと言う事で10時過ぎに2人とも大出っ張りの磯に磯変わりし頑張ったが当て潮で釣りづらく渡部氏の40メジナ・イサキ、永島氏は終日、外道のオンパレードと2人共厳しい釣りとなったとの事でした。


トウフの小山は本来払い出せば最高の磯だがここも朝からガンガンの当て潮であり、沖に投げても、右の小根のサラシで足元まで押されて一気に120メートル後ろの長崎まで流れる有様、ここで食うのはイズスミ、ブダイ、そして口太の35サイズまでは入れ食いである、潮が変わったのは12時を回った頃であり、12時から14時の2時間で口太ながら40〜49までとイサキの連釣、14時過ぎには潮は緩くなり餌も残りだし納竿とした。沖の作根渡った5人衆(中々乗れない名礁であり当日は船から見ると潮の真ん中に磯が有るかのように潮が通っていた感じ)今井・金子・大西・平野・鴨志田氏達は2手・3手に分かれて(5人では多すぎの感じだが)のスタート、今井氏はサラシの中に仕掛けを投入し沈めての釣りが合ったらしく、メジナ大会の優勝魚46センチの尾長メジナをゲット、他に40以上を5枚以上キープし更にイサキも入れ食いで何と大型クーラー2個満杯の釣果である、平野氏は45センチの尾長メジナを釣り見事第2位となり、金子氏は43センチの尾長メジナで第3位とイサキの46・5センチを釣り上げ元町磯記録をコンマ0・5更新した。


大西氏は48センチを釣り上げたが残念ながら口太メジナだが久しぶりの磯釣りを満喫した様子、鴨志田氏はイサキのオンパレードで何と深すぎた?美味しそうなアカハタを釣り上げていた。3時になり終了となった。

第1位今井氏 46センチ 第2位平野氏 45センチ 第3位金子氏 43センチの結果であった。

  • 平野氏、第2位尾長メジナ44.6cm
    f:id:motomachi_iso:20120615094649j:image
  • 大西氏、47.5cmのメジナ。
    f:id:motomachi_iso:20120615094648j:image
  • 石垣鯛、小山氏47cm、2kgでした
    f:id:motomachi_iso:20120615094647j:image
  • 小山氏、メジナ48cm
    f:id:motomachi_iso:20120615094646j:image
  • 金子氏、イサキ46.5cmの新記録
    f:id:motomachi_iso:20120615094645j:image
  • 渡部氏、40cm、口太メジナ
    f:id:motomachi_iso:20120619110721j:image

→横浜元町磯釣会ホームページへ

Connection: close