Hatena::ブログ(Diary)

横浜元町磯釣会 -例会-

2013年01月25日

1月例会

横浜元町磯2013年1月例会 幹事 平野・金子

今年初めての例会がスタートしました。

予定では神津島で尾長の大型狙いでしたが風があり断念(海央丸は出船)。

スタートから中止では2〜3年前の二の舞で中止の嵐になると懸念し決行とした。

参加は平野・金子・渡部・小山・永島の5名でのスタート。

神子元島に確認すると平然と出るよ、石廊崎は灯台下辺りは良いよ、但し先客が2名。

居る(翌日の新聞情報で35サイズが数枚)、外浦は客が「0」と言う事で、自由に好きな場所をと言う事で、外浦に決定。朝1番で港にてお清めの酒でスタートとした。

磯は「二ッ根の右磯に金子氏」「二ツ根の左磯に渡部氏」がそれぞれ渡船し、平野・小山。

永島は根島に3人で渡りスタートになった。朝は沖に出る上り潮が早く、当たりが各所で出た模様、平野氏は朝32サイズをキーパー、私はと言うと30強、そして35クラスを釣った直後検量しようとしたら元気な奴で、ジャンプ1番、オートリリースである、その後、10時位から潮が動かず音なしである、12時過ぎに下り潮が動き出し、3枚追釣し、最後に奴は来た、力がありすぎ持たない為竿の弾力に任せ約10分以上の末タモ入りしたのは何とデカイズである、そして2時上がりとなり、港に到着後直ぐに検量するとイズは59センチもあった(港で撮影後リリース)、結果は小山が4枚・平野氏がキーパー1枚、金子氏が二つ根で寒い中頑張り3枚を持ち帰った。最大は37センチ(根島、小山)であった。

帰りに恒例のにんにくラーメンとビールにて今年最初の例会での安全スタートがきれたことに乾杯とした。


→横浜元町磯釣会ホームページへ