Hatena::ブログ(Diary)

横浜元町磯釣会 -例会-

2014年07月01日

6月例会

6月度例会

場所 横根・石取根  渡船 たたみや  6月21日AM5時出船〜PM3時

幹事 鴨志田氏


参加10名での例会スタートとなりました。前日は凪の情報でしたが西風の影響かウネリが思ったより大きく場所によってはかなり厳しい場所もありました。


石取に今井・渡部・鴨志田・佐々木・平野・杉本氏の6名が渡船した所、たたみ屋の貸し切り状態で磯の場所決めもスンナリの中スタート、横根は永島・小山・関口・東野の4名で5時に横根の磯で待機、(沖横根は7人)何と5分で4船(ひがし丸・三信丸・たたみ屋・?丸)一斉に渡船するも8名のメンバー、たたみ屋は荷物と人が降りる頃、殆どの船が渡船を終えて場所を確保に走ってるではないですか(勘弁してよ・・・)荷物が全て終えた頃には本命ポイントは全て取られ我々は、本場と裏本場の間のウネリ真っ只中に何とか竿ケースを置いたが裏本場に着けた、ひがし丸の石鯛師がピトンを打ち、万事休すに近い狭いポイントで永島・小山がスタート、ルアーマンの2人はあちこちにルアーを投げては場所移動、約2時間ウネリの中、カゴ釣り2人と石鯛師の間で、タカベ少しと潮の中でイサキがチョツト、寂しい限りです。


前に岡崎氏が入って入れ食いの裏本場のポイントではイサキとタカベの連釣が見えてる、3時間もした所で石取根に連絡した所、イサキ・タカベが入れ食いで30クラスのメジナも出てるし、ハリス5号が切られたとの話、そして佐々木氏にメーター級のヒラマサが3発も掛かるが、相手がデカ過ぎである、それにしても石取根は全体的に釣果が伸び好調の様子である。我々はウネリが来る度に逃げるか、波を被る連続で風とウネリで仕掛けが安定せず、とうとう永島氏はストレスから本場に場所を変えて再スタート、私も弁当を食いながら検討、本場も場所が無いので我慢の中、早速サラシの中、潮に乗せず仕掛けを重くし際での止め釣りでスタート、2投目に際に一気にもって行き31センチをゲット、それからバラシ3発を含め5枚ゲットしたころで12時半に潮が止まりで終了の感じ、表に行った永島氏はイサキの連釣をしている、ルアー組は、厳しい1日でとうとうタカベ釣り始める始末、その頃石取根では鴨志田さんがタカベ仕掛け(5月の神津島では100枚)で山ほどのタカベ、平野氏は何と素晴らしく綺麗な真鯛を釣り上げていた。そして3時30分にお迎えが来て港に4時に到着。


検量の結果は杉本氏34・2 33・7 34・5 30・3 33とイサキ5枚

平野氏35・0 30・8 32・5 32・2と真鯛とイサキ4枚 小山氏 31・7

31・6 35・5 38・0とイサキ2枚 今井氏 30・0 31・7 32・2とイサキ5枚 佐々木氏32・0 33・4とイサキ5枚 渡部氏・鴨志田氏・永島氏はイサキ5枚 関口・東野氏はルアーにヒットしなかった・・・。


次回7月は石廊崎での海防例会です、参加二桁になるよう参加待ってます。


→横浜元町磯釣会ホームページへ