Hatena::ブログ(Diary)

横浜元町磯釣会 -例会-

2015年04月24日

第2回黒鯛大会

4月11日(土)久里浜堤防にて10名にて実施

参加会員 今井会長(前年優勝者)・剱持(前回第2位)・小山(前回第3位)

鴨志田・金子・岡崎・杉本・大石・関口・東野・以上10名


当日は4時過ぎに集合 各自コマセを作り6時に場所決めのクジ引き、何と前年の1位と2位の今井・剱持氏がクジも1番クジ・2番クジを引くという偶然か。

はたまた運か、全員驚きである、私は心の中で終わったなと・・・・・独り言。

先端のポイントに今井・剱持氏が予定通り?

後は順番に場所を決め6時30分を回った頃から全員スタートになった。

8時ごろに今井氏にヒット、9時過ぎに又も今井氏にヒット、他の会員は誰一人竿が曲がらづ、何故か今井氏の1人舞台?

そのころルアーマン関内氏にスズキがヒット、そして東野氏にも同様にヒット、大きさはほぼ同サイズのようである。しかし流石の関口名人、続けて連続ヒットである。

そして12時過ぎに状況判断で回ると、何と今井氏にヒットしたの魚は黒鯛ではなく、朝1番の魚はウマズラカワハギの40センチオーバーであり、2番目にかかった魚はメジナの42センチでした。

そして1時30分まで誰1人竿が曲がる事はなく(メバル・カサゴ類は山ほど)2時に終了。

検量に入った所で今井会長のクーラーからナ・ナント・・・黒鯛が出てきた今井会長曰く、1時30分過ぎにヒットしたとの事。

流石名人今井さんが唯一の黒鯛を釣っていた。

優勝は今井会長39センチ(2年連続優勝)

他魚の部はスズキを3枚釣った関口氏の61センチと61・5センチを釣った東野氏の中、5ミリ差で東野氏に軍配が上がり大会終了となった。

→横浜元町磯釣会ホームページへ