Hatena::ブログ(Diary)

横浜元町磯釣会 -例会-

2014年01月17日

12月最終例会

幹事 今井・小山

最終例会は南西風が強く石廊崎から外浦に変更

赤根に金子・佐々木・青木 外赤根に大石・平野 輪島右に杉本・鴨志田

輪島左に岡崎 根島に小山・東野・関口 二つ根に渡部・今井氏が渡礁しスタートし、2時に磯上がりと成った。

釣果は最大は輪島右に乗った杉本氏が最大で43センチ、外赤根に乗った大石氏が39センチで2番目の大物で2人が馬券獲得となった、キーパーメジナが全体で20枚、サイズ的にも35オーバーがかなり数であった。

外浦を後にして民宿で忘年会を兼ねた表彰式となった(以下表彰)


年間

第1位は金子氏 477・5ポイント

第2位は小山氏 466・6ポイント

第3位は今井氏 374・0ポイント


大物賞は

尾長メジナが47センチ 今井氏(神津島)

口太メジナは42センチ 金子氏(大 島)

2013年11月18日

11月例会

11月の月例会


11月9日 石取根及び横根島にて実施


今年最高の参加人数の13名(先月は10名)で行われました。


キーパーメジナ30枚(最大37センチ小山横根島)イサキ150枚(最高は岡崎氏40枚以上)


2013年10月28日

10月例会

10月月例会  幹事 岡崎・永島氏


神子元島の予定でしたが北東強風のため伊浜例会となりました。

久し振りの二桁の10名の参加で実施。

今回は東野君が友人を連れての参加です。

丸島周りに鴨志田・金子・青木・岡崎の4名

トンガリに今井・永島、ハズレドコに小山・杉本

今回の初参加の関口君と東野がトウフに


丸島の離れで金子氏が37・40をゲット

丸島では鴨志田氏が35、岡崎氏が30をゲット

トンガリで今井会長がスマカツオ、

ハズレドコで小山が平スズキと石鯛をゲット

トウフでは2人のルアーマンが、ベイトに合わせたルアーで

80センチオーバーのワラサを3本ゲット見事である、

メジナは全体で4枚だが他魚が10種と珍しい釣果である。

参加数が10名を超えたことには意味があった例会でありました。



2013年07月30日

7月例会

7月20の寂しくも4名での例会でした

親島に今井会長と10年ぶりに復帰した杉本君がのり

カツオ島に小山と東野が乗りました

湧き潮やら蛇行した早い潮で苦戦しながら

何とか釣り上げましたがイサキは小さく30に満たない

ものばかりでした。

結果 今井34センチ 1枚

杉本34〜34.1センチの2枚

小山30〜34.2センチが4枚でした

次回は総会です、頑張りましょう


2013年07月26日

6月例会

6月1日「神津島メジナ大会」 場所;神津島にて

メジナ大会お疲れ様でした。

風は若干ありましたが、行き帰りともにともに爆睡できる静かさでした。が、

メジナがイサキが石鯛がほとんど出ない最悪の状況。

尾長が2枚、口太が1枚の貧果でした。

各自磯替えを繰り返し、磯替え後3投目に来たと今井さんが最大

47センチで優勝でした。

1位 今井47cm

2位 平野41cm

3位 金子43cm(口太)

で終了しました。他の釣り人のメジナらしき釣果は見られない感じでした。


2013年05月07日

4月例会

4月度例会  曇り後雨 東風の強風


前日は北の風から東に変わり最終的には東の強風になり、石取根・横根での例会

は変更になり、西伊豆伊浜に決定

8名の参加会員は伊浜に到着、港に着いた時は車3台だけで、

今日はこの位の人数かと思い若干の眠りについた。

4時半に目覚ましがなり起きると、何と回りは車だらけである・・・。

約13〜15台の車が停まっているではないか、5時位になり各自が支度し出したら

人数の多いこと多いこと、近くにサバルの桜井君が居て、久し振りですと挨拶してきて

若干の雑談をしている所に船頭が来た、早速幹事が希望磯を先に言うと、

元町磯のネームは強い、優先的に1番船で出船となり丸島に平野・鴨志田・清野・小山

トンガリに今井・永島、ハズレドコに岡崎・渡部が渡船し、終了

重五郎丸が客が3人位なので、手前の磯も宝洋丸で磯の取り放題で


結果的に桜井君たちはワタリに渡船し2人で25〜35の尾長の入れ食いで、40センチオーバーは1枚との事でした(さすが) メジナ研究所のHPに掲載


私たちもスタートするが何処の磯もメジナがほぼ居ない状態で食うと、バリの連釣、

ブダイ、メバル、ハタと言う状態の中、丸島の平野氏が32センチをゲット、

トンガリの永島氏が本日最大魚33センチをキープ、ハズレドコの岡崎氏と渡部氏が31〜32を各自1枚ずつゲットと言う結果で終了、結局4枚だけの厳しい釣果で終了した。

船頭曰く、今月初めての渡船で20日出ていないとの事、さすがに沢山コマセしてもベイトが出て来ないわけであった。

次回のゼニス例会を談笑しながら、伊東のにんにくラーメンとビールを堪能した。


2013年04月01日

3月例会

担当幹事 今井会長・渡部氏

2月は西風強風のため中止であり何とか3月は例会をしたいと言う会員の気持ちもあり

大島に向かった、

但しやはり西風強風のためもし伊豆半島であったなら完全に中止である。

参加は8人で今井会長・金子氏・剣持氏・渡部氏・永島氏・岡崎氏・青木氏・小山である。

車は2台に別れ今井車に5人と小山車に3人となりスタート

今井車はヨコブチと赤岩に向かい、私達は焼き場にと言ったが釣れないからカキハラにしたらと言うので、カキハラ以外ではと聞くと、赤岩は?赤岩は今井さんたちの候補だからと・・・。結局 今崎にしたらと言うので3人で今崎に入った。

最初の2時間くらいは40センチの三の字だけであったが、その後目一杯きつい西風のおかげで山ほど頭から被り危険を感じる程であり、3人とも波を避け場所換えするも、潮は回るだけで、流れず、下の砂地が見える始末、しかし永島氏は11時くらいに一瞬、動いた潮に乗せヒット見事41センチ、続いてヒットしたが小山の下手なタモ入れで40セントクラスのバラシ「ごめんなさい」

今井さんたちは船中のは談議では、

交互にヒットし見事に40センチオーバーをゲットしていた。

中でも金子氏は本日最大の42センチを筆頭に40オーバー含み5枚のキーパーで

ダントツ1位である。続くは岡崎氏、41センチ筆頭に見事4枚のキーパーで

さすがである。久しぶりの磯釣の剱持さんも40オーバーを混ぜ3枚のキーパーは流石であり、腕は鈍っていない、実力者の今井会長も3枚キーパーと流石である。

全体で16枚くらいで、其の中でも40センチオーバーが7枚位とはさすがで、大島を皆が

見直した程であり、帰りはウドンビールでワイワイと談議し爆睡と成った。

帰りに森川さんが元町磯が来るとなぜか西風だと言ったのは気のせいか?

帰りの運転も無く楽な大島釣行を来年は3回は入れたいと思うのは

今井さんと私だけかな?(ヨコブチに入った5会員で写真が無い為、今崎と永島氏の41センチだけでした。


2013年01月25日

1月例会

横浜元町磯2013年1月例会 幹事 平野・金子

今年初めての例会がスタートしました。

予定では神津島で尾長の大型狙いでしたが風があり断念(海央丸は出船)。

スタートから中止では2〜3年前の二の舞で中止の嵐になると懸念し決行とした。

参加は平野・金子・渡部・小山・永島の5名でのスタート。

神子元島に確認すると平然と出るよ、石廊崎は灯台下辺りは良いよ、但し先客が2名。

居る(翌日の新聞情報で35サイズが数枚)、外浦は客が「0」と言う事で、自由に好きな場所をと言う事で、外浦に決定。朝1番で港にてお清めの酒でスタートとした。

磯は「二ッ根の右磯に金子氏」「二ツ根の左磯に渡部氏」がそれぞれ渡船し、平野・小山。

永島は根島に3人で渡りスタートになった。朝は沖に出る上り潮が早く、当たりが各所で出た模様、平野氏は朝32サイズをキーパー、私はと言うと30強、そして35クラスを釣った直後検量しようとしたら元気な奴で、ジャンプ1番、オートリリースである、その後、10時位から潮が動かず音なしである、12時過ぎに下り潮が動き出し、3枚追釣し、最後に奴は来た、力がありすぎ持たない為竿の弾力に任せ約10分以上の末タモ入りしたのは何とデカイズである、そして2時上がりとなり、港に到着後直ぐに検量するとイズは59センチもあった(港で撮影後リリース)、結果は小山が4枚・平野氏がキーパー1枚、金子氏が二つ根で寒い中頑張り3枚を持ち帰った。最大は37センチ(根島、小山)であった。

帰りに恒例のにんにくラーメンとビールにて今年最初の例会での安全スタートがきれたことに乾杯とした。


→横浜元町磯釣会ホームページへ