Hatena::ブログ(Diary)

続もとすき日記

2010-11-28

さくら学院祭★2010@横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール(1430〜)

渋谷から東横線で新高島へ移動。ハロプロ新人公演の会場である
横浜ブリッツへ向かった。目的は吉川友ちゃんの写真の購入。
きっかの生写真を買えるのも今日が最後かもと思って行ったのだが、
グッズ列の長さにメゲて即断念。そのまま徒歩で赤レンガ倉庫へ向かった。
f:id:motoski2007:20101128213610j:image
ここは初めての会場。周囲の雰囲気も内部も非常に推せる優良会場なり。
レンガ館の前では、ロールスロイスの展示会が行われていた。
入場の前にピストルさん、ひっぱり桃さん、下駄さんらと少し談笑。
古い友人ではK村さんに会えた。風邪気味ながら元気そうで、相変わらず
きついギャグを連発していた。「しかしヤな客多いねー」と真顔で言うから、
「誰とか?」と聞いたら「もとすきとか」。ははは!(^o^) スミマセーン☆


開場は押してロビー開場になった。入ってみると、ステージはT字形。
自分はI列のセンター1ズレだったが、意外とステージに近かった。
開演は19分押して14時49分。まずさくら学院の校歌みたいな曲を武藤彩未cを除く
9人で合唱部風に歌った。彩未cは指揮者で、1人だけ客席に背中を向ける格好。
そこから一転、Hello! IVYへ。客は総立ちになり、普通に盛り上がった。
驚いたのは、自分の席で立つと、武藤彩未cとほぼ目の高さが同じで対面に
なったこと。いわゆる見つめ合う形。向こうからこっちは見えてないと
分かってはいてもドキドキした。これがいわゆる恋の始まりなのか。
その後は基本的にミュージカル仕立てで進行。先生役で森ハヤシという人が
登場し、10人はさくら学院祭に向けての出し物を考え、実演するという設定。
歌は部活動の一環として披露する形になっていて、バトン部(Twinklestars)、
料理部(ミニパティ)、重音部(けいおん!に対抗したすず香、最愛、寧々
によるメタルユニット。音がヘヴィメタ風なだけで曲自体はアイドリー)、そして
帰宅部(らうら、まり菜、あともう1人[忘れた]によるユニット。パジャマ姿で
「めだかの兄弟」をイマ風の音でカバー。確信犯的萌え仕立て)が登場。この間、
三吉彩花cと松井愛莉cは新聞部という設定で先生と一緒に司会を務めた。
最後にクラス全員によるダンスを10人全員Tシャツ姿で披露。
曲はもってけセーラーふく。たぶんここが一番の見所だったと思う。
というのは、ダンスが思いのほか上手かったからだ。振付けも、さすが
Perfumeと同じMIKIKO先生だけあって、かなーりカッコ良かった。
単にカッコイイだけでなく、曲によってはメンバーを床に寝っころがらせたり、
Hello! IVYではさくら学院のロゴ入り小旗を振ったり(この小旗はグッズとして
売ってるので客も一緒に振ることになる)、随所に面白いアイデアが光っていた。
全員ダンスのあとメンバーはいったんハケ。正面のスクリーンにさくら学院ヒストリー
みたいな感じでTIFとかの映像が写し出され、それが終わるとメンバー再登場。
デビュー曲の「夢に向かって」を歌った。ここは客席も自然に盛り上がった。
その後、1人ひとり感想と挨拶。堀内まり菜cは2日前に熱を出してしまった
そうだ。「不安も大きかったけど、みなさんの暖かい声援のおかげで成功
できました。ありがとうございます」的なことを言うメンバーが多かった。
そのあと「メッセージ」というミディアムバラードを歌って本編終了。
アンコールは割とすぐ出て来て、CD発売とかインストアイベントとか、
コムサとの提携とか、デビューに関連したいろんな告知をまとめて行った。
最後にもう一度Hello! IVYを歌って、正味1時間10分ほどのライブは終了。
メンバーによるお見送りがありますという案内があり、退場は後ろの席の人から
整列退場。会場でた所で待っていたメンバーが手を振ってお見送りしてくれた。
握手は無し。感想も言えない。けど、武藤彩未cと目が合ったので良かった。


見てる間も見終わった後も幸福感に包まれる、素晴らしいライブだった。
理由は複合的だが、最大の理由はメンバーの可愛さ。特に小等部はヤバイ。
菊地最愛cや堀内まり菜cら美形メンバーはもちろん、佐藤日向、杉崎寧々、
水野由結といったルックス難ありのメンバーも何故かみんな可愛く見えた。
幸い私は違うけど、ロリコン野郎にとってはほとんど至福の時間だったはず。
第二の理由はパフォーマンスの良さ。とにかくダンスが予想以上に良かった。
あと、みんな喋りがうまい。脚本っぽいところもフリートークも、どのコも
実に要領よく喋る。しかもちゃんと心もこもっていた。子どものトークに
ありがちなグダグダ感は皆無。これは称賛すべきアミューズクオリティー。
その他にも、会場の選定からおみやげの中身(メンバーの直筆サイン入り
メモリアルパス)まで、そこかしこにアミューズらしい良心が感じられた。
率直に言って、これほど気持ちの良いアイドルライブは滅多にない。
さくら学院ファーストライブの成功を心から祝いたい。おめでとう!\(^o^)/


とさんざ書いてから言うのもナンですが、実はあまり書きたくなかった。
週刊誌とかでよくある「ホントは教えたくない私のお気に入りのお店」
みたいな感じで、さくら学院は、そこらのアホなピンチケどもにはあまり
知られたくないアイドルなのである。その代わり、本当にアイドルの好きな
人には全力でお勧めしたい。もちろん、ぁぃぁぃとそのお姉さんにも☆(納得)
f:id:motoski2007:20101128213311j:image
サイン入り記念パス。私のは飯田來麗cでした。

K村K村 2010/11/28 23:02 ほんと良かったね すごいもの見せられちゃいました 幸せ幸せ
こんなことがあるからまだまだ現場行き止めらないね

記念パスはあなたのタイプじゃないであろう
ひなたちゃんとねねちゃんでした うらやましくないだろ?

フォローしときました よろしくねん

motoski2007motoski2007 2010/11/28 23:36 さりげなく見せてはいたけど、すごいステージでしたね。
僕も同感で、やっぱ今アイドルは現場だなぁと改めて実感しました。

ご察しの通り、その2人のパスは全く羨ましくないです。
でも今後は小等部ぶさいく班のコの悪口は言わないことにします。
て、今ちょっと言っちゃったかな(笑)

fushigi48fushigi48 2010/11/29 05:58 十分DDじゃないですか

motoski2007motoski2007 2010/11/29 10:22 ノーノー。DDというのはさくら学院のあと新人公演やタンバリンマニアへハシゴする人たちのこと。
従って私はDDではありません。論理的に納得よろしくぅ(笑)

fushigi48fushigi48 2010/11/29 11:05 それならタンバリンマニアがあることすら知らなかった私はDDではありませんね。

motoski2007motoski2007 2010/11/29 13:20 や、ふしぎさんは立派なDDです。
散歩を装っておはガールやリルぷりっと握手したから(笑)

marinemarine 2010/12/02 21:51 私も、安っぽいアイドルにはなって欲しくないけど、本当にわかってくれる人がいると嬉しいです。
さくら学院祭2010みに行きました。
前から2番目でした☆ハローアイビーがめっちゃ可愛かったです!なんだかめちゃくちゃアイドル!!って感じで!!それに思ったより近かった♪ステージのでっぱってるとこより前でしたから☆らうcと日向cとねねcとかすっごい手ふってくれました!インストアって無料なんですかね?

motoski2007motoski2007 2010/12/02 22:42 >marineさん
コメントどうもありがとうございます。
あのステージを前から2番目で見れるとはラッキーでしたね。
次回は僕にも少し幸運を分けてください(笑)

さくら学院は安っぽいアイドルにはならないでしょう。
ファンに媚びず、このまま王道を歩んで行って欲しいものです。
インストアは石丸とかでは無料のことも多いですが、
さくら学院の場合はCDを1枚購入する必要があるようです。