Hatena::ブログ(Diary)

leftovers... このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-22

SpringSource Tool Suite 2.2.0でGrailsをためしてみた。

SpringSource Tool Suite 2.2.0リリースで、Grailsも少し対応したらしいので、インストールして試してみた。

Groovyプラグインバグはあったのかな?治ってるのかな?は、わかりません。

ダウンロードはこちらです。

http://www.springsource.com/products/eclipse-downloads

ダウンロードしてインストール!起動!

デフォルトで、Groovy&Grailsプラグインは入っていないので、スプリングアイコンクリックして、STS Dashboardを開いて、下タブのExtensionsを選択して、インストールします。

これをクリック

f:id:mottsnite:20091022211903p:image

これを開いて。Grails SupportとGroovy Eclipseにチェック入れる

f:id:mottsnite:20091022211910p:image

下のインストールボタンをクリックで、

f:id:mottsnite:20091022211902p:image

インストール開始です。

f:id:mottsnite:20091022211854p:image

セキュリティーなんたらって出たけど、ここは気合いのOKとYesのみで進行。

インストールが完了したら、New ProjectでGroovyの中のGrails ProjectでGrailsプロジェクトを作成。

f:id:mottsnite:20091022211839p:image

Grailsの設定はここからでもできます。なので、ここで設定!

f:id:mottsnite:20091022212544p:image

この画面がでたら、add.. をクリックで追加!

f:id:mottsnite:20091022211832p:image

f:id:mottsnite:20091022212600p:image

Grailsの設定が終わったら、New Projectの画面にもどって、Finish!!

すると、Grailsのcreate-appしたときのと同じ内容がコンソールを流れ、そして以下のような依存設定がながれ・・・

f:id:mottsnite:20091022211819p:image

こんな感じにプロジェクトができましたとさ。

f:id:mottsnite:20091022211814p:image

プロジェクトを右クリして、メニューだして。Grailsアプリ起動!

f:id:mottsnite:20091022211809p:image

ぁ、ちなみに、Grailsインストールロケーションを複数設定できるので、こんなふうにもできるよ。

f:id:mottsnite:20091022211759p:image

Grailsプロジェクトのバージョン違いが管理しやすい。

#まあ、1.1.1と1.2-M3しか試していませんが。

追記:対応バージョンは、1.1移行です。

とりあえず以前のGrails Eclipseプラグインよりは良い感じです。

これから使っていきたいとおもいます。(多分)

つづく。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証