Hatena::ブログ(Diary)

leftovers... このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-12

Maven-Gaelyk Archetype v0.4.3 リリース! GaelykをMavenでサクッとね。

久しぶりにGaelykでもと思ったら。

maven-gaelykも公開されてました。

中身は、

maven-gaelyk公式サイト: http://code.google.com/p/maven-gaelyk/

Gaelyk公式サイト: http://gaelyk.appspot.com/

使い方。

mvn archetype:generate -DarchetypeRepository=http://maven-gaelyk.googlecode.com/svn/repository/ \
 -DarchetypeGroupId=com.codeconsole \
 -DarchetypeArtifactId=gaelyk-archetype -DarchetypeVersion=0.4.3 \
 -DartifactId=gaelykapp -DgroupId=com.appspot.gaelyk \
 -DgaeApplicationName=gaelykapp
cd gaelkyapp
mvn gae:run

起動したら http://localhost:8080/

mvn gae:deploy

簡単ですね。

Spring-Securityテンプレート版ってのもあります。

gaelyk-security-archetype

 -DarchetypeArtifactId=gaelyk-security-archetype -DarchetypeVersion=0.4.0
mvn archetype:generate -DarchetypeRepository=http://maven-gaelyk.googlecode.com/svn/repository/ \
 -DarchetypeGroupId=com.codeconsole \
 -DarchetypeArtifactId=gaelyk-security-archetype -DarchetypeVersion=0.4.0 \
 -DartifactId=gaelykappss -DgroupId=com.appspot.gaelyk \
 -DgaeApplicationName=gaelykappss

少し古いので、一部自分で直す。

pom.xmlを開いて、3.0.3.CI-SNAPSHOTの箇所を3.0.3.RELEASEに変更。

ついでに、他も変更。まあ、いつか更新されるとおもいますが・・・。

<gaelyk.version>0.4.3</gaelyk.version>
<groovy.version>1.7.4</groovy.version> 
<gae.version>1.3.5</gae.version>
<springsecurity.version>3.0.3.RELEASE</springsecurity.version>
<gaeplugin.version>0.6.0</gaeplugin.version>
mvn gae:run

起動したら http://localhost:8080/admin をみる。

認証定義等は、applicationContext-security.xml に書いてあるので参考にする。

<authentication-manager alias="authenticationManager">
  <!-- SHA-256 values can be produced 
     using 'echo -n your_desired_password | sha256sum' (using normal *nix environments) -->
  <authentication-provider>
    <password-encoder hash="sha-256"/>
    <user-service> 
      <user name="admin@gaelykapp.com" password="8c6976e......" authorities="ROLE_ADMIN"/>
      <!-- password is admin -->
      <user name="user@gaelykapp.com" password="04f8996da763b7a9....." authorities="ROLE_USER"/>
      <!-- password is user -->
    </user-service>
  </authentication-provider>
</authentication-manager>

URLの制御は、こんな感じ。

<intercept-url pattern="/admin/**" access="hasRole('ROLE_ADMIN')"/>
<intercept-url pattern="/**" access="permitAll" />

普通にSpring-Securityですね。

2010-05-16

MavenでGaelykプロジェクトをサックリ作る。

GaelykGAE/J用の便利軽量ツールキット

Gaelykアップデート - Groovyラボ

少し前にTwitterでみた情報を試したのでメモ。

すぐに試したときは説明通りにやると全くダメダメで、自分Fixして試してみましたが、どうやら、その後修正されたみたいなので、もう一度チャレンジ。

MavenGaelykプロジェクトをサックリ作る。本家サイトはこちら。

Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

そういえば、以前こんな事もやりましたが。これは必要なくなりそうですね。

Gaelykおもしろいのに・・・・。 - leftovers...

では、手順です。

mvnコマンドを実行するだけ、App Engine SDKGroovyGaelykダウンロードは必要ありません。

Step 1. mvn archetype:generateを実行。以下は、プロジェクト名(アプリ名)がmyappの場合。

mvn archetype:generate -DarchetypeGroupId=com.codeconsole \
-DarchetypeArtifactId=gaelyk-archetype -DarchetypeVersion=0.4.1 \
-DarchetypeRepository=http://maven-gaelyk.googlecode.com/svn/repository/ \
-DartifactId=myapp -DgroupId=myapp.appspot.com \
-DgaeApplicationName=myapp

3カ所にアプリケーション名を入れる、-DartifactId=myapp -DgroupId=myapp.appspot.com -DgaeApplicationName=myapp

同じ内容を何度も書くのも、なんだかなぁ〜ですが・・。

Step 2. プロジェクトフォルダmyappができるので、ディレクトリに入る。

cd myapp

Step 3. 起動とかデプロイとか。

mvn gae:run #起動
mvn gae:deploy #デプロイ

ぉぉ、簡単。

これをつかってるんですね。これは知ってる人も多いかと思います。

Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

WicketGWTとかのサンプルも置いてあります。

他のゴールも色々。下のサイトIPなので、そのうちリンク切れするかも。

no title



これ、Gradleに詳しい人!Gradle化してください!

2009-10-24

Gaelykおもしろいのに・・・・。

以前CCCで話をしたときに最後のほうにGaelykをちょろっと話しただけで、目立ってなかったのでもう一回かいてみる。

JJUG CCC Fall 2009でGrails/Groovyでクラウドな話を話してきた。 - leftovers...

Gaelykって、GAE/J用の軽量Groovy開発ツールキットです。GroovyテンプレートとGroovletで構成されています。

公式サイト

http://gaelyk.appspot.com/

日本語翻訳

Gaelyk - Google App Engine Java用軽量Groovyツールキット

2009-10-14 - Groovyラボ

まあ、そこでザックリ試すツールをGroovyではなくてシェルスクリプトで書いてみた。

環境 Eclipse3.5、GAEプラグイン、最新のGroovyのEclipseプラグイン

又は、SpringSource Tool Suite 2.2.0でGrailsをためしてみた。 - leftovers... を参照してSTS2.2で遊びまくり、飽きたら、Googleのプラグインインストール

とりあえず超テキトーなので、だれか作り直してほしな。

あるいは、Groovyで書き直してほしいな。

#!/bin/sh
echo "creating my gaelyk app base" $1

if [ ! -f gaelyk-template-project-0.2.zip ]
 then
  wget http://cloud.github.com/downloads/glaforge/gaelyk/gaelyk-template-project-0.2.zip
fi

unzip gaelyk-template-project-0.2.zip -d $1
svn checkout http://gcrnagoya.googlecode.com/svn/trunk/gaelyk-eclipse-addon $1
cd $1
sed -i -e "s/gaelyk-project/$1/g" .project
sed -i -e "s/myappid/$1/g" war/WEB-INF/appengine-web.xml
rm -rf .svn
rm -rf **/.svn
rm -rf .*/.svn
rm .project-e
rm war/WEB-INF/appengine-web.xml-e

※wgetが必要です。

上のスクリプトをコピペで作るか、環境がそれっている人は、以下を実行してもいいです。

wget http://grails.jp/sample/gaelyk-setup.sh
chmod 755 gaelyk-setup.sh
echo 'groovy!!!'
./gaelyk-setup.sh myapp001

まずは、gaelyk-setup.shをダウンロードしてきて、次に実行権限をつけ、gaelyk-setup.shの第1引数アプリケーション名を付けて実行!

すると、gaelyk-template-project-0.2.zipをダウンしてunzipして、某リポジトリからEclipse対応用のファイルを引っ張ってセットアップしてくれるよ。

あとは、Eclipseでインポートするだけ。

以下が、試した環境詳細です。


追記:Groovyスクリプトいただきました!ありがとうございます。

Gaelykおもしろそう! - blog4j 2.0

GAE/Jやりたい人は全員JGGUGに入るべき!

日本Grails/Groovyユーザーグループ