Mouseionの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-09-26

【マクロスΔ 最終話】

ハインツ陛下を裏切ってまでロイドが手に入れたかったもの、ちっぽけすぎるんよ。


案の定というか、前期OPでは無理やりミラージュさんとの三角関係を演出してたけど、やっぱりハヤテフレイアの圧勝じゃないですか、やだもー。勝ち目なくても告白する勇気、尊敬しますわ。ミラージュさん!

今回は裏切ったロイドに対してハインツらウィンダミア軍が逆襲の相手にフレイアたちワルキューレらと組む展開。そういう意味では熱いよね。

三大恥ずかしい告白アニメにもう一つ加えるならこれも精神世界の中ではあるけど、全ての人に思いっ切りリンクしてるから、全世界の人に三人の愛の告白シーンが映ってるんだろうなと思うと恥ずかしくて生きてられないと思うの。


キースがロイドを刺してようやく事態は収束した。キースは多分生きてるわ。

今回というか最終話なのに凄いやり残した感のある消化不良な回だったな。とにかくウィンダミア国が和平に臨む展開は予想してたからそれでいい。そもそも統合政府が一番の害悪だと世界中に知れ渡ったのだから多分それで良い。

関係ないけど、今回の作画、アクエリオンロゴスっぽい所が随所で見られたけどそこの作画班が来てるのかな。


正直やっつけだったよね。無理やり終わらせたって感じ。まあ別に良いけどね。79点。

【テイルズオブゼスティリア-THE CROSS- 第13話】

当初は最終話予定だったけど、考えたら分割なのでその時のタイトル次第で変更にしようかと思案中。


原作は未プレイだけど、ロゼは凄いクズだって聞いてたから、こんなにもアリーシャしゃんの為にあっちへこっちへ頑張る姿を見てるととても原作でクズ呼ばわりされてたビッチとは全然違ってて違和感が凄いんですよね。いや、俺は大好きになった、こっちの方が。

人は死に臨んで初めてその本性を現すというが、ロゼはアリーシャに負けない位の理想主義者でお人よしなのかもしれない。

お人よしといえば天族に最も近く導師でありながら人に近いスレイもまたそれだろうな。

あーでも、スレイの周りも大変だ。今回のラスボス的立ち位置の災禍の顕主がとんでもなく強い。それどころか彼の部下のケガレが強すぎて歯が立たない。


また、ずっと以前からロゼにくっ付いて離れない天族デゼル。アリーシャを助けたのはやっぱり目覚めかけの彼女の力に召喚されたって所だろうかね。いや見えなかっただけで付いて来てたんだろうが。

アリーシャがスレイの従士になる話。この感じだとロゼも従士になる流れだろうな。他に人間がいてそいつが有能ならそいつも従士になれるかも。そういう人がたくさんいると良いんだけどなあ。従士契約はいわば仮免状態なんだろうけど、おかげでライラたち天族が見えるようになるというのは良いよね。


アリーシャを殺しかけたランドンがヒョウ魔になったのはちょっとワラタ。結局コイツもケガレ堕ちしてたんだな。使えない上に見事なまでの傲慢ぶりには流石のスレイも切れかかってたのも頷ける位クソだ。いやでもよく取り込まれなかった。

今後はロゼとデゼルと共にローランス?って所に取引の手助けに行くんだとか、いやな話じゃない事だけは望む。次回は1月以降か。気長に待つか。96点。

二期が待ち遠しい。

【orange-オレンジ- 最終話】

常に後手に回る菜穂、常に先手を打つ翔。二人の追いかけっこの先にあるのは。


どうしようもなく辛い時は誰かに話して楽になればいいんだよね。

翔が母からの最期のメールを読んで自殺に赴くのを急いで止めに入ろうと走り回る面々はまるであの花を見てるような感じだな。

相変わらず介護アニメが続いたけど、今度は一人で立てるようになって良かったよホントに。

終わりよければ・・・だったな。終始ぐだぐだでイライラさせられたけど見続けて良かったと思う。ベターなオチだったわ。ホント。75点。

【アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd 最終話】

それにしても専務や協会様はてっきりバード側の人間だと思ってたよ、エミリアもだけど。


勝手に総理の許諾取って協会さん達のアレが炸裂。

まあ流石に対応が後手後手過ぎる政府が悪くてね、ダイハチが早いのは良い事。良い事なんだよな。

宇宙でウィルウェアと戦い、無事黒騎が生還する話。最後までアメリカナイズな内容だった。

ディレクターズカット版が無印からあるんで、多分「おつかれでしたー」で締め括られてないはず。それ待ちかな。

まあ面白かったよね。89点。


どうでもいいけど、小澤亜李ちゃん太ったよね。

2016-09-25

【Rewrite 最終話】

愚かなるレプリカいやヒューマン瑚太郎くん。やっつけすぎる終末でしたね。


何だろう、このガンスト的浄化エンド。うん、シャロよりキチガイじみてる。

結局意味が分からないまま皆消えて行った。うん、このアニメを見ていたという認識を持てない。出来れば作ったスタッフは皆死んでくれ。31点。はなざーさんのかがりちゃんが一番声合ってなくてイライラしたわ。

【食戟のソーマ 弐ノ皿 最終話】

懐かしの面々が師匠のコンペにわざわざやって来てくれた。シャぺル先生の弟子の一人だったんだな、四宮先生。

乾さんボコられすぎ。田所ちゃんとタクミがぶっ壊れて可愛くなった。アリスちゃんもやべえな。

SHINO'sのメニューに生意気小僧ことソーマのコンペが採用される話。四宮師匠と呼ばれて。

食戟戦は三期でやって欲しかったけど、まあいいや。まあしかし面白かった。種ちゃんにも台詞があったし。

92点。安定して良かった。

【クオリディア・コード 最終話】

青生、終盤の終盤で裏切ったけど予定調和過ぎて何かつまらない。というか、死ねクソ眼鏡。


コールドスリープしてる皆を助けないと!←そんな事より静止画ばかりでスリープ状態の作画を助けないと駄目だろ。

三人脚本のシナリオは悪くなかっただけに悔やまれるのは作画だな。作画が本当に悪すぎて駄目だった。A-1Picturesも落ちる所まで落ちたな。本当に作画さえ良ければ凡作〜佳作位にはなっただけに駄作だよ、これは。42点。

カナリアの作画だけは安定して良かったな、流石に最終回は酷かったけど。

【B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜 最終話】

夜叉丸さんという人間は存在しなかった。すなわち偽名だったんだって、言われてもなぁ・・・。

B-PROJECTの面々が何も知らないままに、つばさちゃんはボロボロに壊されてて、なのに騙されてる事に気付かなくて、でもどうするべきか。

うたプリみたいとかいう話もあったけど、SMAP独立の逆バージョンだな。


今回は超展開過ぎる。今までの神回が嘘みたいにトンデモオチで草生える。夜叉丸さんがただつばさちゃんの父親に復讐するだけの為にB-PROJECTを結成してジャパンドーム開催という栄誉に漕ぎ着けたけど、すぐに潰してみせたとさ。これ最終回にやる内容じゃないよね。

もう二度と見たくないと思った。それだけ酷い最終回だった。55点。

【エンドライド〜X fragments 第23話】

デメトリオは適材適所が分かってるちゃんとしたリーダーだな。ホントに。


二人は牧場経営者に転身しました。

ギドロとイベルダのわかるってばよ空間はさすがに笑ったけど、パスカル同様熱過ぎる最期だったぜ。本当にいい仲間を持ったな、デメトリオ。それはそれとして、瞬のお母さんは今回の事知ってんのかな。アサナガのやり口はもはや人類の敵的な内容だし、それが家族の為というよりは自分の為に動いてるように見える事とか。うーん、これはきついな。義理とは言え親子が合い争う図はエミリオでも見たしな。きつい。

【エンドライド〜X fragments 最終話】

家宝具の進化形だけど、後1回進化したらファラリオンになるんだっけね。


最終回だからか唐突に作画が良くなる仕様、クオリディアコードも本作を見習ってほしかった。

アサナガを殺したのはあくまで瞬の為だったエミリオ。ただその為とはいえ、父親を目の前で殺してしまったエミリオには当然呵責の念があった。それなのにその心が痛い程分かっていたのでこれを赦した瞬。二人は従兄弟同士だったし、本当の父親もアサナガによって殺されたのだから当然と言えば当然の結末だと思う。だけど、アサナガと瞬二人の帰りを待っていたであろう母親に対しては酷な結末だったに違いない。


それにしてもアリシア中の人美山加恋ちゃん、普通に上手くなったな。ホント1話の棒が嘘みたいに成長したな。どっかのうしおだか生駒だかの声優さんとはえらい違いだな。普通は上手くなるんだよ、普通は。

ワープ粒子って結局何だったんだろうな。自然エネルギーを物理変換して住みやすい国に作りかえる事の出来る何らかの装置を動かす要素なのは間違いないんだけど、そこらへんはもう1回アサナガの説明の所から見直せばいいんだけど、もう一回見る気力はないな。


結局アリシアと結婚するのかねえ、エミリオたんは。その後論功行賞はズー族のグラディドと貴族?のラルフは北の大陸全域の慰撫。イグナーツのミーシャ、ルイーズやフェリクス、エルジュイアなどは城や都の再建係に当たる。パスカル、ジョセフ、アーロンの三人、特にアーロンさんはこのまま城に残るのかな。残って科学研究せんといかんしな。自由な時間はその後だろう。デメトリオが王か宰相になるもんだと思ったけど、彼はそのままイグナーツに残るらしい。そしてエミリオと共に南部大陸の慰撫ときた。上手い事適材適所に配置換えしたな。

瞬は一人残したお母さんの為に地上に残り、ある意味今回でエンドラ王デルザインの子として、アサナガの子として旅立つ訳だけど、哀愁漂う感じは嫌いじゃない。そして砕け散った宝石を拾い集めて邂逅する瞬の絵は割と好き。


正直あんまり期待してなかった。でも面白かったな。特に2クール目からは。だけど、もう少し詰められたと思う。エンドラ人だけど、王族なんだけどね。あんまりエミリオも瞬の事を従兄弟みたく見てなかったのがな。そこら辺はあっさりしてて、ちょっとあれ?って思った。

まあ終わりよければ全てよしというし、その辺は考察サイトに譲るとして、個人的にはもう1話ぐらい後日談的なものが見たいなというおかわり願望がある。その意味で良作かな。81点。

まあでも2度以上は見たいとは思わないな。何せ苦行過ぎたもの、特に前半の瞬はイライラする。後半の瞬は全く別人だから良かったけど、あのままだったらと思うと少し考えるところがある。二期はないけどOVAがあれば見たいな。エピローグ後のCパートは誰でもエンドラに行ける可能性を与えたんだろうと察する。

【魔法つかいプリキュア 第34話】

初恋はレモンの香り。は?


勝木さん好きだな。まゆみも乙女可愛くなってるし、何かまほプリってモブ友達も可愛いんだよな。

みらいのいつも誰かの為に行動してるってエピソード、何かドキプリでも似たような主人公いましたよね。

勝木さんも熱血キャラで安心したけど、まゆみもニーハイスカートはくそエロかった。何となくプリキュアは恋愛禁止路線的な展開が多いから今回もその犠牲者になったとしか思えないだけに、まゆみの失恋に勝木さんを始めはーちゃん以外の皆が感極まったシーンは名シーンという他ない。

今回は速水さん自重して欲しかったぜ。同じくはやみんも空気読めるキャラになりかかってたのに勿体ない。いやー何かね、オーバーザレインボーってマントハットのアレ、ホント可愛くて好きなんだよ。あれはバンク消さないで欲しいね、今回省略だったから。

今気付いたんだけど、勝木かなって菊池美香なのな。知らんかったわ。こんな所にいるなんて。今回彼女いたイケメン君、ランズベリー・アーサーで草生える。また、今回から新たに加わったオルーバってイケメン敵キャラが杉山紀彰なんて正直嬉し過ぎるキャスティングだわ。

しかし敵キャラの声優豪華だな。ええね。


次回、リコが生徒会長になったら面白みがなさそう。あとモフルンの魔法つかい化いつあるんや!楽しみに待ってるで!

【真田丸 第38話】

九度山に精神入院を決められて昌幸さんもすっかり立ち直れなくなって。関係ないけど高畑淳子出てるやんけ!当たり前だけど。

春さんメンヘラ過ぎ。お梅の名前を自分の子供に名づけようと躍起。もう駄目ポ。


九度山に幽閉されて幾数年、すっかり牙が抜けて骨抜きになり死期を感じるまでになった昌幸パパ。もう駄目よねと。

竹とんぼが原因でトンボ切りの忠勝舅さんが隠居を決める。悲しいなあ。

秀頼さまが超イケメンに。どうもこの二条城での会見が原因で焦った家康が秀頼を完全に殺そうと決意したんだとか。あまりの偉丈夫ぶりで正信も家康も超警戒したって説があるんだよね。有能な二代目だったのと加藤清正がいたのに可哀想よね。清正暗殺説が取られるとは情けない展開だな。清正は三成死後の秀頼後見役だったのでその死はかなり痛かったに違いない。三成がいたらと思うと清正もすっかり駄目になった。そんな晩年に服部半蔵の弟子に殺されるなんて熊本城の清正とは思えない最期であった。ああ、もう駄目だ。秀頼の母親淀君は正真正銘のクズ。大坂の陣では外堀と内堀を埋める大失態を演じて無能の証明をする、その前には関ヶ原で豊臣の旗印を家康にやる失態も演じた。これは浅井家からの恨みって事にしとこう。


真田家の大黒柱にして権謀の士でもあった真田昌幸が遂に往生する話。草刈正雄の名演が光った回だった。なんかね、信繁に兵法教えてたという逸話があったけど、これをすぐ採用する三谷幸喜やるやんけと。

しかし草刈ホント上手いな、死に方が手本過ぎる。今までお疲れ様でした、さあ美の壺に帰るんやで。


次回、高野山追い出された理由が女人禁制なのに嫁を含む女子を馬鹿みたいに大所帯で住み込んだとか。しかし黒田勘兵衛といい、真田昌幸といい、最後まで足掻いた人は敬意を表されてるな。信繁も徳川家康を追い詰めたお陰で日の本一の兵って言われてるし、まあどっかの秀秋とか正則みたいなゴミクズは裏切り者らしい相応しい最期だったのとは対称的でしたわ。ああ、もう大阪の陣間近だな。来週からは史実演義が馬鹿程加わっていくのかな、いずれにせよ茶々様のせいで滅ぶから可哀想にあの構想も無駄になる。。。

2016-09-24

【ジョジョの奇妙な冒険 第4部-ダイヤモンドは砕けない- 第26話】

プッツン由花子は酷いw


ジャンケンの子大柳賢って奴、左頬の穴めっちゃ怖いんだが、いや気色悪い。思いっ切り呼吸してるし。

煽られると普段の何倍もの力を出せるクソガキと煽られると何割かの力を出せなくなる露伴じゃ勝負は見えてるな。しかし、このクソガキほんと顔ぶっさくて嫌いだ。声優は憎たらしいクソガキ役に定評のある坂本千夏だから本当にええわ。

ジャンケン小僧のクソガキに露伴が知恵をフル回転させて勝利する話。たかがジャンケンで命のやり取りは正直格好悪すぎるからね。ジョセフはボケ老人のままでしたか。てっきりトリックスター再びと思ってワクワクしたのにやっぱり老人だったか。しかも仗助もバカだし、ハラハラしたわ今回。でも露伴先生一人でクソガキに勝ちやがって流石、4部最強のスタンド使いだな。吉良に次ぐ。

次回、そうだ宇宙へ行こう!

【91Days 第11話】

色んな意味でキツイアニメだなとか思い始めてる。何故ってバッドエンドしかないから。


ドンガラッシアさん、ほうちゅうかよ。有能キャラじゃねえか。

ヴィンセントはこのまま病死かそれとも殺されるか微妙な所だな。かつての親友テスタを騙して殺した事を後悔するパパ。死に際に際して本音が出るなんて。

一方自らの手で殺めた義兄弟コルテオの幻影を見て目元に隈が出来ていよいよ心が死んで来たアヴィリオ。叔父貴もまた襲撃犯の一人だった。

栄華を極めた日にヴァネッティファミリー全員を滅ぼすアヴィリオとっておきの作戦が炸裂してヴィンセントも叔父貴も、そして貴重なほうちゅうをも他の力で殺す話。なるほど、息子の目の前でドンガラッシアを殺してみせれば当然息子は契約違反で叔父貴を殺して口実を以ってヴィンセントも抹殺できる。でもネロだけは生き残ったな。まんま10年前のアヴィリオだった。尤もその前にヴァネッティの片腕の一人がアヴィリオを追っかけていたらどうしようもねえなという感じ。万事休すだけど、もう生きる気力もないし。

【ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第12話】

中尉もとい大尉殿が殿を務めるなんて上司の鑑やね。一方北域戦線における元凶かつ大戦犯の中将殿は真っ先に帰還か。まあ軍法会議死刑待ったなしだから別に問題はないが、死亡フラグを自ら立てる大尉殿の信念には恐れ入る。


おどおどしてたトルウェイがイクタたちと踏んできた場数によって勇ましく成長した。マシューやハロも成長はしたんだろうけど比が違う。

そのトルウェイが要害でアルデラ軍の陽動に掛かる寸前の大尉殿に的確な進言をする、これは正しいね。カラカルムがちょうど同様に後方から奇襲をかける用意をしていたから。イクタの戦術はまるで横山三国志孔明だったな。正に孔明の罠だ。

関係ないけど種田梨沙、今期の奴は全部撮影済みだったみたいで安心したよ。藤原啓治はそういかなかったけど、これは仕方ないね。


次回、鼻が悪いよ!鼻が!って放送前にケチが付いたのがね。

【あまんちゅ! 最終話】

てこが資格取るシーンはカットか。。。いや原作読んでないからあるかどうかも不明だけど。


サトジュン監督のこだわりを、いや原作者のこだわりも感じるシュノーケルの風景。今までこういう作品見なかったからもし二期があるなら、もっとこういう水の原風景を見られたらと思う。

せっかくシーカードを貰ったのに感動のあまり恥ずかしい台詞を口にしてしまう話。いかにもてこらしい最期である。

これより酷いのはぴかりの突然の告白シーンだろうか。勿論褒め言葉である。女の子が女の子に告白するシーンはどうしてこんなにもドキドキしてしまうのだろう。開けてはならないパンドラの箱を開いてしまったようなドキドキだ。

かやのんは代表作多いけど、鈴木絵理ちゃんはふらっちに続いてこれが二つ目の代表作かな。人間兵器のアレや地縛霊のアレは多分違う。


のほほんとゆったり見られるアニメだった。何となく気持ちが眠りに入るそんな安らかなひと時を与えてくれるアニメだった。もうおやすみを言いたいそんなひと時を味わうために見る、不眠解消したい人にはオススメの作品だ。89点。

ダイバーアニメとしても名作ではなかろうか。普通に良作でしょう。

【ReLIFE 最終話】

ひしろんが夜明と急接近したせいで気が気でない新太。女子高生に恋するなとか言ってる自分こそ意識してる事に気付いてるんだろうか。


時期は夏だけど、新太にも春が訪れる話。かりゅーんと大神の恋は成就して良かったねだけど、肝心のもう一組がね。

一学期だけで終わっちゃったけど、ひしろんと新太の恋はまだ始まったばかりだ。焦る事はない、こんなEDは悪くない。

総じて、リライフは面白かったけど、俺たたENDはアニメ的にはコミッコで続きを読んでねって宣伝的なアニメだったなという印象があって、円盤が売れなかったけどいずれにせよ二期はないんだろうなとは思った。ももくりみたいに綺麗に終わったのでまあ、二期は希望的観測的な意味で期待だけど、なくても問題はないなとも思う。結末はネタバレサイトで見ればいい訳だしね。うん、まあまあ良かった。72点。

【ラブライブ!サンシャイン!! 最終話】

千歌さん相変わらずドアップだと可愛くないなあ。スクドルする時の千歌は80年代アイドル可愛いんだけどね。


ろこどる的な終わらせ方、嫌いじゃない。ろこどるみたいだって話だから。

あーしかし、ずらまるちゃんのおっぱいは寝そべってもデカいな。ここは感動した。果南や毬莉も最高だった、胸が。

梨子ちゃんのドン引きしてる様も良かった。キャラアニメとしては無印に近いレベルで良かったけど、結局無印には届かなかったな。85点。

2016-09-23

【美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! 最終話】

ピッチもテンポも違うのに!ってアレわざとズラしてたのね。あと神OPの高速カットはいけない。


アニメキャラが“チンカス”って言うの駄目でしょ・・・心の中ではもっとやれーなんですが。

強羅さんの知らない所で宇宙規模でちょっとしたヒーローになっていく。そんな流れになったため怪人たちは強羅の放送を打ち切ったが。

金ちゃんとあっちゃんの痴話げんかが宇宙ネットで大好評とか恥辱に塗れてるよな、これは3期ありでもいいな。

三期の伏線か、湯基が愛に飢えて暴走する話。愛は何だみたいな問いかけが実に哲学的でこのアニメには不似合い過ぎて笑うわ。

本作は例に漏れずお風呂アニメを貫いた。1話も欠かさずお風呂に入ったのはきっと本作だけだろう。アンジュはギリギリかな。


最後までブレなかった、クソの中のクソアニメだが笑えるクソアニメは大変貴重!美男高校は今期も最高に面白かった。序盤はアレだったけど。88点。

それにしてもベッパーズの雌顔は色々な意味でキツかったなー。あと生徒会いらんかったよね。最後強羅さんも一緒に風呂入ってたら良かったけど、3期までおあずけかな!?

【この美術部には問題がある! 最終話】

このアニメは久し振りに当たりだったような気がしなくもない。作画以上に背景美術が良い。音楽も良い。主題歌は水樹奈々。彼女がOPのアニメは必ず面白いというジンクスがある。


かおりさんのこと、一瞬でも疑ってしまった僕を赦して下さい。

しかしなんだな。伊万莉さん基本的に敵なしの超絶美少女なのに一応イケメンの内巻くん眼中にないどころか、恋の積極的応援までしてくれる聖女だったとは。でも早速某円光してそうで入賞してたような気もしなくはない。

ウサミさんというキャラクターが好きな内巻くんが宇佐美ちゃんに彼女への愛を告白する話。今までの積み重ねが嘘みたいだけど、よくよく見ると伏線は確かにあった。

リゼロで小林裕介演じるスバルエミリアの事を名前で呼びたいとか言ってたのとリンクしちゃったらしく、内巻すばるもまた宇佐美ちゃんを名前で呼んじゃうなんて運命を感じる。しかし、よくよく考えたらレイプ魔高畑某のせいで高畑充希が改名しなくてはという一つの事案があったけど、アレに近いな今回。最終回の中では結構ベターな展開だけど好き。


それにしてもウサミちゃんビッチ説は何となくかんなぎ事件を思い出す。あれも彼氏がいた事で炎上したけど、劇中アニメで女狐呼ばわりされるアニメキャラは悲惨だ。

まあそれはそれとして、ろこどる以来の安心して1話から最後まで見られるTBS系アニメだったのではないでしょうかね。個人的には平和的アニメは大好物なので、二期合っても良いと思う。91点。

【ダンガンロンパ3 -The End of 希望ケ峰学園- 絶望編 最終話】

ホモが屈した瞬間、宗方の最悪の人生がスタートした。

苗木誠を恨んでたのは江ノ島盾子を絶対殺すマンと化した逆蔵が彼に先を越されたからに他ならない、みたいね。


実は皆を絶望堕ちにしたいだけの超高校級の希望な江ノ島さん、希望が叶う。

超高校級の幸運にして希望の苗木誠が入ってきた第78期生に江ノ島姉妹がしれっと入ってくるも苗木を殺しの対象から外す大チョンボを犯す話。

Cパートで日向創と七海千秋が登場したけど様子が変。調べたら2の舞台で電脳世界の中との事だけど、ここは原作見ない事には分からんなって感じ。正にファン向け企画だった訳よ。裏を返せば希望に満ち溢れた江ノ島さんよりもホモが原因で大戦犯になったホモ蔵が最大原因だから、無能方さんは悪くない!あと霧切仁さんの直接的な死が描かれなかったけど、やっぱ死んでるのかな。黄桜、ひろしのままだったけど、この人は未来編で一応約束を果たしてるので問題ないな。あと、天願先代が希望側の人間のままで終わってるから、未来編でもやっぱり絶望でなかったみたいだな。全ては絶望に踊らされた宗方が悪かったのね。あと、天願メールはどうも集団自殺プログラムが発動するっぽい。絶望堕ちした奴にしか利かないんじゃないかと思う。苗木は直ぐに正気に戻れたけど、まあ同じく絶望に染まらなかったホモのおかげでもあるけど。つー事は御手洗はそれらプログラムを作った元凶であるから、要が済んだって事で自殺させられるかもしれんな。そうあって欲しいものよ。83点。

小太刀右京脚本は何か安心して見られるな。確かNARUTOの外伝小説書いてたよね、確か。面白かった。

【バッテリー 最終話】

門脇とホモ垣、いつも喧嘩してんな。


バッテリー、期待していたものと違う作品だった。

巧の渾身の一球は何処へ向かったのか視聴者のご想像にお任せしますという投げエンドだったという話。

アニメ化に失敗したなと思う。野球らしいものはあったけど、見たかった野球ではない。やきうだった(蔑称的な意味で)。

こんなに酷い野球アニメはもしドラ以来だった。もしドラは作画も酷く脚本どころか原作がクソなのでアニメ化に不向きだったという印象が残るけど、バッテリーは実にアニメ向きな題材だった。だからこそ期待していたのに後半はずっと門脇と瑞垣の話で萎えた。

俺が見たかったのは巧と豪が組んで野球で世界を変えて行くという展開だった。いや心理描写も良かった。だが、再戦の為だけに費やされた、これが一番見る気を削いだと思う。何のための野球アニメだったのか、実はオレンジと同じ介護アニメだったのかもしれない。

少なくともこれは「バッテリー」などではない。失敗だ。65点。

音楽や主題歌、作画が良かっただけに惜しい作品だった。

2016-09-22

【クロムクロ 第25話】

しかしグレイのOP理想のメイド中西のりおこと「超音速デスティニー」はホント良い曲だな。


ムエッタさん、せっかく由希奈の上位互換的エロキャラだったのに処分対象だったとは思わなんだ。

200年後にやってくる脅威に対抗する手段は現状ないのでとりあえず枢石は破壊しとこうという話になったのは今現状できる最善策ではあるけど。

美夏も可愛いけどモブツインテも可愛いな。剣之介は由希奈にプロポーズしたけどその話はどこかに消えるのかな。

狡兎死して走狗烹らるの如く、エフィドルグの脅威が去った途端ハウゼンら国連が剣之介とムエッタをモルモットにする話。流石にぶっ飛んでるわ、でも国連ならやりかねんから困る。これはもう地球を脱出するしかないな。

どうでもいいけど、ゼルと暮らしてきたリディ。不吉な名前ですわ。


次回、婚約破談となった由希奈だが、それでも剣之介について行く話。昔よくあったありがちな卒業シーンが今正に復活せんとしている。岡村天斎はやっぱり復古主義な人だなー。感動した。

【Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ! 最終話】

エクスカリバーで魔法切れしたイリヤに小便でも漏らしたのか蒸気が凄い田中さんの圧倒的超宝具の魔剣が降って来て魔法少女イリヤさんが暗黒騎士にジョブチェンジするという話。


凛の小さいおっぱいを挟むと谷間らしい谷間が出来る時点で一応普乳くらいにはなるという事実。

UBWでも使ってた宝石魔術でエミヤ君を蘇らせる話。何で風呂沸いてんのか知らんが衛宮の実家で暮らすらしい。また、ジュリアンたちは全く攻撃して来なかったな。エリカも衣装替えしたし。それにしても湯気が濃すぎるぞ。もっと薄くするんだ。

美遊の兄衛宮士郎とその父は切嗣。と言っても養子なんだろうね、士郎はそうだけど美遊も。実質兄妹の関係にあるイリヤ・クロと美遊そして士郎は。で、長い話になるだろう、その続きはまた後日!はい、続編ありきですね。型月が儲かってるんでプリヤの売上は関係ない様なんで普通に続編あると思います。でもぶつ切り感のあった今回は何かもういいや、すっきりした。77点。エロは88点の優等生。

【ツキウタ。-THE ANIMATION- 第12話】

もう最終回と思ってたのにそんな事なかったぜ。


このアニメの凄い所、声優の熱演の割に顔が動いてない、表情がずっと同じ、驚いてる演技なのに微動だにしない笑顔。やっぱり作画ミスってるよなー随所で。

社長が何故か空港でまっつんと。瞬きしないキャラ達をまじまじ見るのが習慣になってきた最近、それ程時間を長く感じさせちゃう本作の見所は、多分途中で唐突に繰り出されるシュールギャグのワンシーンだろうけど。

「こっち」とかいう謎レーザーに引っ張られる話。突然始まったOPも笑うけど、こういう演出嫌いじゃない。さすがイツローよ。


次回も期待できそうにないCGなんですよね。期待薄のアイドルアニメって初じゃないか?と思ったらLEMON ANGEL PROJECTも低予算アニメだった記憶。ま、まあラブライブみたく予算が潤沢な所でなかったのが敗因という他ないね。

2016-09-21

【双星の陰陽師 第24話】

繭良はその爆乳で奉仕する道に進んだらええやろ。


作画が力尽きたか。先週までは良作画だったのに何故手を抜くのか。

バサラのライオン、バサライオンさん、無双魏延さんみたいでちょっとおかしい。

心のあるライオンさん、バサラの一歩手前のケガレしゃん、いい敵だった。カタコトは魏延、綺麗好きは丁奉かな。

十二天将のよく分からん奇襲でライオンさんが星に還る話。さえちゃんのとっての悲劇なのがライオンさんを祓ったのがろくろ達って事にされてそうなんだよね。ろくろでさえ涙してるライオンさんに手を加えるのを躊躇ったのにね。もしさえちゃんがケガレ堕ちしたら嫌だな。

【魔装学園H×H 最終話】

一般アニメだからか知らんが、左手の挙動が滅茶苦茶おかしいんですが、このアニメ最後まで笑わせてくれるね。ホントは1話がピークだった。


キズナキチガイじみた顔作画本当に怖い。キチガイそのものだ。

俺の濁点がいつも高いから何となくこのえっちシーンを見ても今までがそうだったように殊更興奮はしないな。声もアレなんで。

手マンの作画が殊の外良かったけど、パイ揉みもエロアニメっぽかったけど、それでも!あと、せっかくのパイ揉みが残念な事に残念乳首なんで修正してね、買わないけど。


あのね、エロい所の作画はそこだけは非常に良かった。だけど、肝心の本編がゴミじゃねえか。特に中割りどうなってんだ。めっちゃカクカク、ぎこちない動きになってるぞ。なんでや!エロシーンのままでいいんだぞ。予算的にスケジュール的にアレでナニだったのは察したけど、プロとして駄目でしょ。


皆が後悔と痛みの精神攻撃で自殺させる洗脳プログラム。ん?昨日も同じ光景を見たぞ???

ダンガンロンパでした。禁断のなんとかって変身を遂げた淫乱ピンク愛音さんがラスボス好色BBAをやっつける話。途中見苦しい野郎の変身バンクがあったけど気にしない事にした。おい、Hisasiの絵に近付けろよってそんなことより最後に出た子誰よ?知らんのよな。タブーみたいに二期匂わせる終わり方だったけど、うん。これはないな。62点。

【不機嫌なモノノケ庵 最終話】

モジャの影がうっすら見えてるけど、これは禅子視点でって事なのかな。

という訳で今週ラストですけど、夏目友人帖枠アニメも大詰めといったところ。


ショック療法なら治るっぽい。

幽世からの花繪への客人たちやモジャの願いが通じて視力が戻る話。それもこれも晴齋が頭下げて行った甲斐だね。

また奉公人に戻れた花繪。モジャとのキャッチボールも楽しい。ところで、晴齋が先代を殺したとかいう噂の出どころと本当の所とその先代の顔と名前が分かればいいんだけどな。モノノケ庵の掛け軸さんだったりして。軽そうだし。女性っぽいのよね、先代。

最後にモジャが「ありがとう」つってたけど、キャスト欄見たらモジャモジャ:諏訪彩花って出てたんだけど、こっちが本体かしらね。二期があればいいな。原作通りなら多分二期前提っぽいけど。スタジオぴえろだから期待していいと思うんだよな。ここ売上如何に関係なく二期多いイメージあるし。二期こいこい。83点。

【チア男子!! 第11話】

ファーwwwwwwまさかの千裕ちゃん中古決定へ。オナマス黒沢で滝川がアフロと恋人宣言した時並みの絶望感。吐き気催すレベル。

いやこれエロゲーだったら、下級生2のたまきん事件並に酷い事件だと思う。てか千裕ちゃん可愛すぎるだろ。いやもう姉ちゃんに乗り換える!てか提供もノリノリで主人公イジメとかやりおるわ。


色んな意味で姉ちゃん持つ弟って大変だなー。

サク見てたら変な気分になる。いや今まで違和感あったけどやっぱりコイツ女の子なんじゃないのか?そう思えてならない彼女感がヤバい。千裕ショックだったけど、今思うとサクのがヒロインしてたわ。

今思えば思わせぶりな態度取り過ぎやねん!でもトンが相手で正直ちょっと微笑ましく思う自分もいる。本当に良かった。ハルに感情移入してたから思いっ切り失恋味わったけど、これはアカン(アカン)。

姉ちゃんがハルの応援を原動力に無事スランプを脱出する話。大学別柔道対抗戦でエース格だった人がスランプに陥った原因は分からんけど、弟との和解が姉ちゃんの心の闇とか枷を解いたのは良かったな。結構簡単な話だったんだよな。でもハルは姉に対して口下手だったから、ずるずる駄目な方に行ってたけど、これでスッキリしたね。

2016-09-20

【甘々と稲妻 最終話】

うーん、やっぱりつむぎガイジだなあ。


八木ちゃんがいると何故駄目って彼はプロの料理人なので要はひとりでできるもん!的な初心者が何とか頑張って料理を作る話だからね、仕方ないね。その意味じゃ今回のお好み焼きは別にプロでも素人でも誰でも簡単に作れる定番料理なんで、八木ちゃん邪魔って事にはならないと思った。小鳥しゃんのママは初登場だけど、テレビ出たシーンもあったけど、小鳥しゃんのママは黒子かわいいな。愛情を込めてのくだりはさすが親子ですわ。いやー、すごい作品だな。こりゃ視聴率高いわ。下手したら実写ドラマで若かりし日の芦田愛菜が演じててもおかしくない構成だからね。87点。

【NEW GAME! 最終話】

ゆんの高校時代よりはじめの方が驚きなんだが即ハボって意味で。しかしねねっちと並んだ時のデカパイは凄いな。アレ高校時代からあったのか、凄く気になる。


しれっとねねっちが出て来て草生える。お前先週?の感動のお別れは何だったんだよ!

それはともかく今回もまあ危なげはあったけど無事打ち上げに漕ぎ着けて良かったね。

りんさんがプロデューサー、コウさんがアートディレクターに昇進っぽい話が出たけど、それで落ち込むのか。

実は以前もアートディレクターやってやっちまったトラウマから落ち込んでたけど、青葉ちゃんに元気付けられてひゃっほうなのがとても可愛かったですね。とても25歳児には見えない。青葉ちゃんカウンセラーの才能あるよ、ホントに。

それにしても折角神回で100点の出来だったのに警察24時のパロはちょっとないわと思った。95点。実質100点だけどあのエピローグ、あれは駄目だ。あれのせいで−5点。二期あればいいけどなあ。

【モブサイコ100 第10話】

律と感動の再会を果たせた?よく分かんねえ事になってきたな。


爪の面々、仲悪すぎだろ。

師匠支部員の勘違いでボス扱いだったのか。そりゃ吃驚するわ。

しかし勘違いもそこまで、でもあの海楼石部屋から脱せたのは良かったな。いやマジで。

師匠の本気で支部長を始末し、詐欺で他の幹部もボコるもモブを庇って重傷を負う話。最近よくある勝利や敗北の直前に過去回想するの流行ってるね。霊幻の場合、フラグにしか見えんのよな。実際、多分死んでないけどあれ殆どもう死んでるよね。モブにとっての精神的支柱だったからね。本当の意味で。律は大切な弟だから精神的支柱とは違うんだよな。超能力を持った事で悩んでた時からずっと一緒に悩んでくれたり力になってくれたりした相手だから、斬られて正気じゃいられなくなる。なんか分かる。超能力を深刻で現実的な悩みを聞いて貰ってたに置き換えれば良いだけの話だしね。それにしても今回も良かったわ。


次回、遺言とかやめーや。

【ダンガンロンパ3 -The End of 希望ケ峰学園- 未来編 第11話】

未来機関で天願と宗方だけが希望を失ってなくて他ほぼ全員が絶望堕ちだったみたいだね。絶望編で頭角現した雪染ちさがほくそ笑んでてもうこれ駄目じゃんって思ったよ。というか、宗方がまたアホな誤解をしたけど、天願があえて絶望に堕ちたフリをしていたからこそ、絶望同士のコロシアイを仕向ける事が出来たんだろ。


犠牲者の傍にはモニターがってすごい伏線を見逃してたようだ。モニターといえば洗脳アニメの御手洗がいたのすっかり忘れてた。御手洗絶望回避って話もあったから騙されてたか。

自殺プログラムを回避する策はあるのかと思ったら苗木がまた天才的発想でした。

自殺させるにはどうすればいいかって洗脳しかないもんな。それで今回はその洗脳の全貌が明らかになった。ただ超高校級の希望を持つ苗木には届かないよな、これ。舞園さんや1の死んだクラスメート全員が怨念の様に苗木を苦しめるけどね。

逆蔵もといホモ蔵君に助けられる話。お前殺されたんちゃうんかい!ホモが原因で宗方に殺されたはずの逆蔵、やっぱり生きてて安心した。

逆蔵もギリギリ希望だったのね、というか洗脳された様子がなかったもんな。絶望編で絶望堕ちした人は皆モニター見てるもんな。確か日向創ことカムクラもモニター見てないから絶望堕ちじゃないな、加担してるだけで。なるほどそういう意味があったんだな。


次回、ホモ蔵さんの愛はちゃんと伝わりましたよ。遅すぎたけどね。でもちゃんと御手洗が真犯人と分かって良かったよ。いやー朝日奈さん犯行説が濃厚だったから余計そう感じる。まあ、本人は騙されたらしいけど。そういえばモニターをあれだけ見てて平気なんだよな、コイツ。コイツは免疫力があるんだろうな。多分。しかし天願会長が黒幕とは思えないんだけど、メールは気になるなあ。いやー今回も面白かったわ。絶望編は胸糞過ぎるから駄目だ。

【TABOO-TATTOO 最終話】

原作のネタバレちらちら読んでたんだけど、まだ続くんだなこれ。しかも今回で中盤なんだってね。


姫様は珍しく高二病を患ってますね。中二病よりもより高尚な事がお好きなサトリ系。

姫様のおかげで色々謎が明かされて結構面白かった。あと、イジーがツンデルで吹いた。使い方は合ってるから困る。

あと、舐めプレイじゃなくて舐めプな。しかし面白かった。


イジーを奪還したけどそのまま落ちて行くセーギにワイズマンの奥の手が発動して妖怪大決戦になる話。ソースの燃料は姫様のクローンたちって話は良かった。あのキスも伏線だったか。精神世界のわかるってばよ空間も好きだな。いや好きになってきた。

その結果BBやイジーの思念を取り込んだままのセーギがようやく初心に帰って姫様の姉妹や姫様自身のために戦う流れも良い。


まあでも面白かった。二期あるといいね。79点。