Hatena::ブログ(Diary)

moyseの日記

2019-01-23

BBEditでLaTeXを使う(設定法)

BBEditLaTeXを使う(設定法)
色々あるアプリの中で「BBEdit」でも使えるらしい。と言う海外の情報、書き込みがあったので「BBEdit」から日本語の入力もしているファイルのコンパイルが可能か?
挑戦してみた。
現在無事に機能している設定は、辻森先生から頂いたものです。
使用環境は「[OSX10.12.6 Sierra TexLive2018」BBEdit (ver.12.5.2)です。
紹介にあったNathan Grigg 氏のパッケージが
「日本語を使用する環境」では最適でした。
//////////////////////////////////////////////////////////
BBEdit MenuBar (右端HELPの隣にある)>
icon > PullDown > Typeset ----(その下の)Open pdf
この2つの「押し下げ」でOK.
Typeset > Compile & PDF Viewer Open が実行される。
Open PDF > PDF表示(Skimで画面が立ち上がる)
[備考][ctrl+B]をショートカットに指定したので、
SublimeText同様の振る舞いをしてくれる。
[Mac SublimeText 3 では「cmd+B」が元々のキーバインドか?]
/////////////////////////////////////////////////////////////

BBEdit での事前の準備」

--------
辻森樹 on Twitter: "El Capitan/MacのLaTeX環境の続きの続き。TeX関係
https://twitter.com/tatsukix/status/652141176498204674
「2015/10/08 - El Capitan/MacLaTeX環境の続きの続き。TeX関係のファイルを全部消去して、TeX Liveを再インストールして。それでフォントマップを作り直したとことあっさり問題解決TeXShopを使用せずBBEditからの直コンパイルも問題無し。」
との書き込みに注目したがTwitterアカウントは生憎持ち合わせて無いので
已む無く「直接交渉」してみました。早速の回答を戴きました。
ーーーーーーーーーーー
===================(メールの抜粋)===========
お問い合わせの件、

macOSのなかで、 MacTeXなどでLaTeX環境がインストールされているという前提で、
http://tug.org/mactex/

BBEditに、

/Library/Application\Support/BBEdit
のPackagesフォルダのなかに、添付のファイルを入れて頂き、

オリジナル:
https://nathangrigg.com/latex-bbpackage/

それでコンパイルしてつかっています。
=======(メールの抜粋)終わり=========[辻森先生の許可を頂いて転載しております]

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
【参考になるサイトの紹介】(数が少ないのでビックリ?)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

Cf.01--------BBEdit LaTeXで検索-------[OSX10.12.6 Sierra TexLive2018]では使えなかった情報


BBEditTeXを使うプラグイン
http://njet.oops.jp/wordpress/2009/11/15/bbedittexを使うプラグイン/]

次のサイトからダウンロードする。
BBEdit and TextWrangler TeX integration scripts

BBEditからこのmylatexを起動すれば,順に,platex と dvipdfmx が起動されて,
pdf が出来ると思います。
-------------------------------
Cf.01 【感想】
mylatexを作成し案内の様にPATHの通った場所へ設定したが、
「あとは,BBEditからこのmylatexを起動すれば,順に,
platex と dvipdfmx が起動されて,pdf が出来ると思います。」が機能するまでに
至らなかった。
--------------------------------

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Cf.02-------BBEdit LaTeX macで検索------[OSX10.12.6 Sierra TexLive2018]では使えなかった情報
[...............:若松 ]の箇所だけ原文と異なります。


「TextWranglerをカスタマイズする」
http://flownotes.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/textwrangler-44.html

[ 以下は、記事の抜粋です:若松 ]

先月にlatexで多数のファイルを使う作業があったので、 日本語でlatexを扱えるエディタとして TextWranglerを試し、自分に合うようにカスタマイズしてみました。

tex ツールとの連携(1)
ここではtexlive2015のplatex + dvipdfmxで作成することを前提として設定します。
まずtexと連携するために、skim.appを

http://skim-app.sourceforge.net

からダウンロードしてインストールしておきます。
そしてskim.appを起動し、 skimの環境設定ー>同期するー>PDF-TeX
同期サポートの初期値 において、TextWranglerを選びます。

次に、latex用のツールキットを
http://msneep.home.xs4all.nl/latex/

[ CompileTeX for BBEdit and TextWrangler なので上記Cf.01のツールキットと同じものです。:若松 ]

よりダウンロードし、 書いてある手順のとおりに展開します。
ここまでで、英語についてはTextWranglerの中から コンパイルプレビューができるようになるはずです。
英語だけ(articleタイプ)のlatex文章を作って、 TextWranglerのスクリプトメニューから
Tex Compilation -> Run pdflatex

とすると、ターミナルが起動され、その上でコンパイルが進行します。
コンパイルに成功すると、PDFが表示されました。
(PDFビューワーとしてデフォルトでskimが指定されているようです。)

tex ツールとの連携(2)
ここから日本語を使えるように改造していきます。 例によって、これらの改造は自己責任でお願いします。
まず(上のツールキットの説明どおりに設定していれば) ~/Library/ShellScriptsに あるはずの CompileTeX-engine というファイルをエディタで開き、
531行目付近の [ 開くアプリに依っては行数が異なる場合があります:若松 ]
$program \
    -file-line-error-style \
    -interaction=nonstopmode \
    -synctex=1 \
    "$masterdocname"
の次の行に
    dvipdfmx "${masterdocname%%.tex}"
を挿入します。
次にTextWranglerのスクリプトメニューから  Open Scripts Folderを選び、 TeX Compilationフォルダのなかにある
    01)Run pdflatex.scpt
というファイルを、複製します。 名前は適当でよいので、 私は 01)Run platex.scpt という名前にして、TeX Compilation フォルダと同じ階層へ移しました。
複製したファイルをダブルクリックするとスクリプトエディタで開かれます。
下から11行目ほどにある set cmd... の行の

  • pdflatex

に変更します。
最後に、このスクリプトショートカットキーを割り当てて、 簡単にコンパイルできるようにします。
TextWranglerの Preferences ー> Menus & Shortcutsのペインで、 Scriptsを選ぶと、上で複製したスクリプトの scptファイルが見えるはずです。
私の例だと Run platex というのがありましたので、 その文字の右側のところをクリックしてから コマンド+Bとしました。
(sublime text と同じにしておくためです。 既にあるショートカットキーとバッティングしているとの 警告が出ますが、無視しました。)
これでText Wranglerから、キー1つでコンパイルができるようになりました。
texのエラーが出た場合には中断され、そこまでのコンパイル結果が PDFとして表示されます。
またskim.appで表示されているPDF文書のところで shift + command +クリックをすると、 該当するtexソースコードの位置にジャンプできました。
TextWranglerのソースコードから 該当するPDFに飛ぶことは、未だできていません。 (skim側にはそのような機能があるようなのですが。)
(よく調べてみたら,このlatexツールキットの中の "Synchronize latex with skim"で できました. 今はこれにshift + command + B のショートカットキーを 割り当てて使っています. 2016-04-27追記)
----------------------
----------------------------
Cf.02【感想】
tex file での「プレアンブル」の設定に違いから来るものなのか?
スクリプトアイコン>Typeset>01)pdflatex から上手くコンパイルが通らなかった。

///////////////////【参考サイトの紹介】おわり////////////////////////////////////

⬛️ documentclass

==================小生が使用したのは此方です===========
\documentclass[pdflatex,ja=standard]{bxjsarticle}

此方ならコンパイル問題なし!!
==================================================
BBEdit LaTeX Compile での問題点(但しOSX10.12.6 TexLive2018環境下)

#01 : [jsarticle] [jarticle]の指定では

コンパイルの際に「はねられてしまいました」
「「pLaTeX2e」を使う様にコメントが出てきた」

#02 : (article)では

「文中の文字」が「UTF-8」に対応していない旨の
コメントが現れ、コンパイルまで進めませんでした。

===========
以上ご報告とBBEditLaTeXコンパイルに挑戦したい有志に情報の提供旁々。若松久仁光拝

UltraEdit で LaTeX 書き出し成功

UltraEdit で LaTeX compile 書き出し成功

[Mac環境:UltraEdit for Mac ver.18 ;
Sierra OSX10.12.6 ; TeXLive2018]
---------------------------
海外のサイトで「優秀なTextEditorは?」と言う書き込みよびかけにUltraEdit.appが
上位にランクされているのを目にした。

日本では(?)あまり見かけない(??)アプリであり調べると、
UltraEditは「C++」で作られたアプリで、大好きな「LaTeXでのコンパイル」もできるらしい。
と言うことで挑戦してみた。

「UltraEdit LaTeX」と入力してネット検索しても、情報が極端に少ない。
Google検索で「10ページ」程、見つかるが「UltraEdit.appではLaTeXも使える」
などの書き込みが殆んどでした。

◎以下が、少し役に立ちそうな投稿のピックアップ。
A.Integrating LaTeX into UltraEdit
http://forums.ultraedit.com/integrating-latex-into-ultraedit-t1362.html

B.Function definition with LaTeX
http://forums.ultraedit.com/function-definition-with-latex-t8156.html
C.UltraEdit-32 and LaTeX
http://thorchristian.net/latex/
D. UltraEdit und LaTeX
https://www.maik-stuehrenberg.de/service/ueditlatex/index.html


Win系(Dos系?)でのUltraEdit-32 and LaTeX
LaTeX」の為の設定が、一つ見つかっただけ。

UserForumに493 topics有るが、「LaTeX」に関する投稿の
(SyntaxHighlightingなどの記事で25見つかった)中を見にいっても
///// [Feb 21, 2009 #11
I don't have any knowledge about LaTeX, but I looked on your wordfile and ran my Syntax highlighting/wordfile sorting macro validation tools on that file. I have attached the resulting wordfile to this post.]
「開発者本人」(?)のコメントには「LaTeXは詳しくない」とも書かれていて心もとない。


mac」での相性が良いか?全く不明なまま、様々なLaTeX用のアプリでの設定を参考にして
試行錯誤を繰り返した。
[環境:Mac Sierra OSX10.12.6 TeXLive2018]

最終的にはhttp://thorchristian.net/latex/を参考に設定した。

UltraEditへの書き込み場所については、[このサイトの書き込み方を参考にしてください]
UltraEdit-32 and LaTeXhttp://thorchristian.net/latex/


以下の書き込みが、pdflatexでコンパイルに成功したものです。
【設定の例です】
(メニューバー>ツールツール設定>名目を挿入ボタンで追記)
・pdfLaTeX
command line :
"/Library/TeX/texbin/pdflatex" -synctex=1 -interaction=nonstopmode --clean --quiet --pdf --run-viewer "%n.tex"

作業フォルダ:%p

[関連項目に(レ)チェックマークを入れる]
Option > レアクティヴファイルを保存
出力: レキャプチャ出力 レ出力ウインドへ出力

(備考)
[--clean --quiet --pdf --run-viewer "%n.tex"]を追記したら、急にコンパイルが通ったのだが、小生には、命令での役割が何故「この場所に追記するのか?」「何の様に機能するのか?」大まかな方向性は理解できるが、ハッキリとは良く解っていません。

【成功したtex file の設定】(bxjsarticleが今のオススメです!)
\documentclass[pdflatex,ja=standard]{bxjsarticle}
% 文字コードUTF-8
% !TEX program = pdflatex
%\documentclass[a4paper]{article} % pdfTeX の場合
%\documentclass[a4paper,dvipdfmx]{article} % dvipdfmx の場合
%(ドライバ明示指定が必要なのは bxcjkjatype でなく hyperref)
\usepackage[whole]{bxcjkjatype} % 本文全体をCJK*に入れる
% 以降はプレアンブルで和文が使用可能
\newcommand\Nihongo{日本語} % ←和文を含むマクロ定義
\usepackage[unicode,% ←しおりの出力に必要
bookmarks=true,colorlinks=true]{hyperref}
\begin{document}
% ↓和文を含む節見出し
\section{2019年1月11日}
SierraLua\LaTeXコンパイル

\section{UltraEditはじめてのLua\TeX-ja}
ちゃんと日本語が出るかな?

上記の様に、かなり前に書いて結局他のアプリコンパイルした記憶がある。
今回は、下記の日付で実行したが、エンジンの指定を変更してみた。

半信半疑だったが、問題もなく実行してくれた。
後は、TeXToolsのショートカットが解れば楽であるのだが?
「 Shift + cmd + )」でToolsのパレットで「pdfLaTeX」での命令が実行される。

\section{2019年1月15日}
設定を「dos」バージョンの中からピックアップしてみた。
\begin{verbatim}
command line :
"/Library/TeX/texbin/pdflatex" -synctex=1 -interaction=nonstopmode --clean --quiet --pdf --run-viewer "n.tex"
作業フォルダ: %p
Option > アクティヴファイルを保存
出力: キャプチャ出力 出力ウインドへ出力
\end{verbatim}
これで、pdflatexは「コンパイル」している様だ。
\end{document}

【成功したtex file の設定 終わり】

少々pdflatexのコンパイルの際のショートカット設定が
遠すぎるので「cmd+shif+K」に修正して、使用している。
キーバインド変更につては上記URLの中に詳細も出ています)

2019-01-16

UltraEdit で LaTeX 書き出し成功

UltraEdit で LaTeX compile 書き出し成功

[Mac環境:UltraEdit for Mac ver.18 ;
Sierra OSX10.12.6 ; TeXLive2018]
---------------------------
海外のサイトで「優秀なTextEditorは?」と言う書き込みよびかけにUltraEdit.appが
上位にランクされているのを目にした。

日本では(?)あまり見かけない(??)アプリであり調べると、
UltraEditは「C++」で作られたアプリで、大好きな「LaTeXでのコンパイル」もできるらしい。
と言うことで挑戦してみた。

「UltraEdit LaTeX」と入力してネット検索しても、情報が極端に少ない。
Google検索で「10ページ」程、見つかるが「UltraEdit.appではLaTeXも使える」
などの書き込みが殆んどでした。

◎以下が、少し役に立ちそうな投稿のピックアップ。
A.Integrating LaTeX into UltraEdit
http://forums.ultraedit.com/integrating-latex-into-ultraedit-t1362.html

B.Function definition with LaTeX
http://forums.ultraedit.com/function-definition-with-latex-t8156.html
C.UltraEdit-32 and LaTeX
http://thorchristian.net/latex/
D. UltraEdit und LaTeX
https://www.maik-stuehrenberg.de/service/ueditlatex/index.html


Win系(Dos系?)でのUltraEdit-32 and LaTeX
LaTeX」の為の設定が、一つ見つかっただけ。

UserForumに493 topics有るが、「LaTeX」に関する投稿の
(SyntaxHighlightingなどの記事で25見つかった)中を見にいっても
///// [Feb 21, 2009 #11
I don't have any knowledge about LaTeX, but I looked on your wordfile and ran my Syntax highlighting/wordfile sorting macro validation tools on that file. I have attached the resulting wordfile to this post.]
「開発者本人」(?)のコメントには「LaTeXは詳しくない」とも書かれていて心もとない。


mac」での相性が良いか?全く不明なまま、様々なLaTeX用のアプリでの設定を参考にして
試行錯誤を繰り返した。
[環境:Mac Sierra OSX10.12.6 TeXLive2018]

最終的にはhttp://thorchristian.net/latex/を参考に設定した。

UltraEditへの書き込み場所については、[このサイトの書き込み方を参考にしてください]
UltraEdit-32 and LaTeXhttp://thorchristian.net/latex/


以下の書き込みが、pdflatexでコンパイルに成功したものです。
【設定の例です】
(メニューバー>ツールツール設定>名目を挿入ボタンで追記)
・pdfLaTeX
command line :
"/Library/TeX/texbin/pdflatex" -synctex=1 -interaction=nonstopmode --clean --quiet --pdf --run-viewer "%n.tex"

作業フォルダ:%p

[関連項目に(レ)チェックマークを入れる]
Option > レアクティヴファイルを保存
出力: レキャプチャ出力 レ出力ウインドへ出力

(備考)
[--clean --quiet --pdf --run-viewer "%n.tex"]を追記したら、急にコンパイルが通ったのだが、小生には、命令での役割が何故「この場所に追記するのか?」「何の様に機能するのか?」大まかな方向性は理解できるが、ハッキリとは良く解っていません。

【成功したtex file の設定】(bxjsarticleが今のオススメです!)
\documentclass[pdflatex,ja=standard]{bxjsarticle}
% 文字コードUTF-8
% !TEX program = pdflatex
%\documentclass[a4paper]{article} % pdfTeX の場合
%\documentclass[a4paper,dvipdfmx]{article} % dvipdfmx の場合
%(ドライバ明示指定が必要なのは bxcjkjatype でなく hyperref)
\usepackage[whole]{bxcjkjatype} % 本文全体をCJK*に入れる
% 以降はプレアンブルで和文が使用可能
\newcommand\Nihongo{日本語} % ←和文を含むマクロ定義
\usepackage[unicode,% ←しおりの出力に必要
bookmarks=true,colorlinks=true]{hyperref}
\begin{document}
% ↓和文を含む節見出し
\section{2019年1月11日}
SierraLua\LaTeXコンパイル

\section{UltraEditはじめてのLua\TeX-ja}
ちゃんと日本語が出るかな?

上記の様に、かなり前に書いて結局他のアプリコンパイルした記憶がある。
今回は、下記の日付で実行したが、エンジンの指定を変更してみた。

半信半疑だったが、問題もなく実行してくれた。
後は、TeXToolsのショートカットが解れば楽であるのだが?
「 Shift + cmd + )」でToolsのパレットで「pdfLaTeX」での命令が実行される。

\section{2019年1月15日}
設定を「dos」バージョンの中からピックアップしてみた。
\begin{verbatim}
command line :
"/Library/TeX/texbin/pdflatex" -synctex=1 -interaction=nonstopmode --clean --quiet --pdf --run-viewer "n.tex"
作業フォルダ: %p
Option > アクティヴファイルを保存
出力: キャプチャ出力 出力ウインドへ出力
\end{verbatim}
これで、pdflatexは「コンパイル」している様だ。
\end{document}

【成功したtex file の設定 終わり】

少々pdflatexのコンパイルの際のショートカット設定が
遠すぎるので「cmd+shif+K」に修正して、使用している。
キーバインド変更につては上記URLの中に詳細も出ています)

2019-01-06 SpacemacsはEmacs27.0.50

SpacemacsはEmacs27.0.50での訂正

Spacemacs(ver. Emacs27.0.50)での入力補完について。

「, 」「s」での「section」補完は、小生が「入力モード」のままタイプしたので
「補完候補」が表示されなかっただけでした。
正確に「ヴィジュアル・モード」に指定してあれば「補完用」のリストアップがされます。
単純な入力時でのミスでした。

Emacs27.0.50での「機能」が変更された訳ではないので、ここに訂正とともに
誤った情報を「書き込んだこと」を、お詫びいたします。

2019新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
皆さんにとって素晴らしい年になりますように!

brew upgrade でemacs --HEAD にしたら
Emacs 27が導入された。

Spacemacsが機能するか?試した。

昨日Emacs27.0.50へ更新したので、今まで通り
ターミナル起動の「Spacemacs」が本当に動くのか?

チェックしてみた。

予想に反して「Spacemacs」がEmacs27.0.50を母体として
立ち上がった。

Emacs26.0.50からSpacemacsが機能するように設定したので
Emacs27.0.50とバッティングしないか?心配したのだが、
予想には反していたが「Spacemacs」(Emacs27.0.50)で
LaTeXから追記出来た。

しかし問題点も発生。
今まで「補完機能」が使えていた「, s」で「section」が候補として
表示されなくなった。

大した問題ではないので、しばらくは「\」と「section」を
手打ち入力で我慢しよう。

2018-11-15

Visual Studio Code Mac LaTeX

「Visual Studio Codeで使用できる
LaTeX Workshopプラグインは,
バージョン5系になってから,
LaTeXビルドする時に呼ぶ
コマンドの指定方法が変わりました。」

というコメントを見かけた。
===============================================
VS CodeLaTeX Workshopのビルド設定が変わっていた時の対処方法」
https://qiita.com/reishoku/items/c5ac57c1130e70bdc098

platex以外のエンジンを使用したい場合,適宜設定を変更してください。
=============================

小生の環境でも(platex以外のエンジンを使用)「コンパイル不可」
の原因が「コマンドの指定」となっていた可能性が高いので、
早速「Visual Studio Code Mac LaTeX」で「ネット検索」をして見た。

SierraでTeXLive2018を使用しているので、一応此の環境になるべく
沿った「設定」を探した)

参考にしたサイトを列記すると、
VS CODELATEXをする話」https://beanlog.xyz/blog/latex-on-vscode/

VSCodeLaTeX環境を構築!【Mac】」https://blog.tukuyo.net/entry/2018/01/26/220532

VSCodeLatexの日本語環境を作る」https://gist.github.com/Ikuyadeu/204d06fffd912f441b383eb02463e29b

MacVS CodeTeX 環境を構築した」https://kakakakakku.hatenablog.com/entry/2017/10/26/213943

「[Mojave] MacTex 2018 + VS CodeLaTeX の環境を構築する」https://qiita.com/khys/items/c47d73af8993890cb9e5

「Visual Studio CodeでTeXコンパイルをできるようにする方法」https://qiita.com/SUZUKI_Masaya/items/7fb5509006163e7e671f

Mac OS X(Mojave)にLaTeX環境を構築する[VSCode版]」https://murabitoleg.com/mac-vscode-latex/

等等。

『Visual Studio CodeでTeXコンパイルをできるようにする方法』での
設定が機能したので一安心。
https://qiita.com/SUZUKI_Masaya/items/7fb5509006163e7e671f

ファイルが「LuaTeX」「pdfTeX」「upTeX」と冒頭の記述指定が
様々でも、
cmd+shift+P
----->>[ Build with recipe ]----->>

("latexmk"; pdflatex*2"; "pdflatex -> bibtex -> pdflatex*2"; "ptex2pdf*2"; ......; "ptex2pdf (uplatex) *2"; ....etc)

LuaTeX : "latexmk" を選択
upLaTeX : pdflatex*2" を選択
いろいろなコンパイルに対応してくれます。

「opt+cmd+V」で画面の隣PDFを表示してくれる。

--------------------
紹介記事の中の
ショートカットの設定は「未完了」

2018-10-18

WiFi接続問題解消!

USB3 HUBを新規に導入した後、問題が発生したのだが、
販売元の申し出で「新しいHUB」が送られてきた。
早速これを使用したら「問題が解決」した。

WiFi受信アイコンも正常に「黒」で表示され、
アクティビティモニターで観察しても異常なし。
HUBとしての機能も十分なものです。

さて、この機種の名称は
「Wavlink セルフパワー USB3.0ハブ電源付き4ポート」

MacMiniでのUSBポートが「残すところ1箇所」になった為の
(色々なネット書き込みも参照させてもらいながら)
選択の基準として

1. 外付けHDDを「ブータブル」で使用したいので「セルフパワータイプ」
MacMini 2014 のUSB3を使うには、案外選択肢が少ない)
Wavlinkが「最有力候補に浮上」
2. USB電源の供給 V/A の数値
(A数値が不足すると様々な機能が使えない、という記事を参考に)
3. 各USBにスイッチがついている
4. 使用後の「評判が良い」

これらを考慮して「Wavlink HUB」を選択
アフターケアもしっかりと実行するので、
海外のメーカーですが、今回は初めての購入と
様々な体験をしましたが、Mac Miniに不足しがちな
USB接続の助っ人として「お勧めできる」商品だと思います。

Amazonへの書き込みにもありましたが
「先入観に執われること無く」ものを選んでは?
と言う記事の様に、冷静に考えた末、
良い商品を選択できたことは幸運でした。

以上、ご報告まで。

追伸
外付けHDDを接続し「ブータブル」も機能しています。
勿論「セルフパワー」の便利なところなのですが。