勝手に将棋トピックス RSSフィード

 | 

2006年11月30日

[] 谷川浩司九段井川慶投手にエール

11月27日井川慶投手が将棋会館で対局観戦の続きです。

前日にNHK新年将棋特番の収録に出演して、その流れで観戦となったそうです。将棋特番というのは今年の正月に同じ阪神タイガースの今岡誠選手が出演したのと同じですね。(参考:NHKの正月特番

将棋は親に教わり、幼いころから好きだったという。腕前も今後は初段の認定ももらう見込み。

実は井川は26日にNHKの新年の将棋番組の収録に出演した。同じ番組に羽生3冠、深浦8段らも出演しており、この日に対局があることを知って、観戦をしたい、と急きょ希望しての実現となった。プロ棋士の対局の勝負の空気決断力を、同じ勝負の世界に生きる者として間近に感じておきたかったのかもしれない。

井川がプロ棋士の対局を観戦

そして、ポスティングでニューヨーク・ヤンキースが交渉権を獲得し、井川慶投手は松井秀喜選手と同じチームになりそうです。松井選手が将棋を指すという話は聞いたことがありませんが、他に指してくれる相手がいなさそうなので、米国での「普及」はそこからという感じでしょうか。

30年以上の虎党である谷川九段も思いは同じだ。「より高いレベルで力を発揮したいのは同じプロの世界にいるわたしもよく理解できます。ご本人もいい形になったと思います。今後も活躍してほしい」と、米国で“将棋大使”役を買って出ている井川に言葉を贈った。

井川頑張ってヤ!ポスティングでヤンキース落札

谷川浩司九段の話すとおり、米国でも活躍してほしいと思います。

観客席のスパイ観客席のスパイ 2006/12/01 09:46 チェスには「一たん触ったコマは、次の手で必ず動かさなければならない」というルール(Touch&Move)があって、今回の件はそれがらみかと思ってました。つまり、なんかの拍子にクィーンに触ってしまって動かさざるを得なくなってしまった、とか。でもChessbaseの記事を読むと、マジで見落してたみたいですね。

maromaro 2006/12/01 14:08 羽生の木村戦は入り組んだ局面でしたし、木村自身にも羽生が見落とすような予感があったそうですが、クラムニクのは、盤上に駒があまり残っておらず、とても簡素な局面でした。将棋で言うと頭金を見逃した感じです。カスパロフのディープブルー戦にせよ、対機械戦には、人間に信じがたいミスが生じますね。

mozuyamamozuyama 2006/12/01 21:53 観客席のスパイさん、タッチ&ムーヴで負けるのもインパクトがありそうですが、今回は本当にポカのようですね。
maroさん、わかりませんが相手が人間でなかったことと関係があるのでしょうかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mozuyama/20061130/P20061130IGAWA
 | 
<< 2006/11 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2003 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2008 | 01 | 02 | 05 | 06 |
2009 | 01 | 03 | 05 |
2011 | 04 | 09 |
2012 | 02 |
2013 | 05 |