m.r.factory

2008-12-03

[]思い出アルバム

まず、こちら。古書往来座ブログ古書往来座 ちょっとご報告」の中の「みちくさ市写真集」であります。これらの写真の撮影者は、ワタクシ武藤、古書現世の向井さん、そして古書往来座の瀬戸さんであります。まず私の撮った写真でありますが、交代のスタッフがおらず持ち場の第3みちくさ案内所から離れることが出来なかったため、案内所とその近辺の写真しか撮れておりません。必要以上に案内所の写真ばかり撮っているのはそのためです。その後、みんなを撮ってきてね、と向井さんにカメラを託したのですが、結果わめぞのきれいどころの女子2名の写真しか撮ってこず、その後どこかに消えたと思った瀬戸さんは、近所の遺跡発掘現場の写真しか撮っていない、という「みちくさ市」の全貌が全くわからない写真をこちらで見ることができます。
古書往来座 ちょっとご報告 みちくさ市写真集

さて、次に。旅猫雑貨店のブログ「旅猫雑貨店 路地裏縁側日記」の中の「みちくさ市アルバム」であります。お待たせいたしました。「みちくさ市」の全貌がここにあります。80枚以上の写真をスライドシューで見ることができます。さすが金子さん、全てにおいて抜かりがありません。
雑司が谷 路地裏縁側日記: ■みちくさ市アルバム

そして、最後。退屈くんのブログ退屈男と本と街」の「みちくさ市リンク集」であります。スタッフ、参加者、お客さんたちの、各々の目で見た「みちくさ市」をここで読むことができます。読んでいると点が線に繋がる瞬間があります。風太郎さんのところで野間宏『文章入門』と中野重治『歌のわかれ』を買った高校生と、パラフィンさんのところで庄野潤三を買った高校生は同じ人じゃないかしら、とか。中井英夫の本を売っていたフェミニンな男子は王子ですよ、とか。「みちくさ市」に行った人も、行かれなかった人も、ぜひどうぞ。
退屈男と本と街 「鬼子母神通り みちくさ市」プレ開催リンク集