m.r.factory

2018-10-31

[]ゆるい約束

よく行くコンビニがふたつある。一軒は昼間、弁当や珈琲を買いに、もう一軒は夜、缶ビール缶チューハイを買いに行く。店を分けているのは、昼間に行くコンビニにしかいれてもらえる珈琲がなく、夜行くコンビニのほうが酒が安いからだ。

昼間のコンビニでいれてもらった珈琲を受け取り、レジ前に置かれた台で砂糖とミルクをその場で入れる。

いつも珈琲ですね。

一拍おいて、同じことばがもう一度聞こえた。

いつも珈琲ですね。

二度目で顔をあげると、レジの向こうの顔が、笑いながらこちらを見ている。

わたしに話しかけている、わかるまでに間があった。慌てて同じことばを繰り返した。

あぁ。はい。いつも珈琲ですね。

レジの向こうの顔と話すようになったのはそれからだ。

いらっしゃいませ。こんにちは。オーナーが替わり、本社に言われて山形コンビニから豊島区コンビニにいきなり派遣されたこと。事務机の整理ができなくてアルバイトの女の子から怒られたこと。そのおかげで店長から降格したこと万引きが多いこと。いつか自分もコンビニをやりたいとアルバイトの子が言ってくれたこと。珈琲を受け取るまでの少しのあいだ、レジの内と外で起こる悲喜劇を、笑いに変えながら話してくれる。

レジを待つあいだ眺めていると、どの客にもさりげなく、話しかけたり笑いかけたり。うちは品揃えでは他のコンビニに負けちゃうから。弁当なら向かいのコンビニのほうが品数もうまさも上なのに、いつの間にかこのコンビニで買ってしまうのは、この人の顔を見るためと、この人が来てからかわった店の空気が好きだからだ。そういう人はこの町で、たぶんわたしだけじゃない。

ある日、移動になりました、と告げられた。しばらくして、駅の反対側、西口の繁華街の端っこの店で働きはじめた。ときどき西口で飲んだ帰りに店に寄る。酔い覚ましの水や茶を買いながら、かわらない顔を見る。

いつか飲みましょうね。

移動の前にゆるい約束を交わしたが、ゆるいものはゆるいまま、まだ果たせていない。