m.r.factory

2017-11-04

[][]雑司ヶ谷番外地

雑司ヶ谷で生まれ育ったわたしの、知らない雑司ヶ谷を知る人たちがいる。鬼子母神通りで開催される古本フリマみちくさ市で知り合った、石丸元章さんとピスケンさんだ。石丸さんは自身の薬物使用体験を基にした私小説SPEEDスピード』や、ハンター・S・トンプソンの『ヘルズエンジェルズ』の翻訳など、少々怖い世界を中心に幅広く活動しているライターだ。

ピスケンさんは本名を曽根賢といい、ドラッグ刺青、人体改造や死体まで、幅広いカウンターカルチャーを取り上げた雑誌『BURST』の元編集長で、いまは作家として、自身が発行する冊子『The SHELVIS』に小説を発表している。

このふたりがなぜか雑司ヶ谷に、それも路地を挟んでお向かいに住んでいる。鬼子母神へ向かう参道の入り口に、七曲がり、と呼ばれる車一台も抜けられない路地がある。その中ほどの一軒家に石丸さんが、向かいの風呂無し共同便所のアパートにピスケンさんが住んでいる。先に住みはじめたのは石丸さんで、ピスケンさんの引越し当初、あまり近寄らないように、と大家さんに釘を刺されたお向かいが、旧知の石丸さんの家だった。

わたしは一度、石丸さんの家にお昼をよばれたことがある。外からは普通の一軒家に見えたが、よく見ると玄関の表札の脇に蝉の抜け殻がいくつもいくつも貼られている。扉を開けると、グラフティのような絵で壁が埋めつくされ、棚にはごつい革製品やよくわからない器具、現代美術の作品のようなものまでみっしり置かれている。アメリカかどこかのヒッピーの家に迷い込んだような、しかしその中で出されたお昼は、石丸さんお手製のカレーお好み焼きだった。うまいでしょ、と高校生の男の子みたいな顔をして笑っている石丸さんの袖口から、びっしり彫られた刺青がのぞいている。鮮やかな腕を触らせてもらうと、墨の感触も毛の感触も、何もなかった。

夜深い時間まで飲んだ帰り、ときどき暗い顔をした石丸さんを見かけた。うつむいたまま都電の踏切を越えてどこへ向かっていくのか。そうして雑司ヶ谷を踏んでいく石丸さんに、わたしは声がかけられない。

数年前に石丸さんは雑司ヶ谷を出てしまったが、ピスケンさんは変わらずアパートに暮らし続け、雑司ヶ谷での日々はブログ鬼子母神日記に詳しい。6畳一間の窓辺には薬味のプランター、隣りの庭ののびた枝から落ちる八朔の実、池袋西武屋上雑司ヶ谷霊園で一杯やるときに持っていくつまみや弁当、胸に挿していくクレソンの葉っぱ。連続飲酒や膵炎、黄疸のような膿んだことばのなかに、量や値段まで細かく書かれた食べものの話が色鮮やかに踊っている。ときどきブログの更新が止まるのは、病んだ体と糠床にさえ何もなくなる暮らしのせいだ。

先日、鬼子母神の御会式で集まり飲んださい、体を寄せてきたピスケンさんに耳元でささやかれた。金、貸してくれない?3千円でいいから。向井くんには手持ちがないからって断られちゃってさ。飲み会に来ている数十人の中で、もっとも金のないふたりにどうして声をかけてくるのか。だからこそかけられるのか。何かに負けて財布を開く。今度会ったときに返すから、と右の耳にピスケンさんの唇が触れる。

私が生まれ育ったこの町と、石丸さんとピスケンさんが暮らす、暮らしたこの町が、同じ雑司ヶ谷なことがとてもうれしい。知ったつもりでただあぐらをかいていただけのこの町の、知らない扉をふたりに開けてもらおうと思う。

ピスケンさんのブログ鬼子母神日記:https://ameblo.jp/pissken420/

みちくさ市トーク

***   雑司が谷番外地〜どうせ俺らの行く先は〜   ***

石丸元章×曽根賢(ピスケン)×武藤良子イラストレーター

■開催日時

2017年11月19日(日)

13:30〜15:00(開場13:10〜)

■会場

雑司が谷地域文化創造館 第2会議室

〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-1-7

■入場料

1000円 ※当日お支払です

トーク予約と詳細はこちら

http://kmstreet.exblog.jp/18596651/

2014-03-22

[][]週末の過ごし方

今週末の2日間、まだ予定のないかた。雑司ヶ谷と西池袋周辺を歩きませんか。

***3月22日土曜日***

推奨散歩コース:ポポタムからココナッツディスク池袋店へ

■妄想ロックフェスin西池、開催中!

秋田のTシャツ工房・6jumbopinsによるシルクプリント実演販売。好きなボディ、好きなインク、あなたのサイズでその場でプリントします。

12時から19時まで

会場:ブックギャラリーポポタム(171-0021東京都豊島区西池袋2-15-17)

詳細はこちら:3.14〜25 妄想ロックフェスin西池 - ブックギャラリーポポタム


■どついたるねんがやってくる!

どついたるねんのNEWアルバム「grandmother’s milk」発売を記念して、ココナッツディスク池袋店でもインストアミニライブを行います!

18時30分〜(予定)

観覧無料サイン会握手会アリ。

会場:ココナッツディスク池袋店(171-0021東京都豊島区西池袋3-22-7)

詳細はこちら:COCONUTS DISK IKEBUKURO

***3月23日日曜日***

推奨散歩コース:みちくさ市から手創り市古書往来座、そしてポポタムへ

鬼子母神通りみちくさ市

商店街の軒先を借りた古本フリマです。

2014年月3月23日(日)11時から16時

会場:雑司が谷鬼子母神通り

東京都豊島区雑司が谷2丁目・鬼子母神通り周辺

東京メトロ副都心線雑司が谷駅1番出口または3番出口すぐ

詳細はこちら:http://kmstreet.exblog.jp/


みちくさ市トーク 

石田千さん×苅部直さん「墓と町」

会場:雑司が谷地域文化創造館 第2、第3会議室

13時半から15時

入場料:1000円 ※当日清算

予約受付中です。詳細はこちら:みちくさ市トーク  : 鬼子母神通り みちくさ市


■ジモトワカゾー野菜市

11時から16時

会場:あしあと動物病院前(鬼子母神通り・目白通り側)

千葉県柏・流山・我孫子の農家による直売市! 春野菜や手作りジャム、ベーグルなど、春を感じる味覚がいっぱい!


みちくさ市 ブングテン14

11時から16時

会場:旧高田小学校職員室

文具好きの祭典! 楽しい展示多数。

詳細はこちら:みちくさ市ブングテン


手創り市 

9時から16時 雨天中止

会場:鬼子母神大鳥神社

詳細はこちら:手創り市 鬼子母神・大鳥神社


古書往来座

映画本が大充実らしい。

11時から22時まで

場所:171-0022豊島区南池袋3-8-1-1F

詳細はこちら:往来座地下


■妄想ロックフェスin西池、開催中!

秋田のTシャツ工房・6jumbopinsによるシルクプリント実演販売。好きなボディ、好きなインク、あなたのサイズでその場でプリントします。

12時から19時まで

会場:ブックギャラリーポポタム

投げ銭ライブ 妄想DUOかわいしのぶ&西尾賢 DJ 永岡裕介

16時から18時

会場:ブックギャラリーポポタム(171-0021東京都豊島区西池袋2-15-17)

詳細はこちら:3.14〜25 妄想ロックフェスin西池 - ブックギャラリーポポタム

2013-03-13

[]みちくさ市

今週末の土日は、鬼子母神通りみちくさ市です。古本市、古本フリマトークショー、スタンプラリーと、もりだくさんの2日間です。雑司ヶ谷の熱い2日間、ぜひ遊びに来てください。

***第20回鬼子母神通りみちくさ市***

2013年5月で20回目の開催を迎える鬼子母神通りみちくさ市ですが、リニューアルすることになりました。2日間開催に変わり、初日を「わめぞの古本市(一部フリマ予定)+トークショー」、2日目を「古本フリマトークショー」に。豪華なトークは連日2本ずつの計4本。これまで通り、手創り市さん、ブングテンさんなどの開催も併せ、雑司が谷をたっぷり楽しめるイベントにしたいと思います。2013年、雑司が谷大文化祭のはじまりです!

■開催日時

初日・2013年3月16日(土)12:00〜16:00

2日日・2013年3月17日(日)11:00〜16:00

■会場

雑司が谷鬼子母神通り

東京都豊島区雑司が谷2丁目・鬼子母神通り周辺

東京メトロ副都心線雑司が谷駅1番出口または3番出口すぐ

■詳細

http://kmstreet.exblog.jp/

■主催

鬼子母神通り商店睦会  協賛/わめぞ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

***みちくさ市と同日開催トークショー***

3月16日 内澤旬子(ルポライター)×上原善広(ノンフィクション作家)
http://kmstreet.exblog.jp/18596651/

3月16日 飯田泰之(エコノミスト)×東浩紀(作家・批評家)
http://kmstreet.exblog.jp/18596687/

3月17日 米光一成(ゲームデザイナー)×武田俊(KAI-YOU代表)
http://kmstreet.exblog.jp/18596722/

3月17日 荻原魚雷(ライター)×田中美穂(蟲文庫店主)
http://kmstreet.exblog.jp/18596741/

トーク予約

トークの詳細、予約方法は各リンク先をご覧ください。

トーク受付

トークショーは、鬼子母神通りのキク薬局横、本部ガレージで受付を済ませてから、会場の創造館までおこしください。

■会場

雑司が谷地域文化創造館

東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内

http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/

***みちくさ市関連展示企画***

■「浅生ハルミン創世記‐現代アートから絵本まで‐」 

3月8〜20日 

会場:ブックギャラリーポポタム(西池袋)

ブックギャラリー ポポタム: 浅生ハルミン創世記

■佐藤ジュンコ個展「海の匂いを聴いた夜から」

3月16〜31日  

会場:貝の小鳥(目白) 

http://www.asahi-net.or.jp/~sf2a-iin/92.html

■スタンプラリー

みちくさ市本部ガレージ、ブックギャラリーポポタム、貝の小鳥、の会場3箇所でみちくさ市のチラシに判子をもらうと、浅生ハルミンさんと佐藤ジュンコさんのプリントゴッコ作品がもらえます。限定200枚で、なくなり次第終了になります。判子をもらえる期間は、みちくさ市と絵の展示の期間だけですので、ご注意ください。

***同日開催イベント***

みちくさ市 ブングテン10 

3月17日 11:00〜16:00 

旧高田小学校職員室

http://bunguten.jugem.jp/

手創り市 

3月17日 9:00〜16:00 

鬼子母神大鳥神社

http://www.tezukuriichi.com/home.html

2013-02-02

[][]「みんなで決めた『安心』のかたち」

先日、「みんなで決めた『安心』のかたち」(ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年)を編集した柳瀬くんと友人たちと、本のなかに出てくる柏周辺の場所を、いくつか訪ねて周った。

自然農園レインボーファミリーさんでは雪に埋もれた畑を見せていただき、昼飯は柏産の野菜を使っている店で季節野菜のピザやパスタを食べ、食後に寄ったスーパーで柏産の野菜を土産に買って帰った。

本を読むまで、柏の農業が盛んなことも、カブの生産が日本一なことも知らなければ、原発事故以降、ホットスポットとして騒がれてしまった柏のことも、よく知らなかった。

この本には、柏で生活する、生産者、飲食店、流通業者、消費者の、それぞれの立場と思いをもつ人たちが、顔をつき合わせ、話し合い、悩む姿が書かれている。

生産者は柏の農家の人たち、飲食店は柏産の野菜を食材に使う店の人たち、流通業者は柏産の野菜を売るスーパーや百貨店や八百屋の人たち、消費者はスーパーで柏産の野菜を買う人たちや柏産の野菜を使った飲食店に通う人たち。つまり、先日周った柏で会い話した、ひとりひとりの人たちのことだ。

ネット上の情報でもなく、誰かが決めた基準値でもなく、顔を思い出せる彼らが決めたのかと思ったとき、「みんなで決めた『安心』のかたち」という書名は、とてもいいものだと思った。

本を読んだり、トークを聞くことで、顔をつき合わせながら考える、きっかけのひとつになればいいなと思う。

亜紀書房 - みんなで決めた「安心」のかたち ――ポスト3・11の「地産地消」をさがした柏の一年

鬼子母神通りみちくさ市2013・プレイベント】

どうすれば「みんなで決める」ことができるのか?

『みんなで決めた「安心」のかたち――ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年』(亜紀書房)刊行記念イベント

◆このイベントについて

東日本大震災と福島第一原発事故発生からふたつ目の年を迎えましたが、私たちの社会は何かが変わったのでしょうか?

原発から200km以上離れた土地でありながら、不幸にもホットスポットになってしまった千葉県柏市。そこで起こった取り組みの記録である『みんなで決めた「安心」のかたち』(亜紀書房)には、利害や猜疑心を超えて協働した人々の姿や、危機にあっても壊れることのなかった地域の力が克明に描かれています。

また柏市の事例には、私たちがふだん必要不可欠なものであると感じている「価値」のほとんどが、じつは「社会」という文脈から切り離されては存在しえないものであることを再認識させる力があるはずです。

◎編集者より、この本についての文章を寄稿いただきました。ぜひお読みください。

http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20130201

■日時

2013年2月3日(日)13:15〜17:00

■会場

雑司が谷地域文化創造館 第2・第3会議室

会場サイト>>http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/

東京メトロ副都心線 雑司が谷駅2番出口直結)

■入場料

1500円(1日通し券) ※当日清算

◆第1部

断絶と無関心を超えて 

開沼博 × 五十嵐泰正

13:15〜14:45(開場13:00)

震災以降に露わになってしまった社会の裂け目と対峙した、二人の社会学者による対話です。対立よりもさらに深刻な「無関心」に覆い尽くされる前に、何を考え、何をすべきか。

ゲスト:開沼博さん

◆〈柏産柏消〉セッション!

おいしい野菜は、こんなにすごい! 14:45〜15:15

◆第2部

「いいモノ」食ってりゃ幸せか? われわれはみな〈社会的に〉食べている

遠藤哲夫 × 五十嵐泰正

15:30〜17:00

〈ホットスポット〉といわれた柏で、何があったか、人びとは何を考え、何をしてきたか。本書は、人間はどうやって社会的に食べているのか、あらわになった亀裂をどう縮めていくか、のドキュメンタリーの書でもある。そして、〈社会的に食べている〉が忘れられた時に、傷つくのは誰か。

刊行早々にこのような感想を寄せてくださった“大衆食ライター”の遠藤哲夫さんをお迎えして、安心も安全も幸福も、とかく硬直的に語られがちな「食」のありかたについて笑い飛ばしつつ語り合います。

ゲスト:遠藤哲夫さん

詳細はこちらのわめぞblogを:http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20130203

当日、予約なしでご来場になる方へ

会場の都合により、会場内での金銭のやりとりが禁止されており、受付場所が別になっております。会場から徒歩2分の都電荒川線「鬼子母神前」停留所脇です。簡単ではありますが下記リンク先の地図をご覧ください。当日はまずこちらにお越しくださいますようお願い申し上げます。

http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20130202

2012-11-16

[]みちくさ市

今週末18日は、古本フリマ鬼子母神通りみちくさ市が開催されます。今年最後のみちくさ市です。当日は、雑司ヶ谷のあちこちでイベントも開催されます。ぜひ遊びに来てください。

***商店街が、一日だけの古本街!***

第18回鬼子母神通りみちくさ市

■開催日時

2012年11月18日(日)11:00頃〜16:00

雨天の場合、23日(金・祝日)に順延(この日が雨の場合は中止)

当日9:00に天候による開催の有無を決定します

▼当ブログの他に、以下で開催の有無を確認できます。

みちくさ市携帯サイト http://mblog.excite.co.jp/user/kmstreet/

わめぞブログ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

みちくさ市本部 携帯電話:090-1766-2008(開催当日のみ)

■会場

雑司が谷鬼子母神通り

東京都豊島区雑司が谷2丁目・鬼子母神通り周辺

東京メトロ副都心線雑司が谷駅1番出口または3番出口すぐ

Google地図 >> http://tinyurl.com/6xmc4y

■詳細:鬼子母神通り みちくさ市

■主催

鬼子母神通り商店睦会  協賛/わめぞ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

みちくさ市と同日開催のイベント

みちくさ市ブングテン9  文房具大集合!

日時:11月18日(日)11:00〜16:00 ※雨天決行

会場:旧高田小学校(東京都豊島区雑司が谷2-12-1)

詳細⇒http://bunguten.jugem.jp/

手創り市 雑司が谷の人気イベントが同日開催!

日時:11月18日(日)9:00〜16:00 ※雨天中止(延期無)

会場:鬼子母神(今回、大鳥神社会場はお休みです)

詳細⇒http://www.tezukuriichi.com/

■第九弾!雑司が谷ワンコイン落語会

《地元噺家、川柳川柳師匠 登場》

日時:11月18日(日)13時開演(30分前開場)

会場:雑司が谷地域文化創造館

東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内

詳細⇒http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/pr.html#rakugokai6

■第4回「みちくさあるき」<雑司が谷 高田 上ル下ル>

日時:11月18日(日)12:00集合〜15:00頃 ※雨天延期

集合場所:東京メトロ副都心線雑司が谷駅3番出口(目白通り沿い)

詳細⇒http://michikusa-walk.seesaa.net/