Hatena::ブログ(Diary)

hogehoge foobar Blog Style5

2009-06-06

innerHTMLの使い方

JavaScriptから特定の要素のテキストを書き換えるのにinnerHTMLを使っています。

innerHTMLで書き換える際に、HTMLタグを文字列連結するのはあまりよろしくないみたいです。

ということで、自分なりに考えてコードを書いてみました。

どれがいいかは、時と場合によって変わりそうです。

/* タグ込みで書き換え */
var innerHTML1 = function(){
    var divhoge = document.getElementById('hoge');
    divhoge.innerHTML = "

Foo Bar

"; } /* childNodesのinnerHTMLを書き換え */ var innerHTML2 = function(){     var divhoge = document.getElementById('hoge'); var phoge = divhoge.childNodes[0];     phoge.innerHTML = "Foo Bar"; } /* childNodesを削除して、p要素を再作成 */ var innerHTML3 = function(){     var divhoge = document.getElementById('hoge');     var element = document.createElement('p'); element.innerHTML = "Foo Bar"; divhoge.removeChild(divhoge.firstChild); divhoge.appendChild(element); }

集合知プログラミング」を読み進めてはいるものの、数学苦手な人間には内容が難しく、

読み解くのに時間がかかっています。

ということで、JavaScriptで気晴らししてみました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mrgoofy33/20090606/1244221560