Hatena::ブログ(Diary)

mtaneda’s diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-12-07

続・Time Machine によるバックアップの検証が完了しました。信頼性を向上するために、新規バックアップの作成が必要になりました。

また、このメッセージが出てしまいました。

Kaspersky が原因ではなかったのかな?

うーん、でも、Kaspersky を止めているのに、むかーしの spam メールフォルダでたまに勝手に何かを検知しているので、とめても一部の機能は動いているのかも。

それとも根本的な勘違いか。

TimeCapsule 及び AirMac に接続されたハードディスクへのバックアップは、普通にそのディスクをマウントした時の直下に、

"Mac mini.sparsebundle" などという名前のディスクイメージが作られ、そこへバックアップされます。

このディスクイメージは「スパースバンドル」形式といい、実はディレクトリです。

この「Time Machine による・・・」がでると、このディスクイメージのファイル名が "Mac mini.sparsebundle" から "Mac mini_2010-12-07-003008.sparsebundle" と名前が変更され、

ディレクトリ中のファイル com.apple.TimeMachine.MachineID.plist (Terminal.app の vi 等で編集可能) も変更されます。

具体的には、検証に失敗した日付が書き込まれます。

        <key>RecoveryBackupDeclinedDate</key>
        <date>2010-12-06T20:47:43Z</date>

また、VerificationState が 2 になります。

        <key>VerificationState</key>
        <integer>2</integer>

いったいどんな検証に失敗したのかはわかりませんが、

実は OSX の気のせい(ネットワークが混んでいたとか・・・)の可能性もあるのではないの!?

ということで、これを無理矢理書き換えてみます。

まず、このイメージは変更禁止フラグがたっているので、それを解除します。

% chflags nouchg "Mac mini_2010-12-07-003008.sparsebundle"

そして、エディタで <key>RecoveryBackupDeclinedData</key>と<data></date>を削除。

VerificationStateの2を1にします。

com.apple.TimeMachine.MachineID.plist を保存したら、

Mac mini_2010-12-07-003008.sparsebundle というディレクトリ名を Mac mini.sparsebundle にします。

こいつをディスク ユーティリティで検証してみましょう。

f:id:mtaneda:20101207061318p:image

問題がなければ、忘れずに chflags uchg で、ディスクイメージに変更禁止フラグを立てておきましょう。


これじゃ駄目かな?

mtanedamtaneda 2010/12/07 06:29 私の環境では、結局ディスク ユーティリティで検証した結果、ダメでした。
 ふと気になって、dmesg してみたところ・・・
% sudo dmesg
hfs: cat_resolvelink: can't find iNode3770677
hfs_swap_BTNode: invalid forward link (0x50000000 >= 0x0002a400)
hfs: node=81504 fileID=4 volume=Time Machine \M-c\M^C\M^O\M-c\M^B\M^Y\M-c\M^C\M^C\M-c\M^B\M-/\M-c\M^B\M-"\M-c\M^C\M^C\M-c\M^C\M^U\M-c\M^B\M^Z device=/dev/disk3s2
0 [Level 3] [ReadUID 0] [Facility com.apple.system.fs] [ErrType FS] [MountPt /Volumes/Time Machine \M-c\M^C\M^O\M-c\M^B\M^Y\M-c\M^C\M^C\M-c\M^B\M-/\M-c\M^B\M-"\M-c\M^C\M^C\M-c\M^C\M^U\M-c\M^B\M^Z]

もしかして、ディスク自体が変?ということで、直接 MacMini に USB でディスクを繋いだところ、やっぱり異常がありました。
今回はそれが原因だったのかも・・・

ちなみに、Kaspersky オンの状態では、MacMini でも MacBook でもバックアップ完了直後に「Time Machine によるバックアップの検証が完了しました。信頼性を向上するために、新規バックアップの作成が必要になりました。」がでてましたが、Kaspersky を止めたらとりあえず、直後にってことはなくなりました。
今回これが出てしまった MacMini でも Kaspersky を止めた後 1週間安定稼働していたので、やっぱり最初に多発していたのは Kaspersky が原因かも。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mtaneda/20101207/1291670192