Hatena::ブログ(Diary)

備忘録

2007年12月20日(Thu)

[]「少女マンガパワー!」展 続報 「少女マンガパワー!」展 続報を含むブックマーク 「少女マンガパワー!」展 続報のブックマークコメント

 詳細がきました。とりあえず川崎の分だけです。ミュージアムのサイトにも予告がアップされています。以下のとおり。

 私は可能なかぎり通うつもりです。

少女マンガパワー!

― つよく・やさしく・うつくしく ―

2008年2月16日(土)〜3月30日(日)

川崎市市民ミュージアム

開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日、3月21日(金)

会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室1

観覧料:一般800円、65歳以上・高大生500円、中学生以下無料※年齢のわかるものをご提示ください。

主催:川崎市市民ミュージアム、読売新聞東京本社、美術館連絡協議会

協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、三菱商事

東急東横線・目黒線、JR南武線「武蔵小杉」北口よりバスで約10分

〒211-0052川崎市中原区等々力1-2 Tel 044-754-4500

http://www.kawasaki-museum.jp

マンガは世界の国々に存在し、各々の発展を遂げ、花開いています。その中でも日本のマンガは、いまや世界中で読まれ親しまれるようになりました。

さまざまな世代、好みに合わせて多くのマンガ作品が生み出されている中、近年特に世界から注目されているのが日本の少女マンガです。その作品のバリエーションの豊かさ、人間の内面を掘り下げた独特の表現力こそが、社会や時代のギャップを超えて注目を浴びる理由ではないでしょうか。

本展は、日本の少女マンガ形成に多大な影響を与えたマンガ家23人の作品から、少女マンガのジャンル全体を見通そうとする企画です。北米9カ所を巡回し、日本の少女マンガの真の魅力を伝えた「Shojo Manga! Girl Power!」展をベースに、100余点におよぶ原画・原画’(ダッシュ)(※)のほか、特別出展原画、作家の愛用品やグッズ、出版資料などを加え、日本展用にリニューアルをいたしました。これらの作品・資料を通して、生き生きとした作家の息吹と少女マンガのもつパワーをより強く感じ取っていただければと思います。

※原画’(ダッシュ)・・・修正の跡や鉛筆の消し跡まで再現した精巧な複製。原画とほとんど見分けがつかないほど完成度の高いものです。また作成が難しいため、ごくわずかな数しか存在しません。

出展作家

手塚治虫 Osamu Tezuka

わたなべまさこ Masako Watanabe

松本零士 Leiji Matsumoto

石ノ森章太郎 Shotaro Ishinomori

ちばてつや Tetsuya Chiba

水野英子 Hideko Mizuno

牧美也子 Miyako Maki

里中満智子 Machiko Satonaka

一条ゆかり Yukari Ichijo

池田理代子 Riyoko Ikeda

美内すずえ Suzue Miuchi

竹宮惠子 Keiko Takemiya

山岸凉子 Ryoko Yamagishi

萩尾望都 Moto Hagio

陸奥A子 A-ko Mutsu

くらもちふさこ Fusako Kuramochi

岩館真理子 Mariko Iwadate

佐藤史生 Shio Sato

吉田秋生 Akimi Yoshida

岡野玲子 Reiko Okano

CLAMP CLAMP

今市子 Ichiko Ima

よしながふみ Fumi Yoshinaga

○展示内容・構成:

1.少女マンガジャンルの成立と確立(1950〜60年代)

2.少女マンガの革新(1970年代)

3.少女マンガのさらなる発展(1980年代以降)

4.コーナー展示

アメリカでの反響を追う/マンガの原画と複製について考える/少女マンガ読書コーナー

※「ファンレターを書こう!」コーナーがあるよ!

少女マンガパワー!関連イベント

○徳雅美(カリフォルニア州立大学教授)講演会

2月16日(土)午後2時より

会場:逍遥展示空間 入場無料

アメリカとカナダの人びとに日本の少女マンガはどのように受け止められたのか―。北米各地9会場を巡回した「Shojo Manga! Girl Power!」展の企画者、徳雅美さんによる報告です。

○水野英子トークショー

3月1日(土)午後2時より

会場:逍遥展示空間 

入場無料 ※当日午前9時30分より整理券を配布します。

トキワ荘出身であり、多くの後輩少女マンガ家が憧れた水野英子。当日は水野先生がマンガを描きはじめたあの頃、そして少女マンガの「パワー!」についてお話をうかがいます。

☆サインのご希望にお応えします。※先生のご著書をお持ちの方に限ります。

○映画上映

3月20日(木・祝)

1)「天然コケッコー」午後1時30分より

 原作:くらもちふさこ、監督:山下敦弘、2007年作品

2)「櫻の園」午後4時より

 原作:吉田秋生、監督:中原俊、1990年作品

料金:(1作品):一般600円、大学・高校・65歳以上500円、小中学生・友の会会員400円

(詳しくは川崎市市民ミュージアムホームページをご覧ください)

○学芸員による展示解説

2/23(土)、3/9(日)、3/15(土)、3/22(土)

各日とも午後2時〜 展覧会観覧チケットが必要です

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mtblanc/20071220