プログラマ的京都生活

2009年11月08日

[][]patti smith : dream of life

久々に映画を見てきた。パティ・スミスの笑顔が素敵だった。昔フジロックでライブ見れたのは今思えば幸せだったなぁ。

http://www.pattismith-movie.com/


家に帰ってから、昔のCDを引っ張りだしてきてiPodに入れたのは言うまでもない。

京都だと東寺近くの京都みなみ会館で上映しています。

2008年03月30日

[]300

300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組) [DVD]

300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組) [DVD]

奥さんが300をレンタルしてきたので一緒に見た。

映像は凝ってて、すごい!と思うんだけど、演出がなぁ。。最後のシーンとかもっとドラマチックにやってほしかったな。つっこみどころも色々あって最終的な評価は5点満点で2.5点くらいかな。

そもそもこれ作り話なのかどうなのか、ってところをWikipediaで調べてたらだんだん面白くなってきて(ちなみに実話です)、ギリシャの歴史についてずっと調べてました。ついでなんでちょっと備忘録程度に記録を。


ペルシア戦争

映画の舞台はこれ。ペルシア軍30万に対して、スパルタ軍300。結局はスパルタアテナイを中心としたギリシャのポリスの連合軍で戦い、侵攻を防ぐ。(紀元前492〜紀元前449)


■ポリス間の対立

ペルシア戦争以前からポリス間では対立があったものの、戦争後は再度ポリス間の対立が目立つようになり、特にスパルタアテナイが対立。ギリシャ全土を巻き込むスパルタアテナイの戦争が勃発。なんとスパルタペルシアの支援を受けて勝利。この時海外から富が流入し、好景気に沸く。しかしこれが結果的に貧富の差を生んでいき、スパルタの鉄の結束が崩れだし、衰退。(紀元前371年頃)


ギリシャ統一とアレキサンダー大王

ペルシアギリシャの中間に位置したマケドニアが、アテナイとテーバイを中心としたギリシャ軍に勝利し、マケドニアギリシャを統一した。(紀元前337年頃)

ここから登場してくるのが有名なアレキサンダー大王。彼はペルシャ帝国を滅ぼし、エジプト征服などを行い、東西に渡り文化がひろがっていく。ヘレニズム文化。ここら辺までくると大分知っている事が出てきます。当時の知が集約されたアレクサンドリアが出来るのもこの辺り。ギリシャ彫刻が私達のよく知る仏像を生み出すきっかけになったり、スフィンクス狛犬やシーサーになっていくわけですね。

ちなみにアレキサンダー大王の死後はまた色々相続争いが起こったりしてローマ帝国に吸収されていく。。


ふー、大分つながりました。面白かった♪

2007年11月03日

[][]London Calling

京都みなみ会館で21:45-23:45のLondon Callingレイトショーを見てきました。元The Clash / メスカレロスのvocal、ジョーストラマーの生涯をおったドキュメンタリー映画。

ジョーストラマーといえば、The Clashのかっこいいイメージとメスカレロスになってのいいおやじのイメージしかなかったけど、The Clash解散間近の頃からメスカレロスをやるまでに苦悩の10年があったということをはじめて知る。

そういうどん底から再起した人間というのは強く優しく謙虚なもんだ。赤坂ブリッツで見たメスカレロスのライブで本当に楽しそうなジョーストラマーは何よりも音楽やライブを楽しんでいたけど、単に楽しんでたというより、かみしめてたんだろうなぁ。

ジョーストラマーの強いところも弱いところも、かっこいいところもかっこ悪いところもすべてが詰まった映画でした。

前へ。The future is unwritten.

ジョーストラマーのメッセージを受けて今の自分に何ができるか。改めて考えさせられました。

2007年09月30日

[]LONDON CALLING見たい

忘れそうだからメモしとこ。

http://www.londoncalling.jp/

2007年06月04日

[]大日本人

うーん。。。

期待しすぎたか。。この程度ならTVの放送orレンタルで見ればよかった。