プログラマ的京都生活

2010年10月22日

[]京都で器を扱うお店

2009年08月16日

[]五山送り火

日中、送り火に使用する薪木運びのボランティアを行い、そのまま山頂で待機し、午後8:00その時を迎えました。山頂からは京都市内が一望でき、かなり気持ちよかったです。

写真は「大」の字の横棒の部分。火柱の高さは身長を上回り、かなーり熱かった。

しばらくすると妙・法の字が浮き上がり、その内、船形、鳥居、左大文字も点灯。妙・法・船形までははっきりと見ることができました。大変貴重な経験となりました。合掌。

2009年08月08日

[][]Google App Engine Hackathon in Kyoto参加してきた

忘れないうちに感想を。

  • 約30人くらいが4人程度のチームに分かれて1日中プログラミングをするという雰囲気がすごい良かった!
  • 保守性を考えずにコードを書きまくるのは仕事ではできない事なのでエキサイティング!publicフィールドの嵐(笑)
  • 久々にペアプログラミングした。Eclipseの使い方で知らないものがあったので収穫♪
  • 事前準備超重要
    • 2日前に事前MTGを行い、モデリング、画面設計の再確認、仕様の再確認を行った
    • 当日スムーズに行くための事前課題をやってきた。そのおかげで、当日誰かが「待ち」になることはなかった!
  • フレームワークはSlim3を使った。Slim3はさすがGAE用に作られているだけあって使いやすかった。変にはまる事無くスムーズに開発できたのはかなり大きかった。
    • 他のチームの発表を聞くとフレームワーク(JSF、Wicket、Sinatra)が思ったように動かず、時間をロスした話をよく聞いた。
  • 「役に立つもの」にフォーカスしすぎた。もっと「面白い」要素を入れるべきだった。
    • Javaチームに比べると、JRuby、Python、PHP(実はPHP使っていないw)チームは技術的要素、笑える要素を入れて楽しんでいた印象。
  • Java以外のチームのPCのMac率がかなり高かった。
  • Hackathonというネーミングから敷居の高さを感じるが、実際は最近プログラミングしていないなという方や、普段の業務はWEB系じゃないんだけど、ちょっとやってみたいという方も参加できる結構フランクなイベント。大学生も何人かいた。平均年齢25歳という噂も。
  • Googleの人が3人来ていた。喋っている内容が数式とかPythonではなく、日本語だったので理解出来た。
  • プレゼンは笑い重要。見た目のインパクト重要。
  • Google App EngineのTシャツ欲しかった。。
  • 京都は岡山だと言うことが分かった。
  • ニコニコ動画の生放送があった。現場でいると、楽しいというよりハラハラドキドキ。コメントちょっと怖い。
  • 終わった後の居酒屋でのビールがすごい美味しかった!!!

とまぁこんな感じでしょうか。

最後に、今回プログラミングしている最中に一回だけはまったことがあったのでそれをメモしておきます。

GAEで多対多を実現しようとすると、関連先のキーをSetなどのコレクションで保持しておく必要があります。で、GAEのドキュメントにはこのようにあります。

Key 値を使用して多対多関係をモデリングする場合、関係の両側を管理するのはアプリケーション側の役目であることにご注意ください。

つまり、Keyからオブジェクトに変換する部分は自分でやってね、ということです。で、私は次のようなコードを書きました。

List<Xxx> list = pm.getObjectsById(keySet);

pmってのはPersistenceManagerです。これを実行しても一向にオブジェクトは取得できず、「そんなキーのオブジェクトねぇよ!」というエラーが出てしまいます。

実はこれ、使用するAPIが違っていました。ひがさんのblogにこれの解決策があります。

http://d.hatena.ne.jp/higayasuo/20090522/1242963317

あまりにもはまってしまってGoogleの方に質問して教えていただきましたw。あの時は本当に助かりました。ありがとうございました。

2009年07月16日

[][]祇園祭(宵山)

今年もこの季節がやってきました。連日、四条烏丸界隈では笛の音が鳴り響いています。

2009年07月08日

[][]京ちゃばな

京都錦店でランチを食べた。結構衝撃でした。かなーーりおいしかった!食べたのはトマトのお好み焼き。四条に来られた方は是非。