プログラマ的京都生活

2011年06月14日

[][]プロセス調査

実践ハイパフォーマンスMySQLからの抜粋。


ポート番号からプロセスの特定

netstat -ntp | grep :37636

プロセスが所有している他のネットワーク接続情報を調べる。

netstat -ntp | grep 16072/apache2

プロセス情報を見る。

ps eaf | grep 'UID\|16072'

プロセスが開いているファイルを特定する。

lsof | grep 16072

もしくは

lsof -i -P | grep 16072

プロセス割り込み不能なスリープ状態にある理由などより詳しく調べたいとき

strace -p

gdb -p

2011年04月13日

[]ファイル内文字列検索

こんなんできるんや!

% grep 検索文字列 ファイル名

ヒットすると、その部分が画面に表示されます。

でもよくあるシーンとしては、あるディレクトリ以下のファイル全てに対して、検索をかけたいんじゃないでしょうか。

これも出来ます。以下は、現在のディレクトリ以下のものに対して、「jdbc」という文字列を含むものを列挙するコマンド例。すげー。

% grep -rn jdbc ./

2011年03月25日

[]MySQLをinstallするのにcmakeが必要

なんだけど、yum install cmakeでは入らなかった。cmakeよく分からんって感じで。

それで調べてたところ、以下のblogを見つけ、無事いけました。

リポジトリを追加してやれば、そっちにはあったみたいだ。


CentOS 5 で DAG(rpmforge) の yum repository 追加


追記

・・・と思ったけど、ソースからコンパイルしなくてもyumでも入るようだ。

なんとなくこういうのはコンパイルすべきな気もするけど、コンパイルオプションとかはっきり分かってないからyumでいれた。

以下参考にさせてもらったblogです。


http://d.hatena.ne.jp/renmen/20101027/1288111712

http://yktweb.sakura.ne.jp/blog/home-server/188.html


手順としては、

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

次にインストール

# rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm

# rpm -ivh remi-release-5.rpm

次にyum実行

# yum --enablerepo=remi,remi-test install mysqlclient15 mysql.x86_64 mysql-server mysql-lib

終わったら、起動確認

# /etc/init.d/mysqld start

2011年03月22日

[]Kickstart

RedHat系Linuxには、自動インストールのための仕組みがあるらしい。

[]ハードディスク容量

Linuxの容量が少なくなってきた時に見るべき場所。

それは/var/yum/cache。

以下のコマンドで現在の容量を調べて見ましょう。

du -hs /var/yum/cache

私の環境では5.4GBと表示されました。キャッシュ大杉。

で、キャッシュを削除するには以下のコマンド。

yum clean all

やった後で焦ったのですが、パッケージを削除するのはyum removeコマンドなので、大丈夫。

cleanはキャッシュ削除用コマンド。

2011年02月21日

[]Linuxのメモリ周り色々


[]topでメモリ使用率でのソート

top実行後にMって押すと、メモリでのソートになる。

Shift + oで色々選べる。