Hatena::ブログ(Diary)

Edgeworth Boxの雑記@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-04-27 ゴールデンウィーク直前なのに金欠です(;´д⊂)

『FORTUNE ARTERIAL』の演出がゆとり仕様すぎる件について

| 『FORTUNE ARTERIAL』の演出がゆとり仕様すぎる件についてを含むブックマーク

つい先日『FORTUNE ARTERIAL』(以下めんどうなので『FA』)をコンプリートいたしましたですよ。

はにはに』は2キャラ、『けよりな』は4キャラしかクリアしていなかったので、なんとこれがオーガスト初コンプです。わ〜ぱちぱちぱち!


……で、だ。ネタ文章含めて言いたいことが色々あるので、何回かに分けて書いていきたいと思います。

途中で怖い人に怒られたらやめるかもしれませんが(笑)、オーガストファンの人はいい人ばっかりなのでそんなことはないと信じてます! と牽制球も投げたところでお題について。


エロゲでよくある演出の一つに視点変更があります。ほとんどのゲームは主人公の主観視点で描かれるわけですが、やはり主人公の視点だけでは描ききれない部分というのは存在します。そんなときに視点変更を使うと「一方その頃」だとか「このとき彼女はこんな事考えてたんだよ」というのが簡単にフォローできてとても便利です。

便利であるがゆえに使いすぎるのもなんだかなぁ……とも思ってしまうんですけどね(^^;

例えば『遥かに仰ぎ、麗しの』の梓乃ルートなんかは彼女の心情変化を事細かに視点変更を使うことでフォローしていまして、うまい使い方だと思う反面、「これはずりいよ」とも思ったものです(遠い目で)。

で、『FA』でも結構頻繁に視点変更が出てくるんですけど……この演出が非常にうっとうしい。

普通、こういう視点変更を行う場合は、画面を一度黒か白でワイプさせて場面切替を認識させ、その上で地の文の口調などで「誰に変わったか」をユーザーに伝えるというのが基本です。

ぶっちゃけユーザーもバカではないので、それくらいの情報があれば誰の視点かくらいわかるんですよね。そもそもほとんどの場合、狙ってるヒロイン以外の視点に切り替わることないしね(ぉぃ


ですが、『FA』の場合は違います。『FA』の場合、視点変更が始まる前に

f:id:mu-6:20080427133616j:image

というような演出が入ります。この画像の場合、「今から瑛里華さんの視点いきまーす!」という演出ですね。

で、しばらく瑛里華視点で物語が展開されて、彼女の視点が終わるところで今度は

f:id:mu-6:20080427133615j:image

という演出が入ります。「はい、瑛里華さんの視点おわりましたー!」というわけです。

ちなみに視点変更が行われている最中は、メッセージウィンドウの色も普段と変えていて本当に至れり尽くせりです。少々皮肉っぽく書いてしまいましたが、これ自体は悪いことではないと思います。

どんだけゆとり仕様なんだよとは思いますけど(マテ

とはいえ、「悪いことではない」と書いたように一概に否定もしません。過去に演出と文章が下手だったせいで、途中まで誰の視点になってるかわからないゲームもやったことありますしね。『FA』のテキストが主人公とヒロインとで区別が付かないレベルだとは思わないですが、万全を期すのが王者オーガストというものなのでしょう(ぉ


でも、この視点変更の演出は基本的にどんなときでも挿入されるんですね。それがうっとうしい。

1回演出が入ると2回画像が出てくるというのは今解説したとおり。で、この画像が一度表示されるのに2秒くらいかかるので、一度の視点変更で都合4秒間かかるということになります。そして、この演出は(スキップ時を除いて)飛ばすことができません。

さて、この状況で以下のような条件を考えてみましょう。

彼女の身に迫ったピンチ。

主人公は彼女を助けるべく走る! そんな中でも、彼女は刻一刻と取り返しの付かない状況に追い込まれていって……

まあクライマックスでは割とよくあるシチュエーションですが、淡々と主人公をカメラで追うよりも交互に見せていった方が「間に合うのか!?」って感じがして絶対に面白くなるというのはわかってもらえると思います。

こういう交互にテンポよく視点を切り替えていくべき場面でも、この演出を頑なに守るばっかりに他の演出の妙を全部スポイルしてしまっているのがニントモカントモ(´Д`;

ねこねこのお返しディスクじゃないですけど、ユーザーに優しければいいというものでもないんじゃね?(ぉ

わかりにくい場面だけに絞るとかそういうことができなかったのかな、と思ってしまいました。総合的なレベルは低くないのにもったいないですよ。

AIWSAIWS 2008/04/29 00:11 あれは多分Fateのパロディだと思ってたんだけど。
他の作品にも使われてるかもしれないけど、あのやり方はFateを連想せざるを得ない。

嫌よ嫌よも好きのうち嫌よ嫌よも好きのうち 2008/04/29 00:38 >ゆとり
まだこんな言葉を平気で使う人がいたのか…
こんなもの、内容がどれだけ的を射ていたとしても心からの賛同なぞ得られませんよ…?

T to TT to T 2008/04/29 01:47 ゆとり世代がちょうどエロゲの対象年齢ど真ん中くらいですものね・・・
これから先ゆとり向け家電製品やゆとり向け住宅なんかが
どんどん売り出されるのでしょう。
やれやれですね。

thruthru 2008/04/29 03:23 >心からの賛同なぞ得られませんよ
得られないのはゆとりからですよね
得られなくて結構じゃないですか 理解できないからこそゆとり

tmptmp 2008/04/29 06:02 実はこの演出自体が引っ掛けになってるシナリオがあったりしないのか!
無いだろうけどw

にくにくにくにく 2008/04/29 09:21 確かに鬱陶しいと私も感じました
ですがこれはこれでありだとも思います
演出のスキップが出来ればさほど気にならない問題だとも思います

TaDaTaDa 2008/04/29 10:07 演出が嫌ならプレイしなければいいんだ。

そとみちそとみち 2008/04/29 21:11 『神のみぞ知るセカイ』は作者が相当ギャルゲー好き説は私も同意。
それも生粋のゲーオタっぽいですね同級生やときメモ辺りがバイブル
って感じのイメージですねぇ…。
逆に言うと最近のギャルゲー主人公とは明らかに違うタイプだからね

mu-6mu-6 2008/04/29 23:32 うわ、なんかいっぱいコメントいただいてますね(^^;
なんつーかオーガストのパワーを感じて愕然としておりますよ。
さすがに10万本売り上げるブランドは違うね、というわけでお返事です。


>AIWSさん
『Fate』は通しで1回プレイしただけなんですが、ああいう演出ありましたっけ?
記憶が定かではないのですが、もしあったのだとするとパロディというよりは
模倣かもしれませんね。パロディとしてはネタ色が弱すぎますので(^^;


>嫌よ嫌よも好きのうちさん
「ゆとり」という言葉を安易に使うべきではないというご指摘痛み入ります。
いわゆるスラングとして当ブログの読者層には一定レベルの認知を得ていると
判断したのですが……。
「KY」もそうですが便利すぎる言葉というのも考え物ということでしょうか。


>T to Tさん
家電や住宅だともしかすると「ゆとり向け」と「ユニバーサルデザイン」の違いは
少ないかもです。あ、でもよく考えると万人に使いやすいと、過剰な親切はまた違うのか。


>thruさん
多分に挑発的な見出しにしてしまったので、その時点で(相手がゆとりかはさておき)
万人にうなずいてもらうのが難しいのはしょうがないかな、と自分では思ってます。
理想は全員から賛同を得られればベストなんですけどね。難しいです(^^;


>tmpさん
そういう仕掛けも面白いと思います。そういうミスリードを誘うミステリを読んだ記憶が
あります(我孫子武丸の『殺戮に至る病』だったかな?)。
残念ながらあくまでもユーザーに優しい演出だっただけで、そういう仕掛けはありませんでした…。


>にくにくさん
自分もクリックなりでスキップできれば気にならなかったと思います。
スキップできる手段も用意せず、テンポを阻害してまでこだわる必要はなかったというだけの
話なので、次回作で飛ばす手段が用意されればみんな幸せになれるんじゃないかと。


>TaDaさん
それを言われてしまうと返す言葉もありませんね……(^^;
気に入らんと言いながらプレイするのも貧乏人のサガと言うことでご容赦くださいな。


>そとみちさん
昔のギャルゲー主人公に似ているかと言われるとそれもまた違う気がしますけど、無駄に
行動力があったり一芸に秀でている部分はちょっと蛭田主人公っぽいかも?
なんにしても今後もこれまでの研究成果を遺憾なく発揮してくれることに期待です!

nnnnnnnnnn 2008/04/30 19:55 「演出が過剰である」という事を論じるに際して何故「ゆとり」という言葉が使う必要があるのか理解できませんでした

mu-6mu-6 2008/05/01 23:37 >nnnnnさん
え〜と「演出が過剰」→「ユーザーの理解力を低く評価している?」というところから、
知的能力の低い若者に対してネット上で使われがちなスラング「ゆとり」を使って、
「ゆとり向けの仕様なのか?」と書いたつもりだったんですが、こんな解説必要でした?(^^;

使う必要があるかなしかで言えば、そこが本旨ではないので使わなくてもいいんですが、わかりやすさで使った次第です。