Hatena::ブログ(Diary)

mugichanoteのお買い物レビュー

2012-05-02

ダイニングテーブルとチェアをさがす 

ダイニングテーブルとチェアをさがす その0

f:id:mugichanote:20120502093530j:image
(↑写真を明るく画像修正したら、テーブルが明るい色に、、、。実際はもっと経年変化あり、です。)


ただいまダイニングセットの買い換えを検討中です。


まず我が家のテーブルセット、約10年ほど前にあまり将来を考えずに購入しました。
ダイニングテーブルとチェア2脚とベンチのセット。


だいたいの予算(トータル10万円以内、だったかな。。)を決めて
ネット通販で買っちゃったのが大誤算!


ダイニングテーブルは150cm×90cmの大きさ。
机の高さは73.5cm。


大きめのテーブルもただ「大きいテーブルっていいよね」だけで即決。


こんなに転勤族なのに、、です。
いっつもそうやって、失敗を繰り返し、やっと気づいたのですが…。


毎回引っ越す先は、築うん十年の古い社宅ですので、
置く場所にも毎回頭を悩ませています。


またテーブルの表面がパイン材の風合いがよく出ていて、がたがたしているもの。


このがたがた風味が災いして
字や絵を描くときに、上手に書けないのも前からの悩みどころでした。


f:id:mugichanote:20120502094032j:image
(↑木の風合い、と言えばとても愛着がでるのですが…)


今年、小学1年生が我が家から誕生し、
勉強机は買わずにしばらくはダイニングで、と思っているので、
今は、宿題(?)は、まだ出しっ放しのこたつでやっていますが、
そろそろこたつも片付けないと…。



さらに、このダイニングセットの一番の失敗が、これ。
椅子です。

チェアの座面高さが約45cm。
(大手通販で購入時、カタログには、イタリア製って書いてあった…)


海外のものにはよくあるサイズですが、
我が家の大人2人はそれほど大柄でもないため、
脚がしっくり床に着かない!のです。


これって、実際に生活してみて初めて気づいたのですが、
とても、快適ではない!!


さらにセットで購入したベンチ。


購入時に主人が「ベンチにゆったりすわってテレビを見たいから」
こんな理由で決めたのに、
ベンチでゆったり座ってテレビをみている姿、一度もみたことがないです・・・。


重厚な木でできたベンチはとても重くって
ちなみに、いまベンチは、子供たちの机になっています。
参照:ランドセルラック、買いました。


ベンチの座面ももちろん、「がたがた風味」ですので、
ホームセンターで厚手のビニールテーブルクロスを買って来て、
デスクマットの様に敷いています。



「まだ使えるのに」と悩む主人と共に悩みながらも、
できるだけ古道具屋さんに買取にきてもらうことをめざし、
今回の買い換え検討と、なりました。




ちなみに、テーブルのリメイクも検討しまして、
業者さんに見積もりをおねがいしました。


天板を小さいサイズにして、テーブルを作りなおすという
作業一式(配送込)で、一番お安くて4万円弱でした。


このリメイク、というアイディアもかなり悩んだのですが、
「がたがた風味」の件もあり、買い換えの方に心が動いています。


もし、ダイニングセットを買うならば、、、

・見て、触って、座って、それから、決める。
・買い換えしなくてもすむようなダイニングセットに。(デザイン、手入れ、など)
・日本のメーカーのモノにする(我が家では、椅子の座面の高さが苦痛だったので…)
・テーブルサイズは小さいものに。


この条件は、今度こそ守り、ずっとストレスなく使えるテーブルとチェアを選びたいものです。



f:id:mugichanote:20120323120849g:image




ダイニングテーブルテーブルとチェアをさがす その0
http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20120502/1335920251

ダイニングテーブルをさがす その1
http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20120503/1336036396

ダイニングテーブルをさがす その2
http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20120503/1336041978

ダイニングテーブルをさがす その3
http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20120520/1338009799

マルニ木工ショールムへ行く
http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20120507/1336355881

ダイニングテーブル、チェアを買いました。
http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20120605/1338899554