Hatena::ブログ(Diary)

ムイカリエンテ への道

2008/01/15 (Tue) 富士のごとく

[]富士の姿に想う 富士の姿に想うを含むブックマーク

片岡さんは、高知県の山奥の出身である

高校生の時にお兄様に呼ばれて上京、働きながら夜学高校卒業し、

師の一言大学進学を決意して、自力大学卒業

郵便局保険の仕事をされているという。11歳年長の地域の先輩である

朴訥で口下手で...しかし、全身から優しさを発散させているような温かい人柄


昨夜 偶然に遇って、年末から悩んでいたことを打ち明けた。

4年前に長く勤めてきた会社を突然追い出され、

再起をかけて、挑んできたベンチャー企業

働いて働いて働いて...必死に闘ってきた3年半

大きな仕事も成し遂げたけれど、途中から雲行きが怪しくなり

年末に破たん寸前であることを知り、

自分の高給を現場の人に分配するようにと、自ら身を引いた。

人生二度目の失業が決まった。


片岡さんは、しばらくの沈黙の後、ドライブに行こうかと一言....

山梨の道志川に行くとのこと。

唐突な誘いではあったが、行くことにした。

朝、6時半自宅前に迎えに来てもらい出発。

顔がこわばるほど寒いである。天気も悪いし...

元々口数の少ない方で、話ははずむわけもなく...

仕事の事情を聴かれるわけでもなく...

でも、ぽつりぽつりと発する言葉からは不思議な温かさが伝わってくる。

道志川には20年ほど前によく来たという片岡さん。

寒空の下で、しばし清流を眺める。

f:id:mui_caliente:20080114081439j:image

f:id:mui_caliente:20080114090656j:image

f:id:mui_caliente:20080114092153j:image


山中湖でも行ってみようかと言われ、運転を替わって山中湖へ通じる道を走り始めた。

どう考えても昨日急に思いついたドライブ

片岡さんの、自分気分転換させようという気持ちが、ひしひしと伝わってくる。

山中湖到着...眼前にそびえているはずの富士山は、下のほうから雲に覆われ裾野しか見えない。

f:id:mui_caliente:20080114101646j:image

しかたなくファミレス食事..コーヒーを2杯

コーヒーをすすっていると、突然北側の空が明るくなってくる。

外に飛び出すと...建物の隙間から富士山が!

f:id:mui_caliente:20080114113810j:image


天気が変わってはいけないと、車を飛ばして湖の反対側へ...

雲は残っているが、美しい富士が現れる。

f:id:mui_caliente:20080114114450j:image


張りつめた寒気 遠くで時折冬の雷が鳴り響いている。

初めて見る至近距離での富士の雄姿

富士のように、黙って、自分を動かないものに作り上げろ」

という吉川英治の『宮本武蔵』の一コマを思い浮かべる。

f:id:mui_caliente:20080114114516j:image

f:id:mui_caliente:20080114114744j:image


世界の数ある名峰の中でも、富士山の姿は最も美しい。

これだけ均整のとれた美しい円錐形になったのは何故か?

一度の爆発による隆起ではなく、

数十万年の間に何度も何度も爆発と浸食を繰り返してできあがったからだという。

富士の姿の中に、人間を重ねてみる。

苦闘なくして、人間は磨かれていかない。

自分限界を超えずして、成長はないのである

自分の小さな悲哀を乗り越えて、

富士のごとく、強い人間になりたい。

富士のごとく、美しい人間になりたい。

富士のごとく、泰然と動かず、人に勇気を与えられる人間になりたい。

そんな想いが胸中にわき出る。

一瞬の晴れ間は、河口湖に移動するまでになくなってしまい。

富士は二度と姿を現さなかった。


きっと彼は、再び苦境に陥った自分富士山を見せたかったのだ。

あの雲を晴らして、富士山の雄姿を現したのは、彼の深い想いであったのだ...きっと

f:id:mui_caliente:20080114101709j:image

f:id:mui_caliente:20080114101748j:image


帰り道の長い坂を下りながら、片岡さんの想いを噛みしめ

そして、これから始まる闘いに男らしく挑もうと心に決めた。

f:id:mui_caliente:20080114114853j:image

美しい富士山美しい富士山 2008/01/15 14:48 三角錐のあの緩やかで美しい角度は、
一度につくられたモノではないのですね
なるほど・・
ムイカリエンテさんの悩み・・
きっと真面目に悩んでるんでしょうね〜踊りながら^^

何でもそうだと思いますが、
やり尽くして、もうだめだ〜と思ったところあたりから
やっと本当のところが見えてくるのでしょうか??

富士山の余りの美しさのに
自分のちっぽけさを感じます。

茂木さんの話し参考になりますね・・
でもTVで見てる感じでは、私は荒俣ひろしさんのほうが好きなんだ〜
なんとなくね^^

せとまんせとまん 2008/01/15 15:48 こんな富士山の姿、なかなか見られないでしょう。
息を呑むほど雄大です。
写真でこんなに伝わるのだから、実際はものすごいものだったでしょう。
その姿をちょうど傍まで来ているムイカリエンテさんの前に
現したという事は、何か意味があるのでは?
思い悩む者に何かを伝えてくれたのでは?

富士山のようにありたい。
ムイカリエンテさん、頑張ってください!
(ごめんなさい、何だかよくわかっていませんが…)

限界の先に成長がある。(限界を超えずして成長はない。)
私もたまたま今日、そんなことを考えていたところでした。

mui_calientemui_caliente 2008/01/15 21:31 >美しい富士山さま
はじめまして...もしかして知り合い?..ま、いいか
水滸伝の中でも、死力を尽くして闘って、体力の限界を超えて死を意識したところから本当の力が出る...という場面がありました。
中途半端な戦いでは、何も変わらないということですね。
ところで、「茂木さん」って誰でしたっけ?荒俣ひろしさんはわかりますが...どういう関係かな???

mui_calientemui_caliente 2008/01/15 21:37 >せとまんさん
私が子供の頃は、高い建物もあまりなくて横浜からでもいろいろな場所から富士山がきれいに見えたものです。今は見えるスポットが少なくなりましたね。
遠くからでも富士山を望むことで、気持ちが引き締まったり勇気が出たりしたものです。
まして...今回の富士山は、胸に迫るものがありました。
暗雲に覆われた富士の勇姿が一瞬姿を現した瞬間に、自分の心も晴れていくように感じました。
まだまだ頑張らねば

藍 2008/01/15 23:44 美しいですね。
こんなに、近くの写真みたことがありません。
素晴らしいですね。
写真つきのグルメ・旅行・人生の本ができそうですね。
私は、富士山がみれるといいことがあると思うのです。
きっと、よいことが・・・・・
一つ手放せば、また新しいものが手に入ります。
なまやさしいものではないけれど、最善の形でやってくるように思います。

神秘自由夢神秘自由夢 2008/01/15 23:52 ふ〜じはに〜っぽんいちのやま〜〜〜〜〜♪
私は、上京するときに新幹線から富士山が見えるかどうかがいつもドキドキの瞬間でした。
帰路の時はそうでもないんですけどねぇ・・・不思議。。

実家近くの湯の山温泉からも見えるそうなんですよー。
(今じゃ空気汚染?で一度も見たことないけど)
東京に来てからも、いつも西の方向に富士山を探します。
見えるとホントうれしんですよ〜〜〜なんででしょうねぇ〜^^

とにかく元気になれます。。
明日も見られるかな〜(通勤時に車窓から)

mui_calientemui_caliente 2008/01/16 00:18 >藍さん
本当に美しい山です。富士山は
富士山を見ると、背筋がぴーんとします。
自分の生きる姿勢を見直します。
いかなる嵐にも微動だにしない姿。
見ているだけで安心するし、逆に闘争心が湧きあがってきます。
きっといいことがありますね。
きっと勝ち超えて、いいことを起こします。

mui_calientemui_caliente 2008/01/16 07:52 >神秘自由夢さん
三重県が富士山の見える西の限界なんですよね。私も三重に行くまでは知りませんでした。鳥羽や阿児でも見えるというので、湯の山でも見えるのでしょうね。
ただし、空気の澄み切った冬の朝...それも年に数回だそうです。
関西から西の方は、富士山に対する思いが違うんでしょうね?
西から新幹線で来てドキドキする感覚はなんとなくわかります。
東京の人は、住んでいる場所から見えることもあるので感動が薄いかもしれません。
私は去年毎週新幹線で往復していたので慣れてしまって、富士のあたりを通っても富士山の方向さえ見ないことが多かったですね。
今回は改めて富士山の美しさを認識しました。

りさゆりれいぱぱりさゆりれいぱぱ 2008/01/16 12:56 富士山は良く見る機会が多いのですが、やっぱりいいですよね〜。
雄大で、富士山は形も美しいし、なんか厳かな気持ちになりますよ 〜。
山岳信仰なるものが出てくるのもわかる気がします。

やはり、富士山の大きさや雄大さに圧倒されて、自分の小ささとか悩みとか、なんてちっぽけなもの!と思わせられます。人間万事塞翁が馬ですよ。良いこと悪いこと全部ひっくるめて、ハードルをこえながら前に進むしか無いのが人生かもしれません。
ところで、
雪を頂いた富士山はアイスクリームのように、いつも思ってしまうのは私だけかな(笑)

みなみみなみ 2008/01/16 15:31 横浜の我が家からは、全部の部屋から富士山が見えます。それがちょっと自慢だったりして。
一番良く見えるのが、二階のベランダ。
冬の寒い朝は、ピーンと張り詰めた空気の遠くに真っ白い富士山が見えます。
その富士山を見ながら洗濯物を干すわけですが、今日も一日お仕事頑張ろう!という気持ちになるから不思議です。
富士山って、日本人の心に何か訴えてくるものがあるような気がします。

mui_calientemui_caliente 2008/01/16 22:26 >みなみさん
ご自宅から富士山が見えるなんて...なんて裏山椎!
さすがセレブみなみですね。
富士山を眺めながら洗濯物を干すなんて、なんだか洗剤のコマーシャルになりそう。
富士山に沈む夕陽も見えるわけですね〜
今度日記に写真を載せてくださいね。

mui_calientemui_caliente 2008/01/17 00:28 >ぱぱさん
あの均整のとれた形、は見る人の心にも安心を与えてくれますね。
あんなふうにどっしりとして動じない人間になりたいものですが
まだまだ修行が足りません。
今回のハードルは、とても高いのですが...でも、超えるしかないですね。頑張ります。

りっぷるりっぷる 2008/01/17 22:15 なぜか最近mixiに日記アップが乗って来ないのはなぜでしょう??

それはともかく、富士山好きですね〜〜。天気が好い大阪出張のときは新幹線から必ず撮影してます(^^;)もっと近くまで行って撮影したいです。今回の写真も綺麗ですね〜〜。いつでも撮れる訳じゃないですから貴重ですね。日本一の、いや世界一の山ですね(^^;)

mui_calientemui_caliente 2008/01/18 00:25 >りっぷるさん
mixiに日記がアップされるかどうかは、本人には見えないのですが..
そうですか?アップされないからアクセスも少ないのかな?
mixiの日記を使われている方は、ちゃんとアップされるし、「○○さんの日記がアップしましたって、メールまで来るようになったのですが...残念 差別やんか?
富士山は、日本人のひいき目の分をさっぴいたとしても、やっぱり世界一ですね。こんなに絵になる山はないでしょう。
今回は、本当にラッキーでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mui_caliente/20080115/p1