喚いて叫ばざれば RSSフィード

裏取りは基本的にしてません。しない、できない、やる気がない。

2006-08-16

[]靖国参拝に対する国外の反応

【asahi.com】 via 【(仮)日記】

「残念」「苦々しい」東南アジア・豪も批判 靖国参拝

2006年08月16日01時21分

 小泉首相靖国神社参拝をめぐっては、東南アジア各国からも懸念や批判の声が出た。

 シンガポール外務省は15日、「小泉首相靖国参拝は遺憾だ。靖国問題は日本の内政であると同時に、国際外交上の懸案事項でもある。中韓はじめアジアの国々で反発を呼び起こし、緊密な関係と協力関係を築くという地域共通の利益に役立たない」との報道官声明を発表した。

 ジョージ・ヨー外相も同日、自民党の茂木敏充衆院議員と会談し、「参拝を大変残念に思っている。日本にとっても決してよいことではない」と述べた。

 戦時中、日本軍による中国系住民の虐殺があったマレーシアでは、中国系団体がクアラルンプールで恒例の追悼式を開いた。約300人が参加。祈りの後、「日本大使館へ抗議に行こう」との声があがり、約20人が大使館へ。「日本とマレーシア東南アジアの市民の友情と緊密な関係が、少数の人々の行動で損なわれてはならない」などという抗議文を職員に手渡した。

 またダウナー豪外相は、記者団に対して2週間前の訪日に触れ、「小泉首相には、豪州A級戦犯がまつられていることを憂慮しているし、地域の人々の居心地を悪くしていると伝えたのだが……」と話した。豪ABCテレビは「彼ら(日本人)はいまだに後悔していない。誰もが苦々しい思いだ」という退役軍人の声を紹介した。

 一方、インドネシアハッサン外相は「何度も繰り返されてきた問題であり、コメントしたくない。アジア太平洋地域の平和と安定に寄与するような未来志向の解決を望む」と記者団に語った。

これまでの靖国公式参拝への批判は、【日本共産党】首相の靖国参拝問題/JCP特集2006にまとまっていて便利です。

[]50℃のぬるま湯に50℃のぬるま湯を注ぎ足しても

100℃の熱湯にはならない。