喚いて叫ばざれば RSSフィード

裏取りは基本的にしてません。しない、できない、やる気がない。

2008-08-13

[]赤塚不二夫のおまわりさん

【ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記】

おまわりさんの正体について。

【あけてくれ】

町山:あのお巡りさんがあまりに拳銃をぶっぱなすんで、バカボンたちが困って警察署に電話する回があるんだよ。すると、警察署の返事が「そこ、交番ないですよ」。つまりあのお巡りさんは、自分を警官だと信じているキチガイだったんだってさ。

【楽なログ・紙々の黄昏】

一方で例の「逮捕する」と拳銃乱射警官のギャグは、実は暴力警官を実際に何度も目撃した経験からだった。凶暴に目を吊り上げた警官の形相が印象に残っていたそうだが、それを両目つなげてしまう凄いデフォルメは他の漫画家には思いつかないだろう。

なまえなまえ 2008/08/15 12:35 でも警視庁の偉い人が来るみたいな話もあったような気がするが…。
まぁ色んなところでパラレルワールドになってるからなぁ。

mujinmujin 2008/08/15 12:44 ですね。ネタとして面白ければ、というのはあったと思います。
ちなみに、わたしは物語中の設定よりも、こういうキャラクターが形作られた背景のほうに興味が強いかな。そういう意味でこのエントリを立てました。

とおりすがりとおりすがり 2008/08/16 08:56 戦前には警察は大層恐れられていたでしょうから、戦後に警官を馬鹿にするような話がウケたということもありそうですね。

mujinmujin 2008/08/16 09:12 あるでしょうね。戦後もしばらくは警戒されてたと思いますし。

ここでは触れてませんが、赤塚さんのお父さんが警官でした。finalventさんが自伝を紹介しています。
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2008/08/post_c1b4.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。