ムクク日記 RSSフィード

2018-06-15 演劇の自由

f:id:mukuku:20180325194839j:image:right

 時事ネタあり、チェルフィッチュのパロディーあり、激しい乱痴気騒ぎあり。『日本文学盛衰史』(吉祥寺シアター)は、いつもの青年団の演劇とは、やや毛色を異にする。高橋源一郎の原作小説を踏襲しつつ、平田オリザの冒険心を解放した異色劇だ。

 脚本・演出の平田オリザ自身は、異色とは思っていないだろう。現代口語演劇の理論を持ちつつ、演劇の自由度も知っているからだ。表現という武器の活用法を、この時期に、あえて舞台上で示したのも、思惑があってのことに違いない。