Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

時空研ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード



お悩み相談


公式ブログページはこちら




facebook


・[波動格言占い 貴方の今日は・・]
・[波動予報]

・[時空研米販売]


☆無料人生相談

☆セミナー案内
☆波動治療
・解決不能問題はない
・究極のスピリチュアル


☆相談専門ブログ☆


にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 病気ブログへ

2015-05-19 よくある相談9508・・・僧帽弁膜症とは

murakoujin2015-05-19

ベッタリ曇りの
薄ネズミ色一色のよどみ
無風のサイレントシンフォニ-
鎌のような弦月と
大きなピンクの太陽がデン
お伽の国の世界
・・・・・・・・・・
アーオーウーエーイー


アメブロでも記事を書いてます、アメブロ記事はコチラから↓
無料相談|フーチ占い|IFテスト|人生万般、難病、難問、即解決!古村豊治【公式ブログ】

【僧帽弁膜症とは04:31 【僧帽弁膜症とは】を含むブックマーク


成人の弁膜症ではもっとも頻度が高く、弁膜症の約六〇%を占めます。

原因別にみると、リウマチ性僧帽弁膜症と非リウマチ性僧帽弁膜症に分けられます。非リウマチ性僧帽弁膜症は、さらに先天性のものと後天性のものに分けられます。また、弁の障害による血行動態への影響のちがいから、狭窄症と閉鎖不全症の二種類に分けられます。

■僧帽弁狭窄症
 左心房から左心室に流れる血液の量を調節している僧帽弁の弁口が、狭くなるものをいいます。
 僧帽弁の口径が狭くなると、左心房から左心室へ血液が流れにくくなり、左心房にたまってしまいます。そして、左心房の内圧が高くなるにつれて、肺静脈の圧も高くなります。このため、左心房は強く収縮して左心室へ送る血液の量をふやします。長期にわたってこのようなむりが続くと、左心房の壁がしだいに厚くなって収縮力が低下してきます。こうなると、心臓からの拍出量はへって、肺にはうっ血がみられ、心不全の症状がみられるようになります。

 僧帽弁狭窄症の症状は、呼吸困難、咳、頻脈などです。重症になると、心房細動になってきます。

 **僧帽弁の弁口
   弁周囲組織にEGを入れ、ウイルス細菌フリーラジカル等を抜く。更にリュウマチ熱に関る時は(扁桃炎・咽頭炎の溶
連菌感染
 免疫複合体・IgE,G抗体・IgM抗体マスト細胞を抜く。
 

電子と人間の構造 04:31 電子と人間の構造を含むブックマーク


 マイナスイオン電子の大きさは原子核の1兆分の1センチの超微粒子で、これは自然界で最も小さな粒子。マイナスイオン電子はソマチッドのエサとなっているかもという説が存在する。

そしてそのソマチッドは細胞内のミトコンドリアに電子を供給している。ミトコンドリアを使って、ATPの合成を行い、エネルギーを生産する。

ミトコンドリアの大きさはミトコンドリア約1μm=1000ナノ、ソマチッドの大きさは0・5ナノとされている。
ソマチッドはケイ素と炭素の重合体であり、ケイ素は複雑怪奇な治癒結果(たとえば放射能を著しくする減弱する)を示すことが多いが無関係ではないかもしれない。

 電子還元作用を持つ食品が活性酸素の防御に役立つのも無関係ではないかもしれない。ソマチッドは人の心理に左右されやすいと言われ続けてきたが、脳が電気信号を主としていることと関係あるかもしれない。電子は電気の流れでもあり波は粒子でもありそれは量子医学に通じる。

  ☆ソマチッド=ケイ素70%、炭素30%

 千島森下学説提唱者でソマチッドについても観察している森下敬一氏は、東洋医学の経路はソマチッドの流れであると提唱している。

☆これらを理解した上で患部のソマチッドに
Eg入れると根本的に治ることになる

「新産業革命4.0」の虚と実 04:31 「新産業革命4.0」の虚と実を含むブックマーク

 世界のモノづくりに新たな産業革命が訪れようとしている。「モノのインターネット」と呼ばれるIoTを駆使し、生産現場を工作機械や部品レベルで電子管理することで全くムダのない生産を実現しようとする試みだ。

先行するのは国家プロジェクト「インダストリー4.0」として推進しているドイツと、米ゼネラル・エレクトリック(GE)はじめ民間主導で取り組んでいる米国だ。

一方、日本は従来の生産方式に対する『過信』がアダとなり、政府・民間ともに「お手並み拝見」を決め込んでいる。日本は「新産業革命」に乗り遅れてしまうのだろうか。

米国ドイツの主導権争い

生産システムの「脱系列」が急務
 一方、日本抜きで新産業革命を起こすのは難しいとの指摘もある。

「新産業革命に必須となるIT関連のインフラ整備では日本が最も進んでいる。

中小製造業ブロードバンド回線導入率は日本がダントツで、製造現場のビッグデータと統合するERPも多くの中小企業で「勘定奉行」などのシステムを導入済みだ。


米独は中小企業インフラ整備からのスタートなので、立ち上げまでには相当時間がかかるだろう。



f:id:murakoujin:20121001030712j:image
f:id:murakoujin:20121030215529j:image
f:id:murakoujin:20121110224131j:image