Hatena::ブログ(Diary)

時空研ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード



お悩み相談


公式ブログページはこちら




facebook


・[波動格言占い 貴方の今日は・・]
・[波動予報]

・[時空研米販売]


☆無料人生相談

☆セミナー案内
☆波動治療
・解決不能問題はない
・究極のスピリチュアル


☆相談専門ブログ☆


にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 病気ブログへ

2016-11-10 よくある相談1041・・おたふく

murakoujin2016-11-10

世の中大きく変わる
何もかも人工
・・やっぱりトランプ
アーオーウーエーイー
この寒さ
釈迦の上に雪が降る
何だか面白い
・・・・アーオーウーエーイー

05:48 を含むブックマーク

注目の薬品

 今、最も医学学会の注目の的となっている物質に、1.レシチン、2.ブロリコ、3.HLA(免疫物質)があり、(1.2は薬もある)。
所が、ありがたいことにソマチッドには活性化すると1.2ともに有って、活性化し、活動して人体の保護に当る(フーチ探査)。

スーパー耐性菌ソマチッドが古代ソマチッド
戻ればOK
氏名
体内ブロリコ

 肉体の持久力・耐久力倍増

氏名
過去世之因業に関わるソマチッドに(P)



運命超大好転

[ギラン・バレー症候群](急性多発性神経炎) 05:48 [ギラン・バレー症候群](急性多発性神経炎)を含むブックマーク

 末梢神経が短時間で麻痺におちいる、本来は、治りやすい病気です。
感染後におこる多発性神経炎
 この病気も自己免疫異常のひとつです。末梢神経に対する抗体が血液中に出現し、神経の機能を一時的に麻痺させるというしくみが考えられています。治りが比較的よい病気というのもそうした理由からです。発病に先だってかぜの症状があることが、なにか抗体の出現に関係している可能性があります。かぜの症状がおこってから一週間ほどして、足が重い、しびれるというような.症状が、ある日突然はじまり、数日のうちに手足が動かなくなります。重症の場合は呼吸筋の麻痺のほか脳神経にも麻痺がおよび、顔面神経麻痺なども加わることがあります。そのほか、物を飲みこみにくいといった症状もおこることがあります。知覚の麻痺は軽いことが多く、手足の先端に軽いしびれがあるだけです。
 運動症状は数週間で回復しはじめ、しだいに麻痺が治ってくるのがふつうです。
対応
 全血液・全細胞にEGいれ、ウイルス細菌・IgE,G抗体・ 
  免疫複合体・フリーラジカル等抜く
 一部ヒドイ患部が有る時は患部から右を抜く

おたふく キッチリ治しておかないと、転移が面白くない 05:48 おたふく キッチリ治しておかないと、転移が面白くないを含むブックマーク

   流行性耳下腺炎
   耳下腺にEGを入れ、そこからムンプウイルス、と
     フリーラジカルを抜く
  転移可能性先をあらかじめ同様にやっておく!
   髄膜、脳、睾丸、膵臓、中耳、内耳

ノーベル賞を受賞「オートファジー」 05:48 ノーベル賞を受賞「オートファジー」を含むブックマーク

とは何か

オートとは自分、ファジーは食べるという意味

オートファジーはここ数年、生命科学分野で大きな注目を集めてきた。生物の体内では、古くなった細胞や外部から侵入した細菌などを食べるお掃除細胞マクロファージがよく知られているが、人体に数十兆個あると言われる細胞ひとつひとつの中でも、古くなったタンパク質や異物などのゴミを集めて分解し、分解してできたアミノ酸を新たなタンパク質合成に使うリサイクルシステムが働いている。このリサイクルシステムのうち分解に関わる重要な機能がオートファジーだ。

オートとは自分、ファジーは食べるという意味で、名前のとおり、自分自身を食べる(分解する)。細胞の中にあるミトコンドリアや小胞体などの細胞小器官は常に入れ替わっているが、オートファジーが、この細胞内の入れ替わりを助ける役割を果たしている。

細胞の中にある小器官や細胞質(細胞の中に詰まっているタンパク質)が古くなると、膜に包まれる。これに分解酵素を持つリソソーム(植物では液胞)がくっついて分解酵素が流し込まれると、アミノ酸に分解される。アミノ酸は小さいので、膜から出ていき、膜の中には分解酵素だけが残る(オートリソソーム)。膜の外に出たアミノ酸細胞内のタンパク質を合成するための栄養として再利用される。

水だけあれば1カ月程度生き延びられるワケ

ヒトの体の中では毎日300〜400gのタンパク質が合成されている。一方、食事から摂取するタンパク質の量は70〜80g程度にすぎない。不足分は、自分の体を構成している細胞の中にあるタンパク質アミノ酸に分解し、再利用することで、補っている。

この仕組みによって、体内のタンパク質の合成と分解はつねにバランスが保たれる。たとえばヒトは絶食しても、水だけあれば1カ月程度生き延びられるとされるが、それは体内で重要なタンパクが作り続けられているからだ。

オートファジーはまた、がんや神経疾患にも関係があると考えられている。オートファジーの機能を活性化することによって、症状の改善などが期待されている。逆に、オートファジーの機能を止めることによってがん治療への応用の道もある。

「いろいろな病気の原因解明や治療に、オートファジーは使えるようになると考えています」(大隅栄誉教授)。すでにオートファジーのしくみを使って抗体医薬や核酸医薬など新たな医療医薬品の研究が活発に進められるようになっている。


f:id:murakoujin:20990707143123j:image
f:id:murakoujin:20160122085152j:image
f:id:murakoujin:20150318153808j:image
f:id:murakoujin:20140829063110j:image