Hatena::ブログ(Diary)

Tetsuro Muranaga’s View このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

過去のブログ(月別アーカイブ)

2016-12-03

距離のあるゴルフ場、4度目の挑戦でようやく「100切り」(ファイブハンドレッドC)

ファイブハンドレッドクラブは距離もあり、フェアウェイの傾斜も多いゴルフ場。なかなか難しくて、過去3度挑戦したが、いずれも「100切り」ならず。今回、4度目の挑戦にて、ようやく「100切り」することができた。朝 7:54 OUT スタートからのスループレイ。前半 OUT は大叩きのホールが 2つあり、51 と苦戦したが、後半 IN は寄せワンのパーが 3つあり、45 で上がってくることができた。トータル 96(35パット)。晴れて気温も上がり、絶好のゴルフ日和。ときどき富士山が顔をのぞかせ、気持ちのいいラウンドとなった。

f:id:muranaga:20161203110551j:image:w350

16番ショートホールの紅葉と、グリーンから振り返った際の富士山。

f:id:muranaga:20161203113630j:image:w350 f:id:muranaga:20161203115251j:image:w350

f:id:muranaga:20161204022407j:image:w600

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2016.12.3ファイブハンドレッドC OUT→IN(BG) (69.1)63967296514541533532晴れ、微風、10.3ft

  1. スコア:96、パット:35
  2. ショット:41、ショートゲーム:53、ペナルティ:2
  3. パーオン率:11%(2 ホール)、ボギーオン率:55.5%(10 ホール)
  4. バーディ率:0%(0 ホール)、パー率:22.2%(4 ホール)、ボギー率:44.4%(8 ホール)
  5. ダブルボギー率:16.7%、トリプルボギー以上率:16.7%
  6. フェアウェイキープ率:64.3%、OB 発生率:5.6%、ペナルティ率:5.6%、ガードバンカー率:11%

今回は Bグリーン。6,396ヤードと長く、10.3ft と高速。キャディーさんによるとピン位置(3番)も難しい設定だそうだ。新しいドライバーは好調と言ってもよいだろう、210-220ヤード前後は飛ぶし、フェアウェイキープ率も 64.3%。ただし右に 3回プッシュアウト・スライスして、OB 1回、ペナルティ 1回、隣のホールが 1回。

パーオン or ボギーオン率 66%、パー or ボギー率 66% ということで「ボギー・オン」ゴルフが少しづつできるようになりつつある。このところ、ハーフで 45 というスコアが頻繁に出るようになったのも、その表われであろう。ドライバーをはじめ、ショットの方向性が安定してきたのが大きい。とはいえ、ハーフ 44 以下の難しいことよ…。

前半、スコアを崩したのは 6番ミドルホールのダブルパーと、7番ミドルホールのトリプル。6番はボギーオンを狙ったショットがバンカーに入り、そこからバンカー to バンカーの 6オン 2パット。7番はティーイングショットが OB。

後半はパーオン 2回、ボギーオン 6回と上出来。フェアウェイウッドが活躍した。170-180ヤード前後からの 7W や 9W、ロングホールでの 3W や 5W、いずれもよい当たりで、パーオンに貢献した。「アプローチ感覚」でフルスイングしなかったのが功を奏したと思う。また AW を使ったアプローチもよく寄せワンのパーが 3つ。

しかしグリーンに乗せてからの 3パットが 4回もあったのはいただけない。ロングパットをピンから半径 1m 以内の円に入れることができない。ミドルパットも全体にパチンと強めに打ち過ぎていて、ファーストパットが 1m 以上オーバーすることもあった。距離感を合わせること、普段の練習と同じような柔らかなタッチのストロークを心がけたい。ショートパットはほぼ思ったところに球を出すことができていた。

今回、コース上で気づいたスイング時の注意点をまとめておく:

  • 朝一番は球が左に出ていた。身体の回転が止まっていたのだろう。
  • バックスイングは、手で上げずに身体の回転でテイクバックする。
  • 腕で振りに行くとダフる。あるいはアウトサイド・インの軌道となって、球が左に出る。そうならないよう、切り返しは下半身(右足の蹴り)主導で、ボディーターンを心がける。
  • 身体のターンが止まると、左にフックする。フィニッシュまでターンさせる。
  • フィニッシュで体のバランスを崩さないよう、力感を抑えてスイングする。

スループレイの後は、暖かく気持ちがよいのでテラス席で昼食。

f:id:muranaga:20161203125407j:image:w350

13:30 には終了、渋滞が始まる前に東名高速を抜けて 15:00 には帰宅。なかなか効率のよい一日であった。

ゴルフ関連 エントリ

2016-11-23

びっくり!ゴルフスクールのコンペで優勝してしまった!(富士ヘルスCC)

富士ヘルスカントリークラブで開催されたゴルフスクールのコンペは大波乱。自分もコーチもびっくりする大番狂わせが起こってしまった。何と僕が優勝してしまったのである!

f:id:muranaga:20161123160238j:image:w350

グロスのスコア自体は 95(38パット)という平凡な、ごく平均的なスコアなのだが、難コースかつ気温が低く寒い中で開催されたこともあって、僕より上手なプレーヤーたちのスコアが伸びなかったみたいである。グロス 2位、これに新ぺリアのマジックもあって、ハンディキャップ 22.8、ネットで 72.2 というスコアとなり、優勝してしまった。コーチも全く予想していなかったらしいし、僕自身も驚きの結果である。

f:id:muranaga:20161128011936j:image:w600

ベストグロスは 84。そして 2位が僕の 95。本来ならば、この間に何人も僕より上手い人が入ってくるはずだ。ところが戦略的なコース、硬く高速なグリーン、低く上がらない気温という状況において、20数人の参加者のうち、100 を切ったのがわずか 5人。多少の雨ならラウンドしてしまうし、優しいコースより戦略コースを好んで挑戦する、そういうふだんの僕の姿勢が、この状況に味方してくれたのかもしれない。そして、新しいドライバー、GLOIRE F2 のもたらす飛距離と方向性が、後押ししてくれた。キャリーで概ね 200ヤード以上、ランも入れると 210-220ヤードは飛んでいたと考えられるし、フェアウェイキープ率も 57.1% であった。

高速グリーンに苦しみ、1m ほどのショートパットを 4回も外すなど、OUT が終了したところで、50(21パット、3パットが 4回)。カートに表示されるグロススコアの順位表の推移を見ても、上位にはなかなか食い込めない前半であったが、後半、大崩れせずに、OB を叩いても何とかダボで踏ん張っているうちに、いつの間にか徐々に、5位、4位と上がっていった。終盤の 3ホール、僕は 16番でパー、17番で何とバーディが出て、IN は 45(17パット)。3位のスコアで上がることができた。その後、僕の後にまわっていた 2位の人が 17番でトリ、18番でダブルパーと崩れたらしく、最終的には 2位に上がったという次第。

同じ組でまわったメンバーにも恵まれていた。お互いスコアメイクに苦しみながらも、ポジティブに声をかけ合い、楽しく、そして真剣にラウンドすることができた。同じ組から、僕以外にも、準優勝(女子のベスグロ)、グロス 3位(ネット 5位)の人が出るなど、好成績であった。

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2016.11.23富士ヘルスCC OUT→IN(A) (69.1)59707295504544503801曇り、寒い、微風

  1. スコア:95、パット:38
  2. ショット:44、ショートゲーム:50、ペナルティ:1
  3. パーオン率:11%(2 ホール)、ボギーオン率:61%(11 ホール)
  4. バーディ率:5.6%(1 ホール)、パー率:16.7%(3 ホール)、ボギー率:27.8%(5 ホール)
  5. ダブルボギー率:22.2%、トリプルボギー以上率:5.6%
  6. フェアウェイキープ率:57.1%、OB 発生率:5.6%、ペナルティ率:0%、ガードバンカー率:0%

ショット数 44、その中にあってパーオン率 11%、ボギーオン率 61% (ボギーオン以上 72%、13ホール)はよい成績であった。一方、13ホールでボギーオン以上を果たしながら、パーとボギーが 8ホール。3パット 6回はいただけない。

今日のショット・オブ・ザ・デイは、17番ロングホールの第3打。グリーン右奥に切られたピンまで 175ヤード、左足下がりのライ。風は若干のフォロー。ふだんだと 170ヤードを狙う 9W を選択。低いフェードの球筋になることを予測して、グリーン真ん中からやや左サイドを狙って打ったところ、予想通りの球筋で、しかもピン方向にうまく転がってくれて、ピンの下 1.2m まで寄ってくれた。ショートパットを外しまくっている中、慎重にこれをワンパットで沈めてのバーディ!こういうまぐれがあるから、ゴルフはやめられない。

この他にも 14番ミドルホールで 180ヤードから 7W でグリーンに乗せるなど、フェアウェイウッドが随所で活躍してくれた。特にこのホールでは、ティーイングショットで OB を叩いての打ち直しであり、ここをダボに留められたのは大きかった。

反省すべき点は、パッティングと 100ヤード前後からのアプローチ。上に述べた 1m 前後のショートパットのミス 4回は大きい。またファースト・パットを打ち過ぎて 1m-2m オーバーしてしまうケースも数回あった。高速グリーンならではのミスとも言えるが、「入れよう」という気持ちを抑えて、きっちり距離感を合わせるようにしていく方が、スコアは改善すると思われる。

新しいドライバーで飛距離が伸び、100ヤード前後からの PW からグリーンを狙える場合が多かったのだが、これを何度もダフってミスしてしまった。練習場では何気なく打っているショットなのだが…。「乗せよう」という欲から平常心を失ってしまうのだろうか。

とにもかくにも、コンペで優勝したのは初めて。こんなスコアで優勝してしまって申し訳ない気持ちもあるが、「運も実力のうち」と思って、精進を重ねたい。次の目標は「90切り」「80台」である。そしていつかベスグロを。夢はふくらむ。

ゴルフ関連 エントリ

2016-11-21

テーラーメイド グローレ GLOIRE F2 ドライバーを加えたクラブ・セッティング

2016年11月19日からのクラブセッティングと、その情報リソースは下記の通りである。同日は雨だったので、テーラーメイドのグローレ GLOIRE F2 ドライバーの実質デビューは 11月23日のコンペということになる。

ウッド
番手 1W 3W 5W 7W 9W
名前 TaylorMade
GLOIRE F (2016)
TourStage
PHYZ (2011)
ロフト角(度) 10.5 15 19 2123
ライ角(度) 60 58.5 59.5 6060.5
シャフト GL6600PZ-501W
硬さ RR
長さ(inch) 46 43 42 41.5 41
ヘッド体積(cc) 460 194 172 160 154
重さ(g) 284 300 307 312 316
バランス D3 D0
調子
グリップ(径、重さ)φ60、38.5gφ62、40g

アイアン、ウェッジ、パター
番手5I 6I 7I 8I 9I PW AW SW パター
名前 TourStage PHYZ (2011) Fourteen
D-030
Odyssey
White Hot Pro
#7
ロフト角(度)24 27 30 3439 44 51 56 3.0
バンス角(度)- 0 3 -
ライ角(度)61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 64 70
フェースプログレッション1.0 1.25 1.5 1.75 2.0 2.25 - - -
シャフトNS PRO 800GH ウエイトフロー DYNAMIC GOLD -
硬さR WEDGE-
長さ(inch)3837.5 3736.536 35.5 35 33
重さ(g)378 (5I) 471 473 -
バランスD1 D2 D2 D3 -
グリップ(径、重さ)elite S48 Star
φ62、49g
elite S48 Star
φ62、49g
SuperStroke FLATSO 1.0
φ27mm、82.5g

ゴルフ関連 エントリ

2016-11-19

相変わらず、雨の中では大叩きする(香取CC)

今年は本当によく雨に降られる。今日で 5回目。うち 2回は途中リタイアしている。8月から9月にかけて台風が次々に来ていたせいでもある。いずれにせよ、雨のゴルフは苦手。ミスにミスを積み重ねて大叩きしてしまう。

f:id:muranaga:20161119142614j:image:w350

今日も香取カントリークラブの OUT、IN それぞれ 3ホールでダブルパーの大叩き。3つの OB、2つの池ポチャ。それ以外はボギーペースにまとめたものの、これだけショットがダメだとスコアメイクできない。OUT:55(19)+ IN:56(17)= 計 111(36パット)という残念至極な結果に終わってしまった。大叩きするのは雨が激しくなった時。力んでミス、それをさらに続けてしまい、リカバーできなくなる。逆にスコアが落ち着くのは、傘を差さなくてよい程度の小雨の時。この差はスコアカードにも明確に出ている。

f:id:muranaga:20161125010545j:image:w600

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2016.11.19香取CC OUT→IN (68.8)601872111555646593636雨、微風、8.5ft

  1. スコア:111、パット:36
  2. ショット:46、ショートゲーム:59、ペナルティ:6
  3. パーオン率:5.5%(1 ホール)、ボギーオン率:22%(4 ホール)
  4. バーディ率:0%(0 ホール)、パー率:5.5%(1 ホール)、ボギー率:44%(8 ホール)
  5. ダブルボギー率:16%、トリプルボギー以上率:33%
  6. フェアウェイキープ率:7%、OB 発生率:16%、ペナルティ率:11%、バンカー率:11%

香取カントリークラブは、なかなかよいゴルフ場。茨城のすぐ手前という遠さだが、高速のインターから近い。今回は雨のためか、帰りも渋滞がなくすいすいと帰ってこられた。ぜひまた晴れた日にリベンジしたい。

そうそう、新ドライバー GLOIRE F2 のコースデビューであったが、雨のため、その効果を実感することはできなかった。その評価は次回へ持ち越しである。

ゴルフ関連 エントリ

2016-11-18

グローレ GLOIRE F2 (2016) は、ファイズ PHYZ (2011) よりも飛ぶ

新しいドライバー、テーラーメイド GLOIRE F2 (2016) と、4年半愛用してきたブリヂストン PHYZ (2011) を比較してみよう。

f:id:muranaga:20161114193457j:image:w350 f:id:muranaga:20161114193424j:image:w350

まず仕様の比較は下記の通り:

ドライバー:仕様比較
ドライバーPHYZ (2011) GLOIRE F2 (2016)
シャフトPZ-501W GL6600
フレックスRRSRS
振動数(cpm)234(S)N/A220230
ロフト(度)10.510.5
実ロフト(度)13.511.5
ライ角(度)5860
体積(cc)460460
ヘッド重量(g)N/AN/A
長さ(inch)46.2546
クラブ重量(g)282284287290
バランスD1D3D3.5
シャフト重量(g)49475053
トルク4.64.94.24.1
調子
グリップ(径、重さ)φ62、40gφ60、38.5g

f:id:muranaga:20161114193540j:image:w350 f:id:muranaga:20161114193605j:image:w350 f:id:muranaga:20161114193651j:image:w350

練習場での打ち比べてみると、PHYZ より GLOIRE はクラブ全体が重く、ヘッドも重く感じる。クラブ自体の重量は GLOIRE の方が 2g だけ重いのだが、グリップとシャフトの重量を足し算した数値を比較してみると、GLOIRE は PHYZ より3.5g 軽い。ということは、GLOIRE のヘッド重量は PHYZ より 5.5g も重いことになる。そのうえ、PHYZ が手元バランスであった(D1)のに対し、GLOIRE のバランスは D3 であり、なおさらヘッドが重く感じるようになっている。そのせいか、PHYZ の打感が金属音で、軽い感触であったのに対して、GLOIRE はより重くバシっという音で、ボールとの接触時間が長い感覚がある。

そして何よりも嬉しく特筆すべきことは、飛距離が伸びたことだ。GLOIRE F2 で、うまくミートした時の最大飛距離は、PHYZ を超えている。練習場の奥のネットで、今までは届くことのなかった高さに到達する時がある。PHYZ での最大飛距離が、GLOIRE での平均飛距離になっている感覚である。期待のし過ぎは禁物だが、最大飛距離で +10ヤード、平均飛距離で +5ヤードくらい行っているのではないか? 高く上がった球がスゥーっと伸びるというか、なかなか落ちない。滞空時間が長く感じる。バックスピン量が適切なのだろうか。コーチによると、低い弾道でライナーを打つゴルファーより、高弾道のゴルファーに評価が高いらしい。

また PHYZ では、長尺シャフトの「しなり戻り」を効果的に使うべく、ゆったりと、抑え目に打っていた。それは自分では少しもの足りないと感じるくらいの力とテンポであったが、GLOIRE では、それほど抑制する必要はない。わりと自分にとって自然なリズム・テンポで振ることができる。

かといって、思い切りフルスイングする必要はなく、力まずにゆっくりめのテンポで切り返す方がよく飛ぶ。切り返しで急がずに、また腕を徐々に加速していくイメージで振っていくといい当たりが出る。僕には、切り返しで力んでボールを叩きに行く癖があるのだが、たとえ切り返しで力んだとしても、GLOIRE だと PHYZ ほど大きなミスにならないと感じる。方向性に関するミスの許容度合いは、GLOIRE の方がよさそうである。自分なりにその理由を考えてみると、PHYZ のシャフトは軽くて柔らかいため、インパクトでの「しなり戻り」のタイミングがズレが大きいのではないだろうか。わずか 0.25インチの違いだが、PHYZ の長尺はちょっと持て余し気味だったのだと思う。

このように飛距離・方向性ともに、自分に適したと思われる GLOIRE F2 ドライバーのコースデビューが、今から楽しみである。

f:id:muranaga:20161114194151j:image:w350 f:id:muranaga:20161114194123j:image:w350

GLOIRE F2 で一つだけ残念なのは、ヘッドカバーである。コンパクトに作られてはいるものの、PHYZ のそれに比べるとプレミアム感に欠ける。そこで現在使っているキャディーバッグと同じ、アドミラルのマグネット式のヘッドカバーを使うことにした。白いクラウンに合わせて、ヘッドカバーの色も白を選んだ。

ゴルフ関連 エントリ

FeedBurner 人気ブログランキング - 村永: Tetsuro Muranaga’s View テクノラティお気に入りに追加する にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ