Hatena::ブログ(Diary)

Tetsuro Muranaga’s View このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

過去のブログ(月別アーカイブ)

2017-05-27

ミスが多く、思うようにスコアメイクできず(ベルセルバCC市原:楓→松)

ベルセルバカントリー市原コースでは、なかなかいいスコアが出ない。今回も楓:49(17パット)、松:51(17パット)とジャスト 100(34パット)という結果に終わった。

最初の内はボギーペースで頑張っていたのだが、途中からミスが出て、ダボにしたり、大叩きしたり。池ポチャ 2回、ペナルティー 2回、バンカー脱出できず、ショートパット外す、アプローチのシャンク 2回。今一つ締まらないラウンドだった。

f:id:muranaga:20170529021327j:image:w600

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2017.5.27ベルセルバCC市原 楓→松(AG) (69.2)616872100495141553434晴れ、午後から強風

  1. スコア:100、パット:34
  2. ショット:41、ショートゲーム:55、ペナルティ:4
  3. パーオン率:5.6%(1 ホール)、ボギーオン率:50%(9 ホール)
  4. バーディ率:0%(0 ホール)、パー率:11.1%(2 ホール)、ボギー率:44.4%(8 ホール)
  5. ダブルボギー率:33.3%、トリプルボギー以上率:11.1%
  6. フェアウェイキープ率:50%、OB 発生率:0%、ペナルティ率:16%、ガードバンカー率:22%

今回のようなミスを避けるには:

  • ウェッジでのハーフショットでのシャンクに気をつける(何気なく打たない)。
  • ショートアイアン、PW は右に打ち出すドローボールを心がける(ひっかけない)。
  • バンカーでは左足体重をキープ(明治の大砲にならない)。
  • 下りのパッティングではダフりに気をつける(芯をヒット)。

こういった注意点をふまえつつ、一打一打に集中できるか、その集中力を切らさずにプレーできるか、が僕の抱える課題と思う。

ミスしたホールを振り返っておく:

  • 楓 No.5 M:+2
    • ドライバーが左のワンペナゾーンへ。力が入った。
  • 楓 No.6 M:+2
    • ドライバーはドローでフェアウェイ真ん中。残り 100ヤードの PW がダフってバンカーへ。
  • 楓 No.7 L:+4
    • ドライバーはフェアウェイ。5W が右の池へ。打ち直しの第4打 8I も池へ。7オン2パット。
  • 楓 No.9 M:+1
    • 寄せワン失敗。1m のパーパットを外す。少し引っかけた。悔しい。
  • 松 No.1 L:+2
    • ドライバーをミス、フェアウェイから打つ 5W をミス。
  • 松 No.3 M:+2
    • 残り 125ヤード、フェアウェイからの 9I を引っかけて、グリーン左のバンカーへ。脱出に 2打要す。
  • 松 No.4 M:+2
    • 残り 90ヤード、ボギーオンを狙った PW がシャンク。
  • 松 No.5 M:+2
    • 残り 40ヤード、ボギーオンを狙った AW がシャンク。つま先下がりの傾斜への考慮が不足。
  • 松 No.8 S:+4
    • 強い右からのアゲインスト、136ヤード、10m の打ち下ろし。9I がフックして斜面に跳ね、ワンペナへ。
    • 打ち直しも同じ 9I だがショート。AW がグリーンをオーバー、返しもショートして 2パット。
  • 松 No.9 M:+1
    • 残り 2m のパーパット。100を切るためにどうしても入れたかったが外してのボギー。

ゴルフ関連 エントリ

2017-05-02

OB 4発、ワンペナ 2発、バンカーショット 11回と稀にみる乱れようで残念な結果に(沼津GC)

大学時代の同級生とのゴルフ。沼津ゴルフクラブは距離はないけど、バンカーなどのハザードが効いて、トリッキーと言ってもいいほど戦略的なコース。前回は愛鷹・伊豆とまわっての 93。今回は、伊豆・駿河という難しい組み合わせ(パー 71)。当然「100切り」を期して臨んだものの、ドライバー、アイアンともにショットが不安定(練習場ではまぁまぁだったのに…)、OB 4発、ワンペナ 2発。さらに後半の駿河ではバンカーに 6回捕まり、しかも脱出に 2打、3打、4打とバンカーショットだけで計 11打の大叩き。伊豆:49(12パット)+ 駿河:54(13パット)、計 103(25パット)と、悔いの残る残念なラウンドになってしまった。

f:id:muranaga:20170502144417j:image:w350

ガードバンカーに入れたのは、いずれもグリーンを狙うウェッジで、グリーンをオーバーしたりショートしたりしてのこと。駿河 3番のロングホールでは、2打目までは順調に来ていて、残り 80ヤードの PW がハーフトップして奥のガードバンカーへ。左足下がりの打ちにくいライから一発脱出できず、2打目もシャンク気味に別のバンカーへ。パーを狙えるところだったのが 9打となった。さらに最後の駿河 9番ミドルホール。残り 60ヤードでボギーオンを狙った AW がショートして手前のバンカーに捕まる。上り傾斜での打ち上げをもっと考慮して、70ヤード以上を打つべきだった。結局このバンカーからなかなか出すことができず 4打を要し、ボギーを狙える状況であったにもかかわらずの 9打。これで結果的に「100切り」を逃してしまったことになる。耐えきれなかった自分が情けない。

f:id:muranaga:20170504142306j:image:w600

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2017.5.2沼津GC 伊豆→駿河(AG) (68.9)581071103495442542597晴れ、微風、10ft

  1. スコア:103、パット:25
  2. ショット:42、ショートゲーム:54、ペナルティ:7
  3. パーオン率:5.6%(1 ホール)、ボギーオン率:27.8%(5 ホール)
  4. バーディ率:0%(0 ホール)、パー率:22.2%(4 ホール)、ボギー率:22.2%(4 ホール)
  5. ダブルボギー率:33.3%、トリプルボギー以上率:22.2%
  6. フェアウェイキープ率:21%、OB 発生率:22%、ペナルティ率:11%、ガードバンカー率:25%

伊豆:49(12パット、OB 3回 ワンペナ 1回)、駿河:54(13パット、OB 1回、ワンペナ 1回、バンカー 6回)。これだけ OB、ワンペナ、バンカーショットを叩いて、「よくこのスコアに収まったな。」というのが正直なところ。それは 25パットというパット数にも表れているように、グリーン周り 10-30ヤードからのアプローチが非常に冴えていたからである。30cm、50cm と OK 圏内、あるいは 1m 前後にほぼ寄って、1パットに収めること 11回、それ以外はすべて 2パットの計 25パット。ウェッジの距離感、9I での転がしの距離感がバッチリだった。沼津GC は高速グリーンで有名だが、今日は 10ft と遅めの設定、しかも前日の雷雨の影響で 10ft というほど速くなかったのが幸いした。

今回、沼津GC をキャディーさんと一緒に初めてまわったのだが、とても細かく狙いどころを教えてくれるし、グリーンでのライン読みも的確だった。富士山からの芝目と傾斜がどのように効くか(駿河コースは芝目より傾斜の影響が大きい)、大きなミスにならないよう直接グリーンを狙わない、入れてもいい(入れても仕方ない)ガードバンカーなど、セルフでまわっていたら全然気が回らないところまでも教えてくれた。もちろん、その通りに打てる技量は、こちらにはないのだが、コース戦略を考える上で、非常に参考になったし、今後はこれくらいのことを考えていかないと上達できないのだということを知る機会にもなった。「会員のシングルプレーヤーの皆さんは、こんな感じで狙います(あえてパーオンしない)。」というのも貴重な情報である。

最後のホールを上がった後、バンカーショットで「明治の大砲」になっていたと教えてくれた。確かに。球を上げようとして右足に体重が残っていた。今回、ドライバーが全然安定しなかったのも、一つには左足への体重移動が不十分だったことが考えられる。なぜなら、このところの練習で「(インパクトでの)右足ベタ足」を意識して、下半身・足の安定を図っていたから。右足ベタ足はメリットが多いのだが、きちんと左足に体重を移動させて右腰を入れていかないと、上半身の回転が不足して、「明治の大砲」になってしまうリスクがある。コース戦略だけでなく、スイングの技術課題については、この辺りをしっかり反省して、リベンジを期すことにする。

因みに前の組で回った同級生の一人は、伊豆:44 + 駿河:40、84 と、僕らとは別次元のゴルフであった。一緒に回った同級生によるとほとんどパーオンして、バーディーを取っていたとのこと。本人曰く、「こんなにショットがよかったことはない」らしい。沼津のようなトリッキーなコースでの 80台は凄いと思う。自分がこのレベルに到達する日は、果たしてやってくるのだろうか。

f:id:muranaga:20170502072614j:image:w350 f:id:muranaga:20170502172337j:image:w350

往復の東名からの富士の写真を見ながら、反省すべきショットを詳細に振り返っておく。ドライバーの OB、ワンペナは、右にプッシュアウト気味のスライス 4発と、テンプラしての左 2発。ほとんどまともに当たっていなかった…。7I や 8I で大きく右にプッシュアウトすることも、しばしば。いつもよりも早く頭が上がっていたか、右足に体重が残っていた可能性がある。

  • 伊豆 No.1 Par 4
    • 朝一のドライバーが打ちにくいホール。右に行くのを警戒してのドロー回転のボールが左ラフへ。反省すべきは第2打、残り 160Y からの 7I で、右への OB を叩いてしまったこと。左足下がりのライ、グリーン方向ではなくグリーンとグリーンの間を狙うべき。
  • 駿河 No.3 Par 5
    • 上述したようにドライバー、5W と順調。残り 80ヤード打ち上げの PW がハーフトップしてグリーン奥のバンカーに行ってしまった。フルショットでない時こそ、しっかり下半身を安定させ、手前からダフらせるくらいのつもりで打ちたい。
  • 駿河 No.4 Par 4
    • 第2打が右斜面のラフ。残り 135ヤード、前上がりの斜面からの 7I がまともに当たらず、目の前のフェアウェイバンカーへ(ここから一発脱出できずのトリプル)。手打ちになっていたと思う。しっかり上半身をターンさせて打ちたい。
  • 駿河 No.8 Par 3
    • 130ヤードを 8I で打つも大きく右にスライス。大きめのクラブということでコントロールしようとしたせいかもしれない。
    • サブグリーン横から 30ヤードの寄せ。AW でグリーンに落としても難しい状況でざっくり。そのあとの AW もショートして結局 4オン 1パットのダボ。最初の寄せは、9I で転がす方が可能性が高かったかもしれない。
  • 駿河 No.9 Par 4
    • 第2打残り 110ヤードの打ち上げ 9I で打つもダフる。手打ち。
    • 第3打残り 60ヤードの打ち上げ。ピンが手前ということで AW で打つも、左足上がりの傾斜から球が上に上がってしまい、手前のバンカーに捕まる(ここから脱出に 4打かかっての 9打)。上述したように 70ヤード打つマネジメントが必要だった。

逆によかったのはグリーン周りのアプローチ。AW や 9I を使い分けて、1m 前後、場合によっては 30-50cm の OK 圏内に寄せられた。中でも伊豆 No.6 Par 4。60ヤードからの AW がフライヤー気味にグリーンを大きくオーバー。ピンは 2段グリーンの下段。グリーン奥 20ヤードの打ちにくいライからの 9I は、うまくグリーンエッジに落とせて、グリーン上段からよい具合に下段に転がって、ピン横 1m につけることができた。

ショットは本当に不調だったが、あえてよかったとしてよいのはウッドだろうか。伊豆 No.9 Par 5 で右ラフからの第2打を 5W で、残り 95ヤードに運んだこと。駿河 No.3 Par 5 でクリーク超えした 5W。駿河 No.6 Par 3、195ヤードを狙った 3W でグリーン手前 5ヤードの花道に打てたこと。いずれも腰の回転を使って、手打ちにならずにスイングすることができた。

ゴルフ関連 エントリ

2017-04-22

挑戦し甲斐のあるコースで、まずまずのゴルフ(ファイブハンドレッドクラブ)

ファイブハンドレッドクラブは距離もあり、挑戦し甲斐のあるゴルフ場だ。昨年の 12月には 96 というスコアでまわれたものの、今年の 2月には 107 を叩いている。今回は Aグリーン(10.5ft)にて、OUT:50(17パット)、IN:45(18パット)、計 95(35パット)というまずまずの結果であった。OUT は林の中に入るトラブルや、4パットなどがあり少し叩いてしまったが、IN はダボ、トリがあったものの、1バーディー 2パー と取り返すゴルフ。IN のように 7ホールでパーオン、ないしボギーオンする落ち着いたゴルフが続けられれば、「90切り」も見えてくるのだが…。

f:id:muranaga:20170425061422j:image:w600

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2017.4.22ファイブハンドレッドC OUT→IN(AG) (69.1)63517295504542533520曇り、微風、10.5ft

  1. スコア:95、パット:35
  2. ショット:42、ショートゲーム:53、ペナルティ:0
  3. パーオン率:11.1%(2 ホール)、ボギーオン率:55.6%(10 ホール)
  4. バーディ率:5.6%(1 ホール)、パー率:16.7%(3 ホール)、ボギー率:38.9%(7 ホール)
  5. ダブルボギー率:22.2%、トリプルボギー以上率:16.7%
  6. フェアウェイキープ率:35.7%、OB 発生率:0%、ペナルティ率:0%、ガードバンカー率:11%

f:id:muranaga:20170422123045j:image:w300 f:id:muranaga:20170422113539j:image:w300

ドライバー、ウッド、アイアンとも、ミスはするもののまずまずの出来。そして 20-60ヤードからのウェッジのショットの距離感がよかったのが勝因。だいたいピンまで 5-6m 以内に寄ったので、パッティングであまり苦労することがなく、ボギーペースを維持することができた。また珍しいことに、OB・ペナルティなし、バンカーは一発脱出であった。

よいショットが3つ。特に「神ショット」と言えるのが 10番ミドルホールのセカンド、残り 160ヤード、右ラフ法面・かなり前上がりの傾斜からの 5I。左に行くことを予想してグリーン右サイドを向いて打ったところ、綺麗に振りぬけて、何とピンの下 5m のバーディチャンスへ。そこからのスライスラインのパットも無心に打ったら見事に決まってのバーディ。これは気持ちがよかった。

その他のよかったショットは、5番ミドルホールの第2打。右ラフ、右はすぐ OB であるにもかかわらず、左の木の枝が邪魔なので、真っ直ぐ打ち出してドローを打たなければいけない状況において、5W でそのイメージ通りの球が打てた。右に行ってはダメな 14番ロングホールでは、フェアウェイの前下がりのライから左を狙い、フェアウェイに戻ってくるフェード系の球を 3W で綺麗に打てた。

一方の反省点は集中力。一打一打集中しなければならない中、特にパッティングに課題が残った。7番ではせっかくボギーオンしたにもかからず、ロングパットの距離感を合わせられず、3m ほどオーバー、その後も入れられずの 4パット。12番では下り 1m、触るだけのパーパットが外れ、返しの 1.2m のボギーパットも外してのダボ。

それからロングホールで叩いているのも課題だ。着実にボギーを取りに行き、あわよくばパーを狙うべし。

2月の練習場での「開眼」が 1ヶ月しか持たず、いい当たりが出たりシャンクが出たり、という相変わらずショットが不安定な状況で、不安を抱えたままゴルフ場に出かけたのだが、コースに出るとまずまずのショットが出てホッとした(シャンクも 1回あったが)。アイアンのフルショットの距離が伸びたのを実感している。7I のキャリで 145ヤード、150ヤードのピンを 7I で狙えるようになった。16番のショートホールでは、5I で 170ヤードのピンを狙い、ピンハイにつけることができた。

これで直近 10 ラウンドで 7回の「100切り」を達成した。GDO HDCPは、26のまま変わらず。

7:46 スタートでスループレイ、お風呂を浴びて昼食して 14:00 前。15:30 には帰宅という効率のよい一日。この名門クラブでプレーできるのも、大学時代の友人のおかげである。飛ばし屋の彼には、ドライバーで時として 50ヤードほど置いて行かれる。自己流だったスイングが、最近は習っているとのことで、数ヶ月前とは別人のような無駄のないスイングになっている。かなり手強い。

ゴルフ関連 エントリ

2017-04-02

首都高 K7、横浜環状北線(きたせん)が開通した

2017年3月18日16時、横浜環状北線(きたせん)、首都高 K7 が開通、港北ジャンクション(JCT)にて第三京浜と相互接続した。ヤフー道路交通情報も、ヤフーカーナビも、当日から速攻で対応していた(グーグルマップは即日対応ではなかったが、今は対応済)。開通式でもあったのだろうか、その日の 16:20 の情報によれば、新横浜IC から港北JCT にかけて渋滞していた。

f:id:muranaga:20170405072527p:image:h300 f:id:muranaga:20170405072524p:image:h300

f:id:muranaga:20170319145829j:image:w300 f:id:muranaga:20170319144801j:image:w300

翌19日、新横浜IC の周辺道路の視察も兼ねて、試しに走ってみた。新羽方面からは新設・整備された長島・大竹線と呼ばれる道路を使って、新横浜IC へ。新横浜IC から入って大黒SA で Uターン、再び新横浜IC に戻ってくる。900円。K7 のほとんどはトンネル区間。空いていて気持ちよく走れる。舗装面の摩擦が少なく、非常に静かで走り易い。むしろ、タイヤのグリップを心配してしまうくらいスムースである。新横浜IC から横羽線とつながる生麦JCT まで 10分足らずであり(全長 8.2km)、従来、第三京浜を使って横浜駅方面を経由して大回りして出てくるのに比べ、10分ほど短縮された印象である。さっそく 20日も、国立新美術館で開催されている「ミュシャ展」に行くべく、K7 経由で六本木に向かった。

f:id:muranaga:20170401174425j:image:w300 f:id:muranaga:20170401174442j:image:w300

新横浜、第三京浜から横羽線につながることの需要は、そんなに多くはないのだろうか。K7 は、今のところ空いている。今後、2020年までを目標として、東名高速の青葉IC とつながる(北西線)と交通量は増える可能性がある。僕も東名高速に出るのに 20-30分かかるところが 10-15分程度に短縮されることを期待している。

ちなみに第三京浜の港北IC から、K7 には入れない(出ることもできない)ので要注意である。

関連エントリ

2017-04-01

よいニュースと残念なニュース(紫CC 紫あやめ36 WEST)

紫カントリークラブ紫あやめ36 WEST コースでのラウンド。よいニュースと残念なニュースがあった。

まずは大変よいニュース。ゴルフ仲間を増やすべく、1年ほど前からご夫婦でのコースデビューのお手伝いをし、また随時、スイング技術などの相談に乗っていた友人(旦那の方)が、今回、見事 99 というスコアで「100切り」を達成。おめでとうございます。コースデビューしてから約 10ヶ月での「100切り」はお見事というしかない。ショートゲームなど伸びしろがまだたくさんあり、今後さらに上達されることは間違いない。こちらはもう伸びしろがない気もするが、負けずに頑張って行こう。

一方、残念なニュース。1月に紫あやめ EAST(コースレート 69.4)を 97 でまわった自分としては、それよりも距離が短い WEST(コースレート 63.4)では「90台前半」を目標にしていた。しかし残念ながら OUT:49(17パット)、IN:50(17パット)、計 99(34パット)という結果に終わった。奇しくも「100切り」を達成した友人と同じスコアで、「負けなくてよかった」というのが正直なところである。ずっと 24 をキープしていた GDO HDCP も 26 に後退。反省点の多いラウンドになってしまった。

林に囲まれた平坦なコース。ドライバーの方向性に気をつけて臨んだが、なぜか OUT でドライバーがまともに当たらず、ダフってショート、右・左の林の中へ。距離が短いため、そこからリカバーして十分ボギーオンが狙えるはずなのだが、ショートゲームのミスなどでボギーにできず。さらにまたショートホールのアイアンでのティーシングショットでもグリーンを捉えられず、バンカーに入れてのダボ。挙句には 3パットを連発しての 49。

ティーを高くして臨んだ IN では、ドライバーがフェアウェイを捉え始める。10番ダボ、11-13番と 3連続パー、14番のロングもボギーと、3オーバー。40台前半が十分に狙える状況であった。たぶんここから少し油断したのだろう。15番ロングホールではドライバー OB、5打目の60ヤードからのアプローチミス、3パットとミスが 3つ重なり、9(+4)。16番ショートではパーを取ったものの、17番ミドルではドライバーのショート、ピンまで 200ヤードをスプーンで狙っての OB、打ち直しもグリーンはヒットしたものの左奥のバンカーに入ってしまい 7(+3)。さらに 18番ショート、130ヤードを 9I で狙うも捕まり過ぎて左へ。その後のバンカー越えの20ヤードのアプローチをざっくりしてバンカーへ、バンカー脱出がグリーンをオーバーとミスを繰り返しての 7(+4)。結局 15番以降の 4ホールで 11オーバー、ジャスト 50。トータル 99。「何をやっているんだ、俺は!」と大反省のラウンドであった。

f:id:muranaga:20170402175934j:image:w600

DateCourse (rate)YardParScoreShotShortG / PT / GBPenaltySituation
2017.4.1紫CC 紫あやめ36 WEST OUT→IN (63.4)57197299495040563433曇り、弱風、10ft

  1. スコア:99、パット:34
  2. ショット:40、ショートゲーム:56、ペナルティ:3
  3. パーオン率:11.1%(2 ホール)、ボギーオン率:38.9%(7 ホール)
  4. バーディ率:0%(0 ホール)、パー率:33.3%(6 ホール)、ボギー率:16.7%(3 ホール)
  5. ダブルボギー率:27.8%、トリプルボギー以上率:22.2%
  6. フェアウェイキープ率:29%、OB 発生率:11%、ペナルティ率:0%、ガードバンカー率:16%

ショットの調子は決してよくはなかったが、距離のないコースなのだから、着実にリカバーをしてスコアを作っていくべきであった。反省点をまとめておく:

  • まずはメンタルマネジメント。IN の 3連続パーの後、気持ちが緩んだと思う。目前の一打一打への集中を失っていた。ドライバーの当たりもおかしくなったし、絶好の位置からのアプローチをダフったり、ライをきちんと確認せずに打ったりして思わぬ結果を生んだりした。
  • 冷静な戦略マネジメントができなかった。状況・ライをきちんと考えての番手選択ができなかった。
    • 17番 ピンまで 200ヤードの第2打、アップヒルのライでなぜスプーンを選択したのか。ものの見事に球が捉まり左の OB ゾーンへ消えていった。グリーンがガードバンカーに守られている状況であり、着実にボギーを取るべく、6I-7I で花道からの第3打のアプローチを残すべきであった。
    • 18番ショートホール、130ヤード。グリーンオーバーを恐れ、8I でのコントロールショットではなく 9I でしっかり打つことを選択して、左に引っかけてしまった。さらにそこからピンまで 20ヤードのバンカー越え。ザックリしてバンカーに入れて初めて逆目のラフだということに気づいた。SW でしっかりバンカーを越すアプローチをすべきであった。
  • このところバンカーショットが下手。ホームランを恐れて緩む、硬い砂に弾かれてオーバーするなど。
  • 同様に、このところ悩み始めたパッティングも相変わらず。平らなグリーンで 3パット 3回!そのうち一つは上りだと思い込んでいた傾斜が下りで打ち過ぎたというケアレスミス。

練習場とは違うスイングになるのは仕方がないが、スイングの際に気をつけるべきポイントを、いつでも思い出せるよう、まとめておきたい。

  • アドレスで脱力。特に上半身・腕を脱力させる。深呼吸。
  • ゆったりとしたテンポでスイングする。バックスイングをゆっくり。
  • 切り返しで叩きに行かない。ハーフウェイダウンから加速していくイメージ。地面を蹴るのはいいが、そのために右膝を意識的に曲げない。
  • ダウンスイングでクラブを体に引きつける(大きなバックスイング、小さなダウンスイング)。
  • 背骨を意識した回転、レベルスイング。左に流れない。
  • 左足裏をめくらない(左足親指が地面に着いた)イメージで、左足を軸に、右腰を切る・回転する・入れる。
  • パッティングではラインへの意識を外さない。フォローをきっちり低くとる。打たない、転がす。(パチンと打たない。)

友人から「パッティングのフォローが出ていないのではないか?」という貴重な指摘を受けた。家の中で練習している時とは、本番グリーンでは違う打ち方になっているかもしれない。確かに昔はフォローを低くとっていた。最近はパチンと強めに打っている気がする。もう一度、パッティングを見直したい。

ふだんは挑戦し甲斐のあるタフなコースをまわって「90切り」をめざしているが、今回のように比較的易しいコースをまわってスコアメイクできないと、かえって自分のゴルフの粗がよくわかる。安全に行くべきところで、リスクを取り過ぎる。集中力を切らして、状況の確認・判断力が甘くなる。「次のショットが打ち易いところへ打つ」という基本戦略を守ること。ナイスショットしようがミスショットしようが、すぐに気持ちをリセットして、次のショットに臨むこと。こういった原則をどのようにしたら守れるか。メンタルマネジメントを学ぶ必要があると感じている。

紫カントリーは、横浜の自宅から、新しくできた首都高きたせん(K7)経由で 1時間半弱で行くことができる。帰りに渋滞しても、横羽・湾岸など回避ルートが複数あり、東名方面やアクアライン方面に出かけるよりも気楽である。紫あやめ、今回の WEST にはもう来ないだろうが、EAST にはまた挑戦したい。常磐自動車道方面で、よいゴルフ場があれば開拓したいものである。

ゴルフ関連 エントリ

FeedBurner 人気ブログランキング - 村永: Tetsuro Muranaga’s View テクノラティお気に入りに追加する にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ