Hatena::ブログ(Diary)

Tetsuro Muranaga’s View このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

過去のブログ(月別アーカイブ)

2016-07-10

初めて知る「新版画」の世界

浮世絵は明治時代に廃れてしまったが、大正時代以降、浮世絵・錦絵と同じ技法で製作した版画を、「新版画」と呼ぶ。浮世絵と同様、絵師・彫師・摺師の分業により制作され、浮世絵の復興と近代化をめざした。「新版画」追求の中心となった一人が、版画家であり版元でもある渡邊庄三郎である。

2016年7月10日に放映された NHK 「日曜美術館」で、吉田博という画家の木版画を初めて知る。吉田博は、西洋画を学び、その水彩画・油彩画は米国での評価も高かった。しかし当時の日本の画壇の中心にいた黒田清輝の新派から、旧派というレッテルを貼られ、マジョリティから締め出されてしまった。そんな吉田博に、木版画という手法を教えたのが、渡邊庄三郎である。49歳にして木版画の道に入った吉田博は、彫師・摺師の職人技を短期間で習得し、自ら彫りも摺りも行う木版画家となった。

ねずみ版という陰影・ぼかしのための版木を使って、色を重ねていくことで、自然・風景を描いていく。「ホントにこれが版画?」と思わせる緻密で卓越した技法と配色。特に水と光の描写が素晴らしい。西洋画の手法が、木版画に応用され、一つの完成形の姿を示したと言えるのではないだろうか。日本の浮世絵が西洋の印象派に影響を与えた後、西洋画の手法が日本の木版画(新版画)に取り入れられたと言えるのかもしれない。

さっそく Amazon で『吉田博 全木版画集』の購入を試みるが、「一時的に在庫切れ;入荷時期は未定です」とのこと。NHK の媒体力はさすがである。

吉田博 全木版画集

吉田博 全木版画集

「新版画」で特に風景を描いたもの、その意味では、川瀬巴水(はすい)の版画も興味深い。『吉田博 全木版画集』と同じ出版社(阿部出版)から『川瀬巴水 木版画集』が出ているが、これもまた「一時的に在庫切れ;入荷時期は未定です」。僕と同様、「日曜美術館」の放送を機に、にわかに「新版画」に目覚めた人たちがいるようだ。

川瀬巴水木版画集

川瀬巴水木版画集

とりあえず Kindle で提供されている安価な画集を購入、川瀬巴水がどういう版画を描いている人か、手っ取り早く知ることができる。

復刻版 川瀬巴水版画集1+川瀬巴水版画集2

復刻版 川瀬巴水版画集1+川瀬巴水版画集2

川瀬巴水の東京

川瀬巴水の東京

川瀬巴水は国内よりも海外での評価が高いらしい。それは吉田博も同様で、その木版画をダイアナ妃も購入している。新版画についての情報は、渡邊木版美術画舗のサイトで種々紹介されている。ここは「新版画」を追求した渡邊庄三郎が創業した画商・版元なのである。

最後の版元 浮世絵再興を夢みた男・渡邊庄三郎

最後の版元 浮世絵再興を夢みた男・渡邊庄三郎

関連エントリ

2016-07-02

レヴォーグ STI Sport を見に行く

レヴォーグに乗って、この7月にデビューするレヴォーグ STI Sport を見に、代官山 T-Site まで出かける。僕のように熱心なスバルファンが、イベント開始の朝 10:00 から見に来ていた。

f:id:muranaga:20160702102019j:image:w350 f:id:muranaga:20160702102412j:image:w350

f:id:muranaga:20160702102203j:image:w350 f:id:muranaga:20160702102325j:image:w350

f:id:muranaga:20160702102806j:image:w350 f:id:muranaga:20160702111421j:image:w350

ワインレッドの内装がかっこいい。ビルシュタインのサスペンション(ビル足)により、しなやかな乗り心地になったという試乗記が出ている。STI のコンプリートカーではなく、量産モデル。レヴォーグの最上級仕様という位置づけ。今後もマイナーチェンジで進化していくと期待してよいのだろうか。今乗っている 2年めのレヴォーグを下取りに出したら、いくらで買えるんだろう?と一瞬計算してみたくなった。

愛車のレヴォーグと、レヴォーグ STI の写真を並べてみる。

f:id:muranaga:20160702102356j:image:w350 f:id:muranaga:20160702104241j:image:w350

f:id:muranaga:20160702102317j:image:w350 f:id:muranaga:20160702153643j:image:w350

さて、休日朝の T-Site はなかなかよい雰囲気であった。蔦屋書店内のスペースも好きだが、オープンカフェでブランチを楽しむ、好きな本を読む。近くに住んでいるとそういう楽しみ方ができそうなところだ。

STI Sport の試乗インプレッション記事をいくつか集めてみた:

関連エントリ

2016-06-26

改装なった横浜アリーナの内覧会に行ってきた

半年ほどかけて改装を行っていた横浜アリーナ。地元民向けに内覧会が開催されたので、のこのこ出かけていった。最近はライブ公演などにも行かないし、横浜アリーナの中に入る滅多にないチャンスである。たしか 1993年冬のユーミンのコンサートに来て以来だから、23年ぶりということになる。

まず最初に目につくのは外装。外の壁が綺麗になった。入口正面に大画面モニターが設置されている。

f:id:muranaga:20160626160332j:image:w350 f:id:muranaga:20160626151857j:image:w350 f:id:muranaga:20160626160306j:image:w350

中に入って、エントランスホールはこんな感じである。

f:id:muranaga:20160626152116j:image:w350 f:id:muranaga:20160626160145j:image:w350

さっそく横浜アリーナのキャラクター、ヨコアリくんがお出迎え。

f:id:muranaga:20160626152245j:image:h350 f:id:muranaga:20160626152201j:image:h350

メインアリーナの様子。

f:id:muranaga:20160626152611j:image:w350 f:id:muranaga:20160626154831j:image:w350 f:id:muranaga:20160626154840j:image:w350

メインアリーナの改良のポイントは、調光可能な LED 照明の全面的な採用と、椅子の改良による落とし物対策。LED 照明により、アリーナ全面の吊り荷重が約 10トンも軽減されたとのこと。

f:id:muranaga:20160626152338j:image:w350 f:id:muranaga:20160626152344j:image:w350

ホテルの一室のような楽屋。

f:id:muranaga:20160626154213j:image:w350 f:id:muranaga:20160626154252j:image:h300

ライブ運営スタッフ向けの控室。

f:id:muranaga:20160626153310j:image:w350 f:id:muranaga:20160626153317j:image:w350

3F にあるボックス席。部屋によってソファの色も違う。

f:id:muranaga:20160626155700j:image:w350 f:id:muranaga:20160626155428j:image:w350

f:id:muranaga:20160626155634j:image:w350 f:id:muranaga:20160626155856j:image:w350

サインのデザインもわかり易い。エスカレーターの手すりなど、ヨコアリくんがそこかしこにフィーチャーされている。

f:id:muranaga:20160626153642j:image:w350 f:id:muranaga:20160626154456j:image:w350

f:id:muranaga:20160626153528j:image:h350 f:id:muranaga:20160626154759j:image:h350 f:id:muranaga:20160626160208j:image:h350

かつての出演者の写真や当時のポスター。パンパシフィック・オープン・テニスも横浜アリーナで開催していたんだ…。

f:id:muranaga:20160626153122j:image:w350 f:id:muranaga:20160626154441j:image:w350 f:id:muranaga:20160626154430j:image:h300

f:id:muranaga:20160626160003j:image:h350 f:id:muranaga:20160626155841j:image:h350 f:id:muranaga:20160626155804j:image:h350

メイン・アリーナだけでなく、普段行くことのないバックヤードまで見学することができる貴重な機会。あっという間の一時間であった。

関連エントリ

2016-06-04

太田記念美術館「歌川広重 - 東海道五十三次と冨士三十六景」

先週サントリー美術館、今週は太田記念美術館と、毎週、歌川広重を堪能している。「歌川広重 - 東海道五十三次と冨士三十六景」は、広重の東海道五十三次、富士三十六景の展覧会。摺りの違うものを並べてあったり、アダチ伝統木版画技術保存財団による浮世絵技術の紹介があったり、小規模ながら充実した展示を楽しむことができた。

少し浮世絵・錦絵の知識を得たところで、もう一度サントリー美術館「広重ビビッド」を観に行こうかな?1年間、何度でも入館できるメンバーズクラブ会員にもなっていることだし。

関連エントリ

2016-05-28

サントリー美術館「広重ビビッド」を観て、浮世絵・錦絵の世界に目覚めつつある

2016年4月末から6月にかけてサントリー美術館で開催された展覧会、「広重ビビッド」。浮世絵が好きな人は must see の展覧会だったかもしれない。原安三郎の質の高いコレクションの中から、歌川広重の「六十余州名所図絵」「江戸百景」などを初摺で堪能できる。

江戸時代にタイムスリップして、旅をしている気分。特に「江戸百景」は馴染み深い土地が多く、古地図片手に行ってみたくなった。浮世絵の初摺と後摺の違いもよくわかる。初摺は文字通り、初めての摺り。絵師が見守り指示しながら、色を重ねていったため、絵師の思い描いた彩色となっている。一方、後摺は量産で、色数が減っていたり線がすり減っていたりする。後摺がたくさん出回るということは、それだけ人気があったという証である。

「広重ビビッド」では、歌川広重だけでなく、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」、歌川国芳の浮世絵も展示されている。原安三郎、充実のコレクションであった。

そうそう、サントリー美術館は、かなりの頻度で来ているので、メンバーズ・クラブの会員になった。年会費 5,000円で、1年間何度でも入館できるうえ、同伴者 1名まで無料。十分元がとれる。

関連エントリ

FeedBurner 人気ブログランキング - 村永: Tetsuro Muranaga’s View テクノラティお気に入りに追加する にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ