Hatena::ブログ(Diary)

muratanの日記

2017-02-27 無難

小さいイスを30人超えで制作するのはちょっと大変でしたが、家庭の躾が行き届いているせいでなんとかなったような。

f:id:muratan:20170228023145j:image

最後に色付きWAXで仕上げる授業参観が土曜でしたが、突飛なことをしない子達のせいか、茶色とか黒とか無色のWAX塗る子が大半で、

「家で使うことを考えたら、浮くような色じゃない方がいい。せっかく木でつくったから、木のままの色がいい」

とのこと。

変わった子が少なくてある意味手がかからないけど、変な奴がいてもいいのにな。

なみきまなぶなみきまなぶ 2017/03/07 20:01 美大か美術系の高校で先生をなさっているのでしょうか。

無難という言葉は、芸術のなかではかなり低い評価ですよね。
僕も文芸に手を染めていた頃があったのでわかります。

「浮くような色じゃないほうがいい」というのは、「そうか…」となんとなく納得してしまいますが、

「せっかく木で作ったのだから、木の色のままがいい」というのは、
どこかしら攻めがないというか、積極性がないというか。

ふと思いましたが、モネの「印象ー日の出」と言う絵は、
そういった意味で?すごい作品なんだなと、今思いました。

(昨年の京都市美術館「モネ展マルモッタン美術館所蔵」、行きましたが、
日にちの都合がつかずに「日の出」は観ることが出来ませんでした。残念。

muratanmuratan 2017/03/24 02:45 美術系でも無い一般の中学、高校ですが、比較的手の込んだことをしています。
若い内は、無難でない位がいいです。