Hatena::ブログ(Diary)

muroyanの日記

2014-09-25 ネイチャーコンサート (「千の風になって」秋川雅史さんと共演)

秋川雅史さんと

 NHK名古屋放送局主催の、「ネイチャーコンサート」本番があり、愛知県刈谷市総合文化センター(大ホール)に行ってきました。(刈谷>かりや。)

 このコンサートで、「千の風になって」の秋川雅史さんのピアノ伴奏を務めることができました。(1対1の伴奏です。)とてもエキサイティング経験でした。本番では、誰よりも近く秋川さんの声を聴けたのだから・・・・。

 ほかにも、服部隆之さんが作曲された3曲のオーケストレーションを僕が手がけ、それが音になったのはとても大きな喜びでした。今日管弦楽は、いつもお世話になっている、N響団友オーケストラで、前述の、オーケストレーションした3曲では、僕もオケ中(なか)でピアノ演奏しました。

 今日はとても贅沢に、1回のコンサートの中で2台のピアノを使用しました。オーケストラでのピアノ演奏ヤマハを、秋川さんの伴奏をしたコーナーでは、スタインウェイでした。両方とも調律が行き届き、とても鳴り響く感じだったこともあり、ピアノの蓋は常に半開でした。

 今日出演者がとても多く、秋川さんのほか、メゾ・ソプラノ高橋ちはるさん、俳優の石丸謙二郎さん(「世界の車窓からナレーション)、水泳岩崎恭子さん(バルセロナオリンピックメダリスト)、司会は黒崎めぐみアナウンサーでした。本日指揮者は、僕にとって2年ぶりの共演となる、田久保裕一さんでした。

 「哀の章」(あいのしょう)と題して、秋川さんと高橋ちはるさんが交互に叙情歌を歌うコーナーでは、すべて僕がピアノ伴奏し、テレビ収録と言うこともあってか、かなり緊張しました。「椰子の実」と「千の風になって」は、定番前奏があるのでそれを使用しましたが、その他の曲のイントロは、このコンサートのために僕が書き下ろしました。どのイントロも短いものではあったけど、自分作曲した音楽が流れるというのは(しか自演で)、感慨深いものでした。

 かけ橋合唱団からも、はるばる東京から2人の方が観に来てくださり、有り難いことでした。

 ハードな1日でしたが、とても充実して、帰京することができました。

 皆さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。

 このコンサートの模様は、編集の上、「金とく ネイチャーコンサートダイジェスト」として、11月7日(金)20:00−20:43にNHK放送されます。(中部ブロックのみ。)中部地方の方は、ぜひご覧ください。

♪「わぉ!まるごと大自然」メインテーマ Orch. M.S ★

♪同上 ギターバージョン Gt.*2 鍵盤ハーモニカ

♪同上 エンディング Orch. M.S ★

♪あざみの歌 M.S Pf. ★

♪海(松原遠く)Ten. Pf. ★

♪浜辺の歌 M.S Pf ★

椰子の実 Ten. Pf ★

故郷ふるさと)M.S Pf ★

千の風になって Ten. Pf ★

交響曲第6番「田園」より 第4楽章ベートーヴェン) Orch.

ポルカ「クラップフェンの森で」(J.シュトラウス) Orch.

♪ねがい(秋川雅史さんオリジナル曲) Orch. Ten. ★

・・・僕が演奏に加わった曲。また、「メインテーマ」、「エンディング」、「ねがい」の3曲は、すべて服部隆之作曲、室谷章編曲オーケストレーション)によるもの

よいよいよいよい 2016/05/05 22:09 写真は室谷章の太り過ぎを心配する秋川雅史さん。(がーん!)

muroyanmuroyan 2016/05/06 00:31 僕のこと、覚えていてくださるとうれしいんだけど・・・。(がーん)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/muroyan/20140925