Hatena::ブログ(Diary)

muryoimplの日記(でもない) RSSフィード

2015-03-04 このエントリーを含むブックマーク

2011-07-10 悩み中

悩み中。

一応こちらにVPS立ててLokka運営中。

こちらの扱いをどうするか迷ってるのですが、主にLokkaのほうでやっていこうかな、と思ってます。

http://muryoimpl.info/

2011-06-04 転職

転職しましてん。

5/31付けで前の会社を退職し、6/1付けでジェイテックという会社に転職しました。

今のところ、開発案件に参加していないので違いというか、文化の違いみたいなものが実はまだわかっていません。。


ただ、環境は一変する(している?)と思います。

以前の会社では、パッケージを扱っていたこと、自社内での作業が主でしたが、今の会社は外で働くことが主です。

私自身色々な案件をやってみたいというのもあり、そういう点では良い環境にきたな、と思います。


開発作業をこなし、これまで以上に技術や設計、開発プロセスなどいろいろとレベルアップしていければと思います。


※前の会社の後輩とは結構今会っているので、伝え忘れたことはその場で伝えています。。。サーセン

誕生日でした。

もう過ぎましたが、6/4が誕生日でした。(初31回目。)

当の本人は誕生日のメッセージが届いたことによって誕生日を認識したわけです。

「誕生日忘れてたわ!!!」って嘘だぁと思ってたのですが、実際ありましたねぇ。(これでも2日前までは覚えていたのです)


ま、誕生日の迎え方がちょっといかがなものか、と。

後輩にお願いしていた件でちょっと呼び出されたのですが、そのままバニーちゃんがいっぱいいるお店に連れて行かれまして...私自身がうさ耳を付けておかまキャラ全開。おねーさんは、黒髪ストレートの方と、しょこたん似の方がお話相手してくれました。そんなことしてるうちに終電を逃しまして、後輩に私の望む姿を伝えて漫画喫茶で仮眠して今朝帰ってきました。


で、ちょっとしんどかったので今日はずっと寝てまして。。


こんな誕生日を迎えたことはなかったですよ...ま、バニーさんかわいキレイだったのでいいんですけどねw

2011-05-08 vim勉強会#7に参加してきました。

Vim勉強会#7(#8という噂も)に参加してきました。

5/7に開催されたVim 勉強会#7に参加してきました。

Vim勉強会に参加するのは初めてでしたが、色々と勉強になりました。以下ざっと。


  • 「おすすめVimプラギンをいくつか紹介」 by ujihisa
    • ujihisa氏が使用しているvimプラギンを紹介。
    • neocomplcache, unite, smartchr, quickrunなどなど。

私はsmartchrとposlistは使っていなかった。ちょっと試してみたい。


  • 「Vundleでゔんどる」 by kozo-ni
    • 今話題のvundleの使い方と、作者のgmarik氏の.vimrcを解説。
    • ばっちり使っています。どちらかというと、私は.vimrcに書いて使用する派です。

:BundleSearchが結構面白い。(ただどんなプラギンかわからないのが難点)


むやみにインターフェースを利用するとvimごとクラッシュすることがあるらしい。


  • 「僕がいかにして unite を使わなくなったのか」 by Sixeight
    • uniteの簡単な紹介と、使わなくなった理由であるrails.vimの説明
    • uniteは選択肢を出してくれるけど、rails.vimは特定のファイル間ならコマンド一発で遷移可能。

私も注目していたrails.vim。:R, :Aの遷移とか、Rake直接打てるのは便利だよね。


  • 「気鋭の新機構vitalの全て」 by ujihisa
    • vimscriptを作成する人のためのライブラリフレームワーク?)
    • vim本体に入れるのでなく、vimscriptにバンドルする。
    • 依存関係などにより分岐を記述しなければいけない処理をvital側に記述することでvimscriptをキレイに保つ

.vimrc以外でvimscript書いたことないのですが、普段使う言語に置き換えれて便利さがわかりました。



私の知らないvimscriptの説明や、実際に使用しているvimscriptの知らない部分なんかが聞けたこと、楽しい雰囲気の勉強会であったため、楽しむことができました。

vimでこんだけ勉強会できるのはすごいですね。また、人数が多かった(20人弱くらい?)。周りにはEmacs使いが多いけれど、頑張って私はvimを使っていきますよ!!


事実なんだろうけど、vimscriptがだいぶイケテナイというのを散々聞いた…自己紹介で「vimscript覚えたい」と言ったが、全力で「やめとけ」っていわれている感じがした。けれども、全てのvimscriptにドキュメントが付属している訳ではないので、vimscriptの挙動とか知りたい場合は否が応にも覚えないと理解できないわけですが。。。う〜む...


おまけ

最近入れて便利と思ったのは、Sixeightさんの発表で出てきたunite-outlineがイケテルと思います。

メソッドの一覧を別ウインドウで表示し、選択すると指定したメソッドの行に飛んでくれます。

他の人が作ったコード見るときにざっとメソッドの一覧とか見れるし、飛べるので重宝しています。

kanasan.coffeeに参加してきました。

5/7に開催されたkanasan.coffeeというCoffeeScript勉強会に参加してきました。

扱うのも初めてでしたがちょっと感動してきました。



JavaScriptを簡単にしてくれるCoffeeScriptCoffeeScriptのほうがRubyPythonを知っている人にとっては実装しやすいんだな、というのがわかった勉強会

CoffeeScriptのTRY COFFEESCRIPTが変換前と変換後を比較できて超絶便利だと思いました。



変換後のJavaScriptをみると、Javascriptってこんな面倒な実装しないと思った通りに動いてくれないんだ...とも再認識した日でした。JavaScriptCoffeeScript両方勉強しなきゃ、ですね。。

2011-03-20 Hokuriku.rb×高専カンファレンスに参加

[ruby][#hkrbkc] Hokuriku.rb×高専カンファレンスに参加

著名なRubyistsが登壇するってのと、実家が金沢ってこともあって参加してきました。

残念ながら地震の影響で東京北海道から参加する予定であった発表者の@mrknさん、@igaiga555さん、@june29さんがSkypeによるビデオチャットでの参加となってしまいました。

以下、概要。


Rubyをたのしくするために私が考えていること」by @mrknさん

表現が難しいと言われるRubyの楽しさについてお話されていました。

  • つまらない作業の絶対量を減らす」
  • プロダクティブな作業に費やす時間を増やす」ことで能率が上がって楽しい時間が多くなる。
  • 自信の好きな数学から数字を扱うライブラリに着目
    • 小数を扱うRubyのFloatは固定長浮動小数点数
    • Floatは誤差をもってるので、普通の小数として扱いたい
    • 普通の小数と思って計算すると誤差による痛い目に遭う
  • Rationalインスタンスとして扱うようにpatchを書いている(Ruby2.0までに間に合わせたい)

「楽しいRubyで、楽しいアプリと楽しい毎日をつくろう」 by @june29さん

ちょっとしたネタ(ハートキャッチ術)の後、本編を話されていました。

  • Rubyistには色んな種類があるけど、RubyでWeb Applicationを作る人です
  • RubyはWebアプリを作るのに環境が整っているのでおもちゃ感覚で遊ぶことができる
  • 楽しいものをみつける→継続する→力になる(それが俺にとってはRuby
  • 生き残るためにRubyで遊び、創造するのが俺の流儀
  • 人との出会いによってかなり良い方向に人生が狂ってる
  • これと決めたことに全力で取り組むことは楽しい
  • 楽しい毎日を大切に

「世界のどこかで楽しくRubyでお仕事するために」 by igaiga555さん

がっつり稼ぐにタイトル変更w


高専の教員になって 経験したこと/学んだこと/成長したこと」 by 越野先生

よく続いてるな...で掴んだお話。

  • 日経Linuxで記事かいてます
  • プログラミングアルゴリズムの授業担当してます
  • 授業難しいと言われるけど、課題出すとすごいものを提出してくる学生がいる
  • 学生から教えられることがたくさんある。いろんな技術やトレンド
  • 顔も身体もお腹も心も丸くなった→精神的成長
  • 学校、勉強会、未踏など色んな人と出会った→出会い大事

高専生が語る、プログラマー最強伝説」 by jig.jp代表 福野さん

過去の歴史から現在に至るまで


LTはちょっとかんべんして...

【感想】

普段聴けない若い人たちの話しを聞くことができました。やはり若い人達のパワーは凄いね。テンションが違うわw 

LTについては書いてないけど、プレゼンの仕方とか、話しとかたいへん参考になりました。勉強になった一日でした。

Ruby関西でも苦戦したけど、Skypeビデオチャットでのプレゼンは難しいよね。遠隔でよい話をリアルタイムで聴けるのは非常に魅力的なのだけど、間に不確定要素のネットワークが絡むから計画どおりいかないよね。

定期的に再接続するとか、資料は会場で音声はSkypeでとか、USTREAMに切り替えるとか良い対応策をリアルに見れてよかった。


このような会を催してくださったスタッフの皆様、発表者の皆様、そして参加者の皆様に感謝します。ありがとうございました。

Connection: close