museionの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-28 脳病院へまゐります。  若合春侑 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第86回文学界新人賞 若合春侑  脳病院へまゐります。

精神を冒された主人公手紙にしたためられた独白を、旧字旧仮名遣いで書いた耽美的な作品。作者の女性谷崎潤一郎敬愛し、春琴抄のスタイルを模倣したという。しかし、内容は痴人の愛、卍、刺青など谷崎全作品に通ずるものがあるという入れ込み様。時代は昭和初期。主人公の女性は、夫の留守中にカフェーで出会った谷崎文学を愛する若者と知り合い恋におちる。最初は主人公の方から積極的に迫っていくのだが、相手の若者が良家の娘と結婚すると、男は別れを惜しむ主人公に対して性倒錯を強いるようになる。段々エスカレートしていき、全身男の排泄物まみれになったり乳首を焼かれたりと気絶にまで追いやられることもしばしば。やがて命の危険を感じた主人公は精神病院に身を預けるようになる。同じ病院には高村智恵子入院していて、夫の無償の愛を受ける智恵子を羨ましく思うのだった。主人公の性倒錯とマゾヒズムを肉体の痛みや醜悪さや卑猥さを通じて描いているが、最終的には女性の怨念へ収斂されていて、旧字旧仮名遣いが相まって精神的にも美的世界へと昇華させた渾身の力作といえる。しかし、倒錯しすぎ(笑)普通ひく。谷崎作品はああ見えて、当時の文学や道徳事情もあったのだろうが露骨な性に対する倒錯的な描写はなく、精神的な主従関係というかSMが描かれているのがほとんど。なので、倒錯的でない人にもつきつめると納得できるというか共感できる内容だが、この作品の場合は理解を超えた迫力があり納得させられてしまう。

by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/museion/20070128