museionの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-03 痩せた背中 鷺沢 萠 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:museion:20070203142748j:image

痩せた背中 鷺沢 萠

主人公はオイサンと呼んでいた父親の葬式に出席するため、久方振りに故郷高崎に帰る。家に戻ると、オイサンの女がいた。オイサンは主人公の母親と死別した後何人もの女を垂らしこんでいたが、主人公と三人で暮らした女は一人だけだった。その女は、隣町の床屋で働く20歳くらいの女で、オイサンと親子位年の離れた若かった。主人公はその女が美しかったこともあり親しくするようになる。その女はそれまで身寄りが誰一人なく、初めて自分に優しく接してくれたのがオイサンだと言う。女は学がなく文字も読めなかったが、オイサンに気に入られようと家事にいそしむのだった。ところが、オイサンの悪い癖がまた出てしまい別の女を作ってしまう。その頃から、主人公は女の精神が壊れていく姿を目にしていく。ある日、オイサンはいつものように帰ってこなく待っているうちに寝てしまった主人公。目覚めると既に明け方になっていて、立ち上がって玄関に行ってもオイサンの靴はない。玄関前の襖をあけると布団の上で花柄の浴衣羽織った痩せた背中が剥き出しになっている。手元は血で染まりその脇にはかみそりが。

女が廃人寸前になり、オイサンは自分の非を認め改心し常に女につき切りになって面倒をみるのだったが、やがてそのオイサンも心臓病の発作に冒されるようになる。

タイトル通り、父親の若い彼女の精神がおかしくなっていき自殺未遂をした時に主人公が見た女の痩せた背中もさることながら、女が精神を病んでいく過程で仕事にも出なくなってずっと家にいつづけるようになり、主人公が学校から帰ってくると机の前で前かがみになっているので近づいてみると、指の先ほどの小さな千羽鶴を折っていたり、温和でのんびりやさんの性格の女が野良犬に父親用のご飯を投げつける姿は鬼気迫るものを感じさせる。それは、芥川龍之介の作品に通ずるところがあり、人間の心の奥底に潜む巨大な想像力を感じさせると同時に巨大な底知れない闇をも感じさせる。

これまで、鷺沢 萠という作家の作品を読んだこともなかったし、意識したこともなかったので初めて調べてみた。するとウィキペデイアにこう書かれていた。十代の時、高校三年生で文学界新人賞を受賞した後、数々の作品を残す。自らの家庭を取材するなか父親の祖母が韓国人だと知り韓国留学した経験もある。そして、2004年4月11日、自宅トイレで首を吊りその生涯を閉じた。享年35歳だという。

才能が精神の器を越えて零れだしてしまったのだろうか。しかし、才能ある数少ない人間にしか書くことのできない孤独というものを見事に書ききったこの作品は素晴らしいの一言につきる。


最近柳美里フルハウスを読んだ。在日文学の旗手として柳 美里が騒がれていた頃、フルハウスを流し読みしたことがあったがほとんど印象に残っていなかった。当時は世間の在日文学という評価が邪魔していたのかもしれないが、ある意味色眼鏡をかけて見ていたのだろう。改めて読んでみると堅苦しい事関係なく素直に面白いと感じた。

昔、伊集院静の作品を読んで同じ事を思ったことがあるのだが、韓国の理想の(?)男性像は日本光源氏に代表される優男とは正反対で、無骨で男臭い印象がある。上述した三作家が描いた父親像にはそんな共通点があるように思える。



第78回 文学界新人賞  ファーストブルース 松尾光治

親の都合でロスアンゼルス郊外の中流家庭の家が立ち並ぶ街で学生生活を送った主人公の日本人黒人女の子と知り合い、そして初体験をして性病をうつされるという出来事を思い出話のように振り返っている話。白人たちが多い街に育った彼は黒人の女の子と付き合うことで、親や白人から白い眼で見られると同時に、黒人の彼女からも肌の色が違うということを何を意味するのかということを教えられるのだが。ただ、主人公が好きになる女の子の肌が黒いことを常に気にしていて、最終的には肌が黒いことを理由に彼女の人間性まで疑うというほどの差別意識アメリカ青春を送った若者のひと夏の思い出というさわやかな話の中で人種差別を軽く扱うことで、人種差別の根深さというより作者の人種差別に対する浅はかさみたいなものが感じられた。アメリカにおける黒人に対する白人の意識だけではなく、日本人の主人公が無意識のうちに人種差別に加担しているせいで、読み終わるとさわやかな青春小説というより人種差別小説という印象が徐々に強くなってきた。十年前とはいえ、この作品に新人賞を与えるのはいかがなものかと。人種差別といったシビアな問題を取り上げる場合、被害者加害者立場を掘り下げて問題意識を明確にした上でないと、人種差別を否定するだけでなく書き手自らが己を否定することに繋がると感じた。人にされて嫌なことは、やはり人にすべきではないという正論だがごく当たり前の意識は持ってしかるべきだと思った。セリーヌのように退廃的な意識と反ユダヤ主義を結びつけて独自の作風を作り上げた人もいるが、その交換として手に入れたものは母国フランスから追放される運命だったわけだが・・とはいえ、セリーヌの小説の主人公にはセリーヌの愛が感じられるが、この小説の主人公には作者の愛が感じられない。単純に心理や性格、感情描写が足りないだけなのかもしれない。もしかすると、これが苦々しい気分にさせられた理由なのかもしれない。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

第76回 文学界新人賞 無人車  高林杳子  

運転手のいない車という幻覚とも現実ともつかない白昼夢を見る女の主人公の話。

あやあや 2016/10/24 03:13 この作品での千羽鶴の役割は何だと思いますか?
また、町子がオイサンの葬式で鶴を持ってきておいさんになにを伝えようとしたのだとおもいますか?

あやあや 2016/10/24 03:13 この作品での千羽鶴の役割は何だと思いますか?
また、町子がオイサンの葬式で鶴を持ってきておいさんになにを伝えようとしたのだとおもいますか?

あやあや 2016/10/24 03:13 この作品での千羽鶴の役割は何だと思いますか?
また、町子がオイサンの葬式で鶴を持ってきておいさんになにを伝えようとしたのだとおもいますか?

2007-02-02 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:museion:20070124172205j:image


第75回 文学界新人賞 ちょっとムカつくけれど、居心地のいい場所 伏本和代

主人公女子高生には年の離れた叔母がいる。叔母はある日、一緒に探偵事務所について来てくれないかと頼む。

叔母の夫がどうやら浮気をしているらしく、その調査依頼に付き合ってくれというものだった。主人公の女の子母親の様子が変なのが気になっていた。母親の様子が変なのは婦人科から帰ってきてからだった。叔母のこともあり、母親が父とは違う男と浮気して妊娠したのではないかと思い心配になり母親に対して疑いの目を向けるのだった。

やがて探偵事務所から報告があったと叔母から連絡がはいる。叔母には分かっていたことだが実際事実として前に突きつけられるとどうして良いのか分からなくなってしまう。最初は強がっていた叔母だったが実は自分の意思で何一つ動くことのできない弱い人物だったのだ。そんな叔母の姿を見た主人公の女の子は両親の仲睦まじい姿と叔母夫婦の対極的な様子を見ながら子供から脱皮していく。

第77回 文学界新人賞 中村邦生 冗談関係のメモリアル

学生時代の友人同士の男が飲み屋に集まって身も蓋もない話を言い合うという話。日本という国が貧しさや戦争から縁遠い国になり、個人的な問題が一番の国家的問題なのか?だろうかと錯覚してしまう。それはそれで有難いし、平和が何よりだ。しかし、ノーベル文学賞は激動の時代を送る国の作家に送ってほしいと思う。本題に戻ると、この小説ユーモア小説ということになるのだろうが、ユーモアというのはバランス重要だなと感じた。語りすぎてもダメ、とはいえ淡白すぎてもダメ、同時代人、同国人でなくても面白さが分からなければダメなのだから。


第77回 文学界新人賞 篠原 一 壊音

漫画アキラウィリアム・ギムスンのSFのような未来青年少女登場人物で、ゲリラとか反政府分子みたいなそれ系の用語がキーワードとなる物語


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-02-01 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第79回 文学界新人賞 マイナス因子  木村

若い女の子二人が、日常への苛立ちやら未来への不安を募らせながら、その果てに心中するというお話。サガン悲しみよこんにちは以来続く女の子小説の典型的なスタイルで書かれている。若い女の子日記、今で言うとブログを読む感覚に近い。精神的に不安定な若い女の子というテーマはまだ今後も続いていくのでしょうか。ただ登場人物若さゆえに方法を知らないから力がなく悲劇に巻き込まれるといった、いわゆる若者の暗い話は客観的になって冷静に読むと笑える。

第74回 文学界新人賞 樹木内侵入臨床士 安斎あざみ

樹木内侵入臨床士という不思議な能力を持つ人間、それが主人公だ。主人公の女子大生はある日、保健室に呼ばれて樹木を描いた画を見せられる。それは樹木画というもので、書いた人間の心が反映されたものだった。心理療法の芸術療法のようなもので、病んだ心の人間が描く樹木を樹木内侵入臨床士が見ると、その構成要素を具体的に判別することができるというものだ。この話は、樹木内侵入臨床士という架空の能力を心理療法と重ね合わせながらも異世界に通じる新たな扉として細かく描写したところに説得力がある。



第73回 文学界新人賞 名前のない表札  市村薫

うだつのあがらない生活を送る若者が風俗の女に入れあげる。その女の源氏名和泉式部。太った女だ。主人公はサラ金に何百万も借金してまで毎日通いつたことが功を奏し、とうとう和泉式部と同棲することになる。


第72回 文学界新人賞 海を渡る植物群 みどりゆうこ


外国で暮らす女主人公は理屈自我が強い。彼女にはフィアンセがいて、その彼は同じ日本人母親と二人で生活をしている。いわゆるマザコンっぽい男だ。植物好きの主人公は、ある日植物の栽培に詳しい教授と呼ばれている老人の下に訪れる。老人の植物に対する知識は豊富で主人公も老人の牧歌的な生活に憧れを持つ。老人の家に通ううちにフィアンセの感覚のずれを感じていた時、老人から告白をされる。その伏線になるような言葉を老人は告げていたが、親子以上に年齢が離れているが一緒に暮らしたいとはっきりと告白する。主人公の女性にとっては、フィアンセの彼より老人の方が居心地の良さを感じていることはうなずけるのだが、老人がいきなり告白する場面は唐突感が否めない。映画で言うと、ヌーベルバーグの旗手、エリック・ロメールのようだ。中年の男が若い美しい女を手玉にとっていく作品が多いのだが、何故もてもてなのかさっぱり分からない。かといって、分かったらもてもてになれるともどうも思えない。ただ、この登場人物が最初からもてもてのプレイボーイの役割を与えられたから、もてもてなのだとしか思えないのだ。そのもてもてぶりを際立たせるためだけに、出来るだけ美人で若い無垢な女性をその男にあてがうとしか思えない。女性の書いた小説にこういう理解のできない展開になる作品があるが、逆に男の書いた作品にも女性が理解に苦しむものもあるだろう。その男女間の隔たりみたいなものを理解することで、異性の違いによる面白みが発見できるかもしれないと思った。

2007-01-13 山月記 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

夭折の小説家中島敦山月記

古代中国舞台に、博学で将来を有望視しされた李徴は自らのプライドの高さにより官吏を辞職し、詩才に耽るようになる。同期の者たちが出世していくなか、汝水家族を養うために低級官吏の身に甘んじることになる。そんなある時、汝水の宿に仕事で赴いたさい夜中、李徴は突然発狂して森の奥深くへと走っていきそのまま行方知らずとなったのだった。

それから月日が経過したある日、李徴の友人が家来たちと共に人食い虎が現れるという山間の道を進んでいると、案の定噂の虎が現れる。虎は襲おうとするやいなや身を翻し、その後に人間言葉で「危なかった」と言い叢に逃げ込み、そして人間の言葉でとうとうと語りだした。

その虎は狂って行方不明になっている李徴本人で、その虎は自らの最後の言葉を友人に託すのだった。

by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html


第102回文學界新人賞2006年) 受賞作品 木村紅美の「風化する女」

主人公の二十代の女性大企業に勤めるOLだがいわゆる腰掛的な位置づけ。

社内でも一人でいることが多く非社交的なのだがたった一人、同じように社内で孤立するする女性と知り合う。彼女は四十過ぎで他部署に所属している独身女性。主人公に対しては面倒見は良かったが付き合いは淡白だった。その女性が亡くなり、田舎の家族とも旨くいっていなかったので唯一親しくしていた主人公が後片付けを任されることになる。

主人公自身も結婚会社退職届を出したばかり。後任として配属された新人は可愛らしく男性陣の人気者で、まだ辞めるまで日数があるにもかかわらず既に居場所がないような状態。そんな状況下、主人公は亡くなった同僚の部屋に置かれていた写真の男の存在が気になりだす。

最近の二十代前後の女性作家の作品には必ずといっていいほど主人公の女性の性的な描写が出てくる。この作品でも、彼の指がゆっくりと陰毛をまさぐりながら中に押し入ってきて〜といった感じの描写がある。若い女性作家にとって、性的な表現にリアリティを見出していると言うのだろうか、数年前までの女性作家よりその傾向が強いように思える。その反面、小説における男の性に対する意識は何十年と変化していないと感じる。

そして、小説の中で母親的な存在が消え失せつつあるようにも思える。

第42回 文藝賞2005年青山七恵 「窓の灯(あかり)」

主人公の女の子喫茶店に勤めていて、店主のそれほど年上でもない女性を姉のように慕っている。

大学中退して路頭に迷っているところ拾われたような形で、住み込みのような形で生活を共にしている。店主は複数の男性に言い寄られていて、それぞれが訪れると一晩を共にするという関係。

その中に店主の大学時代の教師がいるのだが、その教師に対して主人公は平常心を失う。店主やその周りの男たちが一体何を考えているのかさっぱり見当がつかない主人公の心に葛藤矛盾といった気持ちが高まっていく。

若い女性ならではの感性がところどころに表現されている。主人公が寝入ったばかりの店主の手をそっと握った時の店主の手の描写、その手の柔らさを感じることで店主の愛人の男たちと同じような気持ちになろうとする主人公のあり方などである。

全体としては、サガンというか女の子が書いた散文詩のような書き方で汗臭さや泥臭さとは無縁。ある意味無機質で淡白とも言える。が、そのことで若い女の子の繊細さが強調されたのではないでしょうか。

2007-01-04 東京下町 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

日暮里駅を降りて紅葉坂をのぼってしばらく歩いていると谷中霊園に出る。

f:id:museion:20070104155910j:image

谷中霊園の裸になった桜並木を抜け、さらに観音寺の築地塀を通り過ぎると、乱歩という喫茶店がある。江戸川乱歩と乱歩の「D坂の殺人事件」にちなんだ店。谷中の街紹介でよく登場する。窓越しに中を少しのぞいた後、店の外観を眺め回して通り過ぎる。数年前僅かの期間だけ一般開放された立教大学敷地内にある江戸川乱歩本人の書庫は見てみたいと思うが、ここは名前だけですからね。



千駄木を通り過ぎ、上野・不忍池に出る。

一面に広がる蓮根の枯れた枝葉が肌寒さを感じさせる。

f:id:museion:20070104164519j:imagef:id:museion:20070104164226j:image

草むらには子供の猫の兄弟がいた。

同じ毛並みで同じ位のサイズの猫が三匹いた。

f:id:museion:20070104164043j:imagef:id:museion:20070104163741j:image

上野界隈だから、食べ物には困らないだろうが

冬の寒い時期は日が短くて猫も大変だろう。

夜中はどうしているのだろうか?

骨董市が開かれていたので少し覗いてみるが、思っていたより規模が小さかった。

f:id:museion:20070104162443j:image

明治・大正の小説舞台はほとんどが台東区、文京区だったと言っていい位

当時の下町は文化の中心を担っていた。

江戸情緒が残る下町を描いた作品としてまず思い浮かべるのは、樋口一葉の「たけくらべ」だろうか。

f:id:museion:20070104023210j:image

「たけくらべ」は吉原の街を舞台に繰り広げられる思春期を迎えた少年少女の話。

今で言う学園物のような話だが、時代と場所柄小さい頃から既に彼らの未来は決定されているようなもの。

両親が貧しいが故に、主人公の美登利にとって姉と同じように芸妓になる以外選択の余地はない。

貧しい家の娘は芸妓として売られていくのが常なのだ。

男女の違いによって、幼馴染といえども数年後には全く別世界に属する人間となっていく。

「たけくらべ」はそんな不安な将来に悩まされながら大人になろうとている子供たちの姿を描いた作品。

樋口一葉が女性だけに、女の子の心理というか思春期の女の子ならではの無邪気でどこか頼りないのだが

少女の中の女の本性が芽生えつつある様子が巧みに描かれている。

ところで、樋口一葉の作品に登場する男は老若問わず、女よりもかなり低級というか馬鹿者という印象を受けるのだが

父親や師匠など男という男に振り回された樋口一葉ならではの男性観が反映されていると言ってよいのだろうか。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html