museionの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-03 痩せた背中 鷺沢 萠 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:museion:20070203142748j:image

痩せた背中 鷺沢 萠

主人公はオイサンと呼んでいた父親の葬式に出席するため、久方振りに故郷の高崎に帰る。家に戻ると、オイサンの女がいた。オイサンは主人公の母親と死別した後何人もの女を垂らしこんでいたが、主人公と三人で暮らした女は一人だけだった。その女は、隣町の床屋で働く20歳くらいの女で、オイサンと親子位年の離れた若かった。主人公はその女が美しかったこともあり親しくするようになる。その女はそれまで身寄りが誰一人なく、初めて自分に優しく接してくれたのがオイサンだと言う。女は学がなく文字も読めなかったが、オイサンに気に入られようと家事にいそしむのだった。ところが、オイサンの悪い癖がまた出てしまい別の女を作ってしまう。その頃から、主人公は女の精神が壊れていく姿を目にしていく。ある日、オイサンはいつものように帰ってこなく待っているうちに寝てしまった主人公。目覚めると既に明け方になっていて、立ち上がって玄関に行ってもオイサンの靴はない。玄関前の襖をあけると布団の上で花柄の浴衣を羽織った痩せた背中が剥き出しになっている。手元は血で染まりその脇にはかみそりが。

女が廃人寸前になり、オイサンは自分の非を認め改心し常に女につき切りになって面倒をみるのだったが、やがてそのオイサンも心臓病の発作に冒されるようになる。

タイトル通り、父親の若い彼女の精神がおかしくなっていき自殺未遂をした時に主人公が見た女の痩せた背中もさることながら、女が精神を病んでいく過程で仕事にも出なくなってずっと家にいつづけるようになり、主人公が学校から帰ってくると机の前で前かがみになっているので近づいてみると、指の先ほどの小さな千羽鶴を折っていたり、温和でのんびりやさんの性格の女が野良犬に父親用のご飯を投げつける姿は鬼気迫るものを感じさせる。それは、芥川龍之介の作品に通ずるところがあり、人間の心の奥底に潜む巨大な想像力を感じさせると同時に巨大な底知れない闇をも感じさせる。

これまで、鷺沢 萠という作家の作品を読んだこともなかったし、意識したこともなかったので初めて調べてみた。するとウィキペデイアにこう書かれていた。十代の時、高校三年生で文学界新人賞を受賞した後、数々の作品を残す。自らの家庭を取材するなか父親の祖母が韓国人だと知り韓国へ留学した経験もある。そして、2004年4月11日、自宅トイレで首を吊りその生涯を閉じた。享年35歳だという。

才能が精神の器を越えて零れだしてしまったのだろうか。しかし、才能ある数少ない人間にしか書くことのできない孤独というものを見事に書ききったこの作品は素晴らしいの一言につきる。


最近、柳美里フルハウスを読んだ。在日文学の旗手として柳 美里が騒がれていた頃、フルハウスを流し読みしたことがあったがほとんど印象に残っていなかった。当時は世間の在日文学という評価が邪魔していたのかもしれないが、ある意味色眼鏡をかけて見ていたのだろう。改めて読んでみると堅苦しい事関係なく素直に面白いと感じた。

昔、伊集院静の作品を読んで同じ事を思ったことがあるのだが、韓国の理想の(?)男性像は日本光源氏に代表される優男とは正反対で、無骨で男臭い印象がある。上述した三作家が描いた父親像にはそんな共通点があるように思える。



第78回 文学界新人賞  ファーストブルース 松尾光治

親の都合でロスアンゼルス郊外の中流家庭の家が立ち並ぶ街で学生生活を送った主人公の日本人が黒人の女の子と知り合い、そして初体験をして性病をうつされるという出来事を思い出話のように振り返っている話。白人たちが多い街に育った彼は黒人の女の子と付き合うことで、親や白人から白い眼で見られると同時に、黒人の彼女からも肌の色が違うということを何を意味するのかということを教えられるのだが。ただ、主人公が好きになる女の子の肌が黒いことを常に気にしていて、最終的には肌が黒いことを理由に彼女の人間性まで疑うというほどの差別意識アメリカで青春を送った若者のひと夏の思い出というさわやかな話の中で人種差別を軽く扱うことで、人種差別の根深さというより作者の人種差別に対する浅はかさみたいなものが感じられた。アメリカにおける黒人に対する白人の意識だけではなく、日本人の主人公が無意識のうちに人種差別に加担しているせいで、読み終わるとさわやかな青春小説というより人種差別小説という印象が徐々に強くなってきた。十年前とはいえ、この作品に新人賞を与えるのはいかがなものかと。人種差別といったシビアな問題を取り上げる場合、被害者加害者の立場を掘り下げて問題意識を明確にした上でないと、人種差別を否定するだけでなく書き手自らが己を否定することに繋がると感じた。人にされて嫌なことは、やはり人にすべきではないという正論だがごく当たり前の意識は持ってしかるべきだと思った。セリーヌのように退廃的な意識と反ユダヤ主義を結びつけて独自の作風を作り上げた人もいるが、その交換として手に入れたものは母国フランスから追放される運命だったわけだが・・とはいえ、セリーヌの小説の主人公にはセリーヌの愛が感じられるが、この小説の主人公には作者の愛が感じられない。単純に心理や性格、感情描写が足りないだけなのかもしれない。もしかすると、これが苦々しい気分にさせられた理由なのかもしれない。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

第76回 文学界新人賞 無人車  高林杳子  

運転手のいない車という幻覚とも現実ともつかない白昼夢を見る女の主人公の話。

あやあや 2016/10/24 03:13 この作品での千羽鶴の役割は何だと思いますか?
また、町子がオイサンの葬式で鶴を持ってきておいさんになにを伝えようとしたのだとおもいますか?

あやあや 2016/10/24 03:13 この作品での千羽鶴の役割は何だと思いますか?
また、町子がオイサンの葬式で鶴を持ってきておいさんになにを伝えようとしたのだとおもいますか?

あやあや 2016/10/24 03:13 この作品での千羽鶴の役割は何だと思いますか?
また、町子がオイサンの葬式で鶴を持ってきておいさんになにを伝えようとしたのだとおもいますか?

2007-02-02 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:museion:20070124172205j:image


第75回 文学界新人賞 ちょっとムカつくけれど、居心地のいい場所 伏本和代

主人公女子高生には年の離れた叔母がいる。叔母はある日、一緒に探偵事務所について来てくれないかと頼む。

叔母の夫がどうやら浮気をしているらしく、その調査依頼に付き合ってくれというものだった。主人公の女の子母親の様子が変なのが気になっていた。母親の様子が変なのは婦人科から帰ってきてからだった。叔母のこともあり、母親が父とは違う男と浮気して妊娠したのではないかと思い心配になり母親に対して疑いの目を向けるのだった。

やがて探偵事務所から報告があったと叔母から連絡がはいる。叔母には分かっていたことだが実際事実として前に突きつけられるとどうして良いのか分からなくなってしまう。最初は強がっていた叔母だったが実は自分の意思で何一つ動くことのできない弱い人物だったのだ。そんな叔母の姿を見た主人公の女の子は両親の仲睦まじい姿と叔母夫婦の対極的な様子を見ながら子供から脱皮していく。

第77回 文学界新人賞 中村邦生 冗談関係のメモリアル

学生時代の友人同士の男が飲み屋に集まって身も蓋もない話を言い合うという話。日本という国が貧しさや戦争から縁遠い国になり、個人的な問題が一番の国家的問題なのか?だろうかと錯覚してしまう。それはそれで有難いし、平和が何よりだ。しかし、ノーベル文学賞は激動の時代を送る国の作家に送ってほしいと思う。本題に戻ると、この小説ユーモア小説ということになるのだろうが、ユーモアというのはバランス重要だなと感じた。語りすぎてもダメ、とはいえ淡白すぎてもダメ、同時代人、同国人でなくても面白さが分からなければダメなのだから。


第77回 文学界新人賞 篠原 一 壊音

漫画アキラウィリアム・ギムスンのSFのような未来青年少女が登場人物で、ゲリラとか反政府分子みたいなそれ系の用語がキーワードとなる物語


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-02-01 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第79回 文学界新人賞 マイナス因子  木村巴

若い女の子二人が、日常への苛立ちやら未来への不安を募らせながら、その果てに心中するというお話。サガン悲しみよこんにちは以来続く女の子小説の典型的なスタイルで書かれている。若い女の子の日記、今で言うとブログを読む感覚に近い。精神的に不安定な若い女の子というテーマはまだ今後も続いていくのでしょうか。ただ登場人物が若さゆえに方法を知らないから力がなく悲劇に巻き込まれるといった、いわゆる若者の暗い話は客観的になって冷静に読むと笑える。

第74回 文学界新人賞 樹木内侵入臨床士 安斎あざみ

樹木内侵入臨床士という不思議な能力を持つ人間、それが主人公だ。主人公の女子大生はある日、保健室に呼ばれて樹木を描いた画を見せられる。それは樹木画というもので、書いた人間の心が反映されたものだった。心理療法の芸術療法のようなもので、病んだ心の人間が描く樹木を樹木内侵入臨床士が見ると、その構成要素を具体的に判別することができるというものだ。この話は、樹木内侵入臨床士という架空の能力を心理療法と重ね合わせながらも異世界に通じる新たな扉として細かく描写したところに説得力がある。



第73回 文学界新人賞 名前のない表札  市村薫

うだつのあがらない生活を送る若者が風俗の女に入れあげる。その女の源氏名和泉式部。太った女だ。主人公はサラ金に何百万も借金してまで毎日通いつたことが功を奏し、とうとう和泉式部と同棲することになる。


第72回 文学界新人賞 海を渡る植物群 みどりゆうこ


外国で暮らす女主人公は理屈自我が強い。彼女にはフィアンセがいて、その彼は同じ日本人母親と二人で生活をしている。いわゆるマザコンっぽい男だ。植物好きの主人公は、ある日植物の栽培に詳しい教授と呼ばれている老人の下に訪れる。老人の植物に対する知識は豊富で主人公も老人の牧歌的な生活に憧れを持つ。老人の家に通ううちにフィアンセの感覚のずれを感じていた時、老人から告白をされる。その伏線になるような言葉を老人は告げていたが、親子以上に年齢が離れているが一緒に暮らしたいとはっきりと告白する。主人公の女性にとっては、フィアンセの彼より老人の方が居心地の良さを感じていることはうなずけるのだが、老人がいきなり告白する場面は唐突感が否めない。映画で言うと、ヌーベルバーグの旗手、エリック・ロメールのようだ。中年の男が若い美しい女を手玉にとっていく作品が多いのだが、何故もてもてなのかさっぱり分からない。かといって、分かったらもてもてになれるともどうも思えない。ただ、この登場人物が最初からもてもてのプレイボーイの役割を与えられたから、もてもてなのだとしか思えないのだ。そのもてもてぶりを際立たせるためだけに、出来るだけ美人で若い無垢な女性をその男にあてがうとしか思えない。女性の書いた小説にこういう理解のできない展開になる作品があるが、逆に男の書いた作品にも女性が理解に苦しむものもあるだろう。その男女間の隔たりみたいなものを理解することで、異性の違いによる面白みが発見できるかもしれないと思った。

2007-01-30 ジェロニモの十字架 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:museion:20070131010638j:image



第80回文学界新人賞 青来有一 ジェロニモ十字架

後から知ったのだが芥川賞受賞作品でもあるようだ。この作品ほど受賞に相応しいものはないし、もしかすると賞の器を越えた作品とも言える。長崎という舞台が重要意味をなしているところなど、ニューハンプシャーに捉われ続けているジョン・アーヴィングと作風が被るところがある。ところが、この作品で舞台となる長崎は、大勢の隠れキリシタンが指つめや鼻削ぎ、竹鋸による首切りなど過酷な拷問・弾圧を受け殺害されたという歴史原爆が投下されたという歴史など、歴史的な大量殺戮の現場となったことが大きな意味を持つ。

口頭癌で声帯を除去し声をなくした主人公。その主人公にはジェロニモという叔父がいて、そのジェロニモ叔父は放火罪や、痴漢などの検挙歴があるだけでなく親族の中では一番の問題児として誰もが悩まされ続けてきた人物だった。そのジェロニモ叔父を中心に、原爆を体験した祖母の代から主人公と従妹の赤ん坊に渡る四世代と、ジェロニモ叔父の心を捉えた隠れキリシタンがいた時代(ジェロニモ叔父は自分の一族がもともと隠れキリシタンだったと確信している)などと歴史を縦断しながら、声を奪われた主人公は過去の中で声を奪われた者たちに思いをはせながら記憶をたどっていく。ジェロニモ叔父には、犯罪歴だけでなく、口にする言葉、態度、ジェロニモ叔父から発せられるものは全てに不快さがつきまとい親族皆から疎まれているのだが、親族たちは心の中ではどこかでジェロニモ叔父に対して優しい目で見守っているところがこの作品に描かれた登場人物と同時のこの作品の深さを感じさせるところで、それは原爆や弾圧といった厳しい現実を目の当たりにしながらも力強く耐えて長崎で生きてきた人々に対する作者の愛が感じられる。

by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-01-29 デッドエンドスカイ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:museion:20070131010630j:image




第81回文学界新人賞 塩崎豪士 目印はコンビニエンス

作風は安部公房の「人間そっくり」に近く、ナンセンス小説といっていいだろうか。主人公はある日テレクラでとった電話の相手が指示した住所に向う途中、ひどい迷子に陥り地下鉄の出口を行ったりきたりすることになる。そして、目的地に到着するとそこは病院で間違えたかと思いきや、医者が電話したのは自分だと告白したうえにあなたは特殊な病気にかかっていて混乱しているからこれから言う処方を取りなさいと命令される。その処方とはモーツアルト音楽を聴いたりなどで本当にこれで効き目があるのかと疑わしくなるようなもの。帰宅すると知らない名前の女性が訪問し借りていたお金を返しにきたと言って、三十円というはした金が入った封筒を主人公に渡す。しかも、その三十円は今のお金ではなく生まれる以前の古い紙幣だった。など、のらりくらりと振り回される主人公であった。


f:id:museion:20070115171753j:image


第81回文学界新人賞 清野栄一   デッドエンドスカイ

主人公の若者の家に無職になってなだれ込んできた友人。友人は主人公がいない間にダイヤルQ2を使って電話をかけていたことを、主人公は電話の支払い明細書を見て知る。主人公は友人が電話している相手に電話をすると知らない女が出る。主人公は、友人と偽ってディスコで女と会うのだった。女と肉欲だけを求める付き合いをしていき破滅に向っていく主人公。ドラッグ・セックス・クラブ・無職・アウトロー・新興宗教というキーワードを辿りながら若者たちの無軌道な生活を描いた作品と言えるのだろうか。

by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-01-28 脳病院へまゐります。  若合春侑 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第86回文学界新人賞 若合春侑  脳病院へまゐります。

精神を冒された主人公手紙にしたためられた独白を、旧字旧仮名遣いで書いた耽美的な作品。作者の女性は谷崎潤一郎を敬愛し、春琴抄のスタイルを模倣したという。しかし、内容は痴人の愛、卍、刺青など谷崎全作品に通ずるものがあるという入れ込み様。時代は昭和初期。主人公の女性は、夫の留守中にカフェーで出会った谷崎文学を愛する若者と知り合い恋におちる。最初は主人公の方から積極的に迫っていくのだが、相手の若者が良家の娘と結婚すると、男は別れを惜しむ主人公に対して性倒錯を強いるようになる。段々エスカレートしていき、全身男の排泄物まみれになったり乳首を焼かれたりと気絶にまで追いやられることもしばしば。やがて命の危険を感じた主人公は精神病院に身を預けるようになる。同じ病院には高村智恵子が入院していて、夫の無償の愛を受ける智恵子を羨ましく思うのだった。主人公の性倒錯とマゾヒズムを肉体の痛みや醜悪さや卑猥さを通じて描いているが、最終的には女性の怨念へ収斂されていて、旧字旧仮名遣いが相まって精神的にも美的世界へと昇華させた渾身の力作といえる。しかし、倒錯しすぎ(笑)。普通ひく。谷崎作品はああ見えて、当時の文学や道徳事情もあったのだろうが露骨な性に対する倒錯的な描写はなく、精神的な主従関係というかSMが描かれているのがほとんど。なので、倒錯的でない人にもつきつめると納得できるというか共感できる内容だが、この作品の場合は理解を超えた迫力があり納得させられてしまう。

by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-01-26 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第88回文学界新人賞  羽根田康美 LA心中

タイトルで分かるとおりLAが舞台。主人公はルックスの良い日本人とのハーフハリウッド女優のような美貌な彼女がいて、法律事務所のようなところで働いている。そんな彼が、ある日本人の中年になりかけの女性と出会い関係を結ぶのだが、その彼女がある日交通事故でなくなる。そして、主人公の彼は記憶を辿りながら彼女の死因を究明しようとする。亡くなったその日本人の女には謎が多く、アメリカにやってきた理由、長年彼女をつけてきているストーカーの男、そして、彼女が恋をしている本命の男。謎が謎を読んでまるでミステリーのようなのだが、謎は謎のままで終わり全体的には若い男と、奔放な中年女性のひと夏の恋物語といった印象が強い。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html


第88回文学界新人賞 松崎美保 DAY LABOUR

夫を亡くした中年女性の主人公には、姉と夫の前妻の娘がいる。主人公は姑預けている養老院に介護に行っているのだが、そこで世話をしている老人に欲望の対象とされていて爪切りをしながらその老人に身を預けている。そんな主人公はお金欲しさか孤独を埋め合わせるためか、怪しいバイトの面接を受ける。お金持ちの老人とセックスをする女性の補助をするというものだった。その会社からの連絡の電話にそわそわする主人公だが、ある日姉がやってきて姉が自分が若い男の子を買ってずっと付き合っていると言う。それと同時に、前妻の娘、主人公と同居している法律上では娘となる子が売春しているんではないかと言う。そんな情報にふりまわされながら主人公は初の仕事に出かける。主人公がついた女性はいつも電話でやりとりしていた女性だった。その女性とある老人の邸宅に訪れる。老人の体の動きを補助するといっても裸にならなけらればならない主人公は控えの間で服を脱ぎながらそわそわしていると、手伝うようにと寝室から声がかかる。老人の男の体を押しながら、老人と細身の女性が絡み合う姿を見る主人公。ふと、女の股間に眼を向けるとそこは少女のようにつるつる。

最後に、前妻の娘と一緒に風呂へ入る主人公。仲直りといわんばかりにコミュニケーションを図るがふと娘の股間に眼を当てると、あの細身と女性と同じように陰毛がすっかりそられていた。姉が言っていたように売春をしているんだと知った主人公は怒り飛ばすのだが。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html




第85回文学界新人賞 くらい、こうえんの 橘川彌二

ひたすら前へ前進んでいく、なぐり書きのような、丸点がきわめて少なく、長〜い文章がひたすら続くスタイル。話はゲイカップルと男女のカップルのグループの退屈極まりない生活を描いたもの。書き方はまあ普段日常生活では使わないし、使えないよなという文章。芸術は斬新であるべきと言ったらそれまでだが、とにかく何が言いたいのか伝わってこない。ぼんやりと伝わってくるものはあるのだが、よくよく単語を一つ一つ読んでみると、学園ものの漫画に登場するちょっと頭のゆるい中・高校生のような捻りのない発想がほとんど。昭和文学に登場する哲学的すぎる人物もどうかと思うこともあるが、感情に赴くままに行動するような登場人物であれば良いというものでもないだろう。

まあ一発屋ならではの作品だが、作者の文章にかける意気込みや努力は並々ならぬものがあるように思うが買ってまで読みたくはないと思いました。

by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-01-25 最後の息子  吉田修一 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第84回文学界新人賞 吉田修一 最後の息子

新宿を舞台にゲイのカップルの生活が描かれた作品。所謂ゲイの店が軒を連ねる新宿の界隈で店を開き、人気を集める閻魔というゲイのヒモとなって生活を送る主人公だが、以前は女性の彼女がいた。しかし、今では閻魔との感情をむき出しにしてある時には暴力を振るうような蛮行に出ながらも癒される日々を送っている。この作品の目新しいところはゲイが云々というより、主人公がビデオカメラを回していて、記録した映像を見ながら振り返るという設定だろう。映像という記録媒体を文字で置き換えるという手法は文章に三次元的な深みを与えている。確かに、これが映画シナリオだったらウォン・カーウァイの「恋する惑星」まんまで、何も目新しさはないのだが小説だというのがミソだろう。村上春樹、ウォン・カーウァイといった20世紀のアメリカ文化にもろに影響を受け、大資本主義という枠の中で与えられた自由に翻弄される若者の若者らしさに焦点をあてた作家に影響を受けた次世代の作家といったところだろうか。次世代ということもあって、貧乏臭さが抜けたところが新しいが主人公はやはり優男で無力な人間。無力というのは誰にも影響を与えないという意味においてのことである。それは、大企業と一消費者との関係にも似ているのかもしれない。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-01-24 看板屋の恋 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第91回文学界新人賞 都築隆広 看板屋の恋

三鷹駅までいつも葬儀屋の案内看板を持って立つハーフの若者ジェイと大学受験を失敗し小説家を目指す主人公はある日立場を入れ替えて生活をするようになる。主人公の提案だった。そして主人公の男は下宿先の大家の娘と恋をする。一方、仕事から解き放たれたジェイは高校生活を送りながら今まで縁のなかった小説の世界に触れガルシアマルケス百年の孤独をとりつかれたように読みふける。しかし、大家の娘を奪われて絶望しながらも、まだ見ぬ父親の姿を思い浮かべるのだった。ジェイの父親は葬儀屋の社長だが、その妻が不貞を犯して生まれたのがジェイで、その母親が亡くなりジェイの父親が誰なのか分からず仕舞いだった。国木田独歩の文を引用しながら、吉祥寺に代表されるように学生を中心に保守的な若者が集う武蔵野を舞台に繰り広げられる汗臭さを微塵も感じさせない少女マンガ的世界。嫌味のない詩的な文章によってファンタジーに昇華させ、武蔵野という場所を物語の舞台として叙情的に築き上げた作者の腕は素晴らしい。


by文芸誌ムセイオン

http://eizou.web.infoseek.co.jp/muse1.html

2007-01-23 蒔岡雪子 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

第94回文学界新人賞 蒔岡雪子 飴玉が三つ

母娘がアルコール依存症者を支援する断酒会に参加する。いわゆる1930年代にアメリカで始まったアルコホーリクス・アノニマスのようなサークルなのだが、この断酒会ではアルコール依存症に悩む本人だけでなく、家族も参加して助け合うのが特徴だ。

この話は娘、とはいっても既に結婚してもういい年齢の女性だが、死を目前に断酒を誓った父親を振り返るというもの。アルコール依存症が発祥した時の父親の乱れ振りもさることながら、父親に対してコンプレックスというか過大な愛情を持っている主人公の女性の異常ぶりが面白い。女性作家ならではの、リアリティがある。


主人公は狂乱状態の父親に一度だけ撲られたことがあるのだが、たった一度と思っておりそれも後で父親がそのことを忘れずに覚えておりしきりに謝ったことを却って幸せに思っているくらい。さらに、断酒会にいた同様にアルコール依存症に悩む男性が、主人公の女性とその母の話を聞いていて感銘を受けて、自分も今まで酒に依存して家族に迷惑をかけて、娘にも何度も暴力を振るったと告白するところがあるのだが、主人公の女性はその男性に対して卑しさと哀れみしか感じず、医者という職業で地位も名誉もあり暴力は決して振るうことをしなかった父親とは全然身分が違い低俗な男だと軽蔑のまなざしを送るところがある。


実は娘の主人公も同様に、高校生の時から酒の味を覚えるようになり悪性遺伝とも言うべき同じ道を歩んでいた。要するに、父親への愛は自分への愛で、父親と自分を同一化しているということなのだろう。

最後までその呪縛が解き放たれていないところにドロドロとした暗さが漂っていてある意味味わいがあるのだが、自分なりの意思を芽生えさせることなく既存の意思に振り回されているというのは新興宗教の狂信的な信者のようで無自我というか亡霊のようで怖さを感じた。