Hatena::ブログ(Diary)

地給知足がおもしろい!

 「自給自足」のように、ひとりであんまり頑張らない。
 「てきとー」と「いいかげん」がモットー。
 球からわり、域で分かちあう、るをる暮らし。
 だから「地給知足な暮らし」は、「ビンボ臭い、不便な暮らし」でもあります。
 でも、なぜか……、楽しいよ!

2011-12-13

1万円でお釣りがくる……独立型太陽光発電システムの作り方。

 ソーラーパネルの値段が驚くほど安くなっています。今回購入した5Wのソーラーパネルは2000円しませんでした。その他に手に入れたのは、パソコンの入力電源用に直流電流を変圧してくれるDCDCコンバーターでこれが1980円。バッテリーは自動車修理工場からいただいた廃品だからタダだし、このシステムだとチャージコントローラーも不要で、あとお金がかかったのは1個100円ほどのダイオードが1個。だから合計金額は送料を入れても5000円以下。これで5ワットのソーラー発電システムが我が家に誕生したのでした。

f:id:musikusanouen:20111213230214j:image

↑自分で言うのもなんですが……このシステムがちょっと画期的だと思うのは、出力5ワットという比較的小型のソーラーパネルを採用したこと。これに自動車用のバッテリーを組み合わせることで、トリクル充電に近い充電システムとなり、過充電防止のためのチャージコントローラーが不要になるのです。ただし、使える電気の量はパネルの出力が小さい分、少ないシステムではあるのですが……。

 そしてもうひとつ。小型のパネルなので、屋内の窓際にセットしてもそれほど邪魔になりません。そのため雨風を気にする必要がなく、また配線を屋外から室内に通す工事も必要ありません。独立型のいいところは一箇所にまとめて大きなシステムを組む必要が必ずしもない、ということ。必要なところにそれぞれに小型のシステムを組むことで配線も楽になるし、屋内だと、バッテリーを分離して持ち運ぶことで、好きなところで電気を使うことが出来たりもします。しかもシンプルなので、これだったら材料さえ用意できれば、誰でも簡単に作れるのではないでしょうか?

f:id:musikusanouen:20111213230218j:image

↑バッテリーは廃バッテリーをパルス充電で蘇らせて使用しています。だから、タダ。廃バッテリーを蘇らせる方法にもいくつかあって、そのうち機会があったら紹介させていただこうと思っています。

f:id:musikusanouen:20111213230217j:image

↑バッテリーポストと配線の接続には普通、Cクランプを使用しますが、今回は不用品のゴムホース(自動車用のヒーターホース)を短く切ったものを利用しています。先に配線を写真のようにセットしておき、そこにゴムホースを被せます。手軽だし、Cクランプよりも使いやすいし、これまでのところトラブルはありません。でも接触不良で発熱したりしていないか、たまには点検してください。

f:id:musikusanouen:20111213230216j:image

↑チャージコントローラーの代わりに使用する1個45円のダイオード。太陽電池は電池の一種なので、夜間などパネルが発電していないとき、そのままだとバッテリーからの電気が太陽電池に逆流し放電してしまいます。それを防ぐためにダイオードをひとつ入れます。ダイオードという部品を使うと、電気の流れを一方通行にすることができます(マークのある方がカソードで、電気はアノードからカソードへの一方通行、つまりマークのないほうからマークのある方への一方通行になります)。配管材料のワンウエイバルブとほぼ同じ。そしてダイオードの取り付けもこんな感じ。ゴムホースを使うと楽チンなのです。

 でも、初心者の方はこのあたりのことが分かりやすいチャージコントローラーを使うのも悪くない方法だと思います。過充電にならないように今回使っているのは5ワットのパネルですが、チャージコントローラーを使用すれば30ワット程度の太陽光パネルと組み合わせることができ、それなりに使えるシステムができます。また最近ではチャージコントローラーも値段が下がりリーズナブルな値段で手に入れることができるようになりました。詳しい接続の仕方などまで含めた組み立てキット&完成品をこちらのサイトで販売させていただいております。もしよければご利用ください。

f:id:musikusanouen:20111213230215j:image

↑パネルの角度調整用に蝶盤を使おうかとも思ったのですが、写真のように針金をちょこっと加工して使えばこうした部分でもお金がかからずにすみます。

f:id:musikusanouen:20111213230219j:image

↑夏と冬で太陽の傾きにあわせて、パネルの傾きも簡単に調整できるようにしました。ちょうどウチにいらしていた豐さんが、木材を加工してくれたのですが、なんだか角がとれて流木みたいでいい感じ。

 ところで311前までは、太陽光発電はパネルを製造するのに膨大なエネルギーが必要で製造時のエネルギーを回収するのに10年以上かかる、などと言われていました。でもこれは電力中央研究所(原子力ムラおかかえの御用研究所)と大手広告代理店が原子力を推進するために画策&捏造したデータであることが分かってきました。太陽光発電のエネルギーペイバックタイプ(EPT)は、パネル以外の設備まで入れたデータでも2年前後であることが分かってきています。またこれらのデータはパネルを固定した状態の場合で、今回のように夏と冬とで太陽の入射角を調整してあげることで、EPTの値はさらに短くすることができます。このあたりのこと詳しく知りたい方はここをクリックしてください。

f:id:musikusanouen:20111213230213j:image

↑独立型のシステムではインバーターを使うのが一般的ですが、このシステムは主にパソコン&12VのLED電球で使う予定なので、交流に変換せず、コンバーターを使って直流のまま変圧(電気の流れる圧力を変える)だけして使用しています。その方が変換ロスが少なくてすむのです。パソコンを立ち上げた状態での電流値を測ってみたら2A弱(インバーターで一度交流に代えると3A以上)でした。これだったら雨の日が続かない限り、まあまあ使えそうです。

f:id:musikusanouen:20111213234928j:image

 こんなようなシステムを家の何箇所かに設置しようかと思っています。豐さんとそれに娘にもちょこっと手伝ってもらって、犬にもときどき邪魔してもらいながら、正味2時間くらいで作ることができました。「いい加減・石窯」につづく「いい加減・ソーラー」です。とりあえず、こんなのからはじめてみて、少しずつステップアップしていくというのがいいように思います。エネルギーの自給知足、楽しいですよ。ぜひお試しを!

■とても重要■鉛蓄電池(一般的な自動車用バッテリー)は、充電時に正極から水素が発生します。そのため電極が電解液に浸っていない状態だと、空気中に露出した電極部分で火花が発生する可能性があり、それによってバッテリーの内部に溜まっていた水素が爆発を起こす恐れがあります。脱原発を標榜しながら、太陽光発電で水素爆発を起こしてしまってはシャレになりません。爆発すると電解液である希硫酸が飛び散る可能性があり、とても危険です。特に中古バッテリーを使用する場合は、電解液がレベルゲージのLOWラインより上まで入っていることを必ず確認してください。足りない場合は、蒸留水などを補給し、極板が電解液の中に浸った状態で使用してください。f:id:musikusanouen:20110325095633j:image

 また、このシステムで発生する水素は微量ですが、濃度があがるとやはり爆発の恐れがあります。バッテリーの格納容器として衣装ケースやクーラーボックスのような密閉容器を利用する場合は、上部に水素を溜めないように注意してください。最上部に穴をあけ逃がす構造にするのがいいと思います。水素(0.07)は比重が空気(1.00)よりも軽いので上方にたまりやすい性質があります。

 ほかにもバッテリーを逆接続をした場合、アークが発生し、その火花は金属を溶かすくらいのエネルギーを持っているので注意が必要だったりします。またバッテリーは定期的に振動させて使用するのが長持ちさせる秘訣でもあります。このあたりのことは、以前書いた「計画停電用電源の作り方」のページに書いてありますので、そちらを参考にしていただきたいと思います。また、ソーラー発電全般に関して右欄のカテゴリーの「太陽光発電」で紹介しているのでできれば目を通していただけると、概要が分かりやすいかもしれません。よろしくお願します。

 このシステムから得られたデータをいくつか以下のブログで紹介させていただきました。よければこちらもご覧いただければと思います。

http://d.hatena.ne.jp/musikusanouen/20111225/1324820166


 持ち運び可能なポータブルタイプの独立型太陽光発電ボックス「おかもち」も完成しました。よかったら、こちらをご覧いただけるとうれしいです。


また、こちらのサイトで、初心者向けに配線接続の主な部分をプラグ&ソケットにした太陽光発電のキットを販売させていただいております。もしよろしければ、ご覧いただけるとありがたいです。

群馬の高橋です。群馬の高橋です。 2011/12/14 09:50 先日、私が入院してたときにスタッフが車のバッテリーをあげて使用不能にされました。130E41Lという大きなもので、外して充電しても充電器の表示すらマイナスまで振り切ってしまいました。なので充電できず、しぶしぶ新品を購入しました。大きなサイズのパルス充電はやはり不可能なのでしょうか?

やまのやまの 2011/12/14 21:58 おお〜ソーラーパネル安くなりましたね。
思案中の事が一気に解決しそうです。
車のバッテリーの補助充電、トイレと風呂の電気、携帯電話とパソコン用。3枚注文しました。
窓の角度調整がわたなべさんらしいなあ。
いつもいつも感心させられます。

chuckchuck 2011/12/15 02:07 感動〜♪ シェアしてくれてありがとうございます!

ギミックギミック 2011/12/15 09:32 車のバッテリーから可燃性ガスが出ます。屋内使用では危険ではないかと思います。

nobuiwakuranobuiwakura 2011/12/15 09:53 いいですね〜ほしいです。いや、僕も作ってみまたいと思います。

タカオっすタカオっす 2011/12/15 12:34 ギミックさんの解答を補足して・・・確かに、鉛蓄電池は水素ガスを放出するので量は微小でしょうが爆発のリスクはありますね。このバッテリーは密閉型のようなので外にガスは出ないでしょうけど、ガス抜き穴がついてるバッテリーもありますからね。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2011/12/15 16:55  高橋さん、ありがとうございます。パルス充電での再生ですが、どうも大きなサイズのバッテリーはあまりうまくいかないようです。どちらかというと、38Bとか40Bなどのサイズが復活する可能性が高いように感じます。パルス発生装置の容量にもよるのかもしれません。
 やまのさん、こんにちは。50ワットのソーラーパネルが、コストパフォーマンスは一番いいようです。送料込みで8500円前後で、1ワットあたりだと170円と驚異的といえるくらいに値段がさがっています。ただこれだとチャージコントローラーが必要になったり、トリクルにはならないので過充電で水素が出続けるということも起きてしまい注意が必要だったりします。
 chuckさん、はじめました。ありがとうございます。フェイスブックでのシェアでしょうか? シェア元はQさんかな? おかげで多くの方が見てくれているようでありがたいです。これからもよろしくお願いいたします。
 ギミックさん、コメントありがとうございます。そしてご指摘いただきありがとうございます。おっしゃるとおりでした。このあたりの注意事項を書くこと、すっかり忘れておりました。いま少し前に書き足しました。ご指摘いただき助かりました。ありがとうございました。
 nobuiwakuraさん、ありがとうございます。比較的簡単に作れると思います。でもギミックさんご指摘のような危険性があることも確かです。水素を溜め込み濃度をあげることのないように十分注意して楽しんでいただけるとありがたいです。今後ともよろしくお願いいたします。
 タカオっすさん、ありがとうございます。わたなべ個人としては、メーカーの作ったシステムに全面の信頼を寄せる密閉型よりも、水の補給が出来て、ガス穴が付いたオールドタイプの鉛蓄電池のほうが好きなのですが、このバッテリーは良く持ち歩くので取っ手がついた密閉型を重宝してつかっておりました。そんなこともあって、ついつい注意事項を書き忘れてしまった次第です。回答の補足までしていただき恐縮です。ありがとうございます。

ひろみひろみ 2011/12/15 18:14 初めまして。
facebookで知り合いがシェアしていたので、やってきました。
これすごい、私も作ってみたいです!!!
ただし、今住んでいるスペインでどこまで材料が手に入れられるか・・・って
ことが問題なんですけれど・・・。
日本は物が安いですからね。調べてみなくては・・・。

情報ありがとうございます!

akemiakemi 2011/12/15 19:38 以前八ヶ岳自然文化園のイベントでご挨拶させていただいたakemiです。
電気はなんとなく「怖い」気がして、先延ばしになっていた太陽光発電システムですが
この記事を読んで、やっと重い腰を上げて部材の発注を掛けました。
おっしゃる通り一番コストパフォーマンスの良さそうな50wパネルで
コントローラーを使ってバッテリーに充電する計画です。
バッテリー…2個を別々に充電しながら使うつもりで
持ち運びやすいように取っ手付きのカバーを作ろうと思っています。
色々な情報発信を続けて頂き、良い刺激になっています。

Eisho YamashitaEisho Yamashita 2011/12/15 20:41 はじめまして。面白く読ませていただきました。自分仕事で、
電気の事をしております。省エネとか新エネルギーとか効率の良さ
とか、毎日模索しております。
パソコンの電源を太陽光で。素晴らしいことです。
もう一度読んでみますね。
取り急ぎご報告まで!

KazukoKazuko 2011/12/15 21:38 Facebookで知り合いがシェアしていたので、リンクをたどってこのページにたどり着きました。
太陽光パネルの費用は高いものだと思い込んでいました。
原子力推進派の皆さんの策略にすっかりはまっていましたね。反省です。

この方法だと自分でも作れそうですね。
家庭でも簡単に設置できるキットがあると便利かも・・・と思いました。

かばとうちゃんかばとうちゃん 2011/12/18 07:26 足るを知る型、手作り、おしゃれ。3拍子揃ってますね。とってもイイです。電気をつくるならパソコン動かすぐらいがいいですね。適正な技術って感じがします。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2011/12/21 19:53  ひろみさん、こんにちは。はじめまして。スペインですか! 遠くから、ありがとうございます。スペインはたしかドイツに次いで太陽光発電による発電量が世界第二位だったと思います。昔は日本が一位だったのにドイツに抜かれ、何年か前にスペインにも抜かれたんだったと記憶しています。なんだかスペインの日差しは日本の2倍くらいの発電量がありそうにも思えるけど、それ以上にきっと太陽エネルギーのありがたさを多くの人が知っている国民性なのでしょうね。日本のように規制も厳しくなさそうだし、さまざまなアイディアのソーラー発電が行われているように思います。機会が会ったら紹介していただけるとうれしいです。今後ともよろしくお願いします。

 akemiさん、こんにちは。原村アースデイ、ありがとうございました。50ワットですか それは凄い!50ワットあれば、いろいろつなげそうですね。ただ50ワットだと流れる電流も増えるので、バッテリーの換気、過充電、液量のメインテナンスなどにも注意してください。過充電を防止する上でもチャージコントローラーをつかったほうがいいと思います。それと同時に、電解液が減って極板がむき出しにならないように注意してください。極板が空気中に出ていて火花が飛んでしまうとセルの中には可燃ガスが発生しているのでかなり危険です。でも、逆にそれだけ多くの電気を発電できている、ということ。脱原発効果も大きように思います。またいつかお会いできる日を楽しみにしています。コメント、ありがとうございました。

 Eisho Yamashitaさん、はじめまして。プロの電気屋さんからすると、なんとも稚拙な装置かと思いますが、こんな装置でも実際に組んでみて、電気を測ってみたりするといろいろなことが分かって面白いです。ダイオードを通すだけで若干ロスがあるとか、ダイオードにしても、チャージコントローラーにしても、インバーターにしても大は小を兼ねるけど、大だとその分、ロスが大きくなるとか……。少ししたらこのあたりのことも紹介したいと思ってはいるのですが……。今後もよろしくお願いします。

 Kazukoさん、ありがとうございます。推進派の策略、あまりにも大々的で巧みに仕掛けてくるので知らずのうちにはまってしまいますよね。先日も新聞に、原子力の発電単価が8.9円/kwhに見直された……と大きく報道されていました。でもこれはかなり偏った報道で、今回(12月13日に内閣府国家戦略室のコスト検証委員会が発表したのは、最低でも8.9円で、事故による賠償金や放射性廃棄物の処理コストを入れると50円以上という試算もありえる、というのが正確なところでした。まるで8.9円が発表値であるかのような報道が行われていたのに驚きました。リーズナブルな価格の太陽光発電DIYキット、あるといいですね。電気を扱うことに関しての規制が緩和され、送電網が自由化されるとそうした可能性もでてくるように思います。

 かばとうちゃんさん、これ以上ない、というくらいに褒めていただき、うれしいです。ありがとうございます。小さな装置でも実際に組んでみると、いろいろなことがわかります。電気を作ることより、使う電気の量を少なくすることのほうが簡単、なんてことにも気が付いたりします。そんなわけで、今年のタイヤ交換はエアコンプレッサー(750キロワットも消費します)を使わずにやってみました。でも、寒冷地ではこれからの季節、水道管の凍結防止ヒーターがもの凄く電気を食います。節電装置などは使っているけど、これをもっとどうにかできないものか……枯れてしまった井戸をどうにかして復活させたいなぁ、などとも思っております。

 みなさん、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。何をやるのものろまで、なかなか返信できませんが、それに懲りず、今後ともどうか、よろしくお願いします。

juntukadajuntukada 2011/12/23 16:05 はじめまして。Twitterで知り、拝見させてもらいました。
自然好きから、環境問題、再生エネルギーに興味を持っていながら、資金不足で実践できずにいたところ、
この情報を知り、これならできそうと思いました。
情報共有ありがとうございます。
用語がチンプンカンプンですが、オンジョブトレーニングと思い、始めようと思います。

ちゃくらちゃくら 2012/06/15 16:04 こんにちは、連チャンで失礼します。
なにしろ電気系ド素人なもので、お恥ずかしい限りの質問なのですが、ご教授くださいm(__)m

記事に添付されている写真で、バッテリーの次についている黒い機械が何なのか、必要なのか、必要ないのかも分からない中、いろいろ調べていましたところ、大橋産業という会社さんのHPにたどり着きました。3WAYインバーターという機械です。

ブログの本文には書かれていないことから考えますと、そもそも、この機械は不要なのでしょうか?
しかしDCDCコンバーターの接続がシガーソケットだし、変換しないと、バッテリーにつなげないような気もします。

仮に、この3WAYインバーターという機械が必要だとしまして、何ワットの商品じゃないとマズイとかあるのでしょうか。

使用目的は、とりあえずパソコンですが、1システムやってみて、その他にも応用してみたいと思っています。

なんだか、やたらとワクワクするんですよね。。。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2012/06/16 00:23  ちゃくらさん、こんばんは。さっそくですが、黒い箱の機械、使い方によって必要だったり不要だったりします。写真の使い方の場合、パソコン(要求電流は直流電流)を「クルマdeチャージャー」という変圧器で駆動させているので本来ならば必要ありません。大橋産業のインバーター(黒い箱の機械)はシガソケット(メス)として使っているだけです。
 一方、交流の100ボルトでないと使えないような機器(たとえば扇風機だとか)を使う場合にはインバーターという直流電流を交流電流に変える機械(黒い箱の機械)が必要になります。
 直流で動くのは、パソコンや携帯のほか、直流のLED、スピーカーやアンプ、ルーターや電話器などがあります。これらしか使わないのであれば、インバーターは必要ありません。

ちゃくらちゃくら 2012/06/18 11:56 わたなべさん、こんにちは。

ご回答どうもありがとうございます。

なるほどです。直流で動くもの、動かないものがあるのですね。

そうしましたら、せっかくなので大橋産業のインバーターも入手してみようと思います。

パソコン⇔クルマdeチャージャー⇔バッテリー⇔ソーラーパネル

この順番にしますと、【クルマdeチャージャー⇔バッテリー】の接続で、

クルマdeチャージャーの一方(シガーソケットのオス)を一旦(別の)メスで受けて、

その逆側から出ている配線をバッテリーにつなぐのでしょうか??

度々すみません。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2012/06/19 08:13 ちゃくらさん、こんにちは。
ちゃくらさんが書かれている通り、クルマdeチャージャーのシガソケットオスをバッテリーに接続するのですが、その場合、いったんバッテリーにシガソケットのメスを接続し、そこに差し込むというのが便利なわけです。そしてそのためのバッテリーに取り付けるシガソケットのメスに大橋産業のインバーターを使っているのです。大橋産業のインバーターは、インバーターであると同時に、シガソケットのメスもついていて、インバーターのスイッチのをオフにした状態でもシガソケットのメスは生きています。つまり、シガソケットのメスは(変換ロスなしで)バッテリーにただつながれているだけの状態、というのを作ることができます。というわけで、ブログで紹介した大橋産業のインバーターを手に入れれば、シガソケットのメスを別に調達する必要はありません。

ちゃくらちゃくら 2012/06/19 09:07 わたなべさん、こんにちは。
とってもよく理解できました。
おかげさまでスッキリしました^^
ボクはガチガチ文系の会社員です。
メカニックに対しては【わからないから、わかる人にお願いする】という生き方でした。
これを機に、電気を学ばせて頂き、実践したいと思います。
ブログ更新楽しみにしています。
どうもありがとうございました。

サトシサトシ 2013/01/30 16:04 mixiの友人のつぶやきでこのブログのことを知りました。
ミニ太陽光発電システムすごいですね!
これなら私にもつくれるかもと思いました。
ただ、後半の水素爆発のところが怖いなと思いましたが、
これは気をつけていれば大丈夫ということでしょうかね。
あと、詳しくなくて初歩的な質問かもしれませんが、
このバッテリーというのは、昼間電気を貯めて、夜も貯めた電気がある限り使えるという代物なのでしょうか?

突然の質問ですみません。

でもぜひ自分の家でもすぐにでも組み立ててみたいと思っています!

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2013/01/30 19:01 サトシさん、質問ありがとうございます。
バッテリーを介すのは、そこに電気を蓄え、ソーラーパネルが発電していないときや発電量よりも消費電流値の方が多い場合でも電化製品が使えるようにです。
ただし、発電した量以上には決して使えません。たとえば昼間、100wh発電し、昼間は一切電気を使わずそれを全量バッテリーに蓄えた場合、夜、100wh以上使えるということはありえません。バッテリーに蓄えるに当たってロスもあるので、その分を引いた量になりますが、その分であれば、昼間使わなければ夜、使うことができる、ということです。

nissosiosnissosios 2013/01/31 06:35 友人の日記で知りました。
とてもわかりやすく説明されているのでぜひ作ってみたいと思っているのですが
チャージャーコントローラを使わずダイオードを使用する場合
5w12vのソーラー・パネルとバッテリー間の配線はどの種類のケーブル(リード)を使えばいいのでしょう。
普通の実験用のワニクリップ(もしくはバナナプラグ)がついた赤・黒のものでかまいませんか?
よろしくお願いします。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2013/01/31 12:27 nissosiosさん、こんにちは。
5Wのソーラーパネル自体は、最大でも5W前後の電気が流す能力があるというだけで、それほど太い線を必要としないと思います。0.5スケアとか0.75スケアでいいと思います。ただし、バッテリーは大電流を流す能力を持っているので、バッテリーを複数使う場合の接続にはブースターケーブルのような太いコードが必要になります。インバーターやDCDCコンバーターの間も、そこを流れる可能性のある最大値以上の許容量のコードが必要です。
 また、ワニ口クリップなどで接続する場合、手軽ですが、プラスとマイナスを逆接続してしまうと機器やパネルが壊れてしまいます。色分けするなど間違いを起こさないように十分注意してください。できればヒューズを入れておくといいと思います。

nissosiosnissosios 2013/01/31 15:28 わたなべさま
さっそくありがとうございました。
赤・黒のワニクリップのものが安価で簡単に手に入るのですが
実際使う場合はクリップの部分はカットしてリードのみを使う予定です。
モノを作るのは大好きなのですが理系のものは初めてなのでわくわくします。
がんばります!

ChariotChariot 2013/05/08 02:05 はじめまして、Chariotと申します。
超低価格の独立電源システム素晴らしいですね。
私は10万円くらい使ってしまいました。
安い太陽電池があることも知らなかったのと時期が4年前だったことで、
太陽電池だけで6万円もかけてしまいました。

よかったら、私が構築した独立電源システムの実験のページにも遊びに来てください。
http://charioth.web.fc2.com/overcharge_protection/ips_experiments.html

えにしえにし 2013/06/18 19:03 昔の話題にコメントしてすみません。
今私がやろうとしていたことにピッタリのことがこの記事だったので感動しています。
ありがとうございました。
AC100V電源のない馬房に太陽光発電と自動車用バッテリーで監視カメラを設
置,運用したいと考えています。
私はルーターの設定が少しできるくらいの素人で,電気の回路については全く分かり
ません。
■使用予定ハード
・Webカメラ FS-IPC100 (Tenvis ACアダプターの出力 DC 5V/2.0A) 2台 
購入済み
・中継器として使うルーターMZK-W300NH3  (Planex ACアダプターの出力  DC
 5V/1A) 1台 購入済み
・チャージコントローラー(C2415-N)
・ソーラーパネル
・DC→DC(12V → 5V)ダウンコンバータ

大変あつかましいのですが、質問してもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

nissosiosnissosios 2013/07/06 22:40 わたなべさま。
先日は質問に答えていただきありがとうございました。
無事完成しました。
現在は貸しサンベッドに設置してお客様が携帯やipodを充電できる無料サービスにしています。
こちらに写真をUPしました。
http://photozou.jp/photo/show/3020742/181735882
すばらしい情報をありがとうございました。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2013/07/08 07:37 えにしさま、ありがとうございます。
あと、バッテリーさえあれば、どうにかなりそうですね。太陽光発電のいいところは、太陽の当たるところが確保できれば、独立してその場で発電し、完結できてしまうことではないかと思っています。また、とりあえず、小さなシステムで作ってみて、それで電気が足りないようだったら、パネルを増やしたり、バッテリーの数を増やしたり、チャージコントローラを追加したりしたらいいと思います。ただしチャージコントローラーの場合、最初から大きなものをセットしてしまうと、ロスが大きい可能性があるので、パネルにあったそれほど大きなものではないもので、チャージコントローラも安くなったので追加で考えるとよいかもしれません。

nissosiosさま、写真、拝見しました。とても素晴らしい環境で、これ、場所はどちらでしょう? こうした電線を通したくないような場所でも太陽光であれば、いけるわけで、ケイタイや情報端末を充電できるという設備、とってもいいですね。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2013/07/08 07:48 Chariotさま、ウエップページ拝見しました。素晴らしすぎて、これはしっかり時間をかけて見せていただかなければと、そのままになってしまいました。素晴らしいですね、とくに自作でチャージコントローラを作られてしまっているところなども……。
 いろいろ教えていただきたいことがあるのですが、ひとつには独立型の太陽光発電で意外と難しいのは電気をしっかり毎日使い切るというところではないか?などとも思っています。バッテリーの空き容量がないと、いくらパネルが発電してくれてもそれを貯めておく場所がないわけですから……。そんなわけで、とりあえず、太陽光の電気を使い、インバーターの設定電圧以下になったら自動で、商用電源に切り替わるというリレーを作りたいと思っているのですが(市販品はあるようなのですが高いので)、汎用のリレーなどを用いて簡単には製作できないものでしょうか? ただ、汎用リレーを使っただけだと、なにかまずいことがあったりするのか?そのあたりが分からず、困っています。もしご存知でしたらよろしくお願いいたします。

ChariotChariot 2013/07/12 18:14 私のウェブページをご訪問いただきありがとうございます。
私の作った独立電源システムは、非常時・災害時以外はためた電気を使いません。
過放電防止回路がないので。
それではおもしろくないので、過放電防止回路を開発しようとしています。
そのうち過放電防止回路の関してもお話しできるかもしれません。
私は商用電源切替器は作ったことがなく、その辺に関しては詳しくないので、お答えできません。
すみません。
過放電防止回路ができたら、商用電源切替器にも挑戦してみようと思います。
過充電防止回路用のプリント基板は、私のウェブページで販売中で、高いと思われるのであれば、ヤフオクや楽天オークションにも出品することがあり、その場合の取引価格はもっと安いので、定期的にチェックしてみてください。

nissosiosnissosios 2013/07/12 23:19 わたなべさま
こちらはギリシャのエーゲ海、イオス島のミロポタ・ビーチです。
ホテルの前の浜辺を市から借りて貸しパラソル、サンベッドを設置しています。

RatShannonRatShannon 2014/01/05 06:58 実際に使える発電(充電)量なのでしょうか?

renoverenove 2014/01/25 21:17 パソコンがたぶん30〜50w位の電力だと思うのですが、5wのパネルでは、ほとんど、バッテリーの消費の方が大きくなって、充電が追いつかなくなるのではないでしょうか?

RatShannonRatShannon 2014/02/04 22:05 renoveさま レスありがとうございます。
やはりそうですか

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2014/02/04 22:35 renoveさま、回答、ありがとうございます。RatShannonさま、返信もせずに失礼しました。
 パソコンが30Wで、パネルが5Wですから、日照時間と同じ時間を使用するということはできません。ただ、日当たりのいい場所にパネルを設置することが可能で、太陽が8時から16時まで8時間、当たっていたとすると、時間当たりの電力量は5W×8時間=40Whで、2割ロスがあったとしても、30Wのノートパソコンであれば1時間程度は使えるということになると思います。

RatShannonRatShannon 2014/02/06 22:11 わたなべあきひこ様

>返信もせずに失礼しました。
あ〜、いえいえ。
実際に使ってどうなのか興味がありまして、質問しました。

たかはしたかはし 2015/01/14 11:57 自動車用バッテリーの変わりにキャパシタはどうなんでしょうか?今ではまだ高すぎて無理でしょうか?

大臣。大臣。 2015/02/24 09:20 わたなべ様
初めて拝見しました。
おやじ心を激しく刺激する記事、ありがとうございます。
しっかり勉強して私も導入してみたいです。
よろしくお願い致します。

もっと光をもっと光を 2015/07/24 04:14 311震災での計画停電でのあおりを受け、115Aの国産ディープサイクルバッテリーを2個購入しました。
寝たきりの高齢者がおり、電動ベットや電動医療用酸素吸入器(40wタイプ)用でした。
他に、国産のDC-ACインバーターとバッテリー充電器も購入しました。

結局、計画停電や大規模停電は起きず事なきを得ました。
ディープサイクルバッテリーを廃棄するのはもったいないから、他に活用しようと思い
ソーラーパネル150wタイプを2枚購入した次第です。

さすがに、ソーラーパネルは国産有名メーカーだと高いので中国製の安物ですけど...

ディープサイクルバッテリーは、それぞれにパルス式バッテリー延命装置を装着してあります。
もちろん、ソーラーパネルチャージャー経由での充電にしてあります。

使用用途は、パソコン、液晶テレビ、キッチンレンジフード、キッチン蛍光灯照明です。
残念なのは、設置場所の関係で太陽光の日照が午前中だけなのよ...
屋上みたいな場所に設置できれば、中型冷蔵庫ぐらいなら十分に発電出来るんですが。

午後のサンサンと降り注ぐ太陽を恨めし気に見つめています。
あの、あの太陽光が欲しい!!!(笑)

パルス式バッテリー延命装置とDC-ACインバーターの使用で、バッテリー購入から4年経ちますが
サルフェーション(硫酸鉛結晶)の影響もなく、我が家の節電に貢献しています。
それにつけても、午後の太陽光が欲しい〜〜!!!

ちなみに、太陽光発電パネルのことを太陽電池と呼ぶのは間違いです。
太陽光発電パネルは発電機であって電池ではないからです。

電池の定義は「いついかなる時でも、一定の電力、電圧、電流を取り出せる物」だからです。
ソーラーパネルは、夜と雨天時には「一定の電力」を取り出せません。
したがって、太陽電池ではありません。

風力発電を「風力電池」と呼ぶ人がいないのと同じ理屈です。

わたなべあきひこわたなべあきひこ 2015/12/02 22:01  ありがとうございます。たしかに電池という漢字を眺めると蓄電池を連想しがちですね。ただ広義の電池には、化学電池と物理電池があって、たとえばマンガンを減極剤として使った化学電池を一次電池、ニッケル水素などの可逆反応を利用した蓄電池、そのほか、水素やエタノールなどを使った燃料電池、それに太陽電池や核崩壊などの際に発生する原子力電などを使った物理電池などがあるようです。
 核分裂などによるエネルギーを使ってお湯を沸かしたり、風や温泉のお湯を使ってタービンをまわして発電する発電は、電池ではなくて発電装置と呼ばれています。原子力電池と原子力発電が異なるように、太陽光発電(=電池)と太陽熱発電とは仕組みが異なり、太陽熱発電は電池とは呼ばないようです。
 詳しくはWikipediaの「電池」を参考にしていただければ、と思います。

梅花のぱぱ梅花のぱぱ 2017/02/12 19:09 秋月電子で売られている完全密閉型を屋内で使ってました。一応屋内でも使えますが、自動車用と違い瞬発力が無いのが難点

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証