ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

mut3の日記 RSSフィード

2011-12-21 epsonのプリンターpm-950cをwindows7の64bit版で利用する方法

 epsonプリンターpm-950cをwindows7の64bit版で利用する方法
 epsonプリンターpm-950cをwindows10の64bit版で利用する方法(kenさんから教えてもらいました)

   〜pm-920cのドライバを無理やりインストールする〜


 年に一度ですがプリンターを本格的に使用するシーズンがきました。
 そうです、徹夜で年賀状を作成する年末です。

 もう何年もWindowsXP を使ってきましたが、あまりに遅いInternet Explorer に閉口してHDD の異音をきっかけに、ついに先日Windows7 に移行しました。本当の事を言うと無印Windows XP をSATA6.0搭載の最新マザーボードインストールできない「F6問題」に負けてしまったのが実情なのですが…。メモリはとても安価になってきていますので13,000円のDSP版Windows7 を購入しても64bit 化するメリットはあると思いますよ。

 話が横道に逸れましたが、ここではWindows7の64bit版でEPSON社製インクジェットプリンタPM-950C を利用する方法を初心者にも分かり易く記述します。(このページは携帯でも表示できます)


現象

 エプソン社製のインクジェットプリンターEPSON PM-950Cが、Microsoft Windows7 64bit版で使用できない。


原因

 古いプリンター機種なので仕方ないとは思いますが、エプソン社からPM-950C の64bit 版ドライバが公開されていない。


対策の方針

 同じ7色インクを使用している機種で唯一64bit 版ドライバが公開されている他機種PM-920Cのドライバを強引にインストールしてしまう。


対策

 USBポートWindowsUpdateからPM-920Cのドライバインストールする


 『仮想USBプリンターポートを作成する』

1.PM-950CをUSBケーブルで接続し電源をオンさせる

2.「デバイス ドライバー ソフトウェアは正しくインストールされませんでした。」と表示されたらPM-950Cの電源をオフさせる


 『そのポートPM-920Cのドライバインストールする』

3.[スタート]から[デバイスプリンター]を起動させる

4.メニューの[プリンターの追加]を起動させる

5.[ローカルプリンターを追加します]を選択します

6.プリンターポートの選択画面で[既存のポートを使用]-[USB001]を選択し、[次へ]をクリックします


 『Windows Update(ネット)を使用する』

7.プリンタードライバーインストール画面で、[Windows Update]を選択します

8.数分(うちでは5分位)するとプリンターの一覧が表示されます

9.[製造元 Epson]-[プリンター EPSON PM-920C (M)]を選択し、[次へ]をクリックします

10.[プリンターEPSON PM-920C (M)]を確認して[次へ]をクリックします

11.PCを2台持っていて共有したい場合は場所・コメントを入力して。[次へ]をクリックします

12.プリンターの電源をオンします

13.[テストページの印刷]をクリックして確認する

14.[完了]で終了させます

ユーティリティ

・テストページがカスれていたらクリーニングしましょう

1.[スタート]から[デバイスプリンター]で[EPSON PM-920C (M)]をダブルクリックします

2.[プリンターカスタマイズ]をダブルクリックし、[EPSON PM-920C (M)のプロパティ]を表示させます

3.タブ[全般]の一番下[基本設定(E)…]をクリックして[EPSON PM-920C (M)印刷設定]を表示させます

4.タブ[メイン]の[インクレベルの取得]でインク残量を確認してみましょう

5.タブ[メンテナンス]の[目詰まりパターン印刷]をクリックし、[印刷]してみましょう

6.印刷結果で欠けている部分があったら[クリーニング]を行います

注意

※用紙の大きさ
 L判 : 9×13cm(3.5×5インチ
 2L判 : 13×18cm(5×7インチ
 KGサイズ :ユーザー定義で「用紙の幅 : 102mm/用紙の長さ : 152mm」フチなし印刷はできません。

プリンター名は変更しないこと

※フチ無し印刷は選択出来ますが、上手に出来ませんでした。フチ無し印刷を行うなら現状32bitOSを導入した方が賢明です。

※ページレイアウトにポスターがなくなりました。

※インクレベルの表示は正しくありません。黒は上半分が、黒以外は上3/4が表示されません。(私の場合ですが6色全部が微残量表示でイエローを交換したら、黒1/2で6色全色残量1/4表示になりました)

※目詰まりパターン印刷の「XXFFFF」のFFFFHが廃インク吸収パッドカウンターです。閾値を超えたらSSC Service Utility で対処しましょう。

参考

 [EPSON]-[サポート]-[FAQ]-[OS添付ドライバーインストール方法<Windows 7>] → 『2.使用するプリンターを選択してインストールする場合』 http://faq.epson.jp/faq/00/app/servlet/qadoc?030395

774774 2013/02/09 21:54 とっても助かりました。ありがとうございます!!

yumyum 2013/08/05 11:15 本当に助かりました!ありがとうございます!買い替えずにすみました…!

yumyum 2013/08/05 11:15 本当に助かりました!ありがとうございます!買い替えずにすみました…!

E36E36 2014/02/15 20:23 うまくできました。大変助かりました。ありがとうございます!

n_pikarin7n_pikarin7 2014/06/25 09:55 助かりました!ありがとうございます!

tamatarotamataro 2014/12/07 22:30 すばらしいです。PM950Cはまだまだ働けますね。
ありがとうございました。

kenken 2015/08/04 20:43 win10でもいけましたよ〜〜

mut3mut3 2015/08/05 05:38 kenさん、ご報告をありがとうございます。カーネルは同じ様子ですね。

Win10 64bit で可能Win10 64bit で可能 2016/10/06 18:57 ドライバの選択で、WindowsUpdateボタンを押し、10分前後(場合によってはなん十分も)すると、マイクロソフト作成のドライバリストが取り込まれるので、メーカー「EPSON」、プリンタ「Epson Stylus COLOR 950 ESC/P 2」を選択。PM-950CやPM-970CやPM-980Cなどの同系統のインクセットのものであれば同様の方法で可能らしい。

mut3mut3 2016/10/07 07:08 情報をありがとうございます。WindowsUpDateのドライバ追加ならば確かに可能性があります。今週末にやってみますね!

Win10 64bit の説明Win10 64bit の説明 2016/11/17 19:27 Windows 10 の 64bit版 にインストールする方法は、下記ブログ
http://blog.livedoor.jp/himechibi222/archives/51428463.html
の「コメント発言」に詳しく書かれていました。

使える用紙や余白に注意が必要なようです。

Win10 64bit の説明Win10 64bit の説明 2016/11/17 19:27 Windows 10 の 64bit版 にインストールする方法は、下記ブログ
http://blog.livedoor.jp/himechibi222/archives/51428463.html
の「コメント発言」に詳しく書かれていました。

使える用紙や余白に注意が必要なようです。

すみません。すみません。 2016/11/17 19:29 2つコメントが入ってしまいました。

mut3様へ
このお詫びコメントと、重複の片方を削除してください。

Connection: close