ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

mut3の日記 RSSフィード

2014-12-09 kb3000850が80070002で失敗する場合の対処方法

 Windows8.1のWindwos Updateで戸惑ってしまった。
 どうやら、Windows RT 8.1、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のOSが対象らしい。

現象

 Windows8.1に更新プログラムkb3000850 をWindowsUpdateインストールすると、エラーコード80070002 で失敗する。

原因

 ある特定のフォルダが無いためインストールを中止した。

具体的な対策

 以下のフォルダを作成して再度インストールを行う
 C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessibility

ちなみに

 ちなみに本作業を諦めて、Windows8.1で更新プログラムkb3000850の効力を削除する場合は、コントロールパネルの「システム復元」ではなく、「プログラムと機能」の「インストールされた更新プログラムを表示」「KB3000850をチェック」「アンインストール」を行ってください。
 参考 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3000850/ja

参考

 参考サイト http://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows8_1-windows_update/error-with-windows-update-kb3000850/b0e3fa91-5f31-4258-998a-1d0dff88a37e?page=2

 更新プログラムをダウンロード元 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=44985

他のkbインストール失敗にも応用してみよう

(1)kbインストールを実行して失敗した後にログを確認する
 ログの場所 C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log

(2)ログファイルを", Error" で検索し、
 STATUS_OBJECT_NAME_NOT_FOUND となっている箇所のフォルダ名称を見つける

(3)NOT_FOUND だったフォルダを作成し、再度にkbインストールを行う
 それでもエラーになる場合は再度(1)から行う