いまここ//imacoco

2017-01-02

謹賀新年

いつものごとく気がついたら年が明けてたよ
新しい年、新しいスタートライン

旧年はおもいのほか遣り残した宿題が、てんこ盛りだったので
今年こそは、どんどこ消化してゆきたいと思う次第であります。

f:id:mya_013:20170102211201j:image

2016-07-07

キラボシのごとく

やぁやぁ、こぶさたでございます
なにげにちゃっかり生きてますよ

それにつけても5月6月は、惨憺たる事態が降りかかること多数
GWとか無かったし、家人が入院するわ、Mya謎の機能不全・・はいつもの事か

英EU離脱騒動でひきおこされた爆円高で、NEWフレームやパーツをポチっとされちゃった方なんかも
おられたりするのかな、うらやまだぜ、このこの〜

と、人様を妬んだり嫉んだりしてても悲しいだけなので
なにか楽しい事でも考えてみようね。


そうだ、今夜は七夕星に願いを

五色の短冊、ワタシが書いた

ヒルクライムが速くなりますように」

・・曇ってるし、ダメじゃん。

2016-04-18

ジバザクライド

ハナノイノチハミジカクテ
命短し恋せよオトメ


とかぬかしていたらばサクラの季節が過ぎてしまいましたので
お次はアレが咲いている模様、アレだなアレ

歳をとると、主語がほぼアレになるというのは真実だったらしい

さてさて、それではシバザクラが咲き乱れてるという場所へ、軽くお昼を済ませておいて
ちょっくら行ってみましょうと、おもむろに準備をしていると

「グニョっ」
アレレ? アレか? アレなのか?
f:id:mya_013:20160418201658j:image:w320
後輪がアレですよ

貫通痕を認めず、ということはチューブの経年齢化によるスローパンクという診断

2011年4月に購入してから、アンカーさん初のパンクのようですが
3000kmも走っていないのでタイヤもあまり減っていないし、チューブも交換暦無し

スペアのチューブはどこかいな♪
っと、こんなところにタイヤを発見

なにかのついでなので、だいぶ前に買って放置してあったマキシスのタイヤに交換してみることにする
32Cブリヂストン・ディスタンザから28Cマキシス・デドネイターに前後とも交換して
いざシバザクラを見に行こうか。

f:id:mya_013:20160418201646j:image:w360
28Cのデドネイターは、舗装路での巡航性能は地味に上方修正されたけど
ダート走行においては大暴れして大変なことになってる
サス無し、リジットフォークからの激しい突き上げで手がしびれて辛いのなんの

しかし、ここで三本ローラーによる前後重心を意識したトレーニングが功を奏したのかどうかは解らないけど
サドルからもハンドルからも抜重しつつ、暴れるジャジャ馬さんをなんとか進めていける

f:id:mya_013:20160418201611j:image:w360
12kmを50分もかかってようやく到着

f:id:mya_013:20160418201633j:image:w360
アレ? 想像していたのとなんか違う

f:id:mya_013:20160418201621j:image:w360
雲行きがあやしいし、ポツポツ降り出したので10分ほどで撤収したのでありました

f:id:mya_013:20160418201553j:image:w360
一汗かいた後の、アレは旨いね

天候はいまひとつだったけど、暑かったですな
4月はまだまだ寒暖の差が大きく、体調を崩しやすいけど
もう少し走りこんで、ロングライドに備えないと。

走行距離 25.8km
経過時間 1:41:16

オマケ
タイヤ交換の心得

その壱
チューブをはめるときには空気を少し入れておく(チューブのねじれを低減できる

その弐
タイヤの中にチューブを入れたら必ずバルブを押し込んでから、ナットで固定する(確実にタイヤの中にチューブを収納する

その参
ビードを全て押し込んだら、タイヤを親指で奥、四指で手前に押してチューブの噛み込みが無いか確認する

貫通パンクの場合は親指でタイヤの内側を一周さわって、異物の有無を確認しておく。
出先でスペアチューブをお釈迦にしてしまうと、シャレにならないですからねっ

2016-04-04

風薫る季節には思い出す

春の陽気に誘われちゃって、どじゃっこだの、ふなっこだの
変態さんだのが、ちょろっとお出ましなので、今日は絶好の花見日和


用事を済ませたら、レッツラゴー
f:id:mya_013:20160404205840j:image:w360
海老名の櫻

f:id:mya_013:20160404205841j:image:w360
ニャンコも、お花見なの?

f:id:mya_013:20160404205842j:image:w360
藤沢の櫻

繰り返す季節のなかで、寒さに耐え芽吹き、花をつける
そして風に舞い散る櫻を眺めながら思い出すのだ

「散っても、また来年、咲くから」

f:id:mya_013:20160404205838j:image:w360
昨晩の夜櫻(湘南台)

2016-04-01

春なのに、雨なのね

おはようございます、ジョン・スミスです
冬眠から醒めたら四月一日でした

いやいやもうぐっすりと寝こけているうちに
周りではイベントだのレースだの、はじまっちゃってる様子ではあるが
今年ものんのん行くので、そこのところよろしくなのです。

f:id:mya_013:20160401110555j:image:w360

続きを読む

シェア・ザ・ロード[share the road]
Connection: close