Hatena::ブログ(Diary)

日々のつれづれ、良かった探し

2013-07-26

乳がん分類が予後に与える影響

乳がんは手術、薬物療法、放射線療法、たくさんの治療選択肢がある
エコー、CT、MRI、マンモグラフィー、たくさんの診断法がある

日本では定期検診も盛んで、早期発見ができる環境にある
だから、予後の良い方もたくさんいらっしゃる
早期発見ができること、それが生存率に反映する
乳がんはそれが実現可能な癌なんだと思う
http://www.tbs.co.jp/pink-ribbon/img/data/data_graph_04.gif
(TBSリボンプロジェクトから)

で、乳がん学会があった
今年も未来を感じさせる発表がたくさんあった
その中で、興味深い発表があった

乳癌の早期発見と手術

乳がんは4つのタイプに分かれます
世界の乳がん治療はその分類に従って実施されています
早期発見であれば、薬物療法が摘要になりますが、より強い薬効が期待できます

これは

  • ホルモン受容体の状態
  • HER2の状態
  • 増殖のスピード(Ki-67など)

の状態(乳がん細胞に発現しているかどうか)を指標にする分類です
http://nyugan.info/tt/qa/images/qa4_17_03.jpg
(乳癌診療TIPS&TRAPSから)

サブタイプと脳転移

この分類と脳転移の関係が報告された

 乳癌脳転移患者のサブタイプ別に治療成績を解析した結果、luminalタイプの患者では定位手術的照射(SRS)または手術ができる段階で脳転移が診断できれば、生存期間(OS)が延長する可能性が示唆された。
 一方、HER2陽性患者とトリプルネガティブ患者では、脳転移発見状況や脳局所治療の内容に関わらず、脳転移の早期診断がOSを延長する可能性が低いことが指摘された。
 6月27日から29日まで浜松市で開催された第21回日本乳癌学会学術総会で、国立病院機構九州がんセンター乳腺科の久芳さやか氏らが発表した。


ここから、乳癌が脳転移した患者のうち

  • ホルモン受容体陽性患者は、放射線療法か手術できる段階で脳転移が見つかれば(早期発見できれば)、生存率が高まる
  • HER2陽性、もしくはトリプルネガティブ乳がんは、残念ながら早期発見しても予後が悪い

ということが示唆されたということ

この知見から、HER2陽性、もしくはトリプルネガティブ乳がんに対する脳転移対策がより強く求められるということだと思います

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myopomme/20130726/1374844369