雨音につつまれてーミルトスの雑記帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ふくしまの海

by いらくさ
  • カリウムに戻る、そしてセシウム
  • 愛とは、決して「被曝し合うこと」なんかじゃない!
  • 放射線の影響と亜鉛とアラキドン酸、そして植物の奇形
  • 過酸化脂質と銅、亜鉛、そして放射能汚染
  • 活性酸素と放射能とニキビ、そしておできの出来た鳥
  • 『メダカが田んぼに帰った日』と、太陽光パネルのせいで生き物が生きていけな〜い!
  • 磁気を帯びた火山灰は原発を機能停止させる?!川内原発再稼働反対!
  • ブログ「風の谷」再エネは原発体制を補完する新利権構造
  • 放射線問題と細胞環境維持への提言
  • 聖書の言葉を聴きながら
  • 以下に書いていることは私の思考過程のものです。古い記事は吟味しつつお読みください。

    2011-09-20

    王子のかなしみー『星の王子さま』

    入り日見つめる王子のかなしみ 薔薇一輪


    「きみが愛している花は、大丈夫だよ・・きみの羊に口輪を描いてあげる・・きみの花にはフェンスを描いてあげる・・ぼくは・・」その先、何を言えばいいのか、わかりませんでした。
    どうすれば、王子さまの気もちになれるのか、どこで王子さまの気もちといっしょになれるのか、それもわかりませんでした。
                                             サンテグジュペリ作『星の王子さま』より


    愛そうとして愛しきれない王子さまの悲しみは、人の愛の限界を見る思いで、胸が塞がれる。


    星の王子さま』に触れている拙文「柏葉幸子の本1」も合わせてご覧ください。

    http://plaza.rakuten.co.jp/narrative1gatari/2013