雨音につつまれて このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


ふくしまの海

by いらくさ
  • カリウムに戻る、そしてセシウム
  • 愛とは、決して「被曝し合うこと」なんかじゃない!
  • 放射線の影響と亜鉛とアラキドン酸、そして植物の奇形
  • 過酸化脂質と銅、亜鉛、そして放射能汚染
  • 活性酸素と放射能とニキビ、そしておできの出来た鳥
  • 『メダカが田んぼに帰った日』と、太陽光パネルのせいで生き物が生きていけな〜い!
  • 磁気を帯びた火山灰は原発を機能停止させる?!川内原発再稼働反対!
  • ブログ「風の谷」再エネは原発体制を補完する新利権構造
  • 放射線問題と細胞環境維持への提言
  • 聖書の言葉を聴きながら
  • 風の匂いの中に
  • 風と、光と・・・
  • 以下に書いていることは私の思考過程のものです。古い記事は吟味しつつお読みください。

    2019-01-04

    2019-01-02

    亥年

    f:id:myrtus77:20190101140804j:image:medium:right

    12年前に義母が作った木目込みの亥を、お正月飾りにしてみた。

    f:id:myrtus77:20190101140802j:image
    寅に、ニラマレテ 二ツ モドル

    f:id:myrtus77:20190101140801j:image
    招福に笑われて・・。

    f:id:myrtus77:20190101140609j:image
    招福と休憩中の飛脚達磨と一緒に。

    f:id:myrtus77:20190101140543j:image
    口の開き方が同じような気がする・・。

    f:id:myrtus77:20190101140450j:image
    亥ではなく蚊遣りの豚と招福こけし

    f:id:myrtus77:20190101141819j:image

    二つの家の流しの排水口比較リンゴとバナナと甘酒のケーキ軽金属(アルミ)の方が脳関門を通過しやすいのでは?(子宮頸がんワクチンアジュバントから考える)関節肥大と骨の奇形とアルギニンとリシンネット上の間違いから考えるアルギニンのアンモニア解毒は、はてなブログ「風と、光と・・・」http://myrtus77.hatenablog.com/に移しました。

    f:id:myrtus77:20190101194902j:image

    2019-01-01

    花で、送る

    f:id:myrtus77:20190101115232j:image:left









    この花を、植えた人を。
    f:id:myrtus77:20190101115231j:image

    f:id:myrtus77:20190101115228j:image:left



















    この教会を、愛した人を。
    f:id:myrtus77:20190101115227j:image

    ほんとうなら、この教会から送り出されるべきだったろう。私も、この教会からお送りしたかった。ここに祈りの群が立ち続けていたから、私は神の元に来ることが出来たのだから。

    f:id:myrtus77:20190101115229j:image:medium:leftf:id:myrtus77:20190101115226j:image:medium:leftf:id:myrtus77:20190101115225j:image:medium:leftf:id:myrtus77:20190101115224j:image:medium:left

    2018-12-31

    どうしてもひっくり返したかった、「夏の野の」を「野の夏の」に


    これはそう、探しまわった野の夏の草の香りに掛けたぼうし


    12月24日の『一首鑑賞 日々のクオリア』平岡直子さんが引用された塚本邦雄ゆきたくて誰もゆけない夏の野のソーダ・ファウンテンにあるレダの靴」を読んで、「夏の野の」を「野の夏の」にどうしてもひっくり返したくなった。それで、こんな短歌擬きを作った。

    ところで、この「レダの靴」の歌の「夏の野」、やっぱりここに行けるのは、白鳥に姿を変えたゼウスくらいということかな?




    2018-12-26

    リシンは「アルギニンの働きを阻害する」が、根底にあって強化するのではないか?


    解無しと言えば一つの解となる大海はいまだ蕾の中に


     リジン必須アミノ酸のひとつに数えられ、からだのタンパク質の組み立てに欠かせない重要なアミノ酸です。タンパク質中に2~10%含まれています。人間のからだの組織を修復したり、成長に関与し、さらに細菌ウイルスに対する抗体ホルモン酵素をつくるといったさまざまな機能をもっています。(中村丁次=監修『栄養成分バイブル』より)


    アルギニンの働きを阻害するおそれがあるため、糖尿病腎臓疾患の人も過剰摂取を控えてください。」リシンについて書かれたサイトがあって実際その通りなのだと思うが、上に引用したように、リシンタンパク質の組み立てに欠かせない重要なアミノ酸抗体ホルモン酵素をつくる」機能をもっているということなので、この点において、アルギニンが働く土台ともなると考えられる。
    アルギニンは成長ホルモンの合成に関与している(『栄養成分バイブル』)が、抗体酵素、各種ホルモンタンパク質からなっているため、タンパク質の組み立てに欠かせないリシンが大元で必須だと言えるように思う。


    関連記事
     ↓
    穀物類にはリシン(リジン)が少なくアルギニンが多い、しかし・・
    リシン(リジン)が不足するとナイアシン欠乏症を引き起こす