風と、光と・・・雨音につつまれて このページをアンテナに追加 RSSフィード


ふくしまの海

by いらくさ
  • カリウムに戻る、そしてセシウム
  • 愛とは、決して「被曝し合うこと」なんかじゃない!
  • 放射線の影響と亜鉛とアラキドン酸、そして植物の奇形
  • 過酸化脂質と銅、亜鉛、そして放射能汚染
  • 活性酸素と放射能とニキビ、そしておできの出来た鳥
  • 『メダカが田んぼに帰った日』と、太陽光パネルのせいで生き物が生きていけな〜い!
  • 磁気を帯びた火山灰は原発を機能停止させる?!川内原発再稼働反対!
  • ブログ「風の谷」再エネは原発体制を補完する新利権構造
  • 放射線問題と細胞環境維持への提言
  • 聖書の言葉を聴きながら
  • 風の匂いの中に
  • 以下に書いていることは私の思考過程のものです。古い記事は吟味しつつお読みください。

    2018-01-01

    猫年じゃなくて戌年

    「猫はミステリアスな存在だ。彼らの頭の中には、我々が気づくこともできないものが、去来している。」ウォルター・スコットf:id:myrtus77:20171231151422j:image:right


    f:id:myrtus77:20180101102812j:image:medium










    頂いた動物カレンダーに上のような言葉が記されていた。
    右の写真は、前の牧師館の庭に来ていたのを網戸越しにそぉーっと後ろから撮ったもの。




    主を畏れることは知恵の初め 聖なる方を知ることは分別の初め。(箴言9:10)



    「犬は人より賢い、なぜなら彼らは知っていても口にしたりしないから。」エミリー・ディキンソン
    言葉が多ければ、とがを免れない、自分くちびるを制する者は知恵がある。(箴言10:19)
    神に従う人の舌は精選された銀。(箴言10:20)
    わたしは知恵。熟慮と共に住まい 知識と慎重さを備えている。(箴言8:12)


    2017-08-05

    2017-02-13

    雨の梅林とロウバイ?

    砂子屋書房に問い合わせて返事が返ってきて、不具合が直ったみたいで、『一首鑑賞 日々のクオリア』にアクセスできるようになった。良かった。ほっ。
    短歌そのものもいいのだけど、私は鑑賞文を読むのが好きだ。『一首鑑賞 日々のクオリア』も一年ごとに本になって出るといいんだけど・・。

    f:id:myrtus77:20170212211323j:image

    f:id:myrtus77:20170212211957j:image

    f:id:myrtus77:20170212211956j:image

    f:id:myrtus77:20170212211955j:image

    f:id:myrtus77:20170212211322j:image

    f:id:myrtus77:20170212212259j:image

    f:id:myrtus77:20170212212258j:image

    f:id:myrtus77:20170212212257j:image

    2017-01-30

    リュウノヒゲの青い実

    f:id:myrtus77:20170127154727j:image:medium:left
    華々しく花を咲かせていても実るとは限らない。けれど、人知れず花を咲かせて人知れず実をつけているものもある。
    実をつけているのに、「花を咲かせなかったから切りましょう」と言う者がいる。花を咲かせている時に、その花を見もしないで。

    「ある人がぶどう園にいちじくの木を植えておき、実を探しに来たが見つからなかった。そこで、園丁に言った。『もう三年もの間、このいちじくの木に実を探しに来ているのに、見つけたためしがない。だから切り倒せ。なぜ、土地をふさがせておくのか。』園丁は答えた。『御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみますので。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。もしそれでもだめなら、切り倒してください。』」(ルカ福音書13:6~9)

    イエス様というお方は、このようなお方。

    f:id:myrtus77:20170127154726j:image

    f:id:myrtus77:20170127154723j:image

    2016-11-19

    ひらいた、朝起きると開いていた!

    先週の土曜日は風邪が悪化していつもリンクさせていただいているSPYBOYさんの官邸前抗議も拝見することが出来なかった。今日は、先週載せる予定だった家の中で11月に花を咲かせた朝顔の写真と共に昨日の官邸前抗議をリンクさせていただくことにしようと思う。それで、風邪が治り切らないのでこの後またしばらく更新は止める。


    ● 『トランプ大統領で起きること』と『1118再稼働反対!首相官邸前抗議』
    ということで、今週も官邸前へ。今日の参加者は主催者発表で750人。スーツにマフラーを巻いてちょうどいいくらいの気候でした。気持ちよかったです。
    今週 稼働から40年超を迎えた関西電力美浜3号機の再稼働が原子力規制委員会から認可されました。美浜3号機の運転延長認可 老朽原発2例目  :日本経済新聞 日経が言っている通り 工事増や訴訟リスクを抱えたまま、関電原発一本やりの経営戦略を取るのは、賢いとは思いません。原発の是非はおいておくとしても、経営面でリスク分散という観点が全くない。関電原発軸の経営戦略継続へ 費用増や訴訟リスクも  :日本経済新聞
    市場競争にさらされている企業だったら、こういう発想はあるわけないです。こんなところにも競争が無い独占企業の弊害が現れていると思うんです。…。
    一方 良いニュースもあります。日本から原子炉の輸入を予定していたベトナムが原発の建設計画を中止する方向だそうです。経済的事情、住民の環境不安が理由だそうです。
    停電がバンバンある電力事情を考えるとベトナムが原発を欲しがる気持ちもボクは理解できるんです。そんな彼らでさえ大局的な判断、長期的な視野に立った意思決定が出来た、ということです。カネも人材もある関電はどうなんでしょうか。経産省はどうなんでしょうか。どちらが新興国なんでしょうか。なんか、おかしいですよねえ。
    ではでは。(抜粋引用)

    SPYBPY様、いつも官邸前抗議ありがとうございます。ゆっくり拝見したいところですが、まだ体が充分ではないので肝腎なところをリンクだけさせていただきます。(ミルトス)

    f:id:myrtus77:20161107124656j:image:right











    f:id:myrtus77:20161119101255j:image:left














    f:id:myrtus77:20161119101936j:image:right





    朝の湯に病む身浸せば冬の雷

    夕方になると熱が上がるので、このところ朝お風呂に入っていた。
    風邪で他の方のブログを拝見できない間も『一首鑑賞』だけはアンテナの窓口で読ませていただいていた。
    「建ち並ぶ墓標抱きて山、紅葉」という句を作って師匠に手紙で送った時、「こんなところに点は必要ない」と言われたのだった。そう言われるだろうと思ってはいたが。しかし、墓標を抱いているのは山なのである。桜の季節にも、雪に埋もれる季節にも。言ってみればこれは、「建ち並ぶ墓標を抱いて山が、紅葉しているよー」なのだ。だから、「山紅葉」などと一語でさらりと流したくはないのである。ということで、師匠亡き今、オリジナルでブログに載せた。正統派の結社などには到底入れそうにないどこまでも片意地な人間なのである。

    f:id:myrtus77:20161107103215j:image