タナゴとともに…

2008-01-24

ソロモンの指環

| 23:34 | ソロモンの指環を含むブックマーク ソロモンの指環のブックマークコメント

ソロモンの指環 動物行動学入門 [ コンラート・ローレンツ ]

以前にこのブログでもバランスドアクアリウムをご紹介したことがありますが、これを紹介した書籍として一度読んでみたいと思っていたところ、図書館でたまたま見つけたので借りて読んでみました。

(実際には文庫本タイプ、ハードカバータイプと2種類販売されているようです。)


著者であるコンラート・ローレンツ氏の予備知識はほとんど持っていなかったため、バランスドアクアリウムに関する記述が第2章とかなり前半でたった9ページしかないことにいささか肩透かしをくらった状態での読み初めとなりました。


コンラート・ローレンツ氏が刷り込み現象を発見した人だったことがあとで分かりましたが、動物行動学という領域を開拓した人物であり、この本を読んでいて感じることは、動物に対する見方が全然違うということでした。

ある動物の一行動について、「なぜそう解釈できるの?」と不思議に思うほど研究を重ねており、私を含めて一般の人々は表面上の見かけだけでその動物の評価を下していたのだと感じました。


魚については今で言うベタとトゲウオについて書かれており、それぞれに対する私の見方が少し変わった気がします。