あれ鯖日記 Twitter

検索エンジン/リンクからいらした方へ
探し物が見つからないときは、ページの上部にある「検索」ボックスをご利用ください。
最新の情報を見たい方は「最新の日記」をクリックすると、最新の更新日まで日記が移動します。
コメント・足跡・ネタ投稿 歓迎
現在、どなたでも日記にコメントを書くことが出来ます。
日付毎に「コメントを書く」が用意されていますので、書いてもらうと私が嬉しいです(笑
コメントの内容によって、私の判断で削除する場合もあります。
はてな関連リンク
[はてなダイアリーガイド] [はてなアンテナに登録] [はてなポイントを送信] [あれ鯖日記のRSS2]
はてな障害情報
2003年10月24日〜2004年2月28日 約14500カウント(だったはず^^;)
2004年2月29日〜

Link Free
この日記は、私(MYU) の鯖設定メモとネタメモなどを書いています。
更新不定期(土日祝は更新休止中)です。なるべく更新するよう努力しまつ(^^;
ネタ等の御連絡は、こちら にお願いします。
Contact As... : Click here


タスケテー

最新の日記情報はこちらへ

2014年12月20日(土)

[] 韓国版 超高速異能バトルアクションMORPG「Closers(クローザーズ)」 プレオープンベータテスト 参加レポート 15:07  韓国版 超高速異能バトルアクションMORPG「Closers(クローザーズ)」 プレオープンベータテスト 参加レポートを含むブックマーク


D


韓国Naddic Games が開発し、Nexon Korea がパブリッシングする新作オンラインアクションRPG

「Closers(韓国語名:클로저스)」のプレオープンベータテストが 2014/12/11 〜 2014/12/14 で実施された。

プレオープンということで、12歳以上であれば誰でも参加することができるようになっていた。

次回のオープンベータテストは 2014/12/23 より開始され、正式サービスは 2014/12/30 に開始されます。


グラフィックなどの感じを見てもらうと分かる通り、3Dカートゥーンレンダリングを使用した

アニメ調な感じに仕上がっていて、日本でも少し話題になったゲームです。

開発元の公式サイトにも日本語解説がある為、日本への展開は考えているようですが

いつリリースされるかなどを含めて、何も情報が無い状態です。

まぁ、1〜2年後ぐらいですかね・・・


ちなみに、DJMAX Online の「SIN」「Chrono Breakers」の動画を作った人が開発に関わっています。

D

D


というわけで、相変わらず需要のないどうでもいいレビューですが、折角、プレオープンテストに

参加してきましたので、簡単に紹介できればと思います。

長文・乱文になると思いますが、生易しい目で見てやっていただけると助かります^^;

画像はクリックすると拡大します。


■マイキャラ報告

★見た目装備無しの初期状態


★見た目装備有りの状態



最新のを撮り忘れてしまったが、キャスターキャラで Lv31 までやってみました。

途中から レンジャーキャラ を Lv21 までやりました。

やりこんでいる人は Lv40 ぐらいだったようなので、ボチボチ中盤ぐらいのところまで遊んでみています。

このプレイ状況を元に、今回はレビューを書いております。


また、プレイ可能なキャラは後述します。


■プレイアブルキャラの紹介

名前:イ・セハ

職業:ストライカー


名前:イ・スルビ

職業:キャスター


名前:ソ・ユリ

職業:レンジャー


名前:ジェイ

職業:ファイター

※この職業はロックされていてプレイすることが出来なかった


名前:ミスチル・ティン

職業:ランサー

※この職業はロックされていてプレイすることが出来なかった


このゲームでは、異世界からきた生命体と戦える特殊能力を持った

異能力者「クローザー」と呼ぶ人をまとめた組織「ユニオン」の組織に

配属し、世界を救う風なお話のようです。

1グループ5人という設定のようで、公式の話によると

プレイアブルキャラは5人ずつ追加する予定だとか。


上記の通り、キャラ毎に職業が決まっていて変更することが出来ない。

また、デフォルトの容姿は決まっていて変更することが出来ない。

着せ替えは、プレオープン中では敵ドロップアイテムかクエスト報酬で貰えるアイテムだった。

基本プレイ無料の予定で、着せ替えは有料アイテムでの配信、日本ではガチャ系になるのではないか想定される。


キャラクタ作成画面の動画も取得したので、気になる方は見てみるといいだろう。

D


職業は各キャラクターにつき固定1種類であり、上位職種も存在しないと公式が発表しています。

上位職種とは別に「職位クラス(?)」が用意してあり、特定のミッションを終わらせることで

職位クラスが上昇し、追加スキルを獲得することが出来ます。

二等兵や少尉といった「階級制度」と思えばわかりやすいだろう。

なので、このクエストが発生したら最優先で終わらせる必要があります。



キャラクターを作成するとチュートリアルが始まるが、それは後で紹介します。

キャラクターを作成してログインすると「チャンネル選択画面」が表示されます。

他のMO/MMORPG系でもよくあるが、レベル毎にチャンネルが分かれており

適切なレベルでチャンネルを選択すると経験値ボーナスが加算される。


■チュートリアルミッション

新規でキャラクターを作成すると自動的に「チュートリアルミッション」が開始されます。

簡単な操作説明はここで行われるのと、進めると初期装備が貰えるので1回はプレイしておこう。

こちらも動画を取得してあります。まぁ、ストーリーは何言っているのかサッパリですが・・・(笑

ちなみにメインクエストは全てフルボイスで用意されるようだ。


D


■街区画


アイテムやクエストを受けるための街区画となります。

簡単にやれることを記載します。



プレオープン時に公開されている街は 3か所 でした。

ただ、レベルを上げないといけないようになっています。



武器や防具などは分解して素材化することが出来ます。

上位武器・防具を生成するのに必要な素材となります。

また、分解するのにお金はかからないようだ。



武器・防具を強化することが出来ます。

「+4」 まで強化できるアイテムと 「+7」 まで強化できるアイテムがあります。

これらのアイテムはクエスト報酬やダンジョンクリア報酬などで貰えます。

「+4」以上から一定の確率で「強化の消滅」「汚染」「消滅」の3つが発生する。

「汚染」が発生すると、その装備アイテムは装着不能になる。生産で作れる「クリーナー」で直す。

「消滅」は文字通り、装備アイテムの破壊の事であり持っていた武器自体が無くなる。

ちなみに強化は簡単なんですが、お金が高すぎて破産します><



武器・防具にはランクが5つの「メインランク」と5つの「サブランク」が存在しており

メインランクは「白」->「緑」->「青」->「紫」->「オレンジ」の順でランクが上がっていきます。

さらにサブランクが「最下級」->「下級」->「中級」->「上級」->「最上級」に分かれます。

メインランクの高いランクほど武器に属性が多くついています。

この属性も「D」->「C」->「B」->「A」->「S」とグレードが上がります。

属性は変更をすることが出来ます。ただし、実行できる回数が決まっています。

全部の属性をランダム変更する場合、特殊なアイテムは必要ないですが

特定の属性を変更したい場合は、特殊なアイテムが必要になります。


■ダンジョン


ダンジョンは MO型 となっており、4人パーティーを上限として協力プレイが出来ます。

各ダンジョンはレベル制となっており、指定されたレベルに達していなければ入ることが出来ない。

また難易度設定があり、「Easy」「Normal」「Hard」「Very Hard」と難しくなっている。

このゲームも「疲労度」の設定があり、「1キャラ 170」で「1ダンジョン 10消費」と固定だった。

プレオープン中は 17回 ダンジョンに行くとその日は遊べなくなる。

疲労度のリセットは毎日04時となっている。


パーティプレイは「パーティ参加ボタン」を押せば、同じダンジョンに参加したい人がいれば

自動的にマッチングされてパーティに参加することができる。

私みたいなぼっちプレイヤーでも簡単にパーティに参加することが出来ます。

また、事前にパーティを組んでおけば、固定パーティでダンジョンに行くことができる。



ダンジョンは敵を殲滅したら次のゾーンへ進める形式となっている。

操作は「アクションRPG」となっており、常に動きながら敵と戦います。



特殊なアクションを行うと、この画面の通りカメラ位置が特殊なカットシーンが挿入されます。

カットシーンはまぁ良いんだけど、攻撃を受けないわけじゃないので

ウザいと思ったらオプション画面から表示しなくすることも可能だ。



ダンジョンをクリアすると「クリアタイム」「ダメージを受けた回数」「アクションポイント」の

3つで評価され、一番高い評価が「SSS」となっている。もちろん、ランクが高いほど経験値やアイテム報酬も多くります。

パーティプレイをしている場合は追加でボーナスポイントが入ります。



死んでしまった場合、特殊なアイテムを使用するとその場から復活できます。

プレオープン時は 10個 付与されていましたが、増やす手段はありませんでした。

もしかしたら、特定回数まで減ると時間で一定数は回復するのかもしれませんが

多分、これも有料アイテムなんだろう。

※初期配給された復活剤10個が3個未満になると、疲労度回復の際に自動的に3個まで復旧します


戦闘時の動画も取得していますので、気になる方は見てみるといいだろう。


D

ダンジョン-シングルプレイ動画


D

ダンジョン-マルチプレイ動画


■1人用特殊ミッション


ある程度、クエストを進めていくと1人用の特殊ミッションが常駐します。

「時間内に防衛する」「時間内に敵を殲滅する」といったミッション内容になっている。

この特殊ミッションは疲労度の消費無しで、1日3回まで行くことができる。

難易度が高めになっているので、レベルがある程度上がっていないとクリアできない。


どんな感じのミッションになっているか、こちらも動画を用意してあるので

興味のある方は見てみるといいだろう。


D


■緊急防衛ミッション


「緊急防衛ミッション」は発動1時間前にゲーム内で告知され、発動後は1時間のみ参加することができる

特殊イベントとなっています。パーティプレイ可能となっており、難易度が一番高く設定されています。

参加するには、その街ダンジョン全ての「Hard」モードを1度クリアしている必要があります。

ダンジョン内のボスはランダムで決定されています。また、このミッションでは疲労度を消費しません。


動画も撮っていますが、初見プレイしか取得していないので大分、へっぴり腰です(笑

ワラワラ感は分かると思うので、どんな感じかは動画をご覧ください。

D

緊急防衛ミッション-初見プレイ


■PvP(MOBAスタイル)


PvPモードも実装しているが、アプローチとしては珍しい「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)」方式となっている。

ゲームで使用しているプレイアブルキャラ・敵キャラが使えるようにしてあり、同じ装備でLv1からスタートという

MOBAならではの PvP戦 が楽しめるようになっている。


PvP は 4 vs 4 のチーム戦となっています。

操作できるのは選択した自キャラのみで、部隊に指示を出したりは出来ないっぽい?

この辺りは SEGA のアーケードゲーム「Wonderland Wars」に近いのかもしれない。

まぁ、まだリリースされてないですけど。


Wonderland Wars

http://wonder.sega.jp/


従来の MO/MMO であった、レベル差・装備差によって優劣が強く出てしまう

PvP戦が非常に多かったが、こちらは MOBA にして別ゲームにしてしまうことで

その辺りの優劣差を無くしてしまおう、という感じなのだろう。

PvPで勝ち抜くと何か貰えるのかもしれないが、私がプレイした時は特に確認できなかった。

正式オープンすると何か変わるのかもしれない。


■付属モーションとか

各キャラクターには「お辞儀」やら「ダンス」やらの MO/MMO でも

よくある挨拶モーションが用意してあります。

レンジャーとキャスターの女性キャラしか撮ってないですが

どんなモーションかは以下の動画をご覧ください。



D


■総評

そんなに悪いゲームじゃないかな、とは思うのですが Naddic Games が「アクション専門会社」と言っている

割にはモーションの種類が敵もプレイキャラもそんなに多くないな、と感じる。

敵を固くする・スーパーアーマー(ダウンしない)にすればいいというものじゃない。

アクションだけで見たら Continent of the Ninth(C9) には遠く及ばない。

ただ、C9は高度すぎる故に操作が難しすぎるという点があるので、これぐらいが適切なのかもしれない。

敵のAIも一番難しいモードにしても、そんなに賢くなるわけじゃないので

この辺りも改善がいるんじゃないだろうか。


難しいダンジョンほど敵が固まってしまうのですが、敵が何のアクションをしているのが見えないので

何かに当たったのは分かるけど、何があったのかがよく分からなくなったりする。

見栄えも同じキャラがいっぱいいると、当然ながら自分の位置を見失うことも多かったりします。

画面をアップ目にして情報を絞るが、敵も味方も遠距離攻撃が画面の端から端までと

めっちゃ長いので、見えないところから当たることも。。。流石に長すぎじゃないか?(笑


動画でも分かる通り、アクション等は謳い文句の通り「高速アクション」が売りであり

打撃感やスピード感は感じることが出来ます。

ただ、敵も味方も障害物も範囲が広めになっているので、引っかかってイラっとすることも多いです。

当たりやすいけど受けやすいという。それ食らう範囲じゃないだろ〜?とか^^;


グラフィック的には、ちょい荒く感じるけど悪くはないんじゃないかな。

3Dカートゥーンレンダリングで、よりアニメ調になっているMORPG作品ってそんなに多くは無いし。

まぁ、この手の物は日本に来た時に「ガチャ」が一番心配なんですが・・・

欲しいものを指定して一定額の金額を払って使えるのなら、まだ我慢できるのですが・・・

※韓国内のMO/MMO系はガチャが違法なので、大体、一定額出せば欲しい装備が買えるようになっています



そんな感じで、いかがだったでしょうか。

とりあえずはこんなゲームなんだな、と感じてもらえたならと思います。

最後に適当にスクリーンショットをベタベタと並べておきますヾ(〃^∇^)ノ


■関連リンク

Closers 4Gamer.net(日本)

http://www.4gamer.net/games/276/G027694/

【G-STAR 2014】超高速異能バトルアクションMORPG『Closers』がコテコテのアニメ設定(インサイド)

http://www.inside-games.jp/article/2014/11/22/82805.html

Closers Inven 情報サイト(韓国)

http://closers.inven.co.kr/

Closers GameChosun 情報サイト(韓国)

http://closers.gamechosun.co.kr/

Closers Wikia.com(英語)

http://closers.wikia.com/wiki/Main_Page


2014年11月24日(月)

[] 海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」 2014/11/24 約4年6か月ぶりに 駒込で再開店 初日レポート 18:53  海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」 2014/11/24 約4年6か月ぶりに 駒込で再開店 初日レポートを含むブックマーク

■前記事

海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「World Game Circus」 2010/05/05 に閉店。最終日の様子

http://d.hatena.ne.jp/myu10/20100512#1273625205


海外音楽ゲーム&レアゲーム専門ゲームセンター「WGC -World Game Circus-」が閉店してから早4年6ヵ月・・・

長い月日を経て 2014/11/24(月/祝) に駒込に再オープンすると突然、告知が行われました。再オープン突然すぎだろ(笑

というわけで、再オープンに行ってきましたのでレポートしたいと思います。

※店名が「World Game Circus」から「WGC -World Game Circus-」に変更されているそうです


※店内は撮影禁止となっています

※当ブログの写真は、お店より特別の許可を頂いて撮影しております




再オープンした場所は「駒込」になります。

看板とか出てないのでわかりにくいですが「JR駒込駅」から徒歩3分と立地は良いところにあります。


営業は年始を除く年中無休で、平日(月曜〜金曜)は 15:00 〜 24:00

土曜/日曜/祝日 は 10:00〜24:00 の営業時間となっている。

営業は店長の都合により、前後・変更、又は臨時休業なこともあるので

事前に公式ホームページでお知らせが出ていないか確認するといいだろう。


また、公式ホームページに「来店の際の諸注意事項」が掲載されています。

行く前に必ず一読しておこう。


お店の紹介・諸注意(公式HP)

http://wgc.me/about


住所: 東京都北区西ケ原1丁目53−16




踏みゲー筐体は3台設置されています。

置いているゲームは以下の通りです。


IN THE GROOVE 2 (ITG)

PUMP IT UP INFINITY

PUMP IT UP 2013 FIESTA2


過去に設置していたものよりかバージョンアップしていますね。

筐体横に物置棚も用意してあったので、こちらに荷物を置くといいでしょう。




「beatmania III THE FINAL」ですね。

こちらは前からあるものと変わりがないものですかね。

フロッピーは使うことが可能です。




おおお・・・「EZ2AC : Endless Circulation」だ・・・

設置台数が1台ですが、こちらも最新版が導入されていますね。




「テトリス ザ・グランドマスター3 -Terror Instinct- (TGM3)」ですね。

こちらも前回から設置されていたものですね。




既に幻となっている「Sabin Sound Star(3S) 」ではないですか(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ

韓国でもやってきましたけど、皿が独特すぎるんですよねぇ〜これ。

おっかしいなぁ〜・・・韓国ゲームですがメニューの一部日本語だぞ?(笑

こちらも専用カードが使えます。




弐寺勢なら一度は見ておきたい beatmania IIDX の小型版筐体「beatstage II」です。

前もありましたが、日本国内で遊べるところはここだけ、というとても希少品となっています。

バージョンは任意の時に変わるようで、現在は「6th style」が稼働中です。




店舗の奥に通路幅が狭くてちょっと窮屈ですが DJMAX TECHNIKA が3台稼働しています。

しかも、そのうちの1台は「DJMAX TECHNIKA 3」という日本未稼働筐体ですΣ(`Д´ )マジカ!?

ようやく・・・ようやく・・・ようやく日本でもプレイが出来る・・・T_T

私がニコニコ動画に掲載している韓国で撮ってきたのが2012年ですもんね・・・

まぁ、日本じゃ 3 はリリースされませんでしたからなぁ〜


テクニカ関係は全てカードが使えるようになっている。

未確認だが 3 のカードが 2 で使えたりするらしい?

しかも日本版と海外版は関係なく使えるらしいです。

各種カードを持っている人は忘れずに持参しよう。


またゲーム仕様も特殊な仕様になっていました。

旧作のテクニカ2も新作のテクニカ3も、違った感じで楽しめますね。


■テクニカ2

これまでの曲に 最上級難易度 の「Extra」などの譜面が隠し追加されています。

そしてコースも新コースで3つほど追加されています。また、解禁にはゲーム専用カードが必要です。

譜面的には「風にお願い Live Mix (英語名:Ask to Wind (Live Mix))」とか熱い感じでした。

一体、どれだけの譜面が隠されているのか・新曲が追加されているのか

Twitterでも興奮している人が多数いましたが、現場でも相当盛り上がっていました。

玄人な調査団が検証・調査を進めてくれるを期待しています(笑


■テクニカ3

オンライン状態であれば曲は全解禁しています。

初日では夕方ぐらいから回線不調によりオフラインになってしまった。

不安定になることがボチボチあるようなので、オンラインならラッキーと思う方が良いかも?




それぞれの筐体のところに順番待ちをするための「ウェイティングシート」が用意してあります。

プレイする方はこちらに記入して、プレイする直前にチェックして遊びましょう。




WGCでは恒例ですが、謎な飾りがボチボチとあります。

照明の映り込み防止用の幕だったりします。

有志の持ち込みだそうで、面白そうなものがあれば飾ってくれるかもしれませんよ(笑


■その他な情報

大体の筐体にはイヤホンが差せるように加工されています。

自前のイヤホンを持っていくと良いと思います。

ゲームはテトリス(50円)を除いて、すべて「1プレイ100円」となっています。

カードが一部の筐体で対応していますが、筐体専用カードも少数枚だが取り扱いがあるようだ。

取り扱いカードは「Sabin Sound Star(3S) 」と「DJMAX TECHNIKA」のカードが買える。

ちなみに1枚500円とのこと。欲しい方は店員に聞いてみるといいだろう。

あ、店内は禁煙で外のすぐ隣に喫煙スペースが設けてありました。


「In The Groove 2」と「Pump It Up Infinity」については

インターネットでスコアランキングを見ることができるようになっています。

「In The Groove 2」は自動でスコアが反映されるようです。

「Pump It Up Infinity」については、自分のスコアが登録されたUSBを

手動でアップロードすることにより、スコアを登録する方法となっています。

遊んでいるユーザはチェックしてみるといいだろう


WGC店内ランキング

http://wgc.me/event


■オープン初日の状況

ゲリラオープンだった為、朝は思った以上には混んでいなかった。

午前中は、踏みゲーは FIESTA2 が4〜5人待ちと非常に好評だった。

EZ2AC / beatstage2 / TECHNIKA系 は概ね1〜2人待ちと

プレイするにはそんなに掛からなかった。


しかし、夕方くらいになると混雑しだし、元々、店の奥にある

指ゲー関係の狭いフロアが通行困難になるぐらい盛況だった。

自分のいる場所が無くて、外に休憩しようかなと思うほどだった。

多分、MAX人数は40人ほどいたのではないでしょうか。


開店情報が広がっていけば、混む・空いてる時期も出てくると思うので

Twitterなどで情報を見ながら行くのがよさそうな気もします(笑


■近隣のお店とか

踏みゲー勢には多分、重要であろうサウナ&スパ施設「駒込ROSCO」が駒込駅前にあります。

こちらは、90分1,200円とちょいお高い感じですが綺麗で、その他施設も色々とある感じです。

銭湯も近くに「亀の湯」というお店があります。

こちらは460円とリーズナブルなお値段になっています。

食べ物的には2件隣りに「焼き鳥・惣菜屋 鶏肉の万富」がとても美味しいので

ちょっとつまむのに良いと思いますよ^O^


駒込ROSCO

http://www.rosco.co.jp/

地元住人たちの憩いの湯「亀の湯」(駒込散歩さん)

http://komagomewalk.com/living/86

鶏肉の万富

http://www.shimofuri-ginza.com/mantomi/



そんな感じで、ついに再オープンを果たした「WGC -World Game Circus-」

オープンは期間限定としており、いつまでオープンしているか分かりませんが

ゲーセンも小さい店がバンバン潰れている中、日本国内ではなかなか遊べない

希少価値のあるゲームが楽しめるので、遊べるうちに行っておくのがいいですよ。

期間限定と言わずに是非、頑張って欲しいですね。


■参考リンク

そんなわけで早速「World Game Circus」に行ってみた(2014/11/25付け日記に記載 / ぷろとらどっとこむ さん)

http://purotora.com/

WGCを100倍楽しむためのメモ書き(KAZZ undergroundさん)

http://kazzx2.web.fc2.com/wgc.html

2014年09月24日(水)

[] Android向け 韓国MO型横スクロールアクションRPG「ソウルハーツ」 をプレイしてみました 22:31  Android向け 韓国MO型横スクロールアクションRPG「ソウルハーツ」 をプレイしてみましたを含むブックマーク


韓国NeoWiz Gamesが開発している Android向け 横スクロールアクションRPG

「Soul Hearts(韓国語名:소울하츠)」が 2014/07/25 に正式リリースされました。


소울하츠 for Kakao(Google Play)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nwz.soulhearts


本作は 2014/03/11 にクローズドベータテストを実施した際に

日本の株式会社マーベラスが制作したWii/PSVitaのゲーム「朧村正」(発売日:2009/04/09)と

使用された画像等がよく似ていたことから盗作疑惑で話題になった作品だ。


パクリ疑惑の高い『朧村正』激似の韓国アクション「Soul Hearts」、検証画像が公開!やっぱりパクってるわ、これ(えび通さん)

http://ebitsu.net/archives/4900647.html

美少女キャラクターが暴れる,Android向け横スクロール型ARPG「Soul Hearts」のプレイムービーを掲載(4Gamer.net)

http://www.4gamer.net/games/999/G999904/20140402060/


当時の検証動画とか色々とあるので、気になる方は見てみるといいでしょう。

本件に関しては、韓国NeoWiz Gamesは特にコメントを発表していない。

しかし、2014/06/30 に 2014年第3四半期 にリリース予定と告知していたため

いつかはリリースしそうな感じではありましたけど(笑


あれだけ叩かれれば当然、問題点は修正されているとは思ったけど

まさか無修正じゃないよね?ってことで、遊んでみることにしました。

そもそもリリースせずに封印しちゃうんじゃないかと思ってたけど。

ここではゲームのレビューをします。盗作云々については取り扱いません。


現在、用意されている職業は左から「剣士」「弓士」「拳士」の3つです。

種族等の変更はできません。見た目はアニメ絵のグラフィックになります。

「弓士」だけは、他のジョブでLv20まで成長しないと選択できません。

「剣士」「拳士」のどちらかを選択してゲームを始めます。

1つの職業を選んだら、しばらく変更することができません。

(「剣士」スタートだったので「拳士」に対して、ソウル(ゲーム内通貨)を3万払えば解放されます)


こちらが町画面になります。

ここから装備を変更したり、ダンジョンを選択したりします。


ダンジョンの入り口になります。

通常マップとイベントマップなどが選択できます。


ダンジョン選択画面です。

レベルによって入れるダンジョンが制限されています。

ダンジョンにも「ノーマル」「アドバンス」「エキスパート」の難易度が設定されています。

下位難易度をクリアしないと上位難易度を選べません。

一応、エキスパートになると敵の動きが微妙に変わったりします。


私も朧村正みたいなゲームなのかな?と思ったけど、全然違いました。

ダンジョンではマップの移動はありません。

上部にある時間内にー敵を殲滅すると、タイマーがリセットされて敵がまた出てきます。

これを3セット〜4セットこなしてクリアとなります。

ダンジョンクエストによってはボスが登場します。


衣装については、ダンジョンでピースを集める形式のようで

低確率でドロップするピースを集めて衣装を完成するか

有料コインを使って解除することができます。

有料系は武器・防具・アクセサリーなどがガチャ課金で用意されています。

システム関係については動画を撮っていますので気になる方は見てみるといいだろう。


D



マルチもできるようになっています。

左から「自分で部屋を立てる」「招待部屋を作る」「ランダムに入室する」だと思います。


こちらがダンジョン突入前のミーティングルームとなっています。

ここではチャットも対応しています。ダンジョン中はチャットできません。

最大PT人数は自分を含めて3人までのようです。


結構、派手にアクションするので処理が重いです。

一応、グラフィックを「高」「中」「低」の3段階選べます。

戦闘動画についても動画を撮りました。

シングルプレイとチームプレイ2つあるので見てみるといいだろう。

低レベルだったりプレイに慣れてなくてプレイが下手っぴですが(笑


D

D



Lv15ぐらいまでプレイした感想ですが、まぁ朧村正と思ってプレイすると失望しますね(笑

ボスは全てスーパーアーマーっぽいんで、設定が微妙だなぁ〜なんて思ったり。

まぁ、スマホゲーって考えればお手軽に出来るのでこんなものなのかなと。


無料ゲーですが、疲労度の設定があり「上限70+α」となっており

どのダンジョンを入室しても1ダンジョン疲労度10を消費します。

回復は15分に疲労度10の回復です。

+αの部分は、フレンド登録であったり、デイリーハート30追加アイテムであったりで

チクチク増えたりします。こちらも課金アイテムで回復させることも可能です。


武器・防具の販売は無く、生産またはダンジョンクリアアイテムのみとなっています。

無課金だと装備を整えるのが結構、大変だなぁ〜なんて感じています。

各ダンジョンボスは1人での討伐は難しくなっているため、チームプレイが必要になります。

ただ、チームプレイでのランダムマッチングがあんまりヒットしないので、遊んでいるユーザが少ない気もします。

アクション的にも、通常モーション・やられモーション等が敵・味方共に少ないのでゲームとしては微妙ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140924

2014年07月14日(月)

[] ブログ復旧しました 20:54  ブログ復旧しましたを含むブックマーク

Twitter でも報告をしていますが、2014/05/29付けで はてな運営 からブログ停止の処置を受けました。

2008/02/19 に記事にした「ウイルス作成の大学院生を名誉棄損で再逮捕」という InternetWatchさん記事を

使ってお伝えしたものが「プライバシー侵害」として申し立てられたものでした。


内容としては InternetWatch さんの記事を引用したのですが特段、事実に反するような

内容を掲載してはいなかったので問題ないとは思ったのですが、罪を清算したということもあり

該当記事を削除いたしました。


当ブログは2003年からやってますが、連絡用メアドが当時のままで

私に届いていなかった為、復旧が遅れてしまいました。

日頃より当ブログを見ていただいていた方には御迷惑をおかけいたしましたm(_ _)m

[] 小林幸子 氏がコミックマーケット86にサークル参加することを正式発表(公式HP) 21:33  小林幸子 氏がコミックマーケット86にサークル参加することを正式発表(公式HP)を含むブックマーク

以前から噂になっていた サークル名「5884組」 が小林幸子さんではないかとの話は

本日、小林幸子さんの公式サイトで本人のサークルであることが発表されました。


頒布物は「さちさちにしてあげる♪」という 新作CD で価格は1,000円の予定。

収録予定楽曲は「さちさちにしてあげる♪」「吉原ラメント」「紅一葉」「J( ‘ー`)し カーチャン」「千本桜」

告知文によるとショップへの委託等の販売は予定されていないようだ。


いやぁ〜、まさかの本人がコミケに参加ですかwww

何より本人が60歳だったとは。もっと上の年齢かと思ってました(笑

夏のコミケは若い人でもバタバタ倒れるので、年配の方で参加される方は

十分に注意して参加して欲しいところです。


頒布数はいくつなのか非常に気になりますw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140714

2014年06月24日(火)

[] オープンソース総合運用監視ソフト「Zabbix」テスト用アプライアンス導入後の追加設定 11:38  オープンソース総合運用監視ソフト「Zabbix」テスト用アプライアンス導入後の追加設定を含むブックマーク

テスト的に公式HPで公開されている Zabbixアプライアンス を導入してみた。

ただ、これ以外にも時刻とか追加設定が必要になります。

アプライアンス用バイナリは以下からダウンロードできます。


Zabbixアプライアンス

http://www.zabbix.com/jp/download.php


追加設定やシステムアップデートなどの設定は

以下のページに詳しく載っています。


Zabbix アプライアンス (絶対無糖さん)

http://zettai-non-sugar.blogspot.jp/2014/02/zabbix.html


CUI設定ツール「YaST」も一部しか使えないので、次のコマンドを

突っ込んで機能を有効にするといいかもです。


zypper install yast*


VMware を使ったローレベルディスカバリー(LLD)で

管理サーバの自動登録をやってみたかったので

zabbix_server.confを編集するなどの設定が必要です。


VMware監視(ZABBIX 2.2) (Knowlege Database)

http://extstrg.asabiya.net/pukiwiki/index.php?VMware%B4%C6%BB%EB(ZABBIX%202.2)


ここの設定をしてあげれば、VMwareゲストが勝手に登録されていきます。

あとは監視したい項目をグラフ表示する必要があるかと思うので

次のページを参考に設定をしてみてください


Zabbix2.2 VMWare ESXi監視(おえかきWindowsさん)

http://win-enikki.blogspot.jp/2013/12/zabbix22-vmware-esxi.html


ページ下のほうにグラフの作り方とかが載っています


やっぱオープンソースということもあってか、必要な設定項目が

WebGUI ですべて設定できず、コマンドを駆使してやらないと

まともに動かないですねぇ。


参考までに

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140624

2014年05月08日(木)

[] 裸族のスカイタワー 10Bay + ポートを増やしタイ で eSATA接続をしてみた 01:42  裸族のスカイタワー 10Bay + ポートを増やしタイ で eSATA接続をしてみたを含むブックマーク


手持ちに「裸族のスカイタワー 10Bay」という HDDタワー に USB3.0接続 をしていたんですが

S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)を使ってHDD状態検出を行いたくて

USB3.0 から eSATA に切り替えようと考えてたところです。


■利用機器

「裸族のスカイタワー 10Bay (CRST1035EU3)」

http://www.century.co.jp/end/crst1035eu3.html

「ポートを増やしタイ (CIF-eSATAP2)」

http://www.century.co.jp/products/pc/zousetu/cifesatap2.html#search_word=cif-esatap2


eSATAのボードが古いのは、ヨドバシにいったら良いのが無かったのと

ポートマルチプライヤ対応するボードは多いけど「チップによって認識するHDD台数の制限」があるためです。

ちゃんと調べてから行けばよかったんですが調べていなかった為、メーカーが保証している

「SiliconImage Sil3132」「Asmedia ASM1061」の物で選定しています。

接続台数が5台までの制限が多いので、選定する際は要注意です。

また、ポートマルチプライヤが対応していない場合、HDDが1台しか認識しません。


このボードはかなり古い部類にあり、搭載されているファームウェアも相当古かったりします。

ちなみに 転送レート 3.0Gbps(SATA2) のものになります。6.0Gbps(SATA3) ではありません。

ファームウェアが古い場合、S.M.A.R.T.が正しく出力されません。

最新のファームウェアである「7.7.06」と最新ドライバ「1.5.19.0」の組み合わせで

Windows 8.1 64bit での動作確認をしています。S.M.A.R.T.も正常に出力可能です。


手元のボードがこれしかないので、他の場合はよくわかりませんが

「SiliconImage Sil3132」であれば、最新に更新すれば S.M.A.R.T. 出力可能で

10台のHDD全て認識することが可能でしたので参考にしてください。

あと、公式からドライバ周りがダウンロードできなくて困りました・・・

あちこち探して取ってきたファームウェアとドライバを一応置いておきます。

※使ったドライバ等で何か発生しても責任は取れませんのであしからず


■BIOS&ドライバ

SiliconImage Sil3132 BIOS 7.7.06 SATARAID5

SiliconImage Sil3132 BIOS SATARAID5 ManagementUtility 1.5.19.0

SiliconImage Sil3132 Windows 7 Driver 32bit版 1.5.19.0

SiliconImage Sil3132 Windows 7 Driver 64bit版 1.5.19.0

ななしななし 2015/01/03 22:45 この記事が書かれた時にどうだったのかわかりませんが、
現在は以下のページからドライバ等がダウンロードできますね。
(Product SupportでSiI3132を選ぶ)
http://www.siliconimage.com/support/

ただ、何故かBIOSは7.7.03までしかないですが…。
7.7.06とどっちにするか迷い中。

myu10myu10 2015/01/04 00:31 >ななしさん
コメントと情報、ありがとうございます。
当時も公式ページは確認したんですが 404 NotFound でして・・・
一応、私が置いているBIOS&ドライバで実機を動かしていますが
特段、問題は発生していません。
御参考までに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140508

2014年04月29日(火)

[] 日本版ブレイドアンドソウル クローズドベータテスト 当選 19:08  日本版ブレイドアンドソウル クローズドベータテスト 当選を含むブックマーク


韓国NCSOFTが開発し、日本ではエヌ・シー・ジャパン株式会社が運営をする予定の

MMORPG「Blade & Soul(BnS)」の日本語版クローズドベータテスト(CBT)が実施されます。

私も無事、当選連絡が来ましたので参加することになりました。

参加するテスターの皆様、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


韓国では第1次クローズドベータテストが2011年4月27日に、2012年6月30日 に正式サービス。

中国では2013年11月28日に正式サービスを開始しており、日本では3番目に正式サービスが開始されます。

ちなみに課金体系は、韓国では月額課金(30日23000ウォン ≠ 2300円 2014/04/29レート換算)であり

中国では 月額無料+アイテム課金 方式です。日本では 月額課金+アイテム課金 となっており

現時点で月額課金の金額が明らかになっていますせん。


さて、上の画像にある通りクローズドベータは以下の期間で実施されます。

ちなみに CBT のデータの引継ぎはありません(ワイプあり)。


■CBT実施期間

5月7日(水)午後6時〜午後11時59分まで(6時間)

5月8日(木)午後6時〜午後11時59分まで(6時間)

5月9日(金)午後6時〜午後11時59分まで(6時間)


クローズドベータ以降のオープンベータ〜正式オープンまでの日程も明らかになっています。

期間は以下の通りになっています。


■リミテッドトライアル(パッケージ購入者&伝導士(一般人広報))

2014年05月13日 〜 2014年05月15日

※正式版への引継ぎあり


■オープンベータテスト

2014年05月16日 〜 2014年05月19日

※正式版への引継ぎあり


■正式サービス

2014年05月20日


パッケージが用意されており「スタンダード版」「プレミアム版」の2種類用意されています。

パッケージ自体は無くても遊ぶことができますが、月額課金制となっているため

パッケージに付いている期間無料券(15日/90日)を使うか、公式で課金するかのどちらかとなります。

プレミアム版の内容物について、公式の説明が分かりにくいので以下の動画が参考になります。

検討している方は参考にするといいでしょう。


D


既にキャラクタークリエイトが公開されていますが、こちらのクライアントからほぼ中国語版に準拠しているという話があります。

中国語版では規制されていた「胸揺れ」などの規制は韓国語版仕様になっているようで規制が解除されています。

まぁ、日本ではこれぐらいあって当たり前ですからなぁ(笑

BnS については、キャラの服装が見栄えの良いのが無いのが難点ですが。

日本仕様ではもうちょっと良い服装が出てくるといいのですが・・・

PvP衣装と一般衣装で大きく分かれちゃいますからなぁ・・・


あとは未だに発表されていない月額課金がいくらになるかってことですかね。

発表できないってことは、かなり悪い方向だと思うのですが。

しかもアイテム課金もあるし・・・ゴミっぽいよなぁ・・・NCJAPANだしなぁ(哀

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140429

2014年04月14日(月)

[] アーケード版MOBA系戦略アクション「Wonderland Wars」 第1回ロケーションテスト 参加してきました 01:58  アーケード版MOBA系戦略アクション「Wonderland Wars」 第1回ロケーションテスト 参加してきましたを含むブックマーク


株式会社セガが開発している新しいアーケードゲームで、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)システムを採用した

ペンアクション戦略ゲーム「Wonderland Wars (ワンダーランド ウォーズ)」の初ロケテが東京秋葉原の「クラブセガ秋葉原新館」で

2014年04月11日(金)〜2014年04月11日(日)の日程で行われました。


一般的なリアルタイムストラテジーゲーム(RTS)では軍勢を操作して城や街を破壊・占領しますが、MOBA系では1人ヒーローを選択して

ヒーローをメインで操作しながら、軍勢を敵城まで導くゲームで、アクション要素が強くなっているゲームです。

代表的なゲームとしては Riot Games社の「League of Legends(LoL)」が有名です。


4/12(土)にたまたま秋葉原にいたので参加してきたんですが、17:00の時点で301番でした。

ゲームできたのは22:00でしたので、約5時間待ちだったということになります。

別の用事を済ませてから来たので、番号過ぎてるかな〜と思ったら丁度良いタイミングで順番きました(笑

今回のロケテの要点をまとめておきます



・開発進捗率50%

・ゲーム台は全部で8台

・ペンが置いてあり、ペンを使った画面タッチとコントローラを使って操作します

・コントローラでキャラの移動・回避操作し、ペンを使った画面タッチで敵を攻撃します

・8台で4対4に分かれてのチーム戦を行う

・1試合制限時間7分で2試合遊べます

・操作キャラ(ヒーロー)はレベルが設定されており、Lv1から開始して敵を倒すと経験値がもらえる。1試合ごとにリセットされる

・敵ヒーローを倒すと経験値が貰え、逆に撃破されると自城まで戻される。リポップタイムは8秒。他ペナルティ無し。

・簡単な選択チャットが用意されている

・カード排出なし。デジタルカードのみ

・ロケテではカード重複しないが、製品版では重複する

・1戦終了時にスキルカードを1回引ける。追加コイン(100円)でもう1枚引ける

・1回のゲームで300円

・クリアするとポイントが貰え、一定値に達するとランクが上がる

・初期キャラクターは2キャラ選べ、ランクの上昇によって操作できるキャラが増える


ゲーム画面はセガ公式が動画を掲載してますので、そちらを見てみるといいだろう。


D



今回のロケテでは展示物とか、意外に力を入れている感じです。

筐体POPもいつもよりか豪勢な感じですね。


プレイした感想ですが、まぁ1回しかプレイしていないので見当違いな所もあるかもしれませんが御容赦を。

箇条書きでだらだらと書きます


・手でタッチしていたところをペンに変えたのはある意味斬新?ペン先、すぐにヘタリそうですけど・・・

・ロケテではチュートリアルは用意されていないため、説明なしでは操作方法が理解不能。説明書熟読必須。

・ペンを使って、攻撃線を描いて命中させるのは起線をどう描くかで戦略に影響するのは面白いと思う

・ペン性能がよくないのか書き方が悪いのか、引っかかって線を最後まで書けないことが多かった

・視点が前方方向固定。画面のボタンタッチで後方視点になるが説明がないため、色々と試してしまった

・スキルの説明がいまいち分かりにくい。ロード中にスキルボタン押せるのならスキル選択時に説明動画も流してほしい

・チャットが小さすぎて目につかない。そしてメッセージが少なすぎる。

・誰が右行って・・・とか戦略的な指示がチャットでできない。

・もう、あの簡易チャットシステムって意味あるんですかね・・・挨拶だけしか機能してないじゃん。

・デジタルカードでカードガチャする気満々なシステムなので、既にゲームをやる気になれない。早く法律で禁止にしてほしい。

・1プレイ300円で2試合遊べるなら金額的に許容範囲内。1試合なら高すぎる。


他にも色々と言いたいことはまああるんですが、どうせ言っても何も改善されないですし・・・

アンケートの方にも色々と書きましたが、まぁどうなるんでしょうかね。

次のロケテは先行稼働ロケテとかの名前になるんでしょう。きっと。

開発者っぽい人を2人見かけたのですが、話す勇気はありませんでした(笑


製品でプレイするか不明ですが、確率がよくわからないデジタルカードでガチャと言われてもやる気にならんのです。

物理的なカード排出があるんだったら、誤魔化しようもないと思うので良いと思うのですがねぇ。

まぁ、いい方向に開発してくれるといいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140414

2014年04月13日(日)

[] 韓国MO型2Dスクロールアクションゲーム「MYSTIC FIGHTER」正式サービス 参加レポート 23:43  韓国MO型2Dスクロールアクションゲーム「MYSTIC FIGHTER」正式サービス 参加レポートを含むブックマーク


韓国Dadam Game社が開発し、韓国CJ E&M Netmarbleにて提供される予定の2Dスクロールアクションゲーム

「MYSTIC FIGHTER(日本語名:ミィスティックファイター/韓国語名:미스틱파이터)」の正式サービスが開始されています。

このゲームは、2011年4月の発表会でコードネーム「H2」というゲームで発表され、2013年1月に

夏頃にオープンベータテストと言われていたが、私もすっかり忘れていました。

2014年3月にファイナルテストが実施され、4月から正式サービスとなっています。


「参考サイト」

MYSTIC FIGHTER(韓国)オープンサービス開始(MMOfanさん)

http://mmofan.blog39.fc2.com/blog-entry-13193.html


昔、カプコンのアーケードゲーム「ファイナルファイト」を思い出させる、懐かしい雰囲気でありましたし

久々の2Dスクロールアクションゲームの新作ということでプレイしてみました。


キャラクターは性別固定で4種類の中から選べます。

「VAMP(男性キャラ)」格闘士のように素手で戦う

「SWORD(女性キャラ)」剣士で剣を使って戦う

「AF(Amored Frontier/ロボットキャラ)」ロボロボキャラでミサイルやガンキャノン標準装備(スキル)

「MAGICHAN(女性キャラ)」魔法使い。打たれ弱いけど、魔法系アタックはかなり強い


Lv13〜15ぐらいに達すると2次転職が出来るようになっています。

2次転職は2つの職から選ぶようになっています。



他のMO型ゲームにもよくある方式で「待機場となる街」と「街から攻略マップへ移動する各ステージ」という構成となっている。

未攻略マップはスクリーンショットにあるようにボスが形だけ表示されているようになっている。

各ステージは自分のレベルによって入場できるステージが変わります。


ステージ難易度は「Easy」「Normal」「Hard」「Hell」の4種類で、易しい難易度を攻略すると

上の難易度が解放されるシステムになっている。


このゲームも残念ながら見た目アイテムは全て有料だ。

ただ、韓国ではガチャシステムは違法である為、お金を払えば欲しいアイテムが手に入る。

いくつかの見た目アイテムは無料で開放して欲しいところですね。



街のクエストを攻略することにより貰える「鍵」を使って入場する特殊ステージが用意されています。

Easyだったので1人でプレイしたら、死にまくりでしたけどクリアは何とかできました。



日替わりステージも用意されており、1日3回(?)まで入場が可能になっている。

まぁ、落ちるのは少額のお金と上級武器と交換できる玉をくれるだけです。



協力プレイも可能で、最大4人パーティーで攻略することが可能だ。

攻略後は、サイコロを振ってマス目を進めて止まったところのアイテムがもらえるシステムだ。

動画も用意したので興味ある方は見てみるといいだろう。

D


プレイした感想ですが、競合となるのはネクソンの「アラド戦記」とかになると思いますが

他の同系2Dアクションゲームと比較しても、あまり目新しいところは無いように感じました。

プレイ的なテンポは悪くない感じですが、後半のレベルになると同じステージか前のステージに戻って

繰り返しクエストをやっていくようになり、コンテンツが少ないような感じた。


ただ、戦車や戦闘機を操縦したりする特殊ステージもちゃんとあるので

余計に「ファイナルファイト」や「エイリアン vs プレデター」といった

昔懐かしいゲームを思い出されて、色々と遊んでみたくなりました(笑


記事化するような激しくオススメなゲームでは無いように感じましたが

最近は新作の MO型2Dアクション のゲームが無いので、そういうゲームを

求めている方にはいいのではないでしょうか。

私も楽しめましたし、アップデートでどこまで実装するのか気になるところです。

まぁ、その前に運営が終了しちゃうんじゃないかと心配ですが・・・


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20140413

2013年12月31日(火)

行く年来る年 02:59 行く年来る年を含むブックマーク

当ホームページを御覧の皆様、いつも来訪頂きありがとうございます。


今年は殆ど更新が出来ておらず、申し訳ございませんでしたm(_ _)m

Twitter の方ではボチボチ流してはいるのですが・・・

少しずつ復帰していきたいな(滝汗


「初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone」が稼動開始となりましたね。

期待していたんですが、内容は少々残念なことになっていますが・・・


昨年から、私が利用していたゲームセンターが相次いで閉店してしまい

ミクアケさんの動画が撮れなくなってしまっていたのですが、新バージョンにあわせて

録画を許可していただけたので、またボチボチと再開していきたいと思います。


とはいえ、私が録画公開し始めた2010年の頃と比べて HD録画 における

環境整備・機器の低価格化が進んでおり、あえて私がやる必要も無いとは思っています。

私も編集したりするのがメンドイし、需要もあるわけでもないし・・・


それでは皆様、よいお年を

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myu10/20131231
最新の情報はこちら