ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

みんなどこか変わってるから大丈夫

2015-11-24

いつかアナタも「非国民」…

ひとさまのtweetから…

「おそろしい非国民ね」
「戦争に反対するなんて日本人としてはずかしくないのかね」
「あんな人とはぜったいつきあってはいけんよ」「そうよ」
(はだしのゲン / 中沢啓治)

f:id:mzponta:20151017222608j:image


これは敗戦前の話…ですけど、今の状況にも応用できまして、例えば…

「おそろしい非国民ね」
「日の丸に反対するなんて日本人としてはずかしくないのかね」
「あんな人とはぜったいつきあってはいけんよ」「そうよ」


「おそろしい非国民ね」
「君が代を歌わないなんて日本人としてはずかしくないのかね」
「あんな人とはぜったいつきあってはいけんよ」「そうよ」


「おそろしい非国民ね」
「政府に抗議するなんて日本人としてはずかしくないのかね」
「あんな人とはぜったいつきあってはいけんよ」「そうよ」


「おそろしい非国民ね」
「中国(や韓国)の肩をもつなんてに日本人としてはずかしくないのかね」
「あんな人とはぜったいつきあってはいけんよ」「そうよ」


「おそろしい非国民ね」
「自衛隊の海外派兵に反対するなんて日本人としてはずかしくないのかね」
「あんな人とはぜったいつきあってはいけんよ」「そうよ」


…なんてこともこの先、十分にあり得る…というか、既にそうなってるような気もしますわ


ちなみに、「非国民」という言葉が復権した…とは言えないまでも

過去の「非国民」を現在では「反日」と言い換えているようですので

そういう意味では、過去の言葉であった「非国民」は既に復権していると言うてもよいでしょう

そして…

中野晃一「自分たちと異質なものは、すべて左翼。仲間か左翼か、なんです。国会でのヤジもそうですが、首相でありながら、口をとがらせ、日教組と言う。やはり、ネトウヨが首相になってしまったということです。今までいろんな首相がいましたが、あそこまで知性も品性もない人は珍しい」


ここでは「左翼」という言葉が非難言葉として使われている現状が指摘されていますが

このtweetに出てくる「左翼」を「反日」に置き換えても、まったく意味が通るのではないでしょうか

つまり、中野さんの言うように

「自分たちと異質なものは、すべて反日。仲間か反日か、なんです。」…というのが

晋三くんをはじめとするネトウヨ思考だと思います




※ぼくは「非国民」という言葉を忌避したいと考えるゆえに、愛国者という言葉にも抵抗を覚えるんですけども

もし、過去に語られた「非国民」という言葉の反対が「愛国者」であるとしたなら

過去の侵略戦争に反対していた人たちは「愛国者」であり

あの戦争を積極的に支持し(国を破滅に追いやっ)た人たちの方こそ「非国民」(≒非愛国者)だった…

ということになろうかと思います


そして、これは過去の「非国民」の現在語である「反日」にもあてはまることでして

「反日」と言って他者を攻撃する者が、実は本当の「反日」だった…ということになると、ぼくは思ってます

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証