ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

みんなどこか変わってるから大丈夫

2018-03-11

「蚊帳の外」を主役にする荒技…

まぁ、いつの時代でも煽るやつはいる…

昨日の朝刊に載っていた文藝春秋の広告と、昨日の夕刊の一面、貼っておきますね。(いずれも朝日新聞)

f:id:mzponta:20180311165533j:image
f:id:mzponta:20180311165526j:image:w480
(ひとさまのtweetより)


…けど、南北首脳会談に続いて…というか、間髪入れずに朝米首脳会談まで決まっちゃたこのタイミングで

さすがにこの煽りは不発…(だよね?)


でも、日本政府だって負けてはいないのだ…↓

政府:ツイッターでミサイル情報 4月から - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180311/k00/00m/010/018000c
ほんまミサイル好きやなおまえら
(ひとさまのtweetより)


そして、(参加人数は非常〜に少ないとはいえ)各地でミサイル避難訓練も実施してるし

いつ戦争になってもおかしくない…というよりは、

戦争にしてくれたらいいよね…と言わんばかりの日本政府の煽りが浸透したのか

日本の市民も「戦争の危険がある」と答える人の割合が過去最高になった…というニュースがあったんだけど↓

「戦争の危険ある」最多85%=北朝鮮の核・ミサイル影響か―内閣府調査(3/10:時事通信)

 内閣府は10日、「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」の結果を発表した。

 それによると、日本が戦争に巻き込まれることについて「危険がある」との回答が「どちらかといえば」と合わせて85.5%と、1969年の調査開始以来最も多かった。昨年、北朝鮮による核実験や日本列島を飛び越える弾道ミサイル発射が相次いだことなどが影響したとみられる。〜

このニュースもなんだか、発表のタイミングが思いっきりズレてもうたよね…

(今、おんなじ質問したら、きっと結果は大きく変わってると思うよ…)


ところで、朝鮮に対して「圧力一辺倒」で

「対話のための対話」は意味がない…とワケのわからんことを言い続けるとともに

何があっても「日米両政府は100%一致」と繰り返してきた日本政府…なんだけど

このたびの朝米首脳会談決定(に至る過程)においては完全に蚊帳の外…なのは

とくに以下の記事を読むまでもない話ではあります↓

トランプ氏即断、側近も驚き=安倍首相は「蚊帳の外」―米紙
(3/11:時事通信)

 トランプ米大統領が8日に韓国の鄭義溶国家安保室長と会談し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からの会談要請を受け入れた際、同席したマティス国防長官らが「(首脳会談の)危険性とマイナス面」への懸念を訴えたが、トランプ氏は取り合わずに決断したことが分かった。10日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が伝えた。〜

 トランプ氏は、鄭氏にホワイトハウスで米朝首脳会談実施の発表を行うよう提案。鄭氏は急きょマクマスター氏の執務室で文案を作成し、安全が確保された電話で文在寅大統領の了承を得た。ただトランプ氏の側近らは外国政府当局者が記者会見場を使うことに反対。鄭氏はホワイトハウス西棟の車寄せで会見を行うことになった。

 トランプ氏は鄭氏が車寄せに向かった際、安倍晋三首相に電話を入れ、会談内容を報告した。タイムズ紙はトランプ氏の即断は側近だけでなく同盟国の不意を突き、「安倍氏は蚊帳の外に置かれた」と指摘した。 


しか〜し、物事をねじ曲げて伝えることをもろともしない…というのは誤りで

物事をねじ曲げて伝えることをモノともしないのが(…って、今の今まで間違いに気ーつかへんかったやん…)

我が国を代表する…のかしないのかはよくわからんけど、

とにかく大手であることだけは確かなこのメディアですわ↓

トランプ大統領「決断」の裏に日本あり(3/10:Fuji News Network)

9日、電撃的に発表された米朝首脳会談。トランプ大統領がこの決断に至る過程で、日本政府が主導的役割を果たしてきたことがわかってきた。〜今回の米朝首脳会談に至る過程で、日本が蚊帳の外に置かれていると懸念する声も出ているが、首相官邸を取材している、フジテレビ政治部の千田淳一記者はこれを否定する。

政治部 官邸担当・千田記者は「今回の米朝会談へという流れは、実は、日本政府のシナリオ通りでもある。日本が主導して、アメリカと韓国を動かして、圧力を強めてきたという経緯がある。日本政府は、1カ月以上前から、北朝鮮が折れてくると読んでいて、平昌(ピョンチャン)オリンピック後に、トランプ大統領と安倍首相が、事前に直接会談するということは、すでに決まっていた。トランプ大統領の方から、安倍首相に『グッドニュースがある』と伝えてきたのをみると、2人がこうしたシナリオを共有していたとみることもできる。日本としては、今後もアメリカに積極的に働きかけて、拉致問題の進展にも結びつけることを狙っている」と話した。

実際、安倍首相は、これまで「圧力を最大限まで高め、北朝鮮の側から『政策を変えるから対話をしてほしい』と言ってくるような状況を作っていかなくてはならない」と話していて、まさにその通りになったとも言える。

今回の機会を利用し、拉致問題の解決に結びつけたい日本政府。
しかし、何をするかわからない2人の会談だけに、今後もシナリオ通り運ぶかは不透明。


いやいや…、それにしても、そこまで言うか、言えるのか、言ってて恥ずかしないのか、アンタ…

というレベルの「フェイクニュース」+「べんちゃらニュース」ですな、これ…

(ぼくやったら、とてもじゃないけど、こんな珍解説、ようせんわ…)


…ということで、ぼくはフジTVに対しては

「何を言い出すかわからないTV局だけに、今後も事実を伝えてくれるかどうかは不透明」…

という言葉を返してあげたいところです





※この「そこまで言ったらあかんやろ」フェイクニュースをフジが放送したのは

やっぱり、この事件の埋め合わせをするため…だったんだろうか↓

フジの速報で、安倍が「今回の会談の発表を評価する」と負け惜しみ。 記者が「今までは圧力をかける方向だったのが、対話路線に切り替えたことで…」と安倍批判的な解説しはじめた途端、「無理だなこれは!」と投げやりに言い放ち、放送が切り替わった。 なにこの放送ハプニング。

f:id:mzponta:20180311183703j:image:w640
(ひとさまのtweetより)

(そりゃ、「(安倍をかばうのは)無理だな、これは…」ってなるよな、この展開…)

松任谷豊松任谷豊 2018/03/11 20:34 何があっても「日米両政府は100%一致」なら、何のために首脳会談するんだろう?と思ってます。
今回の朝米首脳会談を日本に知らせず決定したとしても無条件で100%一致のはずだし、当然慰安婦問題も日本政府が何も言わなくても話してくれるはず。
だいたい電話会談すら必要ないはず。鉄鋼の関税だって100%一致のはずなのに何故例外にしてほしいなんて訴えているんだろう・・・。

mzpontamzponta 2018/03/11 21:36 今回の朝米首脳会談決定は、完全に「事後報告」だったんですが、それでも「完全一致」なんでしょうね…。(まぁ、アメリカ様が何を言い出しても完全一致…にしてしまうんだから、勝てないよね…)

中嶋秀昭中嶋秀昭 2018/03/12 02:53 最大の当事者で、同じ民族が居住している北朝鮮を対象としているという事情がありますが、韓国のオリンピックを利用した素早い動きは評価に値するものであると思います。これに比して、日本は何もしていませんね。産経・フジ系列の報道は信用できないものですが、ネット界隈ではこれらの記事が目立つようで、留意が必要です。
また、北朝鮮の目的は米国による体制保証であるので、日本が直接の攻撃対象ではありません。あくまでも米国が先制攻撃を行った場合に巻き添えを食らうことになります。その意味で、戦争を煽る姿勢は危険ですね。詳しい文脈は知りませんが、とある大使館防衛関係者には冗談でも「日本は戦争するから」と言っている輩がいると聞いており、看過できないです。ただ、北朝鮮の体制保証は極端な人権侵害体制の温存、ある程度の核兵器の保有を所与のものとして認めることに繋がりかねず、現地の人々にとっては現状はまったく変化せず、消極的な地政学的安全保障となります。

mzpontamzponta 2018/03/12 22:58  「独裁国がその体制を維持できることはよくないことである」というのは、それだけを切り取ると、ボクもその通りだ…と考えるし、「独裁体制は倒れるべきだ」とも思いますが、そこに至る過程において「内乱」ではなくて「戦争」(=外部からの武力解決)で…ということになると、そこは賛成はできないのです。
 朝鮮半島の南北対立において考えてみても、通常兵器(+駐留米軍)で軍事的に朝鮮を圧倒する韓国が「武力統一」を考えなかったのは、「それは絶対にしてはいけないこと」と考えていたからで、そこだけは譲れないと思うんです。
 なので、朝鮮の独裁体制温存に繋がる朝米講和は「消極的な地政学安全保障」となって「最善」ではないけれども「戦争だけは絶対ダメ」という点で「次善ではある」とも思うので、今はそれを目標として捉えるべきだと思います。

 日本政府がなぜに朝鮮半島での戦争を望んでるのか、それはボクには理解不能ですが、現在の為政者連中を見てると、彼らが「市民の多少の犠牲」があっても、それで「自分たちの政治的安泰」+「仮想敵国が一つ消滅する」という結果を得られるならそれでよい…と考えているとしか思えません。(加えて、日本よりも遥かに甚大な被害を被る朝鮮半島の人々のコトはみじん考えてないのは確実です)
 で、そんなことを考えると、朝鮮のコトをなんか言えるような政府かい!…とも思うところです。(少なくとも、日本政府が「朝鮮の人権侵害」を持ち出すのは動機が不純だと思います)

中嶋秀昭中嶋秀昭 2018/03/13 09:01 おっしゃる通り、外部者による武力行使を通じた体制変更はあってはなりません。卑近な例では米国などがイラク・リビアでこれを行い、現在の混迷に至っていますね。
ちなみに少し異なるのですが、国連PKOでは「保護する責任」という考え方が現在、主流で、これはPKOが展開している国では政府が国民の人権を侵害する主体である場合、PKOは前者の正統性よりも後者の保護を優先すべきである(場合によっては交戦主体となることも厭わない)というものです。
日本政府がなぜ戦争を望んでいるように見受けられるのかは私にも分かりません。政治家や背景にいる者達が単に幻想を弄んでいるのでしょうか。

mzpontamzponta 2018/03/14 16:43  リビア情勢に関しては、「アメリカなど西側が独裁あさど政権を倒すために介入している」と言うと、それは「陰謀論」の類いで、現在進行形でアサド政権側に殺されている市民のことを無視するものだ…と言う人がリベラルのなかにもけっこういるのですけど、そういう人が望んでいることが、もし「(外部の)武力による独裁政権打倒」であるならば、ぼくは賛成できない…というか反対なんです。(独裁政権を放っておいていいのか…という問題については、ボクもずっと考えてますけど、その答えが見つかりません…)

中嶋秀昭中嶋秀昭 2018/03/15 04:42 挙げられている例はシリアですね。米国は他国に対しても武力行使でなくとも間接的にも政権転覆を図っています。

mzpontamzponta 2018/03/15 16:38 すいません、間違えました>「リビア情勢」ではなくて「シリア情勢」でした…。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証